コロナいつまで 予言。 《大予言》コロナウイルスいつ落ち着く?SARSと比較・日本の未来は!

コロナ禍はいつ収まるのか、山中教授が出した答え:日経バイオテクONLINE

コロナいつまで 予言

新型コロナウイルスの預言者まとめ まずは、もっともインパクトがあるAKIRAの予言から紹介していきます! AKIRAが伝染病の理由で2020年オリンピック中止を予言! 「AKIRA」の連載がスタートしたのは1982年。 AKIRAは、大友克洋氏による漫画で、映画化もされて話題になった名作。 連載がスタートしたのは1982年。 今から実に38年も前。 その頃に2020年のオリンピックが書かれていただけでもスゴい予言ぶりなのに、中止という看板、さらには 伝染病に対する批判。 つまり新型コロナウイルスまでも予言していると言えるでしょう。 東京オリンピックが新型コロナウイルスで中止になるのか否か、注目の予言ですね。 イルミナティカードが武漢の新型コロナウイルスを予言 いやもうこれ人類終わってるでしょ。 世界的感染は時間の問題。 4月が感染のピークらしい・・・ インドも2700人のコロナ感染者の発表、もう隠しきれなかったんだろう。 もうオワタ・・・皆さん残された時間を大切に生きよう。 かゆ…うま… — ソーヤ? 仮想通貨は詐欺 PVoIebuj34vSOdD イルミナティカードの予言を語る前に、イルミナティカードのおさらい。 「イルミナティカード」は、1982年に米国で発売されたカードゲームで、秘密結社イルミナティを題材にしたものです。 イルミナティカードが、武漢での新型コロナウイルスを予言していたとされるわけですが、9. 11のワールド・トレード・センタービルの事件を的中させていたとされます。 まさに、ツインタワーの片方から爆発を起こしているイラストがあり、まさに的中とされていました。 今度は、武漢ですが、イルミナティカードのイラストで コウモリに似た悪魔が、建物のまわりをバサバサと飛んでいるイラストがあります。 この 建物がなんと武漢にあるホテルにそっくりなんです。 さらにコウモリに似た悪魔というのも、シュールすぎます。 新型コロナウイルスの宿主とされているのはコウモリでしたね。 しかもそれだけではなく、このカードのタイトルは、「 Plague Demon(悪魔の疫病)」とのこと。 イルミナティカードの予言は的中と言っても過言ではないのではないかと思います。 スポンサーリンク 7年前の松原照子さんの予言 松原照子さんという預言者をご存知でしょうか。 実は今から 7年前に東京オリンピックの中止を予言しています。 今から7年前というと2020年の東京オリンピックの開催が決定した年。 その前の年に、松原照子さんは、「オリンピックは東京に決まりますか?」と質問を受けて、「ない」と即答。 しかし、翌年の2013年にオリンピックの開催が東京に決定。 これを受けて予言が外れたというならばそれで良いのだが、 オリンピックが東京に決定してもなお、「2020年のオリンピックが気掛かりなのです」とブログに書いていました。 その気がかりの理由が新型コロナウイルスだったとしたら、7年前から未来の予知をしていたのかもしれません。 新型コロナウイルスをノストラダムスが予言! 今回の新型コロナウイルスのこと、なんと ノストラダムスが予言しているというのである。 具体的に新型コロナウイルスの予言が書かれているのは、『百詩篇』第2巻第53節。 そこには次のように記載があります。 引用: 悪疫は、当時流行していたペストのことだろうとされていますが、伝染病全般を言っているとも捉えられるとのこと。 以前具体的には、SARSの予言ではないかと、SARSが流行したときにも話題になりましたが、同様に、 新型コロナウイルスにも当てはまる予言と言えます。 そして、偉大な婦人というのも気になる予言です。 もしも武漢市場のコウモリから始まった新型コロナウイルスではなくて、研究所から始まった新型コロナウイルスだとすれば、研究所の所長は女性ですし、 偉大な婦人というキーワードも見過ごせませんね。 ヒプノセラピストマリアの「サーバーシステム」予言 ヒプノセラピストマリアさんの 「サーバーシステム」という予言方法があるのですが、分かりやすく言うと、マリアさんの 生徒さんをモニターとして、ビジョンを映し出す予知の方法があります。 具体的に言うと、マリアさんの生徒に夢として未来の映像が映し出されるというもの。 その中で、大分県にある「武漢の森」の映像を、新型コロナウイルスがはじまるよりも前に見たと報告していました。 この予言は、夢の中で細菌の防護服を身に纏った人が試験管を投げて逃げてきたところ、武漢の森にたどり着いたという夢だったようです。 この他にも、2019年11月の予知夢では、 「たくさんの2に気をつけて」という夢を見たという報告も。 つまり、新型コロナウイルスが日本で広まりだす 2月を警戒する予知夢を生徒に映し出していたということです。 ここまでの状況において、 サーバーシステムの予言もあたっていたと言えるのかもしれません。 まとめ 以上、新型コロナウイルスの預言者をまとめて紹介してきました。 新型コロナウイルスに関する予言では、どれも信憑性がありそうな予言が多いですね。 イルミナティカードなどピンポイントに当てられている内容は正直驚きます。 アキラのオリンピック中止も本当に的中してしまうのでしょうか? 東京マラソンの一般参加の中止があったりと、いよいよオリンピック中止も現実味を帯びてくる予感もします。 東京オリンピックを迎える夏の前に新型コロナウイルスの騒動が収束してくれること願うばかりです。 新型コロナウイルスの収束方法がいまいち想像できませんが、SARSのときと比べるとヒントがあるのかもしれません。 SARSのときと新型コロナウイルスの違いなどは下記コンテンツにて紹介しています。 また、東日本大震災や熊本地震の予言を的中させたとされる未来人2062も新型コロナウイルスや東京オリンピックの開催について予言が出てきてますので下記にまとめてました。 映画の中で、「予言」というポスターが貼られているのも興味深いです。

