ファミリー リンク 解除。 実は子どもも歓迎? Androidスマホを安全に管理する「ファミリーリンク」ユーザーの声

実は子どもも歓迎? Androidスマホを安全に管理する「ファミリーリンク」ユーザーの声

ファミリー リンク 解除

13歳未満の子供用の Google アカウントを作成したり、また13歳以上であっても保護者が子供の Google アカウントを管理できるファミリーリンクという機能。 子供が安全にスマホを利用するのに役立ちますが、子供の Google アカウントをファミリーリンクから解除したいという場面もあるでしょう。 ファミリーリンクから子供の Google アカウントを解除する場合、 子供のアカウントの年齢が13歳以上なのか13歳未満なのかによって対応が異なります。 このページではそれぞれの状況におけるファミリーリンクの解除の方法をご紹介していきます。 子供のアカウントの年齢が13歳以上の場合 まずは子供の Google アカウントに設定された年齢が13歳以上で、ファミリーリンクを解除して保護者の管理下から外したい場合です。 保護者の端末からファミリーリンクアプリを起動し、対象の子供のアカウントを選択してください。 [設定を管理]をタップします。 [アカウントの管理機能]をタップしてください。 [管理機能の停止]をタップします。 これで保護者の管理機能が停止され、子供の Google アカウントがファミリーリンクから解除された状態になります。 もちろん、子供の Google アカウントが削除されたりしません。 スポンサーリンク 子供のアカウントの年齢が13歳未満の場合 もし子供の Google アカウントに設定された年齢が13歳未満の場合、ファミリーリンクから解除することは可能ですが、 子供の Google アカウントを削除する必要があります。 ご存知の通り Google アカウントを所有できるのは13歳以上であることがルールとなっています。 そのためファミリーリンクで作成した13歳未満の Google アカウントは、年齢が13歳以上になるまで保護者が管理することが必須となっているのです。 つまりファミリーリンクから解除するということは、子供の Google アカウントを削除しなければならないのです。 削除なので、そのアカウントの Google フォトなどに保存されているデータは消えてしまうことになります。 解除する前に必ず、大切なデータを SD カードなど子供の Google アカウントに連動していないサービス等へバックアップしておいてください。 では13歳未満の Google アカウントをファミリーリンクから解除する方法をご紹介いたします。 解除は保護者の端末からでも子供の端末からでも可能ですが、今回は保護者の端末からの操作でご紹介しています。 子供のアカウントが設定されている端末から削除する まず事前に Android 端末や Chromebook などの 端末から子供のアカウントを削除(取り除く)必要があります。 端末から子供のアカウントを削除していない状態で子様のアカウントそのものを削除してしまうと、その端末がロックされて出荷時設定へのリセットが必要になる可能性があります。 もしログインしている端末がないのであればこのステップは無視して「2」へ進んでください。 保護者の端末からファミリーリンクアプリを起動し、対象の子供のアカウントを選択してください。 子供のデバイスのカードにある[設定]をタップします。 [デバイスをリセットしてデータを削除]をタップしてください。 リセットの理由を選択して[次へ]をタップします。 状況によってログインを求められる場合がありますので、記載されている手順に従ってください。 子供の Google アカウントそのものを削除する では子供の Google アカウントそのものを削除していきます。 保護者の端末からファミリーリンクアプリを起動し、対象の子供のアカウントを選択してください。 [設定を管理]をタップします。 [アカウント情報]をタップします。 [アカウントを削除]をタップしてください。 注意事項等をよく読み問題なければ[アカウントを削除]をタップします。 これで子供の Google アカウントそのものが削除されました。

