脳いき。 脳卒中リハビリ 評価項目の紹介

7月からの脳いき再開のお知らせ|行政情報|伊那谷ねっと

脳いき

脳卒中とはなにか? 脳卒中とは、脳の血管が循環障害を起こして意識障害や運動障害を起こしてしまう病気です。 脳卒中の多くは、前触れもなくいきなり発症します。 脳卒中の種類 脳卒中の種類は 脳出血・脳梗塞・くも膜下出血・その他があります。 その中で今回は、脳出血・脳梗塞・くも膜下出血について紹介していきます。 脳出血 脳の中の出血ことを言います。 原因としては過食・運動不足・塩分過多・飲酒多量による高血圧によって引き起こされると考えられています。 症状としては、 片麻痺・四肢麻痺・運動失調・感覚障害・眼球障害・失語・失認・失行・頭痛・めまい・嘔吐・呼吸障害などの症状がみられます。 脳梗塞 脳の動脈硬化により血管の閉塞や狭窄により発症すると考えられています。 原因としては、 喫煙・飲酒・脂質異常症・高血圧・糖尿病が原因と考えられています。 梗塞部位としては、ア テローム血栓性脳梗塞34%・心原性脳塞栓症27%・ラクナ梗塞32%が主な梗塞部位と言われています。 症状としては、 片麻痺・感覚障害・構音障害・失語・失認・意識障害などの症状がみられます。 くも膜下出血 脳表面の血管病変の破綻によってくも膜下腔へ出血が生じる事で起きる出血と言われています。 原因としては、 主な原因としてはわかっていませんが高血圧・喫煙・飲酒が原因とも考えられています。 出血としては、脳動脈瘤80%・脳動脈奇形5~10%・その他 もやもや病 10%と言われています。 症状としては、 突如の激しい頭痛・嘔吐がみられバットで後頭部を殴られて様な痛みを感じると言われています。 脳卒中の一般的な治療と評価 CT・MRI・脳血管造影検査があります。 それにとより、脳卒中の種別を行っていくことが多いです。 脳卒中患者に必要なリハビリ評価 ・バイタルサイン:体温・血圧・脈拍・呼吸数 ・意識レベルの評価:JCS(3-3-9方式) ・浮腫 ・疼痛 ・身体測定:身長・体重・四肢の長さ・筋肉の周径 ・関節可動域ROM ・MMT ・ブルンストロームステージ Br-stage ・感覚評価:表在・深部・位置覚・温冷覚・痛覚・視覚・聴覚 ・バランス検査 ・腱反射:病的反射・原始反射 ・高次脳機能評価:失行・失認・注意障害・半側空間無視評価 ・脳卒中機能評価法(SIAS) ・Fugl-Meyer Assessment(FMA) ・Chedoke-McMaster Stroke Assessment ・コース立方体組み合わせテスト ・STEF ・Rey図形模写テスト まとめ 脳卒中においてリハビリ評価はもっとも重要になってきます。 特に赤太字の評価項目は必ず行うべき評価項目となっています。 治療を行う上でも定期的に評価を行っていくことで病気の改善レベルを評価する事もできます。 急性期や回復期などでの評価を定期的に行うことで患者さんに自分の身体機能レベルを理解してもらいこともできるため、治療をしながら評価していくことが必要となってきます。

