同人 ゲーム レビュー。 Dragon Carnival: 灰姫遊び~同人ゲームレビュー

同人ゲーム『東方紅輝心』レビュー(感想)

同人 ゲーム レビュー

無料ゲームでは申し訳ないぐらいに楽しませてもらいましたが、結局、1ヶ月で辞めてしまいました。 アトリエシリーズをプレイするのは、なんとGBAの三人のアトリエ以来のプレイです。 にぶくても、ゲームがニガテでもプレイできるゲーム。 あきらめなければ、だれでもクリアできます。 完成度が低く、ゲームとしても面白味にかける。 ボリュームがあるような感じもしますが、ムダが多いだけで正味の部分は少ない。 PS4で初めてトロコンしたソフトです。 元々10は姉のプレイを隣で見ていただけで思い入れはそこまでなく、10-2はすんなりと触れることが出来た作品です。 素晴らしいゲームです。 なのですが、残念なことに、その意味は多くの人を対象としていません。 ロボットTPSでキルデス、占拠、ベース攻撃をうまく組み込んでいる唯一無二のゲームだと思っているボーダーブレイク。 対人FPSはほぼ初めてで、シーズン4をダイヤ4ランクまで到達した上でのレビューです。 プレイステーションストアの激安バーゲンで購入したので、甘めの採点になったかも知れません。 「死にゲー」ですが、育成で「死に」はかなり緩和されます。 最も大事なアイテムは「仙薬」よりも「お猪口」かもしれません。 隠れた名作です。 もっと売れても良いのでは?と思うほどのクオリティ。 プレイ時間:80時間弱 トロフィーコンプ済みです。 とにかく【安心感】があります。 ペルソナシリーズ初プレイです。 1周目を終えた後、現在はロイヤルをプレイしています。 ゲームバランスが保たれておらずデュオなど複数人プレーはお勧めできない。 現在2週目プレイ中強くてニューゲームのおかげでサクサクテンポよく進みます。 バンドルに入っていたのでプレイ。 (PC版です。 アクション• ストラテジー• アクション• スポーツ• アクション• アクション• アクション• RTS• アクション• シミュレーション• アクション.

次の

signup.schoolbook.org ― 読者レビュー(PS3/PS4)