次の

新型コロナウイルスはいつまで続く?スピリチュアル超能力者が10年後にまた流行るなど予言まとめ

コロナいつまで 予言

コロナはいつ収束するの!? ハリウッド開運術 占星術 :サラ・セイヤス先生 サラセイヤス先生は、ロサンゼルスを活動の足場にしている占い師です。 運命鑑定師の家系の生まれで、幼い頃から算命学、数秘術、占星術などを勉強し、大学卒業後両親から運命鑑定を引き継いだことをきっかに人気を集めることになったそうです。 また、コロナウィルスについてサラ・セイヤス先生は、占星術を用いて以下のように言われています。 2020年は魚座の時代からみずがめ座の時代に移行する重要な年• 時代の移行は2000年という長い時間をかけて起こるもの• 新型コロナウィルスは、コンジャンクションにあわせるように世界に広まり、2020年4月現在も収束していません。 現在の状況から、次に重要な日として4月10日の満月の日を挙げられています。 そして、 この4月10日の満月の日から5月の半ばくらいまでは、注意が必要であり、5月半ばを過ぎるころに収束する可能性が高いと言われています。 2020年4月現在、世間では5月ごろまで営業を自粛したり自宅勤務など外出を控える流れになっているので、サラ・セイヤス先生の言う通り、5月半ばまではじっと耐える必要がありますね。 マンディーン占星術:yoya先生 yoya先生はマンディーン占星術(金融占星術)を用いて、経済について占いをされています。 その内容は有名企業や、アメリカ経済、原油下落についてなど様々で、非常に興味深いですね。 そんなyoya先生ですが、新型コロナウイルスの未来についても占われています。 yoya先生の未来予測では、 3月末から4月頭ごろがピークであり、そこからは落ち着いていくと予想されています。 ただし、ワクチンができるまでは完全に収束することはなく、まだ時間がかかるとも予想されています。 少し時間はかかってしまうかもしれませんが、油断することなく生活し、しかるべく時を待つことが重要ですね。 魔女占い ホロスコープ :カメリア・マキ先生 カメリア・マキ先生は、 全米魔女協会より魔女名Darkmoonを受けた日本人で初めての魔女です。 テレビ出演や雑誌での連載、講師としての活動など、幅広く活躍されている人気、知名度のどちらも高い占い師の先生です。 カメリア・マキ先生は、新型コロナウイルスについても、西洋占星術を用いて占われています。 木星と土星がコンジャンクションに入る20年~25年の一度の周期は、社会が混乱して恐れられる時期だと言われており、この星の配置は 2020年2月以降ピークを迎え、3月23日にいったん抜けたあと、4月10日の満月あたりで、すさまじい勢いになると予測されています。 この星の配置が終わるのが5月14日ということも言われていますので、そのあたりから落ち着きだすのでは?という感じでしょうか。 どちらにせよ、対策のために私たちの行動も問われることかと思います。 霊感タロット:たまき 霊感タロットたまきチャンネルというYouTubeチャンネルで占いの動画を配信されている占い師の先生です。 霊感タロットを用いて、結婚や恋愛についてだったり、芸能人やユーチューバーなどの有名人を占ったりなど、豊富なネタが満載の動画になっています。 その中には時事ネタもあり、新型コロナウイルスについても霊感タロット占いをされています。 3月20日に配信されている『新型コロナウイルスに関する質問をまとめて占った!』では、ヨーロッパの収束ではいつ収束するのか、地球上で最後までくすぶる地域はどこなのか、などの質問に対し占いの結果を知ることができます。 いつ収束するのか?については、8月ごろを予測されており、必要以上に不安になる必要はないというメッセージではないかと読み解かれています。 算命学、易学など:渋谷の父ハリー田西 ハリー田西先生は、幼い頃から手相、算命学、姓名判断、気学などを研究されており、運命鑑定師として活躍しながら、放送作家としても活躍している占い師の先生です。 芸能界や政財界でも鑑定をするほど人気、信頼、実力を持たれています。 