デビッド レイド。 ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ

【筋トレ】デービッド・レイドさんの練習を見ましょう。

デビッド レイド

デイヴィッド・リー・ロス() 基本情報 出生名 David Lee Roth 別名 ダイヤモンド・デイヴ 生誕 1954-10-10 (65歳) 出身地 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 〜現在 レーベル マグナ・カルタ CMH Records 共同作業者 公式サイト デイヴィッド・リー・ロス( David Lee Roth, - )はの ・・ 、音楽家。 、のボーカリストである。 両親はロシアとウクライナから来たユダヤ人移民の子孫であり、医師の息子としてに生まれた。 身長182cm。 バンドのエンターテインメント性重視の路線を牽引し、その明るく豪快で華やかなキャラクターから「 ダイヤモンド・デイヴ」の異名を持つ。 来歴 [ ]• RED BALL JETSからヴァン・ヘイレン兄弟に引き抜かれる。 デイヴィッドはPA機材を兄弟のバンドに貸していたため、兄弟がレンタル料を惜しんでの引き抜きとも言われるが加入後もきっちり兄弟にレンタル料を請求していた。 前半 の項参照。 ソロ名義の『』をリリース。 同年4月、ヴァン・ヘイレンを脱退して完全にソロ活動へ転じる。 、、を迎えた超絶技巧ロックバンドを率いてアルバム『』をリリース。 アルバム『』のレコーディング終了後にビリー・シーンが脱退し、グレッグ・ビソネットの弟であるマット・ビソネットが新たにベーシストとして加入。 アルバム『スカイスクレイパー』リリース。 本人が出演したのテレビCMがオンエアされる。 同時にソロとして初来日公演もおこなう。 2回目の来日公演を行う。 ヴァン・ヘイレンから2代目ヴォーカリストが脱退、『』用の新曲はデイヴィッドが歌うことになり、レコーディングするが、アルバムリリース後、デイヴィッドは「アルバムの宣伝に使われた」と言い、再びヴァン・ヘイレンを脱退。 夏、サムアンドデイヴツアーというツアータイトルでサミー・ヘイガーと共にツアーをする。 ゲストとして、も参加。 2月2日 ヴァン・ヘイレン公式サイトにて、デイヴィッドのヴァン・ヘイレン復帰を発表。 2月7日、ヴァン・ヘイレン12枚目のアルバム『』(原題:A Different Kind of Truth)リリース。 5月から2月まで日本に住んでいた。 と親しく、日本語を含め多くのことを彼から学んだという。 2013年5月には日本で製作したショート・フィルム『外人任侠伝〜東京事変』をで配信。 ディスコグラフィー [ ] ソロ・アルバム [ ]• - Crazy From The Heat 1985 15位 US *EP盤• - Eat 'Em And Smile 1986 4位 プラチナム US• - Skyscraper 1988 6位 プラチナム US• ア・リトル・エイント・イナフ - A Little Ain't Enough 1991 18位 US• ユア・フィルシー・リトル・マウス - You Filthy Little Mouth 1994 36位 US• ザ・ベスト - The Best 1997 199位 US• DLR Band 1998 172位 US• ダイヤモンド・デイヴ - Diamond Dave 2003 ヴァン・ヘイレン [ ]• - Van Halen 1978• - Van Halen II 1979• - Women and Children First 1980• - Fair Warning 1981• - Diver Down 1982• - 1984 1984• - A Different Kind of Truth 2012• - Tokyo Dome Live in Concert 2015 関連項目 [ ]• 脚注・出典 [ ].

