エクセル 新しいシート ショートカット。 Excelショートカット|シートの移動・シート選択・ワークシートの挿入

シート間を移動してシート名を変更するショートカット

エクセル 新しいシート ショートカット

Excelではブックをファイルとして保存し管理しますが、1つのブックの中には複数のワークシートを含めることができます。 ここではブックの中にワークシートを追加したり任意のワークシートの前に挿入したりする色々な方法について解説します。 Excel2016では新しいブックを作成すると自動的にワークシートが1つ作成されます 新規ブック作成時のワークシートの数の変更方法は別のページで解説します。 現在作成されているワークシートの数を確認するにはブックの下部を見て下さい。 ブックに含まれるシートの数だけタブが表示されています タブが表示されているところはシート見出しバーと呼びます。 現在は「Sheet1」と表示されたタブが1つだけなので作成されているワークシートは1つだけです。 ちなみにこの「Sheet1」というのがワークシートの名前で名前が表示されている部分が見出しになります。 ブックにワークシートを追加するには、画面下部に表示されているシート見出しバーにある「+」をクリックして下さい。 ワークシートが追加されました。 シート見出しバーを見て頂くと元々あった「Sheet1」に加えて「Sheet2」が追加されていることが確認できます。 ワークシートが追加される位置は選択されていたワークシートのすぐ後ろになります。 ではもう一度「+」をクリックしてみて下さい。 ワークシート「Sheet3」が追加されました。 このように同じ手順を繰り返すことでブックにワークシートを追加していくことができます。 「ホーム」タブからワークシートを挿入することもできます。 画面上部の「ホーム」タブをクリックして下さい。 「セル」グループの中の「挿入」をクリックして下さい。 「シートの挿入」をクリックして下さい。 ブックにワークシートが挿入されました。 「+」をクリックしてワークシートを追加した場合と異なり、今回はワークシートの挿入なので、選択されていたワークシートの前に新しいワークシートが挿入されます。 よって位置としては「Sheet3」の前に「Sheet4」が新しく追加されています。 ワークシートの挿入はショートカットを使って行うこともできます。 頻繁にワークシートを挿入される作業を行う場合は覚えておくと便利です。 ワークシートの挿入を行うショートカートは[Alt]+[Shift]+[F1]、または[Shift]+[F11]です。 どちらでも同じようにワークシートが挿入せれます。 ・[Alt]+[Shift]+[F1] ・[Shift]+[F11] 実際に試してみます。 次のようにワークシートが並んでいて「Sheet3」が選択されている時に[Alt]+[Shift]+[F1]をクリックします。 「Sheet3」の前に「Sheet5」が挿入されました。 また現在「Sheet5」が選択されていますが、今度は[Shift]+[F11]をクリックしてみると「Sheet5」の前に「Sheet6」が挿入されました。 このようにショートカットを使用してもワークシートを挿入することができます。 シート見出しバーに表示されている見出しを右クリックすることでもワークシートを挿入することができます。 例として「Sheet6」の見出し上で右クリックして下さい。 表示されたメニューの中から「挿入」メニューをクリックして下さい。 何を挿入するのかを選択するウィンドウが表示されます。 今回は「ワークシート」を選択し「OK」をクリックして下さい。 「Sheet6」の前に「Sheet7」が挿入されました。 複数のワークシートを同時に挿入することができます。 挿入したい数のワークシートを選択して下さい。 ワークシートを同時に選択する方法は「」を参照して下さい。 今回は2つのワークシートを選択しました。 なおワークシートそのものがコピーされるわけではないのでどのワークシートを選択されても同じです。 いくつのワークシートを同時に選択しているかだけが重要です。 画面上部の「ホーム」タブをクリックして下さい。 「セル」グループの中の「挿入」をクリックして下さい。 「シートの挿入」をクリックして下さい。 ブックに2つのワークシートが挿入されました。 たくさんのワークシートを挿入されたい場合などに利用されてみて下さい。