同人 ゲーム レビュー

その前作となるうさみみボウケンタン。 他とは一風変わった作風のゲームをご紹介します。 襲い掛かる魔物は力ではなく、ココロでの勝敗を決め、 相手を理解することができれば勝利となる、 この世界のルールで魔物を退けた主人公、 助けた少女はうさみみのついた精霊、 名前を「うなさか」と名乗った。 この世界は「アクイ」の闇の力が覆い、 人も魔物も力を使い襲おうとしている。 その危機を救うのが空から舞い降りる勇者。 それが主人公なのだという。 彼女、うなさかの熱心な頼みを聞き入れ、 この世界を救う二人の旅が始まる。 主人公が彼女の願いを聞き入れたのは、 彼女が『何でも』してくれるから・・。 冒頭のように二人の行く先にイベントボスが登場し、 クイズ形式で戦闘になり間違えるとHPへダメージ、 HPが0になるとその場でゲームオーバーになります。 事前にセーブし、宝箱など取得できるアイテムを 全て探索して挑むことにしましょう。 クイズの内容は固定(4択の位置は変わる)なので、 何度かゲームオーバーになっても再戦して正解を探す方法もとれます。 受けたダメージはアイテムの回復か、 うなさかのスキルで回復が可能になります。 これはエロい質問じゃないのか・・ 問題の内容は様々で中にはクイズじゃないものも。 無理矢理無理矢理! クイズ以外にも数字あてゲーム、タイピングなどもあります。 オプション画面に文字の入力について設定できるのはこのためか・・ 少しネタバレにはなりますがいくつかのクイズを掲載します。 正解は載せませんので、気になる方は正解を探してみてください。 ばれいしょは違うとしても何かで見たことがあるような? 何いってんだおめーと選びたいところを我慢。 ワ・タ・シ・ノ・? 制限時間付き算数クイズ、止めてくれ・・ ・拠点行動 冒険する各地で拠点があり、 ここで拠点同士のワープを行なったり、 イベント発生や、うなさかとのHシーンを見ることができます。 バナナ頭の男に出会ったり、 人の言葉を話す魔物と会話したりする世界。 主人王はなぜこの世界に迷い込んだのか、 争いをしない生き物、争いをする「アクイ」。 この物語がどうなるか、ぜひプレイしてみてください。 セクハラは場所を問わず、うなさかにHな事ができます。 このセクハラをしたからといって好感度の増減はありませんので、 自由にうなさかの恥ずかしがるシーンを楽しみましょう。 ・おねだりH おねだりは拠点でのみ行える、 セクハラ以上のプレイとなっています。 特定のイベント戦勝利後にも回想がもらえ、 拠点のおねだりからHシーンとしてみることができます。 一定以上の好感度ではセクハラやおねだりHの会話が変わってきます。 衣装が手に入るイベントもあり、その衣装を着たり、 衣装を使ってのHシーンも用意されています。 うなさかの立ち絵で町やダンジョンの一部分が隠れてしまっているので、 キーボード「C」で非表示することも可能です。 戦闘中や大事な場面で流れるボーカルつきのBGMが より一層物語を表現された作品です。 Hシーンはあまり見ないでクリアを優先して進めましたが、 4時間で終わってしまったのがもったいないく、 もっと長く主人公とうなさかの冒険を見てみたいと 寂しさがありました。 物語としても心に残る作品です。 第一印象としてはクイズゲームと、 恥ずかしがりやなうさみみ少女 &スケベ主人公 で進むゲームですが、 展開が進むにつれて深くて悲しい物語を見せてもらいました。 ここで話に上がってくる、 「メイドロボボウケンタン」の話題が これから発売されるMECHANICAに つながっているかと思います。 うさみみボウケンタン同様、 スケベな主人公とHな目に遭ううさみみ少女、 その世界に生きる人々とのドラマが体験できる予告作品となっています。 この機会に本作品、次回の予告作品を触れてもらえればと思います。 以上、うさみみボウケンタンのレビューとなります。 最後までご覧いただきありがとうございました。 下記より購入ができます。

次の

ゲームレビュー・感想の書き方

同人 ゲーム レビュー

無料ゲームでは申し訳ないぐらいに楽しませてもらいましたが、結局、1ヶ月で辞めてしまいました。 アトリエシリーズをプレイするのは、なんとGBAの三人のアトリエ以来のプレイです。 にぶくても、ゲームがニガテでもプレイできるゲーム。 あきらめなければ、だれでもクリアできます。 完成度が低く、ゲームとしても面白味にかける。 ボリュームがあるような感じもしますが、ムダが多いだけで正味の部分は少ない。 PS4で初めてトロコンしたソフトです。 元々10は姉のプレイを隣で見ていただけで思い入れはそこまでなく、10-2はすんなりと触れることが出来た作品です。 素晴らしいゲームです。 なのですが、残念なことに、その意味は多くの人を対象としていません。 ロボットTPSでキルデス、占拠、ベース攻撃をうまく組み込んでいる唯一無二のゲームだと思っているボーダーブレイク。 対人FPSはほぼ初めてで、シーズン4をダイヤ4ランクまで到達した上でのレビューです。 プレイステーションストアの激安バーゲンで購入したので、甘めの採点になったかも知れません。 「死にゲー」ですが、育成で「死に」はかなり緩和されます。 最も大事なアイテムは「仙薬」よりも「お猪口」かもしれません。 隠れた名作です。 もっと売れても良いのでは?と思うほどのクオリティ。 プレイ時間:80時間弱 トロフィーコンプ済みです。 とにかく【安心感】があります。 ペルソナシリーズ初プレイです。 1周目を終えた後、現在はロイヤルをプレイしています。 ゲームバランスが保たれておらずデュオなど複数人プレーはお勧めできない。 現在2週目プレイ中強くてニューゲームのおかげでサクサクテンポよく進みます。 バンドルに入っていたのでプレイ。 (PC版です。 アクション• ストラテジー• アクション• スポーツ• アクション• アクション• アクション• RTS• アクション• シミュレーション• アクション.

次の