次の

ショーン・レイ Shawn Ray|運だけが足りなかったボディビルダーの全て

デビッド レイド

ソーシャルスタイル理論とは?人の言動は4つのタイプに分けられる! ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。 特に営業職や販売スタッフなどの顧客と直接関わる職業は、ソーシャルスタイル理論を理解することで、ビジネスでのコミュニケーションがよりスムーズになるとされています。 ソーシャルスタイル理論は、米国の産業心理学者であるデイビット・メリル氏とロジャー・レイド氏によって、1960年代に提唱されました。 メリル氏らは、人々の潜在的な経営力や営業のセンスなどを見抜く法則を探す研究として、人々がある程度の緊張が伴う場面でどのようにふるまうのかに着目して分析を行い、分析結果を「ソーシャルスタイル」としてまとめました。 ソーシャルスタイル理論によると、人はふるまい方や物事の考え方、意思決定の仕方に好みがあり、好みの傾向から大きく4つのソーシャルスタイルに分類されます。 ソーシャルスタイル理論を活用するためには、自分自身がどのグループに属するのか、相手がどのグループに属するのかを見定めることが大切です。 今回の記事では、ソーシャルスタイル理論によって分類される4つのタイプと、それぞれの特徴についてご説明します。 ソーシャルスタイル理論とは?4種類のタイプとそれぞれの特徴とは? ソーシャルスタイル理論とは、米国の産業心理学者であるデビッド・メリル氏とロジャー・レイド氏が1968年に提唱した、コミュニケーションの理論です。 ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは「感情」と「意見」の強弱によって「ドライビング」「エクスプレッシブ」「エミアブル」「アナリティカル」という、4つのタイプに分類されます。 出典元 ソーシャルスタイル理論で分類される4タイプの特徴とは? ソーシャルスタイル理論で分類される4つのタイプについて、それぞれの特徴をご説明します。 ドライビング(前進型・行動派)• エクスプレシッブ(直感型・感覚派)• エミアブル(温和型・協調派)• アナリティカル(分析型・思考派) 1.ドライビング(前進型・行動派) ドライビングとは、一言でいえば迅速かつ合理的に仕事を進めるタイプです。 ドライビングな人は、感情表現があまり強くなく、合理的に物事を達成していく傾向にあります。 ビジネスライクな性格で、プロセスよりも結果を重視し、決断力に優れています。 ドライビングタイプはリーダーシップのある経営者に多いタイプとされ、具体的な行動傾向としては以下のようなものが挙げられます。 冷静で人からの指示を嫌う• 物事の道理を捉え、選択決定が早い• 自分の道は自分で決める• 戦略立案や勝負事への興味が強い 2.エクスプレシッブ(直感型・感覚派) エクスプレッシブとは、一言でいえば周りから注目されることを好むタイプです。 エクスプレッシブな人は、感情表現が豊かで、自ら先頭に立って人を率いていく傾向にあります。 どこにいてもノリが良く、トレンドに敏感で新しいことにも積極的に取り組みます。 エクスプレッシブタイプは賑やかなムードメーカーに多いタイプとされ、具体的な行動傾向としては以下のようなものが挙げられます。 自分の話をすることを好む• 理屈にこだわらない迅速な意思決定ができる• 他人の意見や考えを気にする• 周囲を巻き込んだ行動が得意 3.エミアブル(温和型・協調派) エミアブルとは、一言でいえばどこにいてもみんなの調停役になるタイプです。 エミアブルな人は、周囲の気持ちに敏感で、自分の話をするよりも相手の話に耳を傾ける傾向にあります。 いつも明るく、自分のことよりも組織全体の調和を重視します。 エミアブルタイプは、穏やかな気配り上手に多いタイプとされ、具体的な行動傾向としては以下のようなものが挙げられます。 聞き上手で親しみやすい• 選択や決断には入念な下調べと時間をかける• 周りの意見を大事にする• リスクを取ることは避ける 4.アナリティカル(分析型・思考派) アナリティカルとは、一言でいえば周囲を観察・分析するタイプです。 アナリティカルな人は、普段はあまり感情を表に出さず、自分が話すよりも聞き手側に回る傾向にあります。 独特の価値観や雰囲気を持っている人が多く、データの収集や分析に黙々と取り組みます。 アナリティカルタイプは、周囲に影響されにくいマイペースな人に多いとされ、具体的な行動傾向としては以下のようなものが挙げられます。 冷静で自立心が強い• 情報やデータを重視し、客観的な事実にもとづいて選択する• 時間管理がきっちりしている• リスクを取ることは避ける ソーシャルスタイル理論を活用して上手なコミュニケーションを取ろう! ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。 ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは「感情」と「意見」の強弱によって「ドライビング」「エクスプレッシブ」「エミアブル」「アナリティカル」という、4つのタイプに分類されます。 ソーシャルスタイル理論を活用するためには、自分と相手のソーシャルスタイルを知った上で、相手のスタイルに合わせたコミュニケーションスタイルをとることが大切です。 自分のソーシャルスタイルの特徴を知り、相手のソーシャルスタイルとの違いや共通点を知っておくことで、相手の好みや得手・不得手の傾向が分かり、円滑なコミュニケーションが取れるようになるのです。

次の

ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ

デビッド レイド