渋谷の父とも呼ばれているハリー田西先生ですが、4月のブログで新型コロナウイルスについてつづられています。 このブログで以前、ハリー田西先生は、 2020年と2021年は『2年でひとくくり』で考えるべきと述べられていますが、新型コロナウイルスの影響で2020年のオリンピックが1年延長され、2021年の開催になったことで、『2020年に起きた出来事が2021年にまで影響した』ことを的中されています。 また、 4月は庚辰の月であり、リーダーが未来に向けて前向きかじをとれば良い方向へ向かうと読まれています。 占星術:レイコローラン ファッション雑誌eclat(エクラ)のwebサイトにて、占いを担当されているレイコローラン先生。 London School of Astrology認定の占星術師であり、西洋占星術、数秘術を用いて注目を集めている人物や時事問題について、占いをされています。 2020年の運勢を占った際には、 『2020年は大きな変化がある年』と言われており、何かが起こることは予測されていましたが、それがウイルスだということまでは予測できなかったと述べられています。 コロナウイルスはいつ収束するのかという点では、 収束するのはワクチンができるまでですが、落ち着いたり、目途がつくのは7月の上旬あたりだと言われています。 コロナウイルスが激しい勢いを見せ始めたのは、土星がみずがめ座入りした3月19日前後であり、土星がやぎ座に戻るのが7月頭ということから、落ち着くのも7月だと予測されています。 コロナウイルスのことを予言・予測していた占い師はいる? 占い師として コロナウイルスのことを具体的に予言していた人はいませんでした。 しかし「すごく当たってるけどこれって予言なの?」と話題になったことが2つありますので ご紹介します。 松原照子先生 2019年の 月刊ムー2月号『松原照子の大世見』にて、新型インフルエンザが生じ、流行病として表明されるといった内容が掲載されています。 また、2013年の時点で東京でオリンピックが中止になるということも予言されています。 大友克洋先生 大友克洋先生は占い師ではなく漫画家の先生です。 大友克洋先生の作品の中でも有名な作品である SF漫画『AKIRA』。 1983年の漫画であり、35年以上も前の作品ですが、この作品の中でコロナウイルスが予言されていると思えるほど、伝染病についてや2020年の東京オリンピックのことが描かれおり、『AKIRA』がコロナウイルスを予言しているとSNS上で話題になっています。 職場の人に教えて貰ったんだけど、何年も前のAKIRAっていう漫画が、今の日本と完全一致しててヤバい 東京五輪開催 カウントダウンのパネル 肺炎伝染 東京オリンピック中止 作者は予言者なのかよ、、、 てかマンガのことが今現実で起きてるって相当やばいな — U GAMES ugames666 有名占い師は2020年の運勢をどう占ってる? 具体的にコロナに関して言及はしていませんが、有名占い師たちも 2020年は世の中がガラッと変わるという予測をしている人が多いです。 ゲッターズ飯田先生の2020年の運勢予想 ゲッターズ飯田先生は、2020年に気をつけるべきことの中で、このようなことを予言されています。 おくまん「2020年、あとは気をつけるべきことはなんでしょう?」 飯田「夏はちょっと危ない。 ほんとに。 大きい事故起きるよ。 大変です。 なので、本当に気をつけて欲しいので。 」 おくまん「夏にそういう、大きいのがある可能性がある」 飯田「あるあるある。 運気的にね。 だから、あんまり悪いことなければいいな、と思ってますけど。 まあでも、起きやすいからって全員が巻き込まれる訳ではないですけど、まあ暑いとかはね、あるから、やっぱり。 特に日本は夏運気良くないのよ、真夏。 」 おくまん「えっ、それは2020年が?」 飯田「いや、もともと。 」 おくまん「毎年?」 飯田「毎年。 」 おくまん「夏、運気悪いんだ!」 飯田「(中略)まあ、良い時もあるんだけど、でもそれはちょっと注意かな。 