イシヘンジン 対。 【INC Apr.瞬間最高3位!?】イシプラス+PARTY【ポケモン剣盾】

イシヘンジン (いしへんじん)とは【ピクシブ百科事典】

イシヘンジン 対

対となるより素早さが高いが低耐久。 りゅうのまいによる積みエースとしての運用が主となる。 専用技Gのちからは防御ダウンの追加効果があり、物理アタッカーである自身と噛み合った性能。 しかし、はりきりによる外しや肝心の龍物理技がげきりんとドラゴンダイブのみと扱いに不安なところも。 必中のダイマックス技を扱えるとの相性は非常に良いため、そこが鍵になるか。 できるポケモンの1匹。 キョダイマックス技は回避ランクを1下げる効果。 はりきりやドラゴンダイブの弱点を補えるだけでなく、味方のふぶき等のサポートまでこなせる。 専用技のGのちからは"じゅうりょく"状態で威力が1. 5倍になる隠し効果がある。 の命中不安も補えるため、重力エースとして運用するのも一興。 ただし、地震は覚えないので味方の地面ポケモンと補完していく形になる。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 キョダイマックス技 変化する技タイプ 解説 キョダイサンゲキ くさ 攻撃と同時に相手の回避率を1段階下げる。 グラスフィールドに変える能力を失い、回避率を低下させる。 回避率低下は技が必中のダイマックスとの相性は微妙なものの、解除後のはりきりとの相性はいい。 キョダイマックスしているとはいえアップリューの耐久で3ターン生き残っているかは微妙だが。 活用するのであればダブルで相方の命中不安技のサポートとして撃つのが最もよい形ではあるだろう。 特性考察 じゅくせい きのみの効果が2倍になる。 はりきりの命中不安が嫌な場合はこれ。 ヤチェのみやハバンのみと合わせれば苦手な相手からのダメージを大幅シャットアウトしての反撃も可能。 くいしんぼう 効果は悪くないが、わざわざHPを減らしてチイラのみなどを使わずともりゅうのまいでASは上昇させられる。 混乱実は回復量が減少したことからじゅくせい+オボン型の下位互換になってしまうため、採用率は低い。 はりきり 隠れ特性。 攻撃が1. 5倍になるが、命中が0. 8倍される。 ダイマックス技が必中であることを利用し、ダイマックスでデメリットを打ち消しつつさらに抜き性能を高めることができる。 アイアントやパッチラゴンでもわかる通り爆発力があるため、現状ではこの特性が主流になっている。 交代先にも負担をかけられる。 "じゅうりょく"状態で威力1. お好みで。 げきりん 竜 120 180 100 80 行動固定 一致最高火力。 フェアリーに注意。 ドラゴンクローは覚えない。 はりきりで外すと技が中断される。 場合によっては混乱踏み倒しも。 ドラゴンダイブ 竜 100 150 75 60 怯み20% 行動は縛られないが、はりきりだと命中はわずか60。 とんぼがえり 虫 70 100 80 攻撃後交代 不利な相手から上手く撤退したい。 はりきりA252珠で超高乱数1発。 そらをとぶ 飛 90 95 76 溜め攻撃 対草虫。 ダイジェット化で素早さを補強できる。 ターン稼ぎにも。 はりきりと相性の良いつばめがえしは覚えない。 アクロバット 飛 55 100 80 持ち物無しで2倍 同上。 木の実を消費するじゅくせいやくいしんぼうと相性が良い。 特殊技 タイプ 威力 命中 効果 解説 ソーラービーム 草 120 180 100 溜め攻撃 一致技。 晴れやダイマックス前提。 性能安定。 ギガドレイン 草 80 120 100 半分吸収 一致技。 居座りを視野に入れるなら。 くさむすび 草 20-120 30-180 100 体重で威力変化 一致技。 不安定。 