次の

ワークシートを追加/挿入する

エクセル 新しいシート ショートカット

この記事の内容• ファンクションキーによるショートカット一覧 ファンクションキーによるショートカットを抜粋してご紹介します。 ファンクションキーとは、キーボードの上の方に 「F1」「F2」「F3」…のようにある、「F」と数字を組み合わせたキーのことを言います。 ファンクションキーのみ ファンクションキーのみのショートカットは、どれも覚えやすく活用したいものばかりです。 F1:Excelのヘルプを作業ウインドウ内に表示 F2:選択しているセルの編集をするために、入力されている内容の末尾にカーソルを移動します。 F4:直前のコマンドや操作を繰り返す 数式内のセル名を選択している間は、絶対・相対参照の組み合わせを切り替えることが可能です。 F5:「ジャンプ」のダイアログを表示 「ジャンプ」機能では指定したセルに移動をすることが可能です。 F6:ワークシート・リボン・作業ウィンドウ・ズームコントロール間で切り替える F7:ダイアログを表示してスペルチェック F8:拡張選択モードを切り替える 拡張選択モードにすることでドラッグしなくても、範囲を選択できるようになります。 F9:開いているブックの全てのシートを計算 F10:キーヒントのオンとオフを切り替える F11:現在選択している範囲からグラフを作成 グラフは、「グラフ1」「グラフ2」という名のついた新しいシートに作成されますので注意してください。 ブックに関するもの ブックに関する操作には、Ctrlが使用されます。 マウスなしでもExcel操作をしたい場合には、是非覚えておきたいキーです。 文字入力の際に活躍するショートカットキー 文字や数式を入力する際に使いこなしたいショートカットキーです。 操作に関するショートカットキー 操作に関するショートカットキーは、優先して覚えたい項目の一つです。 範囲を選択しておくと、選択範囲内のみで置換が可能です。 漢字の表記ゆれや固有名詞の修正などに便利です。 コピー&ペーストに便利なショートカットキー Excelを使用するのに欠かせないショートカットキーです。 Excelには他にも、沢山のショートカットキーがあります。 ショートカットキーをマスターすることで、業務効率をあげるだけではなく、ノートパソコンでマウスなしでも快適に資料の制作をすることができるようになります。 良く使う機能から覚えて活用してくださいね。

次の

【Excel】シートを0.5秒でコピー(複製)する超速時短技

エクセル 新しいシート ショートカット

ブックやシートを切り替えて作業するのが面倒! 普段の業務でExcelをよく使うという人でも、Excelだけをパソコンで開いて作業しているという人は少ないですよね。 多くの人は、Excel以外にもメールやWebブラウザーなど、さまざまなアプリを起動した状態で仕事をしていると思います。 また、複数のシートが保存されたブックで、それぞれのシートを行ったり来たりしながら作業をすることも多いのではないでしょうか。 普段Excelのブックやシートを切り替える際にマウスを使っているなら、今回の記事は必見です! 今回は、Excelのブックやシートを簡単に切り替えられるショートカットキーを3つ解説します。 この3つを覚えておけば、表示したいブックやシートにすぐに移動できます。 いちいちマウスに手を伸ばす必要がなくなるので、作業のスピードが落ちることはありません。 さっそくこれらのショートカットキーを使ってみましょう。 このように[Ctrl]キーを押したまま[PageUp]キーを押していくと、先ほどとは反対に、アクティブシートを右から左へ順々に切り替えることができます。 その場合は、[Ctrl]+[Fn]+[PageUp]や[Ctrl]+[Fn]+[PageDown]というように、[Fn]キーも押す必要があります。 [Fn]キーはノートパソコンや横幅の狭いキーボードにあるキーで、他のキーと組み合わせることで、1つのキーの2つの機能を切り替えられるようになっています。 ただし、[Fn]キーがない機種や、[Fn]キーと組み合わせて使う機能が違っている場合もあるので、説明書などで確認してみてくださいね。 このように[Ctrl]+[Tab]キーを押すと、開いているExcelのブック間で表示を切り替えることができます。 ところで、「別のブックに表示を切り替える」と聞いて、[Alt]+[Tab]キーを思い浮かべる読者も多いかもしれません。 確かに[Alt]+[Tab]キーでも別のブックに切り替えることはできます。 ただし、この[Alt]+[Tab]キーはWindowsのショートカットキーで、起動しているすべてのアプリ間で表示を切り替えることができるキーです。 したがって[Alt]+[Tab]キーを押した場合は、Excelだけでなく起動している他のアプリもすべて切り替えの対象になります。 Excelのブック間だけで表示を切り替えたい場合は、今回解説したショートカットキーを使ったほうがスムーズに行えますよ。

次の