アメリカ時代のフォトグラフ(1975年) 署名 基本情報 出生名 David Robert Jones デヴィッド・ロバート・ジョーンズ 別名 ジギー・スターダスト シン・ホワイト・デューク 生誕 1947-01-08 出身地 ・ 死没 2016-01-10 (69歳没) ジャンル 職業 、、、 担当楽器 、、、、、、 活動期間 - レーベル (RCA時代の旧盤の米国でのリイシュー関連) 共同作業者 他 公式サイト デヴィッド・ボウイ(David Bowie , 本名: デヴィッド・ロバート・ジョーンズ, - )は、出身の、、、。 の先駆者として台頭し、の分野で世界的名声を得る。 役者の世界にも進出し、数々の受賞実績を持つとして知られている。 『』入り。 『』5回受賞 19回ノミネート。 誌選出『史上最も影響力のあるアーティスト』など。 略歴 [ ] 出自から初ヒットまで [ ] 、の南部にケント出身でウェイトレスをしていたマーガレット・マリー 1913〜2001 と、ヨークシャー出身で子供のためのチャリティー団体Barnardo'sで広報活動をしていたヘイウッド・ステントン・ジョーンズ ?〜1969 の間に生まれた。 本名はデヴィッド・ロバート・ヘイウッド・ジョーンズ。 一家は、ロンドン南部のとストックウェルの境界に近い、40 Stansfield Roadに住んでおり、ボウイは6歳になるまでストックウェルの幼児学校に通っていたが、1953年に一家はの郊外に引っ越す。 子供の頃から、音楽好きの父親が買ってくる、、、、などの、のポピュラー・ロック音楽に親しむ。 ボウイは、異父兄であるテリー・バーンズの影響でモダンジャズに関心を持つようになり、特にやにあこがれるようになった。 ボウイが14歳になった1961年、母親はプラスチック製のを彼に贈り、その後さっそく地元のミュージシャンにレッスンを受けるようになる。 1962年、ボウイは重傷を負う。 学校でガールフレンドを巡る喧嘩を起こし、その際に彼の友人のジョージ・アンダーウッドが左目を殴ったために、4か月の入院と数度にわたる手術をその左目に受ける羽目になった。 結果として医師は、ボウイの視力が完全には回復しそうもなく、左目の知覚能力は不完全で、また常に瞳孔が散大した状態であり続けることを確認した。 ボウイの虹彩の色が左右で違うのは目を殴られたためとの説があるが、のによるものである。 なお、この一件にも関わらず、二人の友達づきあいはそれからも続き、アンダーウッドはボウイの初期のアルバムのアートワークを制作した。 1962年ボウイが15歳の時に、プラスチック製のアルト・サックスを卒業して、本物の楽器を扱うようになり、また、彼にとっての最初のバンド「Konrads」を結成した。 このバンドではギターかベースを担当し、主な演奏場所は若者の集まりか、あるいは結婚式であった。 バンドのメンバーは概ね4人から8人の間で、その中にはボウイとガールフレンドを取り合ったアンダーウッドも居た。 に「ディヴィー・ジョーンズ・アンド・ザ・キング・ビーズ」名義で最初のシングル「リザ・ジェーン Liza Jane 」を発表。 しばらくはヒットに恵まれず、「ザ・マニッシュ・ボーイズ」「ディヴィー・ジョーンズ・アンド・ザ・ロウアー・サード」などと名を変えたが、同じ歌手のと紛らわしいことから、1966年4月のシングル「Do Anything You Say」から使い始めた「デヴィッド・ボウイ」でやっと芸名が定着することになる。 このボウイの名前は19世紀に活躍したアメリカの開拓者であると、彼が愛用していたナイフであるから取られた。 デビュー当時のボウイ 1967年9月 6月、デビューアルバム『デヴィッド・ボウイ David Bowie 』を発表。 アルバム製作中にに傾倒し、チベット難民救済活動を行うチベット・ソサエティに参加している。 同年9月に短編映画『イメージ』(1968年)への出演が決定し、その撮影の際にと出会っている。 ボウイはロンドン・ダンスセンサーでのケンプのダンスクラスに習い、ケンプの下でなどから学んだとによってドラマティックな表現を身につけ、そこから世界に対して見せつける自身のペルソナの制作に熱中した。 、前年に公開された映画『』をモチーフにして、アルバム『 David Bowie 』を制作。 の月面着陸に合わせて、その直前にシングル「( Space Oddity)」をリリース。 全英チャート5位、全米チャート15位まで上がり、人気ミュージシャンの仲間入りを果たした。 グラム・ロック時代 [ ] グラムロック時代 、をサウンド面での盟友に迎え『( The Man Who Sold The World)』をリリース。 歌詞に哲学・美学の要素が含まれるようになり、のアルバム『 Hunky Dory 』でその路線は更に深まり、サウンドにも哲学・美学の要素が浸透し、ボウイはの旗手としての地位を確立することになった。 ミック・ロンソンが後に加入することになるグラムロックバンドのは1972年3月、解散危機に直面し、ボウイはモット・ザ・フープルに「 All the Young Dudes 」を提供、同バンドの楽曲として大ヒットした。 6月、『 The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars 』をリリース。 コンセプトに基づいて架空のロックスター「ジギー・スターダスト」を名乗り、そのバックバンドである「スパイダーズ・フロム・マーズ」を従え、世界を股に掛けた1年半もの長いツアーを組んだ。 初期はアルバムの設定に従ったものだったが、徐々に奇抜な衣装(の衣装も多く取り上げている)、奇抜なメイクへと変貌していった。 アメリカツアーの最中に録音された『 Aladdin Sane 』は、架空のロックスター「ジギー・スターダスト」を演じるボウイというよりは、架空のロックスター「ジギー・スターダスト」そのもののアルバムになった。 