次の

論理vs感覚

脳いき

もくじ• 1.腕と指の組み方で情報の「捉え方」と「処理」の仕方がわかる? 出典: 以前、FACEBOOKで知人が紹介していて興味をもちました。 1-1 腕を組んでみる まずは、両腕を組んでみてください。 う脳:右が下であれば、右脳でアウトプット• さ脳:左が下だったら、左脳でアウトプット なぜそうなる? 無意識に自分の利き腕を守っているからでしょう。 1-2 指を組んでみる• う脳:右が下であれば、右脳でインプット• さ脳:左が下だったら、左脳でインプット 同じように、今度は、指を組んでみて、右の親指が隠れていれば、右脳を守っている証拠です。 下側の指と利き脳の関係は、おそらく防衛本能からくるのでしょう。 さて、あなたは、4つのうちどれでしょうか? 2.うう脳、うさ脳、ささ脳、さう脳の違い 4つのパターンを作ったので見ていきましょう。 2-1 うう脳-右脳でインプット/右脳でアウトプット 楽天的でマイペース 直感とひらめき重視な感覚人間タイプ 芸術家タイプといえばよいのでしょうか? 言語から非言語情報までアナログで処理するのが得意です。 同時に、アウトプットも感覚で行うことを好みます。 うう脳の代表キャラといえばこの人 スティーブジョブズですね。 笑 アーティスト、デザイナー、クリエイターなどゼロから何かを創り出す人はうう脳の傾向がありますね。 ロジックで考えるよりも、自身の直観やひらめきを大事にして、まるで頭の中で描いた絵を人に魅せるように説明します。 スティーブ・ジョブズはプレゼンの天才と言われていますが、前日にひとりで練習をしていたようです。 ナチュラルにあのスピーチができたわけではありません。 それでも、うう脳の強みは、練習を積み重ねることで感覚ベースでインプットとアウトプットができるようになれることですね。 なにかひとつを極めれば、天才に慣れるかもしれません。 うう脳の方は、抽象的な言い回しが多くて、論理や数字で人に何かを説明することに苦手意識を持っていますが、プレゼンは練習をすれば誰でもできるようになります。 うう脳はディベートが強い? マシンガントークがハンパない! 余談ですが、うう脳は、案外と「」が得意だったりします。 ディベートは、論理やロジックで考えることが求められますが、最終的にはその論理やロジックすらも感覚で処理できないと試合についていけません。 もちろん、トレーニングが必要ですし、一朝一夕では身につきませんが、モノにすれば最強です。 一方、うう脳は抽象思考が得意なので、日々の生活で抽象度を上げる訓練をしてみてもよいでしょう。 抽象度については、こちらの記事でまとめたのでご覧ください。 2-2 うさ脳-右脳でインプット/左脳でアウトプット 完璧主義で自分で決めたい個性派 うう脳が、感覚でアウトプットするのに対して、うさ脳はインプットこそ感覚的ですが、その感覚をロジックや言葉で表現することに拘ります。 そのため、うさ脳は、誰かと話をすることが大好きです。 4タイプの中で、最もコミュニケーション中毒でしょう。 完璧主義-何事も言葉にできないとイライラする• 自分で決めたい-頭の中で無意識にまとめるトレーニングをしている• 個性派-人生を通してインプットしてきた経験や情報が色濃く出る うう脳にも個性派いますが、うさ脳は、個性が出てしまうんですよね。 例えば、あるうう脳のAさんとうさ脳のBさん。 2人ともオシャレな服が好きだとします。 うう脳は、「かわいい、すてき~。 」という言葉を交わして、その感覚を共有できれば満足します。 一方で、うさ脳の方は、「何が素敵なのか?」「どこがポイントなのか?」「自分がその服を着たらどうなるのか?」と質問をしてきます。 思考空間だけのコミュニケーションだと満足せずに、あらゆることを言語化したがるのはこのためです。 そんな、うさ脳の武器は情報発信やプレゼンです。 自分の考えや意見を発信してきます。 自己主張が強いと思われたり、議論好きな人から色々と突っ込まれますが、それでも黙っているほうがつらいため、結局しゃべってしまいます。 デザイナーやエンジニアは黙々と作業をしますが、うさ脳の人がこの仕事に就くと、本当に周りの人に話をかけてきますね。 うさ脳は話す相手の数が幸福度につながるので、話し上手になることをお勧めします。 感覚で情報を認知して、論理に返還をするのなら、トゥールミンロジックがお勧めです。 2-3 ささ脳-左脳でインプット/左脳でアウトプット 物事を筋立ててマジメに考えるタイプ。 几帳面で努力派 ささ脳は、完全にロジックタイプですね。 コンサルやシステムエンジニアで活躍する人にささ脳は多いですね。 うう脳とは対照的な位置にいます。 アナログやフアフアした情報は受け入れず、キチンと明文化された情報を好みます。 統計資料や事例、そして数字など膨大な情報をひとつの事柄に落とし込むのが得意です。 一方で、極端に慎重や完璧主義になり、相手の意見が納得できないと批判する傾向もありますね。 相手の意見を批判してもよいですが、ロジックに強ければ、相手の弱いところを指摘して、その後に即興で補強してあげるのもひとつの手ですよ。 <OK例> うう脳:「占いって信じられないかもしれないけれど、よく当たるんだよね。 でも、データとかあるにはあるよね。 テレビでも正しいと論じている人もいたし・・・」 うう脳:「え!そうなの?でも、確か統計的に証明されているとか行っていた人もいたー」 ささ脳:「そうなんだー。 もしも知っていたら教えてよー。 でも、今度ね(調べなきゃ・・・)」 むやみに不備を指摘するのではなく、得意の差さ脳を活かして、相手の論理の弱いところを直して、物事を改善するぐらいの気持ちをもてると強いですね。 根拠が不十分な情報や論理が破綻していると感じるとイラっとするかもしれませんが、それを補強してあげると好感度を高めることができますよ。 ちなみに、ささ脳は、エンジニアや技術者に多いですが、コーチ・カウンセラーとしても活躍することができます。 クライアントがささ脳であれば、やっぱりささ脳の人に相談をしたほうが一緒に話していて楽だと感じるからです。 そして、ささ脳は論理がベースであるため、相手よりも少し論理的に物事を考えることができれば、相談されやすいわけです。 但し、ロジカルな問題解決に走ってばかりは禁物。 クライアントよりもひとつ上の視点で物事を考える力は試されますね。 抽象度をあげて物事を考える訓練などがおススメです。 2-4 さう脳-左脳でインプット/右脳でアウトプット 理想と現実のギャップに苦しむ自己矛盾型。 転じて細かいことは気にしないタイプ さう脳は、デジタルな情報をアナログにするのが得意です。 わかりやすく言うと、 職人タイプです。 スキルワーカーといってもよいでしょう。 マニュアルや手順書に沿って仕事をこなしながら、スキルを蓄積していくことに長けています。 非常に粘り強く、同じことを何度も繰り返す力が、他の3タイプと比べてダントツに高い。 エンジニアや事務職の人で活躍できる人は、このさう脳が多いですね。 意外かもしれませんが、、この人はさう脳です。 jp メンタリスト・DaiGoさん。 以前あるテレビ番組で、ホリエモンを論破する勢いでマシンガントークをしていたので、うさ脳かと思っていたのですが、ちょっと意外でした。 メンタリスト・DaiGoさんの場合、メディアではエンターテイナーのようにふるまっていますが、ブログでは自身のことを研究者気質だといっていました。 だからこそ、メンタリズムをものにできたのかも・・・。 心理学を知識の集合体として終わらせるのではなく、アウトプットするための独自のメンタリズムまで発展させてきたのでしょうね。 ささ脳は、情報や知識を体系的に整理することはできても、行動につなげるのは得意ではありません。 そこにはいくら場の感覚知が伴うからです。 対して、さう脳は、同じことを何度も繰り返して動作に反映させることが得意です。 2018年にチームを組んでいたデザイナーの人がいましたが、その方はさう脳でした。 そのデザイナーさんは自分のことをうう脳だと思っていたのですが、デザインソフト(Photoshop、Illustrator、DreamWeaver)を器用に使いこなせていたのです。 不思議なことにエクセルとパワポは使えなかったのですが、教えたらすぐに覚えました。 デジタルツールのインプットに強いんだなーと思いましたね。 このタイプは、デザイナーやエンジニアに多いですね。 技術やスキルを習得すると、そこからドンドンとクリエイティブなことができます。 天才肌よりも技術と努力の天才です。 3.利き脳は正しいの? ・・・この記事が流行っていたためか、「利き脳は存在するんですか?」と質問されたことがありましたが、 私は脳の専門家ではないのでわかりません。 ただ、利き脳に関わらず、ひとりひとりには得意とするインプットとアウトプットの方法があるはずです。 今回は、利き脳というかたちで紹介しました。 是非ともあなたらしいインプットとアウトプットができるようになってください。 それ以外にも自分の性格や価値観について興味がありましたらエニアグラムも宜しくお願い致します。