ただ、さっきも言ったけど、庶民からスターが出る運気なので、そういった部分では面白いと思いますね。 」 ウイルスのことではありませんが、夏ごろが危険だと予言されています。 時期的にも少しずれがありますが、大きなことが起きると言われていますね。 また、権力者や大きい企業が崩れてくるというような予言もされています。 飯田「権力者とか、大きい企業があと1年だけなので。 2021年ぐらいまでしかないので、大きい所が、ガタってくる。 」 おくまん「よし! じゃあトゥインクルコーポレーション大丈夫だ! こっからだよ! ちっちゃい所が」 飯田「ちっちゃ過ぎて逆にやばいよ。 常にやばいよ。 」 おくまん「ええ〜大きい所はそうなんだ。 」 飯田「大手は、まあいくでしょうね、そろそろ。 2020年からガタってくるから。 」 おくまん「そっか、価値観が変わり始めるから。 」 飯田「そう、もともとあったこういう価値ってものが無くなってくる部分では、ちょっと変わってきますね。 」 仕事の進展が遅れたり、ストップしてしまったりと、企業にとっても大きな影響がありますよね。 新型コロナウイルスによる企業への影響を予言していたとも捉えられるのではないでしょうか? 2020年は大きな変化がある年とも言われている通り、新型コロナウイルスの影響で、私たちの日常も大きく変わってしまっています。 水晶玉子先生の2020年の運勢予想 水晶玉子先生の開運歴2020には、ゲッターズ飯田先生との対談が収録されており、この中で水晶玉子先生は次のようなことを話されています。 2020年は、六十干支で「庚子」(かのえね)で、新しい流れができていく運気の変わり目になる。 世の中が混沌としそうだから、2024年の「甲辰」(きのえたつ)のほうが明るく活動的な気の年なのでいいのでは?と思ったんです。 実は1964年の東京オリンピックも「甲辰」の年で。 だから、あれほど祝祭的になったのではないかと。 引用元:水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020 未知のものと遭遇し、人々の意識が刷新されるような、大きな時代の曲がり角になるのは間違いないと思います。 引用元:水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020 コロナウイルスのことは話されていませんが、世の中が混沌としそうだと予言されていますね。 まさに、現在のコロナウイルスの影響を受けた日本の状態を表しているのではないでしょうか? 2020年は200年に一度の大きな運気の切り替わりであり、未知のものと遭遇することで大きな時代の曲がり角になるとも言われています。 この『未知のもの』は新型コロナウイルスを指していると考えられます。 未知のものに遭遇したことによって混乱している状態ですが、今一度落ち着いて心を1つにし、困難を乗り越えることが大事ですね。 オフェリア・麗先生の2020年の運勢予想 2020年は激動の年と読まれているオフェリア・麗先生は、日本にとって試練の時であり、激動の時代が始まると言われています。 2020年の前半は、はっきり言って 日本にとって試練のときとなりそうです。 前半の早い時期に大きな出来事があり、激動の時代が始まります。 この12月に木星が山羊座に入りました。 1年にひとつずつ星座を移動する木星は幸運を司る星ですが、1月には土星と冥王星も天頂に位置する山羊座に集まります。 この 3大惑星が接近する、「トリプル・コンジャクション」といわれる非常にまれな年が2020年なのです。 土星を表現する言葉は「制裁」、そして「歴史をつくる」星。 冥王星は「眠っているものを呼び覚ます力」を示す星です。 木星は「物事が本来の姿を取り戻す」ことを表しています。 これら3つの惑星が山羊座で織りなす稀有な配置が何を意味するか。 まさに 「大いなる審判が下されるとき」と言っても過言ではありません。 古い枠組みが崩れて、社会の再構築がはかられるという意味では、日本にとって必要な試練といえますが、やはり 払うべき代償は小さくありません。 社会も一時的に混乱をきたすでしょう。 