タイト ロープ 映画。 タイトロープ (テレビドラマ)

タイトロープ (映画)

タイト ロープ 映画

映画『タイトロープ』の作品情報 【原題】 『Tightrope』 【製作年】 1984年 【製作国】 アメリカ合衆国 【上映時間】 115分 【日本公開】 1984年 【世界公開】 1984年 【監督】 リチャード・タッグル 『ランナウェイ 18才の標的』(監督)『アルカトラズからの脱出』(脚本) 【脚本】 リチャード・タッグル 【キャスト】 クリント・イーストウッド ジュヌビエーブ・ビヨルド 『ピノキオ(1996)』『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』『まぼろしの市街戦』 ダン・ヘダヤ 『ザ・ハリケーン』『シャフト(2000)』『マイアミ・ガイズ 俺たちはギャングだ』 アリソン・イーストウッド 『真夜中のサバナ』『真夜中のサバナ』 ジェニー・ベック マルコ・セント・ジョン レベッカ・パール レジーナ・リチャードソン ランディ・ブルックス 映画『タイトロープ』の作品概要 アメリカにはこの手の猟奇的な犯罪が多発していた時期だろう。 ゾディアック然り。 本作に描かれている特殊な性癖を持つ犯人像は実は我々の中にも羨望として、本能に存在するかもしれないというメッセージも込められている。 映画『タイトロープ』のあらすじとネタバレ 舞台はアメリカのニューオリンズ。 猟奇的な殺人が発生する。 娼婦ばかりをレイプして殺していく。 赤いリボンを使う殺人犯だ。 クリント・イーストウッド演じる刑事ウエスが担当となり捜査するが、自身の痕跡を残すこととなり殺人者と疑われる。 離婚し二人の娘と暮らしている。 ある日、娘の身に危険が近寄る、、、。 犯人は元警察官なのか、、、。 そして衝撃的な結末が訪れる。 映画『タイトロープ』の感想と評価 この作品はクリント・イーストウッド主演作品の中でも異質な作品と言える。 非常に残酷で陰惨としているのだ。 猟奇的犯罪をテーマに据えている影響もあるが、クリント・イーストウッド演じる刑事の性描写、性癖も描かれていて気味が悪くなってくる。 しかも本作品にはイーストウッドの実娘のアリソンも出演している。 このような暗い作品にアリソンを出演させて、レイプ被害に遭うような設定にもちょっと閉口してしまう。 映画の終わり方の意味深だ。 クリント・イーストウッド作品でははっきり犯人を射殺、良くて逮捕するのだが、本作はその結末がない。 残された片腕だけが第二弾へ繋げるメッセージを送っている(結局第二弾は作られなかった) もっとも本作はクリント・イーストウッドが監督しているわけではない。 主演だけだ。 この1984年のクリント・イーストウッドは本作と『』がある。 前後作品を見てみよう。 1979年(主演のみ) 1980年(主演のみ) 『』(監督・主演) 1982年『ファイヤーフォックス』(監督・主演) 『』(監督・主演) 1983年『』(監督・主演) 1984年『タイトロープ』(主演のみ) (主演のみ) 1985年『世にも不思議なアメージング・ストーリー』(監督のみ) (監督・主演) 1986年『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』(監督・主演) 1988年(主演のみ) 『バード』(監督・主演) 1989年『ピンク・キャデラック』(主演のみ) 1990年『ホワイトハンター ブラックハート』(監督・主演) まずはドン・シーゲルと組んだ最後の作品だ。 そこからおよそ10年間、イーストウッドは監督と主演、あるいは主演のみ、監督のみを繰り返している。 そして1990年からは監督・主演を確立し名作『』への道へと至るのだ。 つまりイーストウッドにとってこの『タイトロープ』とは役者としてドン・シーゲル以外の監督と組んだ異色作品なのだ。 俳優として50歳を超えて、何かしらの転換期を欲していたのではないだろうか。 また1983年からの映画は等の宇宙モノや若者の青春映画『フラッシュダンス』等がヒットしており、その波はしばらく続くことになる。 と考えると下手に監督をやってもヒットは見込めない。 イーストウッドは時が過ぎるのを待っていたような感もある。 もちろん、私の勝手な推測である。 もう一つ、1983年にを撮っている。 この作品は恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品だ。 この映画も本作と同様に陰惨だ。 暗いのだ。 レイプもある。 そしてこの作品を最後に二人は別れている。 勝手な見解だが、クリント・イーストウッドはソンドラ・ロックとの長年の不倫関係で疲れて切っていたのではないだろうか。 だからこの時期は監督をする力がなかったのかもしれない。 愛人ソンドラ・ロックと共演した作品• あまり人にプライベートに干渉してはいけない。 合わせて観たい映画 【こちらも陰惨な映画です。