次の

Googleファミリーリンクの解除方法は?注意点とあわせて解説

ファミリー リンク 解除

悪質なWebサイトを閲覧し、有害情報に接触してしまう• SNSやコミュニティサイトによるトラブル、いじめ、性犯罪被害• SNSなどの投稿により位置情報や個人情報が特定されてしまう• 保護者のアカウントを利用して、ゲームで高額課金をしてしまったり、オンラインショッピングを利用してしまう• 「ワンクリック詐欺」による不正請求や迷惑メールなどによる被害• 不正アプリによる個人情報の漏洩• アニメや映画などを違法アップロードしたり、ダウンロードしたりしてしまう• 長時間利用するスマホ依存によって、健康面や学習面に影響が出る 子どものスマホ使用をめぐるトラブルはさまざまで、子どもたちが被害者になるだけでなく、加害者になってしまうケースも散見されます。 2018年の法改正により、携帯電話事業者には18歳未満のユーザーがスマホを利用する場合「フィルタリングサービス」の設定をおこなうことが義務付けられました。 子どものスマホ利用を適切に見守ることが、保護者だけでなく社会全体に求められています。 子どものスマホ使用を制限する方法 今回紹介するAndroidスマホ管理アプリ「Google ファミリーリンク」。 アプリや利用時間、閲覧サイトの管理に加えて子どもの位置情報も確認できる 子どものスマホ使用を制限するには、大きく次のような方法があります。 子どものスマホ使用を制限する方法• 各OSや端末の機能制限を利用する• フィルタリングアプリやソフトウェアを利用する• 携帯キャリアのフィルタリングサービスを利用する 左:Google Chromeのセーフサーチ機能 右:Google Playの設定でアプリのダウンロードや購入を制限 Androidアプリの場合、標準搭載ブラウザである「Google Chrome」の設定で露骨な表現を含む検索結果を除外したり、「Google Play」で特定のアプリやコンテンツをブロックしたりするなど、個別の機能制限も可能です。 以降に紹介する「Googleファミリーリンク」では、これらの機能を含め、子どものAndroid端末をより包括的に管理することが可能になります。 Androidスマホ管理アプリ「Google ファミリーリンク」でできること 左:管理される子どもの端末画面(Android) 右:管理者となる保護者の端末画面(iPhone) Googleファミリーリンクは、13歳未満(米国や日本におけるGoogleアカウント年齢要件を満たさない年齢)の 子ども用Googleアカウントを作成し、保護者のGoogle ファミリーグループに追加することで、保護者が子どもの端末利用を管理できるサービスです。 2人目の管理者を追加することもできます。 子どもはGoogleアカウントを利用して、一般ユーザー向けのサービス(Chrome、Google 検索、Gmail、Google Play、ハングアウト、Google アシスタントなど)にアクセスできるようになります。 ただし、多くのサービスにおいて使用範囲は限定的です。 Google ファミリーリンクでできること・できないこと Googleファミリーリンクを利用して、保護者が管理できること・できないことをまとめました。 代表的な機能の詳しい内容も合わせて見ていきましょう。 Google ファミリーリンクを使って保護者ができること・できないこと できること できないこと• 子ども用のアカウントの設定と管理(アカウントの削除や編集、アクティビティの監視)• 子ども用端末にダウンロードするアプリの管理(リクエストの承認やブロック)• 子ども用端末の位置情報の確認• 子ども用端末の利用時間の管理• Google Chromeでサイトをブロックしたり、ウェブ閲覧を管理する• サーチセーフを使用して特定の検索結果を除外する• 子ども用端末の画面の内容をリモートで確認する• 検索履歴を確認する• Chromeの閲覧履歴を確認する• 動画の視聴履歴を確認する• アカウントのパスワードを確認・再設定する• メールやメッセージを閲覧する• 通話内容を聞く• 画面ロックのパスワードを新しく設定する• 端末のデータを消去する 子どものアプリの利用を管理できる 「今日のアクティビティ」画面から、各アプリの利用制限時間の設定も可能 日・週・月単位で確認できる「アクティビティレポート」では、個々のアプリの利用時間を知ることができます。 