明確な相手がいるなら。 物理型の役割破壊でも。 りゅうのはどう 竜 85 127 100 - 一致技。 性能安定。 ダイジェットで加速。 火力補強や流しの手段として。 変化技 タイプ 命中 解説 りゅうのまい 竜 - 微妙なすばやさを補いつつ火力を補強する。 やどりぎのタネ 草 90 便利なサポート技。 草は呼びにくい。 リサイクル 無 - じゅくせい型で。 きのみを使いまわせる。 みがわり 無 - 補助技を読んで使い、りゅうまいを積みたい。 こらえる 無 - ダイマックス対策に。 熟成したカムラのみの消費にも。 相手の回避率を下げ命中難の技でも当てやすくする。 はりきりと相性がいいが3ターン生き残れるかはまた別。 グラスフィールドの小回復や地震威力半減を嫌う場合に。 ダブルでは命中難の技を持つ味方の補助ができる。 ダイソウゲン タネマシンガン Gのちから 130 195 グラスフィールド 一致技。 グラスフィールドで2発目から威力1. シングルでは基本はこちら。 一致技。 先制で疑似物理耐久向上。 りゅうのまいやじゃくてんほけんとあわせて全抜きを狙う。 先制で疑似特殊耐久向上。 特殊アタッカーとして運用する場合に。 追加効果だけをみれば通常アシッドボムの方がランク上下幅が大きい。 にも等倍。 ダイマックス時、先制技として使えなくなってしまうので注意。 ダイウォール 変化技 - まもる ダイマックス技を含むすべての技を防ぐ。 連続使用で失敗しやすくなる。 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイロック ころがる 90 天候:砂嵐 対・・・。 奇襲性が高く呼ぶ相手に刺さりやすい。 威力が低いので一撃で倒すには4倍弱点か竜舞積みが必要。 追加効果が優秀。 体重が軽すぎるので通常使用には堪えない。 追加効果はGのちからと同じ。 はりきりでA全振りなら攻撃種族値は191相当になる。 草技は基本的に追加効果の優秀な専用技のGのちからでOK。 タスキやばけのかわを意識するならタネマシンガンも考慮。 げきりんはタイプ一致なのでほぼ確定。 ダイドラグーンで相手の攻撃も下げることができる。 優先技はドラパルトに強くなれるふいうちとダイジェットですばやさがあげれるそらをとぶを追加。 アクロバットでも良いがそらをとぶは相手のダイマックス技を透かすことが出来る。 りゅうのまいはダイジェットで代用できるので優先度は低め。 特性はドラゴンポケモン随一の爆発的な火力を得られるはりきりが基本だが、 ヤチェのみを持って水タイプの氷技を受けつつ竜の舞を積んだり、ハバンのみを持って速い竜を返り討ちにしたりと、奇襲と相性のよいじゅくせいも一興。 はりきりの命中不安を嫌う場合で安定性を求めるならオボンのみを持たせると良いがいまいちパッとしない。 C下降を避けたいなら竜の波動も選択肢に入る。 Sは最速から1段階上昇しても最速ドラパルトを抜けないので、Sを調整して余りをCに回す配分が基本。 重力時の命中率は1. さらに、専用技"Gのちから"は重力によって威力が1. 5倍の120 180 になり、半減はされやすいものの強力なメインウェポンとして使っていける。 重力構築のメインウェポンである味方の地面技を半減する草と虫にはアクロバットが刺さる。 そらをとぶは重力状態で使えなくなるので候補外。 火力は申し分ないものの、すばやさには不安が残る。 ダイマックスしなくても十分な火力を得られることがコンセプトの型なので、ダイマックスは味方に譲り、そのダイジェットなどで上をとれるようにしたい。 重力の持続は5ターンなのでシングルで使うのは難しい。 竜無効。 こごかぜ。 このゆびとまれ。 いやしのはどう。 ヨノワール:一番硬く弱点も少ないため安定した展開が可能。 