次の

タイトロープ (映画)

タイト ロープ 映画

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 ニューオリンズ。 夜の歓楽街フレンチ・クォーターで働く赤毛の娼婦が殺された。 市警のウェス・ブロック刑事(クリント・イーストウッド)は署から呼び出しをうけて現場に赴く。 彼は妻と離婚し、アマンダ(アリソン・イーストウッド)とペニーという2人の娘と暮らしていた。 その夜は、娘たちとフットボールの試合を見に行く約束をしていたのだが…。 娼婦は手錠をはめられ、前後から犯された上、赤いリボンで首をしめられていた。 美女連続殺人事件の2人目の犠牲者であった。 その後、ブロックはレイプ・センターのベリル(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)という女性から面会を求められて捜査の手ぬるさをなじられた。 夜、聞き込み捜査を再開し、ある娼婦の挑発にのり身をゆだねる。 ネクタイを忘れて店から出てきた彼を、スニーカーをはいた男が見つめていた。 第3の犠牲者が発見された。 ブロックは聞き込み先の娼婦に手錠をかけてセックスし、快感を覚えるようになった。 第4の犠牲者、それはブロックが関係した娼婦であった。 アスレチック・クラブでベリルに再会したブロックは、ミシシッピ川をゆく遊覧船で食事をともにし、互いに心が通じあうのを感じる。 署に犯人からの殺人予告がきた。 予告のタイプされた名刺をたよりに彼はサムの店へ行き、そこからプラリーヌの店へ行った。 近寄ってきたゲイの1人から倉庫で犯人と会うということを聞き出した。 彼は約束の時間に倉庫に行き、ゲイの死体を発見した。 つづいて2人の犠牲者が出た。 第7の犠牲者の近くにはブロックのネクタイがあった。 次の夜、ブロックは娘2人、べリルと一緒にカーニヴァルを楽しむ。 そんな4人を、スニーカーをはいたピエロ姿の風船売りがじっと見つめていた。 犯人像がしぼられ、ビール工場勤務者というところまで判明する。 夜、ブロックが帰宅すると家政婦が殺され、アマンダは両手に手錠をはめられ犯されていた。 彼の背後から犯人が襲いかかってくる。 必死に抵抗すると、犯人は逃げ出した。 ビール工場につとめるロルフという男が浮かびあがってきた。 彼は元警官で、2人の少女をレイプしてブロックに逮捕された男だった。 警察はベリルの家を見張るが、ロルフは見張りの警官を殺して侵入しベリルを殺そうとする。 ブロックが駆けつけ、ロルフを長い追跡の末に鉄道線路でつかまえ手錠をかけた。 ロルフはなおも暴れ、そこへ列車が通過。 ブロックが立ちあがると、ロルフの手首だけが残っていた。 (ワーナー映画配給亨一時間五四分).

次の

「タイトロープ」ネタバレあらすじと結末/1人の刑事と関わった女性が次々と殺害される!!