子どもが特定のアプリばかりを長時間利用している場合にアドバイス可能です。 子供がアプリをダウンロードしようとすると、保護者に承認リクエストが送信される 子どもがGoogle Playストアからアプリをダウンロードしようとすると通知が届き、保護者はダウンロードの承認やブロックができます。 「ユーザー成熟度別レーティング」に基づいて、特定のアプリを非表示にする機能も備えます。 また、アプリの権限(マイク、カメラ、位置情報、連絡先へのアクセス権など)を踏まえた詳細情報の確認もおこなえます。 利用時間を管理できる 利用時間の上限に達した場合、デバイスが自動的にロックされる前に子どもの端末に通知が届く 子どもが端末を利用する時間を制限できます。 利用時間の上限だけでなく、「おやすみ時間」の設定も可能です。 端末を自動でロックするスケジュールを変更せず、利用時間を延長する「ボーナスタイム」機能も便利 端末自体を子どもが利用できないよう、リモートでロックすることもできます。 位置情報が確認できる 位置情報はGoogleマップ上で詳しく確認できる 子どもが端末を携帯していれば、位置情報を確認することができます。 この他、利用に際して前もって知っておきたい重要事項には次のようなものが挙げられます。 保護者の承認に クレジットカード情報の登録が必要(請求は発生せず、子供は保護者の承認なくカードを利用できない)• 一度ダウンロードしたアプリの再ダウンロードやアップデート、Google Playファミリーライブラリからの共有コンテンツのダウンロードは保護者の承認が不要• 位置情報確認は、子どもの端末の電源がオンで位置情報の共有が有効の状態に設定されており、インターネットに接続されていて、最近使用されている必要がある• 一部のアプリ(バックグラウンド再生が可能な音楽プレーヤーやメッセージアプリなど)の利用状況は完全に反映されない場合がある• 子どもが13歳になると自分でアカウントを管理できるようになり、ファミリーリンクを有効化しない限り、保護者は子どものアカウントにアクセスできなくなる• すでに使用履歴のあるデバイスを子ども用として設定する場合、 既存のアカウントをすべて削除する必要がある• Chrome上でのウェブサイトの制限やセーフサーチ機能は完全ではないため、 子どもに見せたくない画像等がまれに表示される可能性がある Googleファミリーリンクの設定方法 Googleファミリーリンクは、保護者用の端末と子ども用の端末でそれぞれ初期設定をおこないます。 ファミリーリンクの設定の一部はウェブ上で変更できますが、すべての機能を活用するために 子ども用の端末はAndroid版のファミリーリンクアプリが必要になります。 まずは対応デバイスを確認し、保護者用・子ども用端末ともにGoogleファミリーリンクのアプリをダウンロードしましょう。 本記事では、保護者の端末にiPhone XS(iOS13. 1)、子どもの端末にPixel 3a(Android 9. 0)を使用しています。 1 アプリをダウンロードし、アカウントを選択する アプリを起動させ、Googleファミリーリンクの機能紹介画面を確認し、[使ってみる]をタップします。 管理者として設定するアカウントを選択します。 「"Family Link"がBluetoothの使用を求めています」の画面で[OK]をタップ。 子ども用の端末を用意し、[次へ]をタップします。 2 子どものGoogleアカウントを作成する 「お子様はGoogleアカウントをお持ちですか?」の画面が現れます。 ここでは[いいえ]を選択します。 次の画面で[次へ]をタップします。 「お子様のGoogleアカウントを作成します」の画面で[次へ]をタップ。 子どものフルネームを入力します。 子どもの生年月日・性別を入力し、[次へ]をタップ。 Googleサービスにログインするためのユーザー名を入力します(使用できる文字種はA〜Z、a〜z、0〜9のみ)。 [次へ]をタップします。 