しかし、のでの最終公演を最後に、ボウイはこの「ジギー・スターダスト」を永遠に葬った。 一連の「ジギー・スターダスト」としての活動で、ボウイはの代表的ミュージシャンとしての地位を確立することになった。 「ジギー・スターダスト」を演じることをやめ、一息ついたボウイは、子供の頃好んで聞いていた楽曲を中心に構成したカバーアルバム『ピンナップス Pin Ups 』を発表し、それを最後にジギー・スターダスト時代の唯一の名残であるバックバンド「スパイダーズ・フロム・マーズ」を解散させ、盟友のとも離れることになった。 アメリカ時代 [ ] アメリカ時代 1974年2月 、そのような状況の中で、心機一転、原点回帰して、アルバムを制作することになった。 作詞の際にが一躍有名にした「カット・アップ」の手法を導入した『 Diamond Dogs 』を発表する。 のSF小説『』をモチーフに作られたアルバムだったが、オーウェルの遺族から正式な許可が下りず、「『1984年』という言葉を大々的に使用してはならない、『1984年』の舞台化も許さない」という制約で縛られることになった。 1974年6月に始めた北米ツアーでは、ロック史上空前の巨大な舞台セットを導入し、絶賛されたが、相次ぐ機材のトラブル、ボウイの体調不良などで、2ヶ月程度でツアーは中断することになった。 その中断期間中にに傾倒するようになり、6週間の中断を経て再開された北米ツアーは全く別のものになった。 、を盟友に迎え、『 Young Americans 』を発表する。 全米1位を獲得したとの共作シングル「 Fame 」を含むこのアルバムは、からさらに一歩踏み込み「白人はいかに黒人音楽のソウルフルさに近づけるか」というコンセプトで作られた。 このアルバムの直後、初の主演映画『』がクランクインした。 それは、前作と裏返しの「白人である私、ヨーロッパ人である私はいかに黒人音楽を取り入れるべきか」という方向に変わり、コンセプト・アルバム『 Station to Station 』として結実した。 ベルリン時代 [ ] ベルリン時代 1978年6月 ボウイは再び架空のキャラクター「シン・ホワイト・デューク」(痩せた青白き公爵)を名乗り、それを演じた。 ドイツでのライブはを強く意識したステージ構成になった。 インタビューでは擁護発言を行ない、ファンの前ではをやったとの騒動が起き、メディアからは激しいバッシングを受け、危険人物とみなされることも多かった。 ツアーの終了後、薬物からの更生という目的も兼ねてに移住し、ひそやかに音楽作りを始めた。 カルト・スターとの決別 [ ] ニューウェイブ時代 1983年11月 、再びアメリカに戻り、ニューウェーブを前面に出した、RCA時代最後のアルバム『スケアリー・モンスターズ Scary Monsters.... and Super Creeps』を発表した。 初ヒット曲の「Space Oddity」の登場人物・トム少佐を再び登場させ、「Ashes to ashes」で彼のその後と自分を重ね合わせて歌い、ボウイはカルト・スターとしての「デヴィッド・ボウイ」と決別することになった。 の『シリアス・ムーンライトツアー』では新しいファンをも取り込んでの大規模なワールドツアーを大成功させ、カルトヒーローからメジャーロックスターの座につくことになった。 ただこのころから以前のようなカルトなアーティスティックな作風からポップロック路線へと作風が変化するが、迷走と模索の時期ともなった。 この頃のボウイは俳優としての出演も多い。 ティン・マシーン時代 [ ] ティン・マシーン時代 1990年9月 、ボウイはゴージャスなサウンドとステージからイメージチェンジをはかり、シンプルなロックバンド「」を結成。 スタジオ・アルバムを2枚、ライヴ・アルバムを1枚リリースする。 その後、過去のベストヒットメドレー的なコンサートとしては最後と銘打って『サウンドアンドヴィジョン』ワールドツアーを行い、過去の総決算を果たそうとした。 ソロ活動再開 [ ] に『 Tin MachineII 』を発表。 この後、現在までティン・マシーンのアルバムはリリースされておらず、正式な解散発表はないものの、事実上の解散状態となる。 にはモデルのと再婚。 そして、ナイル・ロジャースと再び組んで6年ぶりのソロアルバム『 Black Tie White Noise 』を発表、『トゥナイト Tonight 』以来9年ぶりに全英1位を獲得する。 には今度はブライアン・イーノと再び組んで『 1. Outside 』をリリース。 その後、に『 Earthling 』、には『 Hours... 』をリリースする。 メジャーなロックスターには珍しく、のボウイはコンスタントに新しい作品の発表とツアー活動を行い、時代の実験的なアプローチを導入し、復調の兆しをみせる。 病気療養と引退報道 [ ] USA. シカゴ公演より 2002年8月 に入っても創作意欲は衰えず、に『 Heathen 』、に『 Reality 』と立て続けにアルバムを発表し、大規模なワールドツアーを開始する。 その中で8年ぶりの来日公演も果たした。 しかし、このツアー中ににてによる前胸部の痛みを訴え緊急入院、残りの14公演を急遽中止した。 この一件以来、ボウイは創作活動には消極的となり、の「ネヴァー・ゲット・オールド Never Get Old 」(『リアリティ』からのシングル・カット)以降リリースが途絶えることになった。 公の場に姿を現したのも、にやのライブにゲスト出演した程度で、表立った活動はほとんど行われなかった。 親交の深いは初頭のインタビューで「ここ数年のボウイはすっかり創作活動への意欲を削がれてしまったようで、この調子だと新作は当分ないだろう」と語り、同年秋には妻のイマンが近年のボウイは自宅でアート作品の制作や執筆に勤しんでおり、その生活に満足していると語った。 