タイト ロープ 映画

タイトロープのネタバレあらすじ:連続娼婦殺人事件 舞台はアメリカ、ニューオリンズ。 娼婦の他殺体が発見され、刑事ウェス・ブロックが捜査に当たります。 検死結果から被害者は真夜中12時前後に絞殺されたものと判明。 遺留品から、犯人は黒っぽい髪の白人で、40歳くらいの男だと考えられました。 一昨日の夜にも同じ手口で娼婦が殺害されています。 特捜班を率いるブロックの元に、レイプ救済センターの指導員ベリル・チボドーが訪ねて来ました。 彼女は情報公開を要求しますが、ブロックは話せないと追い返します。 歓楽街で聞き込みを続けるブロックは、2人目の被害者と面識のある娼婦と誘われるまま関係を持ちました。 売春宿を出た時ネクタイを忘れて来たことに気付いたブロック。 その様子を1人の男が見ています。 ブロックは妻と離婚し、2人の娘アマンダとペニーを男手一つで育てていました。 ブロックが不在の間は通いの家政婦が面倒を見ています。 特にアマンダは多忙な父を心配していました。 タイトロープのネタバレあらすじ:共闘 同じ手口で殺害された3人目の娼婦が発見され、警察は同一人物による連続殺人と断定。 ブロックは3人目の被害者を知る娼婦ベッキーから話を聞き出します。 客の中に警官がいたと聞かされ驚くブロック。 なかなか進まない捜査に業を煮やしたベリルは市長に苦情を入れ、ブロックは彼女の職場を訪ねました。 相互協力を約束した2人は情報を共有します。 ブロックはベリルに犯人の特徴と、遺体の周囲に残された謎の赤い繊維について話しました。 4人目の犠牲者は、ブロックが聞き込み中に関係を持った娼婦でした。 憔悴するブロックはベリルを食事に誘い、2人は次第に親密な関係になっていきます。 タイトロープのネタバレあらすじ:忍び寄る影 聞き込みを続けるブロックは、犯人と思われる男から伝言を預かったという娼婦に行き着きます。 それは「プラリーンの店」というゲイバーに行けという指示でした。 娼婦は犯人のことを何も知りませんでしたが、彼はブロックのことを「自分と同じ」だと言っていたそうです。 ブロックはプラリーンの店で犯人と接触した男に会います。 この後犯人と倉庫で会う予定だと聞き、単身倉庫に乗り込むブロック。 しかし犯人の姿はなく、先程の男の絞殺体を発見します。 殺害に使われた赤いリボンは、例の赤い繊維と同じものでした。 更に立て続いてベッキーも殺害されてしまいます。 遺体が放置されていた噴水そばの像には、ブロックが以前売春宿に忘れたネクタイがかけられていました。 タイトロープのネタバレあらすじ:犯人の正体 カーニヴァルの夜、ブロックは娘2人とベリルを連れ街を歩きます。 ペニーが不気味なピエロから風船を購入しました。 その風船には、赤いリボンがついています。 その夜、ブロックはベリルを赤いリボンで絞殺する夢を見て跳ね起きます。 ブロックは犯人と自分の性的嗜好が似ていると気付き始めていました。 遺留品からあるビール工場にたどり着いた特捜班。 犯人は従業員を調べるブロックに気付き、夜彼の家に侵入します。 家政婦を殺害し、アマンダをレイプした犯人は帰宅したブロックに襲い掛かります。 ブロックは何とか犯人を撃退しましたが、アマンダは心に大きな傷を負ってしまいました。 タイトロープの結末:最後の戦い 調べを進めるブロックは「レイプ容疑で警官逮捕」という新聞の切り抜きに目を留めます。 部下のモリナーリに、事件の犯人だったロルフという男が工場で働いていないか調べるように頼みます。 ブロックの勘は当たりました。 ロルフは少女2人への暴行容疑で11年服役し、最近出所してビール工場に勤めていたのです。 彼を逮捕したのはブロックでした。 ロルフの家を捜索したブロックは、大量の赤いリボンを発見します。 その頃、ロルフはベリルに狙いを定めていました。 護衛の警官を殺害し、ベリルを絞殺しようとするロルフ。 そこへブロックが到着し間一髪でベリルを救います。 逃げるロルフを走って追いかけるブロック。 やがて2人は線路に侵入して殴り合いを始めます。 憎しみも露に互いの首を絞めるブロックとロルフ。 そこへ列車がやって来て、ロルフは右手だけを残し死亡します。 呆然と歩き出すブロックの元へベリルが駆け寄って来ました。 2人が支え合うように肩を組み、この映画は終わりを迎えます。 以上、映画タイトロープのあらすじと結末でした。

次の