8文字以上でパスワードを設定し、[次へ]をタップします。 「保護者の同意」では、子どものGoogleアカウント作成時に保護者のクレジットカードの承認が必要である旨が記載されています。 [次へ]をタップします。 その他に同意が必要な事項を確認し、[同意する]をタップします。 カード情報を入力し、[同意する]をタップします。 このとき、4桁のセキュリティコードの入力を再度求められる場合があります。 「(子どもの名前)さんのGoogleアカウントを作成しました」の画面が表示されたら完了です。 [次へ]をタップします。 3 子どものデバイスに接続する 「完了まであと少しです」の画面で[次へ]をタップします。 子どものAndroid端末にGoogleファミリーリンクのアプリがインストールされていることを確認し、次の画面で[次へ]をタップします。 子どもの端末でGoogleファミリーリンクを設定する 続いて、子どものAndroid端末でGoogleファミリーリンクに接続し、設定を完了させます。 1 端末で子どものアカウントを登録する 子どもの端末でGoogleファミリーリンクのアプリを起動し、最初のデバイス選択画面で[このデバイス]をタップします。 管理者のメールアドレスを入力し、[次へ]をタップします。 パスワードを入力し、[次へ]をタップします。 次の画面で[同意する]をタップします。 [別のアカウントを使用]をタップし、管理するアカウント(子どものアカウント)を登録します。 子どものメールアドレスを入力し、[次へ]をタップします。 パスワードを入力し、[次へ]をタップ。 管理者である保護者のアカウントを選択します。 保護者のパスワードを入力し、[次へ]をタップします。 2 デバイスを接続し、Googleファミリーリンクを設定する プライバシーポリシーと利用規約を確認し、[同意する]をタップします。 「Google Playでの使用制限」のほか、「Google Chromeのフィルタ」「Google検索のフィルタ」の初期状態を確認し、設定を変更することができます。 後ほど、保護者が自身の端末から操作することも可能です。 「インストールをおすすめします」の画面で[次へ]をタップします。 端末の名前を設定します。 端末名が自動入力されますが、任意の名称に変更できます。 [次へ]をタップしてください。 端末にプリインストールされているアプリの中で、子ども向けではない内容のものが表示されます。 インストールしたままにしておくアプリを選択します。 各アプリの使用権限は、後ほど保護者の端末から確認・設定変更することもできます。 次の画面で[許可]をタップし、デバイスのアクティビティ管理の権限を保護者に許可します。 保護者の管理権限が及ぶ各Googleサービスの説明が表示されます。 確認後に[同意する]をタップします。 次の画面で[次へ]をタップ。 デバイスの接続が完了します。 Googleファミリーリンクで子どもの端末を管理する方法 左:アプリで子供を選択し、[表示]をタップ 右:[設定を管理]をタップして設定画面に 設定が完了したら、実際にGoogleファミリーリンクを使って子どもの端末管理をしてみましょう。 子どもの管理画面から[設定を管理]のカードを選択すると、次の各設定が可能になります。 Google Playでの使用制限:購入とダウンロードの承認、コンテンツの制限• Google Chromeのフィルタ:Google Chromeで表示されるサイトの制限• Google 検索のフィルタ:セーフサーチ機能の設定• Androidアプリ:アプリのブロック、利用時間の上限設定• 位置情報:子供のデバイスの位置情報確認設定 Google Playでの使用制限を管理する 子どもがGoogle Play内でコンテンツをダウンロードする際の承認範囲の設定や、Google Playで検索できるコンテンツの指定ができます。 「保護者による設定」画面で[Google Playでの使用制限]をタップします。 ここで設定できるのは、「購入とダウンロードの承認」「コンテンツの制限」です。 左:購入とダウンロードの承認 右:アプリとゲーム 「購入とダウンロードの承認」では、[すべてのコンテンツ][有料コンテンツのみ][アプリ内購入のみ][なし]のいずれかにチェックを入れることで、承認が必要な範囲を選択可能です。 