イマンによれば、現在は自身が蒐集した100個以上のを撮影し、それに自身のテキストを添えた書籍『Bowie: Object』を執筆中であり、ボウイが第一線に復帰することについては「本人次第」とした。 にはボウイのを手掛けた、ポール・トリンカが「よほど劇的な作品を届けることがない限り、もう一線には戻らないだろう」と、ボウイは実質的にほぼ引退したという見解を述べた。 同年3月には、にリリースを予定していたという幻のアルバム『Toy』がインターネット上に流出するという事件が起こった。 突然の復帰、そして死 [ ] 、ボウイの66歳となるに突如、新曲「ホエア・アー・ウィー・ナウ? Where Are We Now? 」と10年ぶりとなる新作『 The Next Day 』を3月に発売すると発表。 先行シングルの「ホエア・アー・ウィー・ナウ? 」は全世界119か国のにて一斉配信開始され、リリースから24時間で27か国のチャート1位になった。 余談だが、ボウイ重病説を信じたのフロントマン、イアン・マッカロクは、彼は亡くなるものだと思い込み、トリビュート・ソングを作っていたため、突然のカムバックに驚かされたらしい。 、自身がに主演した映画『地球に落ちて来た男』が舞台化され、自身もプロデュースを担当することが発表される。 舞台化作品のために、新曲の書きおろしと、過去の楽曲がアレンジされて提供される。 没後、献花されたベルリン時代のアパート 2016年1月 、18か月の闘病の末、により死去したことが公式にて公表された。 2日前の69歳の誕生日にアルバム『 Black Star 』をリリースしたばかりであった。 その収録曲「Lazarus」は、自らの死期を悟っていたボウイがプロデューサーのと共に、ファンへの最後のメッセージを盛り込んだ内容となっている。 トニー・ヴィスコンティはmojo誌のインタビューで「彼は最後まで楽天的だった。 ずいぶん弱ってきてるけど、新しい治療法を試してみるつもりだとか、新しい曲を書いてて、さらに次のアルバムのレコーディングをどうしようとか、話してた。 私たちも皆そうだけど、彼もまた、もっと時間があると思ってたんだろうな」と語っている。 アルバムは、自身初の全米チャート 1位を獲得した。 人物 [ ] 家族 [ ] 最初の妻は、モデル出身のメアリー・アンジェラ・バーネットとに結婚。 翌年、長男 (現・)を授かる。 に離婚。 に、と再婚。 に長女 アレクサンドリア・ザーラ・ジョーンズが生まれている。 故郷ロンドンにあるジギー・スターダストの碑標 大抵、名声を得たミュージシャンは、その時点までに確立した己のスタイルを貫こうとし、ファンもまたそれを望んでいるものだが、ボウイの場合はスタイルを変化させることによってファンを失う危険をものともせず、様々なジャンルにわたる大胆な音楽性の変化を繰り返し、それぞれのジャンルにおいてエポックメイキングな作品をリリースしている。 時代ごとに超個性的なミュージシャン達とコラボレーションを行うのみならず、はるか年少のアーティスト達とも積極的に交流する柔軟さも持ち、批評的・商業的なリアクションはその時々で不安定ながら、生涯貪欲で前進的な創作を続けた。 そのためか、1970年代・1980年代以降のミュージック・シーンは、なにかしらボウイの音楽的影響を受けているミュージシャンも多い。 や、、、、、、など、多方面に亘る。 また、「 メジャーなカルトヒーロー」と言われ、時代時代の音楽に対する明敏さを生かし、それまでとは打って変わった音楽性という実験を繰り返しながら、様々な意味での自己刷新を計ることが多いため、安定した商業面での成功をおさめるには不利といえるが、セールス的には成功している部類に入り(ただし、いわゆるロックレジェンドとしては格段に総セールスが少ない)、アーティスティックな面と商業面をうまく両立させている数少ないミュージシャンである。 1973年には初の日本公演を果たしている。 ボウイはであったことから、来日に際してはから船で来日し、イギリスへの帰国の時もからを経由してからに乗車したという逸話もある。 2000年にコマンダーを、2003年には大英帝国騎士号をそれぞれ叙勲辞退している が、1999年にフランス政府より授与されたは受章している。 役者としてのボウイ [ ] ハリウッドにあるボウイの「名声の歩道」 ボウイの初めてのメジャーな映画出演は『』であり、それは演劇『』同様の賞賛をもたらした。 この作品での演技が評価されて、第4回のを受賞した。 それ以前の映画出演としては、1969年の前衛映画にパントマイムとして出演している。 以降の役者としての経歴は散発的なものであった。 1983年には監督の『』に英軍将校ジャック・セリアズ役で出演した。 また1984年には『』で殺し屋の端役を、監督の『』ではを演じた。 『戦場のメリークリスマス』は一部の批評家に感銘を与えた。 しかし次作のロック・『ビギナーズ』(1986年)は失望と非難の的となった。 同年彼は監督の『』での王ジャレスを演じた。 彼はまた『』で、と共演し、『』では役を演じた。 『』ではミステリアスな捜査官フィリップ・ジェフリーズ役で出演した。 ボウイは2002年の「100人の偉大な英国人」の中に、、といった人物と並んで選出された。 思想 [ ] 過去のバウンス誌によれば、ボウイは60年代のヒッピーに激怒したことがある。 ボウイはヨーロッパの芸術、貴族への憧憬を持ち続けた。 それがエスカレートしたのか、70年代にファシズム支持発言をしている。 1974年にはボウイは「イギリスはファシズムのリーダーになる用意がある」 との問題発言をおこなった 後にはファシズムへの傾倒は「浮気」だったこと等を、明かしている。 