次の

脳イキとは?できる人の特徴ややり方・訓練方法・メリットについて

脳いき

脳にもトレーニングが必要です 脳の健康教室の様子=からだの筋肉は、適度な運動を行うことによって健康に保つことができます。 人間の脳も『簡単な計算』や『文章を声に出して読む』といった練習をテンポ良く行うと、脳を健康に保つために良いトレーニングになるといわれます。 中津川市では、『脳イキイキ教室』を、毎年6月から12月の6ヶ月間開催しています。 教室では、読み書きと簡単な計算の教材を使った脳のトレーニングを行うとともに、他の学習者や教室のサポーターとの交流もあります。 参加された方からは「生活に張りができた」「いろいろなことに意欲的に取り組めるようになった」「友人ができた」などの声が聞かれています。 認知症予防の方法を学ぶ機会として是非ご参加ください。 【学習者説明会】 【学習の様子(数字板を使用中)】 【学習の様子(読み書きの教材を使用中)】 平成31年度 脳イキイキ教室 対象者:65歳以上の市民の方で週1回の教室にご自分で通うことができる方。 内容:簡単な読み書き計算の学習を行います。 平成31年度要項 実施会場・開催日時 1. 脳トレいきいき教室OB会 平成22年度から「脳トレいきいき教室」を受講された方々が自主グループを立ち上げています。 6ヶ月間で身につけた脳トレーニング( 読み書き・計算とコミュニケーション)を、自分達で継続して行っています。 受講者の交流の輪を広げていき、認知症予防に努めていきます。

次の