ヨーヨー 釣り こより。 保育園や家でも手軽なヨーヨー釣り!こよりの簡単な作り方!

水ヨーヨー釣り|イベントのプロがおすすめする

ヨーヨー 釣り こより

夏と言えば「夏祭り」。 出店は、楽しいお店がたくさんありますよね〜! たこ焼き屋さんや、綿飴屋さん。 わたしは特に、屋台でのお好み焼きが大好きです。 保護者がお店を担当する場合も多いですよね。 「どんなお店が良いのかな??」 食べ物屋さんは、火を使うので禁止。 でも、金魚釣りだと生き物なので、 こちらもNG。 人気なのは、やっぱりヨーヨー釣りですね。 生き物じゃないし、お金もそんなにかかりません。 百円ショップなんかでも、十分準備が揃います。 通販でも、簡単に手に入ります。 どうやったら簡単に作れるのか? を、紹介しちゃいますね〜! ヨーヨー釣りのこよりの作り方! 通販や百均なら、こよりも一緒に購入できます。 でもやっぱり、いっぱい楽しむには、 結構不足していまします。 そんな時のために! こよりを自宅で作っちゃいましょう! あの「W」の形をした金具は、 ヨーヨーとセットで付いてくる場合がほとんど。 紐の部分だけ、たくさん用意しておきましょう。 慣れて来たらすぐに出来るようになりますよ〜。 幼稚園の夏祭りなど、小さなお子様の場合や、 いくつでも取って欲しい場合。 輪ゴムにクリップなどを付けて、 ちぎれないようにするのも良いですよ。 お子様の前でたくさん取れたら、鼻が高いですよね〜。 コツとしては、紙で出来た糸を、 よりねじって棒状にして、強度を高めておきましょう。 そして、出来るだけ糸を水に付けないように! 狙うヨーヨーは、 ゴムが浮かんでいて、大きなもの。 でも、出来るだけヨーヨーの中に入っている水は 少ないものを狙うこと! 糸に負担をかけずに、ゆっくりと引き上げると、 たくさん取れますよ〜。 ちなみに内緒の話ですけど。 小学生の時のお祭りで、実はわたし、 良くない釣り方をしてしまったことがあるんです。 前日の夜に、細い糸を準備しておいて、 紐を捻る時に巻き込んでしまいました。。。

次の

保育園や家でも手軽なヨーヨー釣り!こよりの簡単な作り方!

ヨーヨー 釣り こより

スポンサーリンク ヨーヨー釣りは、 コヨリなどの紙の素材で出来た紐の先端に カギと呼ばれる針が付いていて それをヨーヨーに結んである ゴム紐の輪っかに引っかけて釣る遊びです。 遊び方はとても単純なので 小さいお子さんでも楽しめますよね。 ヨーヨー釣りをするためには 準備が必要となってきます。 でも、やり方さえ分かればとても簡単なので 心配しなくても大丈夫です。 ヨーヨー釣りを引っかけるためでもあり、 遊ぶ際の指を入れる 輪っかの部分を作っていきましょう。 ゴムの先端をUの字にして 2本を一緒に結びます。 そうすると輪になるので 引っ張って結び目をしっかりと縛ります。 指が入る程度の輪に調整しながら 結び目をキツく縛って下さいね。 文章だけでは説明が難しいので 写真で分かりやすく紹介している サイトをご紹介しておきます。 ヨーヨー釣りのこよりに代用できる商品が存在する!? 普通ならコヨリ紙を Wの形の針金の中心部に挟んで 両端を合わせて縛るだけの簡単作業です。 でもコヨリが無い場合、 代わりになるモノは無いのでしょうか。 似たようなものでは 習字の時に使う半紙がおすすめです。 100均でも売っているので 安く手に入りますよね。 1㎝幅に切って行く作業は 少し手間に感じてしまうのですが、 出費を抑えたいのであれば良い材料です。 指先をほんの少し濡らすと まとまりよくできます。 その他身近にあるものは、 ティッシュペーパーやキッチンペーパーです。 ティッシュペーパーは、 2枚に重なっているので 1枚ずつに剥がして1㎝幅にして 巻いていくのが良いでしょう。 案外身近にあるもので コヨリの代わりになるものがありますね。 まとめ ゴムの結び方も釣り用のコヨリの作り方も とても簡単なので、 一緒に準備をして一緒に遊ぶのは とても良い思い出作りになります。 シンプルな遊びでもコヨリが濡れて なかなか釣れない難しさもありますが それもまた楽しさのひとつでしょうね。 大人には懐かしい遊びのひとつの ヨーヨー遊びを小さい子供にも 楽しんでもらいましょう。

次の

ヨーヨー釣りの手作りは幼稚園や保育園の夏祭りにおすすめ! | 子育て・生活お役立ち百科事典

ヨーヨー 釣り こより

小学生にも出来るヨーヨー釣りのコツ ヨーヨー釣りのコツは、なんといっても いかに「こより」を濡らさないかにあります。 簡単に釣れては面白くないので、わざと引っ掛ける輪を水中に沈ませてあるところもあります。 ヨーヨー釣りのコツ1 そんな時に使う必殺技としましては、 こよりの強度を上げることです。 こよりをもらったときに少し強めにねじりましょう。 そうすることによってこよりの強度があがり、釣りやすくなります。 しかし、中にはその「ねじり」を禁止している屋台もあるので、どうどうとやるのではなくこっそりと自然にねじるよう 気をつけてくださいね! ルール違反をしてしまったら、ヨーヨー釣りは出来ません。 ヨーヨー釣りのコツ2 ヨーヨー釣りをしている人たちを見ていると、ほとんどの人がこよりを長く持っているのを見かけます。 実はそれ、うまく釣れない理由の1つなんですよ! こよりを長く持つことによって、下の重さに耐えきれず簡単に切れてしまいます。 そうならないようにするには、 出来るだけ短く持つことです! ヨーヨーとの距離を短くすることによって、強度も全くちがうものとなり、釣りやすくなります! あとは先ほども言いましたが、 こよりをなるべく濡らさないことです。 こよりは紙で出来ているため、水にぬれると簡単に切れてしまいます。 小さい子だと特にヨーヨーを釣るのに必死になって、こよりが濡れていることに気づかないことも…。 我が家の子供たちもそうでした。 結局たくさん釣りたかったのにすぐに終了してしまい、悔し泣きをしながら帰った思い出があるくらいです。 以上がこよりの作り方です。 最後の親指と人差し指をこするようにという所が分かりにくい方は、大人の人に聞いてみましょう。 あとは針だけなのですが、これは針金で作れます。 ただ、子供だけで作るのは危険なので大人の人と一緒にやりましょう。 また、最近の100均って何でも揃うってこと皆さん知っていますか? こよりは手作りで作れたとしても風船は無理ですよね。 そんな時は困った時の100均です! 今100均では様々な形の風船が売られています。

次の