また76年のプレイボーイ誌のインタビューでは「ロック・スターは皆、ファシスト」「ヒットラーはロック・スターだった」 と再度の問題発言をしている。 同時期に、レゲエやブルースで財産をきずいたエリック・クラプトンもライブで、ジャマイカ系の移民や有色人種に対する差別発言をしている。 またクラプトンは、排外主義でレイシストの右派政治家、イノック・パウエルを支持するとの発言もおこなった ボウイはナチ党の業績を評価したことも、イーノック・パウエルを支持したことも、公の場で人種差別発言をしたこともない。 親日家 [ ] ジギー・スターダスト時代の衣装 デヴィッド・ボウイが大の日本好きであったことはよく知られており 、一時期、京都に居住していたことがあった。 彼のステージパフォーマンスにはの要素がいくつも取り入れられていた。 このことを示す事例は、という設定の「ジギー・スターダスト」や「ジェローム・ニュートン」のコスチュームなど、枚挙にいとまがない。 ボウイは特に、の様式美やという要素に大きな影響を受けた。 に女形の化粧のやり方を教わることすらしたが、女形の化粧をそのまま真似することはせず、むしろ女形に的魅力を見出し、ステージへの応用ができるかを模索した。 また、研究者 Helene Thian によると、ボウイは歌舞伎の「」の要素をステージパフォーマンスに取り入れた最初の欧米人であるという。 ボウイは「スペース・サムライ」と名付けた日本のにインスパイアされた衣装や、にインスパイアされた衣装を好んで羽織り、曲の合間などに早替わりするパフォーマンスで観客を魅了した。 ボウイが日本文化に興味を持ち始めたのはロンドンで、にのダンス・スクールに通っていた時であった。 の無声映画に影響を受けたことを自認するケンプは、生徒のボウイにを聴かせ、共に、やを研究した。 にはのになろうと本気で考えていたボウイであったが、ケンプのレッスンをきっかけとして、に生きる僧侶とは正反対の、という派手やかな歌舞音曲の世界へと、人生の進路が決まった。 ボウイが北米市場で成功しようともがいていたに大きな助けとなったのが、との出会いであった。 山本は1973年のジギーや1976年のアラジン・セインの衣装をデザインした。 今日では、ボウイのような立場は、異文化から要素をただ盗んできただけと糾弾されがちであるが、前述の服飾史研究者 Thian によると、日本からボウイに対してこのような苦情が申し立てられることは、まずないという。 彼女によるとその理由は、ボウイは自身の創造性を、東西文明を融合させ戦後世界を癒すために捧げたが、これはボウイの日本への敬意の表れであり、日本人も彼の敬意を愛しているからだ、という。 ボウイの訃報に際し、は 公式ツィッターで、をバックに撮られたボウイの写真と共に、追悼メッセージを送った。 栄典および受賞等 [ ] フランス [ ] 1999年 フランスコマンドール 米国 [ ] 1999年 献名 [ ]• Devid Bowie Spider :のの一種。 から、、に生息する。 2008年にドイツの生物学者ペーター・イェーガーが発見。 種小名の davidbowieはデヴィッド・ボウイの『The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars』にちなんで献名された。 スタジオアルバム [ ]• - David Bowie (1967年)• - Space Oddity (1969年)• - The Man Who Sold The World (1971年)• - Hunky Dory (1971年)• - The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars (1972年)• - Aladdin Sane (1973年)• - Pin Ups (1973年)• - Diamond Dogs (1974年)• - Young Americans (1975年)• - Station to Station (1976年)• - Low (1977年)• - "Heroes" (1977年)• 間借人 - Lodger (1979年)• - Scary Monsters (1980年)• - Let's Dance (1983年)• - Tonight (1984年)• - Never Let Me Down (1987年)• - Black Tie White Noise (1993年)• - The Buddha Of Suburbia (1993年)• - 1. Outside (1995年)• - Earthling (1997年)• - hours... (1999年)• - heathen (2002年)• - Reality (2003年)• - The Next Day (2013年)• - David Live (1974年)• - Stage (1978年)• - ZIGGY STARDUST THE MOTION PICTURES (1983年)• - Santa Monica '72 (1994年) サウンドトラック [ ]• - Christiane F. (1981年)• - David Bowie In Bertolt Brecht's Baal (1982年)• - Cat People (1982年)• - Absolute Beginners (1986年)• () - Labyrinth (1986年) コンピレーション [ ]• Bowie Rare (1983年)• Love You Till Tuesday (1984年)• Sound + Vision (1989年)• Changesbowie (1990年)• Early On 1964-1966 (1991年)• The