しかし 3月後半あたりから、早くも希望の兆しが見え、世の中は徐々によい方向に向かっていきます。 火星と木星が重なり、 3月20日の春分の日以降は、よい気運に満ちてきます。 志のある人材が頭角を現し、再生へと導くでしょう。 先に厳しい試練が訪れるけれど、その 混乱の中で立ち上がり、戦う人が登場する。 そういうタフな人物が出てきそうな気配が感じられます。 この年に限ったことではありませんが、 災害への備えは日頃から心がけておくとよいですね。 新しくて便利といわれているものより、 昔から使われている道具のほうが役に立つシーンは多々あると思います。 「地図」を見ることができる能力も大事ですし、「ろうそく」「らんたん」「ヘルメット」などのアナログな道具も有効です。 災害グッズなどを用意しておくのはいいことだと思います。 2020年の前半に、大きな出来事があると読まれており、現在の日本の状態と一致していますね。 占星術の世界では200年に一度の大変革の時代と読まれている2020年。 世界に大きな変化があり、私たちを取り巻く状況も大きく変わっている状態ですが、3月後半あたりから希望の兆しが見えるとも予言されています。 大きな試練のまっただ中にいても、希望を持って前向きに行動することが大事ですね。 コロナで生活環境が変わってしまった方へ SNSやインターネットを見ていると、「テレワークになって好きな人と会える機会が減ってしまった。 どうアプローチしたら良いんだろう…」「コロナで仕事の将来を考えるようになったけど、私は今後どうすべきなんだろう…?」という声がたくさんあがっています。 私は迷ったときに占いで今自分の置かれている現在地や、今後どんな道 選択肢 があるのかを見るようにしています。 ただ自粛中では、対面の占い店に行くのって難しいですよね。 対面の占い店の休業も続いていますし… 筆者が通っている対面店も緊急事態宣言を受けてLINE電話で鑑定するスタイルに変わりました。 誰かに相談したい!アドバイスしてほしい!という方には初回無料サービスもある電話占いがおすすめです。 占いに行きたいけど、今の時期の対面占いはちょっとリスクを感じる• 電話占いって聞いたことあるけど、やったことないしな…• 電話占いって高く請求されそうで不安 とちょっと不安にお思いの方は、電話占いのWILLに相談してみませんか?• 専門のコンシェルジュが受付や鑑定について細かく説明してくれる• 初回3,000円分の無料鑑定プレゼント• 対面店舗もあるサービスなので、実体がある分信頼できる \3000円分無料お試し鑑定特典キャンペーン/ 最後に 今回はコロナウイルスについて占っている占い師や、コロナウイルスを予言していた占い師を紹介しました。 直接的ではないものの、2020年に何か大きなことが起きるということは、どの占い師も予言しています。 私たちにとって2020年は大きな変化の年になりますが、 占いはあくまで指標です。 コロナウイルスの収束は、ワクチンが完成するまで時間がかかると思いますが、私たち1人1人の行動も大きく影響するのではないでしょうか? 収束に向けて不要不急の外出を避けたり、手洗いうがいなどの対策は個人個人で行いましょう。 2020年4月現在、コロナウイルスにより大きな混乱を招いていますが、 早く平和な世の中になることを願います。 本当に当たる電話占い知りたくないですか?• 電話占いがありすぎて選べない• 電話占いは初めてで不安• 本当に当たる占いってどこなの?• 無料で占える電話占いサイトがあるの?• 無料特典が豊富な占いがいい! 電話占いは受けてみたいけど色々不安という方に向けて、独自調査&口コミを徹底比較して、全76サイトもの電話占いを比較しています!• 口コミで人気の電話占いランキング• 無料特典が豊富な電話占いランキング• 復縁に強い電話占いランキング• 恋愛成就に強い電話占いランキング• 霊能者が在籍する電話占いランキング• 自分にあった電話占いの選び方 をまとめていますので、お店選びで失敗したくないという方はぜひご覧ください。 \全76サイト徹底比較/ 関連する記事•