挑発は撃たれやすい。 じしん。 おきみやげ。 トリックルーム。 ギガイアス:砂が起こせアタッカー性能も高い。 超鈍足。 じしん。 ストーンエッジ。 だいばくはつ。 の組み込みもあり。 シンボラー:素早さが高くS操作にも優れる。 相手のふぶきが一貫。 さいみんじゅつ。 こごかぜ。 おいかぜ。 ダイジェット。 ナットレイ:火力が高く炎技以外に強い。 超鈍足。 タイプ被りだが弱点は被らない。 じならし。 どくどく。 はたきおとす。 だいばくはつ。 イシヘンジン:パワースポットによるこちらの強化が見込める。 特防低すぎ。 じしん。 ストーンエッジ。 ふういん。 じばく。 イオルブ:こいつにダイマックスを切る必要あり。 虫技が一貫。 ダイソウゲン。 ダイナックル。 ダイホロウ。 さいみんじゅつ。 ふういん。 トリル。 相性考察 特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。 組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。 特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。 対アップリュー 注意すべき点 はりきりによる高火力と命中低下を補うダイマックスのコンボが強力。 ダイマックスせずともりゅうのまいや防御低下のGのちからがあり、安易な受け出しを許さない。 対策方法 弱点が多く、耐久もすばやさも低めなのでなので上から殴ればあっさり落ちる。 タスキ貫通ののドラゴンアローは特に有効。 また技範囲の関係からタイプには分が悪く、ゴリ押しも無理があるため引かざるを得ない。 はりきりの命中低下をついたみがわり連発も有効。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技11 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技26 こわいかお - 100 ノーマル 変化 10 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技34 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技50 タネマシンガン 25 100 くさ 物理 30 技56 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技78 アクロバット 55 100 ひこう 物理 15 技95 エアスラッシュ 75 95 ひこう 特殊 15 タマゴ技 No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技13 きあいだめ - - ノーマル 変化 30 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技24 げきりん 120 100 ドラゴン 物理 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技46 てっぺき - - はがね 変化 15 技51 りゅうのまい - - ドラゴン 変化 20 技59 タネばくだん 80 100 くさ 物理 15 技62 りゅうのはどう 85 100 ドラゴン 特殊 10 技65 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10 技77 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技79 ヘビーボンバー - 100 はがね 物理 10 遺伝.