Singles Collection (1993年)• The Singles 1969 To 1993 Featuring His Greatest Hits (1993年)• Rarestonebowie (1995年)• BBC SESSIONS 1969-1972 (1996年)• The Deram Anthology 1966-1968 (1997年)• The Best Of David Bowie 1969-1974 (1997年)• LIVEANDWELL. Bowie At The Beeb The Best Of The BBC Radio Sessions 68-72 (2000年)• All Saints: Collected Instrumentals 1977-1999 (2001年)• Best Of Bowie (2002年)• Sound + Vision Boxset (2003年)• Club Bowie Rare And Unreleased 12" Mixes (2003年)• Best Of Bowie Limited-Edition (2003年)• ユー・プリティ・シングズ - ピーター・ヌーン (元ハーマンズ・ハーミッツ)• オール・ザ・ヤング・デューズ(すべての若き野郎ども) - (1972年) アルバム・プロデュース [ ]• トランスフォーマー - (1972年)• イディオット(愚か者) - (1977年)• ラスト・フォー・ライフ(欲望) - (1977年) 出演 [ ] 映画 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1969 イメージ 少年 サイレント映画・20分の短編映画 1969 The Virgin Soldiers 戦士 1973 Ziggy Stardust and the Spiders from Mars 本人 ドキュメンタリー作品 1976 The Man Who Fell to Earth トーマス・ジェローム・ニュートン 2015年に舞台化 1978 Just a Gigolo ポール 1981 Christiane F. 本人 カメオ出演 1983 The Hunger ジョン Merry Christmas, Mr. 1985 Breakfast Club ボウイの曲の歌詞が引用された Into the Night コリン・モリス 1986 Absolute Beginners ヴェンディス・パートナーズ Labyrinth 魔王ジャレス 1988 The Last Temptation of Christ ピラト総督 〜ジョン・レノン Imagine: John Lennon 本人 1991 The Linguini Incident モンティ 1992 ローラ・パーマー最期の7日間(劇場版) Twin Peaks: Fire Walk with Me フィリップ・ジェフリーズ 1996 Basquiat アンディ・ウォーホル 1998 Everybody Loves Sunshine バーニー Il Mio West ジャック イタリア映画・西部劇 1999 Mr. Rices Secret ウィリアム・ライス Boys don't cry 2000 Zoolander 本人 カメオ出演 2003 The Nomi Song 本人 クレジットなし 2006 The Prestige ニコラ・テスラ Arthur et les Minimoys 魔王マルタザール アニメ(声の出演) Scott Walker 30 Century Man 本人 兼製作総指揮 2007 SpongeBob SquarePants L. H アニメ(声の出演) 2008 August オーグルビー 2009 Bandslam 本人 カメオ出演 テレビドラマ [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1968 The Pistol Shot 英BBC放映のドラマ 1970 The Looking Glass Murders スコットランドのTVドラマ 1982 Baal バール 英BBC放映のドラマ 1993 Full Stretch 本人 イギリスのTVドラマ 1999 The Hunger Premium 英Syfy放映のホラー エピソード22 2006 Extras ゲスト出演 英BBC放映のコメディ 第2シーズン・エピソード2 舞台 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1980 The Elephant Man ジョン NYのブロードウェイ 1997 Pierrot in Turquoise 日本のテレビ番組 [ ]• 1983年10月の来日公演時に、の60分の『戦メリ』ボウイ特番『独占!!デヴィッド・ボウイ』に、、、の3人、と共に出演した。 司会は、とが務めた。 1992年1月29日から2月17日までの3週間、で来日公演を行った際、の『』、の『』に出演し、両番組内ともに、で「Baby Universal」を披露した。 