子どもがGoogle Play内で制限された範囲のコンテンツをダウンロードしようとすると、保護者のパスワードを求める画面が表示されます。 保護者はコンテンツの入手に対するリクエストを承認または拒否することができます。 Google Chromeで表示されるサイトを制限する 子どもの端末では、GoogleアカウントでGoogle Chromeにログインできます。 大人がログインした場合とほぼ同じような機能が利用できるため、Googleファミリーリンクではその権限を制限することが可能です。 「Google Chromeのフィルタ」をタップすると、次の画面で子どもがアクセスできるサイトの範囲を次のように指定できます。 【すべてのサイトを許可】子どもは保護者がブロックしたものを除いてすべてのサイトにアクセスできる• 【成人向けのサイトを可能な限りブロックする】露骨な性表現や暴力的なコンテンツを含むサイトが表示されにくくなる• 【特定のサイトのみを許可】子供は保護者が許可するサイトに限りアクセスできる さらに[サイトを管理]をタップすれば、特定のサイトの許可やブロックを個別に設定できます。 「Google検索のフィルタ」をタップし、次の画面で[セーフサーチ]をオンにすると、画像・動画・ウェブサイトなどGoogleの検索結果から露骨な表現を含むコンテンツを排除できます。 ただし、精度は100%ではありません。 利用時間を管理する 子どもの端末の利用時間に上限を設定することができます。 上限時間に達して端末がロックされる寸前に、子どもの端末画面に通知が表示される仕組みになっています。 Googleファミリーリンクアプリで子どものアカウントを選択し、画面をスクロールして[利用時間の上限を編集]をタップします。 「1日あたりの利用時間の上限」と「おやすみ時間」を設定できます。 アプリごとに利用時間を管理する 「アプリのアクティビティ」カードの[制限を設定]をタップすると、各アプリごとの利用時間の上限を管理できます。 この他、個別にアプリをブロックすることも可能です。 各アプリの横にある砂時計マークをタップし、[利用時間の上限を設定]を選択して設定します。 位置情報を確認する 子どもの現在地や現在の状況(移動中かどうかなど)を保護者の端末上で確認できます。 「保護者による設定」画面で[位置情報]をタップします。 [お子様の位置情報の確認]のタブをオンにします。 Googleファミリーリンクを解除する方法 Googleファミリーリンクは、子どものアカウントを削除することで解除できます。 保護者が自身の端末でアカウントを削除する前に、まずは子どものAndroid端末で子どものアカウントを削除しておかないと、デバイスがロックされてしまうので注意が必要です。 また、アカウント削除後は子どものGoogleアカウントを使用していたサービスにアクセスできなくなるほか、アカウント削除後も保護者は引き続き決済処理中の取引の責任を負います。 appllio. com 子どものAndroid端末でアカウントを削除する 子どもの端末でGoogleファミリーリンクを開き、メニュー[ ]から[アカウントを削除]をタップします。 「アカウントを削除しますか?」の画面で[アカウントを削除]をタップします。 「保護者の承認が必要」の画面で、保護者のアカウントをタップします。 保護者のパスワードを入力し、[次へ]をタップします。 子どもの端末でのアカウント削除が完了しました。 [終了]をタップします。 保護者の端末で子どものアカウントを削除する 保護者の端末でGoogleファミリーリンクを開き、メニュー[ ]から子どもの名前をタップします。 [設定を管理]を選択してください。 「保護者による設定」画面で[アカウント情報]を選択。 アカウント情報の画面で[アカウントを削除]をタップします。 「アカウントとデータの削除」では、アカウント削除をする際の注意点や事前の確認事項が列記されています。 内容を確認後、3つの重要項目にチェックを入れて[アカウントを削除]をタップします。 アカウントが削除され、Googleファミリーリンクのトップ画面に移行します。