次の

イシヘンジン育成論 : 【実質種族値585】不思議の国の石変人|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

イシヘンジン 対

Contents• はじめに ポケモン剣盾追加DLC第一弾、鎧の孤島が配信されました。 追加されたポケモンやキョダイマックスはまだ使用できませんが、 新たに追加された技と解禁された夢特性は使用可能です。 となれば新しい技を色々試したくなるのは道理ということで、新技を習得するポケモンを眺めていたところ、 ミストバーストフレフワンが目につきました。 ミストバーストの効果は 分類:特殊 威力:100 命中:100 自分の周りにいるすべてを攻撃するが使うと瀕死になる。 ミストフィールドで威力が上がる。 要はフェアリータイプのだいばくはつです。 威力こそ控えめですが、今回注目したのは トリックルーム後に自主退場できる点。 火力の低いポケモンでトリックルームを展開すると放置されてしまって困る……というのがお約束ですが、最低限の火力で相手を殴りながら退場できるようになったのです。 しかし、だいばくはつ系統の技の問題点として、味方も巻き込んでしまいます。 さすがに威力100で味方を殴るなんて問題がありますね、 落ち着くためにAPPDATEの素晴らしい過去記事でも読んで、正しいポケットモンスターを学びましょう。 こんな記事なんであるんだ……? なんでモクローやヒトモシやフラベベで味方を殴ってる記事もあるんだ……? よし。 APPDATEを読んだら味方を殴れるのも長所みたいな気になってきたので問題ないと判断。 そこで味方を殴れる性質を最大限に活かせるポケモンを考えたところ、 ぎゃくじょうジジーロンが浮かんできました。 ぎゃくじょうはHPが半分以下になった時にCを1段階上げる特性です。 これだけでは味方を巻き込むほどの価値はないですが、ジジーロンはフェアリー弱点なので 特性と保険を同時に発動させれば火力を2. 5倍にしながらタイプ一致全体技が撃てます。 さらにフレフワンが退場したところにイシヘンジンを出し、 パワースポットの1. 2倍補正を乗せれば火力は 3倍、叩きパの倍率を出せる計算になります。 ここまで夢に溢れたパーティもなかなかないということで構築開始。 使うにあたってダメージ計算したところ、 ぎゃくじょう発動のためにH全振りから実数値を1落とすと無振りフレフワンのミストバーストでぴったり半分削れることが判明しました。 ゲーフリは剣盾DLCでミストバーストを追加する前提でジジーロンの種族値と特性を設定したとしか思えませんね。 コンボが完成したときの火力はすさまじく、無振りダイマックスエースバーンくらいならハイパーボイスでワンパンしていきます。 状況によってはダイマックスして単なる保険発動に留めても十分な火力が出るので、必要なら選択していきます。 とはいえ、 ダイマックス並みの火力を全体技で出せるのが魅力のポケモンなので、できれば素で運用したいところです。 ハイドロポンプとだいもんじはドサイドンとゴリランダーを仮想敵にした選択ですが、守りたいシーンも割とあったので、変更の余地があるかもしれません。 体毛から強烈な匂いを発しているらしいんだけど、これが爆発するってBC兵器では……? いちおう本命の方のトリラーとしての性能は割と高く、 アロマベールでちょうはつを、タイプでドラゴンテールを無効にしながらそれなりの耐久を持っています。 ここにリリバの鋼半減が加わり、かなり安定してトリルを展開できました。 実は割とトリル展開後も爆ぜるために生きててほしいことがあるので、うまく動かして生き残りましょう。 ミストバーストは最低限の火力があり、なかなか便利です。 保険発動の他にも、 相手のダイマックス技を不発にするために爆発して味方を倒すなど、ミストバーストに関するプレイングは妙に深いです。 あと単純に爆発するフレフワンが面白いので一度見てみてください。 基本的にダイマックスし、 砂とダイアースで耐久を強引に底上げして数値を押し付けに行くのが仕事です。 役割はおおよそバンギラスですが、4倍弱点の不在は大きく、簡単にはワンパンされないのは便利でした。 砂の必要性が薄いのもあり、S操作中の火力の底上げ役としてパワースポットを採用して決めに行く構成が活きましたね。 キョダイマックスがランクマッチで使用できないのを知ってスープを吐かされた。 S操作のサポートがメインの役割で、トリル展開時はウッドハンマーを連打して相手の目をフレフワンから逸らしながら退場し、 グラスフィールドでジジーロンを回復して再度逆上できるようにする、ジジーロンを爆破するために解禁されたとしか思えないポケモン。 調整はおいかぜ展開時を意識し、おいかぜ下で最速ドラパルト抜き。 本当はCSひかえめラプラス抜きまで振った方がいいんですが、ダメおしの関係でちょっと妥協しています。 初手に投げることが多いですが、グラススライダーの詰めを意識して引く選択肢も忘れないようにしましょう。 バルジーナ 性格:おだやか 努力値:H236 B4 C4 D196 S68 実数値:215-x-126-76-154-109 第二のS操作要員。 