CM [ ]• 、焼酎「純」(1980年、日本、楽曲「クリスタル・ジャパン」使用、本人も出演)• 、"I want my MTV"・キャンペーン(1983-1985年、アメリカ、楽曲「モダン・ラヴ」使用、本人も出演)• (1984年、日本、楽曲「ウィズアウト・ユー」、「ブルー・ジーン」使用)• (1987年、アメリカ、楽曲「モダン・ラヴ」使用、と共演)• (1997-1999年、日本、楽曲「レディ・スターダスト」使用)• (2003年、フランス、楽曲「ネヴァー・ゲット・オールド」使用、本人も出演)• 、(2004年、日本、楽曲「レッツ・ダンス」使用)• 、(2005年、日本、楽曲「チェンジズ」使用)• (2013年、フランス、楽曲「アイド・ラザー・ビー・ハイ」使用、本人も出演) 日本公演 [ ]• 4月8・10・11日:、12日:、14日:広島郵便貯金ホール、16日:、17日:、18日・20日:• Low And Heroes Tour• 12月6・7日:、9日:記念ホール、11日:、12日:• Serious Moonlight Tour• 10月20・21・22・24日:、25日:、26・27日:、29日:、30日:記念競技場、31日:京都府立体育館• 5月15・16日:• Tin Machine It's My Life Tour• 1月29日:、30・31日:、2月2日:、3日:メルパルクホール広島、5・6日:、7日:、10・11日:、13日:、14日:、17日:• The Outside Tour• 6月4・5日:、7日:、8日:、10日:、11日:、13日:• A Reality Tour• 3月8・9日:、11日: 脚注 [ ]• David Bowie Official 2016年1月10日. 2016年1月11日閲覧。 NME. 2000年11月27日. Buckley 2000 : p. Sandford 1997 : pp. 19—20• Sandford 1997 : p. Evans, Mike 2006. Rock 'n' Roll's Strangest Moments: Extraordinary Tales from Over Fifty Years. Anova Books. Buckley 2005 : p. Sandford 1997 : p. David Buckley 2000 英語. Strange Fascination: David Bowie: The Definitive Story. London: Virgin. 後にSpace Oddityに改題• - 「宮嵜広司の「明るい洋楽」・2013年1月9日閲覧。 、BARKS 「BARKSニュース」・2013年4月17日閲覧。 com 2015年4月11日. 2015年4月13日閲覧。 - amass• - BARKS• - BARKS• - BARKS• Thompson, Jody 2007年1月8日. 35 : BBC News. 2010年7月4日閲覧。 BBC. 2016年1月14日閲覧。 日本経済新聞社 2016年1月13日. 2016年1月15日閲覧。 Thian 2013年6月11日. 2016年1月14日閲覧。 SiteMaster. com. 2010年4月5日閲覧。 PAYTRESS, MARK 1 April 2003. BOWIE STYLE. TOKYO FM Publishing• Berklee College of Music. 2010年4月5日閲覧。 2016年1月11日閲覧。 参考資料 [ ]• 『デヴィッド・ボウイ詩集 - スピード・オヴ・ライフ』(シンコーミュージック、2002年)• 『BOWIE STYLE』(TOKYO FM 出版、2003年• 『アーカイヴ・シリーズ No. 12 デヴィッド・ボウイ』(シンコーミュージック、2004年)• 『デヴィッド・ボウイ・ファイル』(シンコーミュージック、2006年)• 『全曲解説シリーズ デヴィッド・ボウイ』(シンコーミュージック、2006年)• 『評伝デヴィッド・ボウイ 日本に降り立った異星人 スターマン 』(DU BOOKS、2017年) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 「ジギー・スターダスト」、「ハンキー・ドリー」に参加。 後にに加入。 - 「ジギー・スターダスト」時代の右腕。 () - の二大巨頭。 - 「Fame」で共演。 - 長年の友人、チャリティ・シングル「Dancing In The Street」で共演。 - グラム、ベルリン三部作時代&近年のプロデューサー。 - 「」提供。 - 『レッツ・ダンス』『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』のプロデューサー。 ()- 憧れの存在、ボウイは彼のファンを公言。 () - 盟友。 上記シド・バレットの追悼シングル「」で共演。 - 盟友。 ボウイとミック・ロンソンがプロデュースした『』を発表(1972年)。 2013年10月27日のリード死去に際して「彼は師だった He was a master. 」と弔辞を述べた。 -のヴォーカルで盟友。 ボウイがを辞めた後、80年代にと契約したが、それはフレディの進言によるものだった。 そのフレディが死去した際、彼の追悼コンサートにボウイも駆けつけた。 - プロデュース、盟友、『ロウ』『トゥナイト』参加。 - ベルリン三部作に参加、後年『アウトサイド』をプロデュース。 () -『ヒーローズ』『スケアリー・モンスターズ』参加。 () -「ロウ&ヒーローズ」ツアー、『ロジャー』参加。 -「 Under Pressure」共作し、後年は1992年に行われた追悼コンサートにも出演。 またドラムのは、尊敬するミュージシャンの一人にボウイの名を挙げている。 - 一時期ボウイのバックダンサーを務めていた。 - Heroesの弦楽アルバムを制作。 - が大ファン。 「アイム・アフレイド・オブ・アメリカンズ」に参加(収録)。 - 売れない時代に彼の劇団に入りパントマイムを習っていた。 - ニューヨークの自宅の隣人で家族ぐるみの付き合い。 - ボウイの大ファンであることを公言している。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の