次の

googleファミリーリンクを13歳以上である旦那に試してみた!抜け道はないのか?

ファミリー リンク 解除

ファミリー リンク アプリ を開きます。 ; お子様を選択します。 [1 日の利用時間の上限] カードで [設定] または [利用時間の上限を編集] をタップします。 画面に表示される手順に沿って 1 日あたりの利用時間の上限を設定します。 では、ファミリーリンクの管理機能を解除する方法を確認していきましょう。 Googleファミリーリンクの管理機能を解除する方法. お子様のアカウント設定の一部は、ウェブブラウザ上で管理することができます。 その他の機能(利用時間の上限設定など)をご利用になるには、保護者の方の Android デバイスまたは iPhone にファミリー リンク アプリをインストールする必要があります。 スマホの利用時間制限や、アプリのダウンロード制限のできる、グーグルのファミリーリンクの設定方法を解説。 小学生・中学生にスマホを持たせるなら、ファミリーリンクはとても便利です。 小・中学生の保護者目線でファミリーリンクの使い方を記しています。 「ファミリーリンクを解除する方法について教えてください」について解説します。 また、ご利用ガイドの該当ページや関連性の高いfaqも掲載していますので、あわせてご参照ください。 Windows10 の家族・子供アカウントの設定(利用制限)を行う方法を紹介します。 Windows 10 の子供アカウントには次の設定を行うことができます。 アクティビティ 使用時間 コンテンツの制限 家族・子供アカウントの設定(利用制限) それでは設定方法をみてきます。 ファミリー リンク アプリのその他の機能(お子様が使用するアプリの管理や、利用時間の上限設定など)は、お子様が iOS デバイスを使用したり、ウェブ上でログインしたりしている間は、ご利用いただけません。 ファミリーセーフティを有効にしても使用時間の制限は別途設定が必要ですので、こちらもあわせてご確認してみるとよいかなと思います。 1のファミリーセーフティでパソコンの使用時間を制限 … アカウントがリンクされると、保護者の方はファミリー リンクを使用して、お子様の利用時間の制限や利用するコンテンツの管理などを行えるようになります。 お子様の利用時間をどの程度に制限するのかは、保護者の方がご判断ください。 ファミリー リンクを使うと、デバイスに利用時間の上限やおやすみ時間を設定できるので、お子様がデバイスを使いすぎないよう管理できます。 制限を設定. ファミリーリンクがパワーアップしてしまいました。 今までは制限時間過ぎても余裕で使えたのですが、今ではすぐにファミリーリンクが作動してすぐ使えなくなってしまいました。 誰か解除方法知ってる人いますか? 制限を設定. 今回は子供のスマートホンやタブレットを管理できるアプリ「Googleファミリーリンク」をご紹介します。 「ファミリーリンク」は、子供のスマートホンに 時間制限や危険サイトのブロック、アプリのブロック、時間制限、位置情報の確認など、お子様がお使いの端末を一括で管理でき … Googleファミリーリンクの管理機能は、保護者用の端末から解除を行います。 具体的には、以下の手順で解除できます。 パスコード解除に10回連続で失敗すると そうなるみたいですね。 自分であれこれ試してみたんだね、息子よ。 バカめ、自業自得じゃ。 と思ったのですが、時間制限を解除したままだ。。。 だから夜中に話し声が聞こえたりしてたんだ。 そんな悩みを解消してくれるのが、Windows10の「ファミリー機能」。 有害情報のブロックや課金制限など、様々な機能を備えているが、今回はそれらのなかでも特に重宝する「使用時間の制限の設定」を … Windows10 の家族・子供アカウントの設定(利用制限)を行う方法を紹介します。 Windows 10 の子供アカウントには次の設定を行うことができます。 アクティビティ 使用時間 コンテンツの制限 家族・子供アカウントの設定(利用制限) それでは設定方法をみてきます。 お子様の利用時間をどの程度に制限するのかは、保護者の方がご判断ください。 ファミリー リンクを使うと、デバイスに利用時間の上限やおやすみ時間を設定できるので、お子様がデバイスを使いすぎないよう管理できます。

次の