ドラパルトとイエッサンに有利を取れ、イシヘンジンと相性のいいバークアウトを使えるところが採用に至ったポイントです。 フワライドの採用も考えましたが、初手にゴリランダー以外と並べて展開したいシーンもままあるので、初動の遅さと引き換えにする価値は十分あります。 ウォッシュロトム 性格:ひかえめ 努力値:H252 C252 D4 実数値:157-x-127-172-128-106 補完枠。 バンドリや晴れを睨む。 本来必要な時に出す枠のはずでしたが、なぜか珠が持てたのでかなり選出機会を持たせられるようになりました。 とはいえダイマックスする前提で出してようやく強いといえるポケモンなので、きちんと見定めて運用する必要があります。 相手次第では初手に投げ、フレフワンに飛んでくる鋼技をサイドチェンジして受けるのも狙っていきましょう。 ジジーロンが動いて相手のダイマックスポケモンを倒せればほぼ勝ちです。 トゲキッスが相手にいる場合はバルジーナがダイフェアリーで倒されるので、ウォッシュロトムでサイドチェンジしてイシヘンジンをダイマックスする展開に持ち込みます。 こちらの選出ではおいかぜが切れた後ゴリランダーのグラススライダーで詰める展開も多いので意識して立ち回りましょう。 天候を取っておいかぜが展開できればあとは押し切れる場合が多いですが、相手の面子やサマヨールでトリルを返されることまで想定して残り1匹を選びます。 フレフワンはあまり出さないはずですが、おいかぜ最終ターンにトリルを展開して詰める筋も存在するため選択肢は検討しましょう。 まとめ 総括 しばらく回してみましたが、 選出・立ち回りともにかなり固定化されていて、取り回しの負担が少ない構築でした。 ギミックが一手で完結し、十分な倍率を持っているのもかなり評価が高く、トリパの伝統的な課題であるトリル後のトリラーの弱さにも「放置されればコンボが決まる」「放置しなければ隣の高火力が動く」という形で回答を出せているので使っていて楽しかったです。 反省・問題点 うっすら気付いてる方もいると思いますが、 イシヘンジンの火力補佐が過剰です。 ここまで来ると等倍の相手はほぼワンパンできるため、さらに火力を上げに行く必要はない んだけどやりたかったのです。 構築名が変人爺になってしまわなければたぶん理性的な判断ができたのですが…………。 わかっていながらイシヘンジンにしたせいでゴリランダーに苦しみ続けたため、ここをちゃんと選出に絡めるポケモンにすればもっと強い構築になると思います。 次のシーズンは環境も激変するため他にも調整は必要だと思いますが、コンボの可能性は感じたのでもうちょっと研究してみたいですね。 おわりに 実はこのコンボ、3年越しの悲願です。 7世代が発売されたころ、ぎゃくじょうを活かそうとしていた私はあるポケモンに辿り着きました。 それは AZのフラエッテ。 このポケモンが解禁され(しなかった)専用技と噂される技を覚え(覚えるかは不明)23レベルで使えて(これ以上だと死ななくて困る)特性がきょうせいだと(無茶言うな)ジジーロンを殴って眼鏡を渡しながら保険を発動させて3. 75倍の火力を出せたのです。 しかし解禁されないまま時は流れ、低レベルの使用そのものが不可能になった8世代。 まさか ぎゃくじょうジジーロンを合法的に殴れる日が来るとは思っていませんでした。 ポケモンは考察と知識量のゲームです。 どんなに実現性の低そうなアイデアでも、考察して得た知識と経験はいつか違う形で役に立つかもしれません。 このパーティは私に今一度考察の楽しさを思いださせてくれた気がします。 ありがとう、AZのフラエッテ……! 解禁されなかったお前の魂は変人爺が継いだからな……! 寄稿ガイドライン APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。 寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

次の

沼魚日記

イシヘンジン 対

返信先: 0920Cloud7 イシヘンジン動画化楽しみにしてるね?? ダブルバトルの基本にして奥義である手助けを効果量は減るがフィールドに居るだけで発動するイシヘンジンが弱いはずがないんだよなぁ 【実況】とくぼう4. 5倍の最強イシヘンジンがなんかもうアレでヤバイ【ポケモン剣盾】 youtu. 420• 712• 740• 717• 737• 692• 739• 736• 715• 741• 717• 740• 711• 714• 742• 715• 741• 668• 740• 737• 714• 739• 716• 741• 740• 717• 743• 715• 741• 669• 743• 735• 715• 739• 719• 743• 737• 718• 740• 714• 741• 661• 735• 738• 718• 733• 698• 721• 733• 717• 739• 715• 735• 694• 227 recommend.

次の