次の

コロナウイルスがいつまで続く予言や予想には意味がない

コロナいつまで 予言

新型コロナ収束見込み|占い師の予言をチェック! それでは、 占い師による 新型コロナ収束見込みを見ていきたいと思います! 注:占いですので必ず当たるとは限りません。 ただ、このくらいなのかな?と収束することがわかるだけでも気分は違うと思いますので、参考になればと思います。 レイコ・ローラン(占星術研究家) あくまでも占星術的な見方なので、もし当たらなかったらごめんなさい。 引用元: さらに、レイコ・ローランさんの占いによると、 東京オリンピックが新型コロナウィルスにすり替えられたとも・・・! 確かに、年が明けて世間はオリンピックムードに包まれる頃に、コロナウィルスが感染拡大を始めました。 本来なら今頃は世界中が東京オリンピックムード一色になっていたことでしょう。 それが、オリンピックから新型コロナウィルス一色に変わってしまったのです。 さらにレイコ・ローランさんは「医療オリンピック」が始まったとも。 現在、世界中が治療薬、ワクチンを開発するために、研究を繰り返しています・・・まさに医療オリンピック真っ最中なわけですね。 次におなじみ、ゲッターズ飯田さんの予言をチェックしてみましょう。 ゲッターズ飯田氏(オリジナル占術) 占い上、 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、 4月末から5月頃に節目を迎えます。 自宅にいる時間を利用して、新しい時代への生き方や考え方を変えていくことは良いのかもしれません。 2002年11月から2003年7月まで流行した「新型SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」とよく似ている配置。 また「 天平の疫病大流行」で大仏を建てた後に静まったという話もあり、科学が発展した現代社会においても「大仏を建てよう」と機運が高まっているそうです。 引用元: 今回の新型コロナウィルスは、2002年の「SARS(サーズ)」が発生したときと星回りがよく似ている配置になっているようです。 そして、驚いたことに疫病が大流行した際に、大仏を建てると収まった、収束したという過去があったのですね!今回はどうなのでしょうか。 さらにゲッターズ飯田さんは、2020年は 「ライブ配信の年になる」と予言をされていました。 2020年について、ゲッターズ飯田さんは 「ライブ配信の年になる」と占っていました。 ライブ配信の年というのは、単純にライブ配信のことを指すのでなく、残らないコミュニケーションが鍵となってくるという意味合いです。 その象徴なのが リモートワークによるライブチャット「ZOOM」かもしれません。 これから、 人と遠距離にいながらコミュニケーションするスタイルが、一般的になっていくことでしょう。 引用元: 実際に、緊急事態宣言が出ている地域においては、企業が在宅勤務を命じたり、出張や会議もTV会議で行ったり、あるいは芸能人の方による無観客ライブやYouTubeによる動画配信であったりと、これまでの常識ではありえないことが起こっていますね。 さらにゲッターズさんのワンポイントアドバイスとして、 2020年6月18日から開始する「水星逆行」で再び混乱する暗示が出ているので、頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。 特に、 キーワードは「家庭」で、 家族間のトラブルや恋人同士の行き違い起きやすい時期です。 独り暮らし場合は、家賃トラブルや周辺住人との揉め事が発生しやすので気をつけましょう。 引用元: 現時点においても、コロナ離婚などがtwitterのトレンドであがってきているほどです。 こんな時だからこそ、家族が一丸となってこの時期を乗り越えていきたいものですね。 そしてゲッターズ飯田さんによる、 2021年に向けてのメッセージがこちら。 新型コロナを予言していた?占い師・水晶玉子さん(占星術) 水晶玉子さんは、2019年9月に初版発行された水晶玉子さんの書籍「水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020」の中でゲッターズ飯田さんと対談を行っていました。 その中で、 2020年は、生涯変わらないと思っていたことが変化していく一年。 200年に一度の大きな運気の切り替わりがある と意味深な発言をされていました。 さらに、 未知のものと遭遇し、人々の意識が刷新される 未知のものとは、これはやはり新型コロナウィルスをさすのではないでしょうか。 世間では、 水晶玉子さんが新型コロナウィルスを当てたと噂になっていますね。 今、コロナウイルスで世の中が混沌してるから水晶玉子さん予言してるじゃんってゆう😱😱 — 大房和佳 WakaOofusa そして、水晶玉子さんは 2020年はテレワークが当たり前に普及すると予言しておられたのは、当初は オリンピックで特に都内勤務の方はテレワークになるであろうということだったのかもしれません。 このところ私も、今までなら、会って受ける取材も電話で、集まってする打ち合わせや対談もオンラインでやっている毎日です。 予言、当たっていますよね。 そして気になる 新型コロナウィルスの収束時期ですが、水晶玉子さんは触れておられませんが、ぜひ伺ってみたいものです。

次の