ハワイ コロナ 情報。 【6/29更新】ハワイの新型コロナウイルス関連情報まとめ、現状と今後の見通し

【ハワイコロナ情報】新型コロナウイルスとハワイの現状

ハワイ コロナ 情報

今回の記事では、ハワイでの「コロナ・ウイルス」による影響・現状について、私が感じた事をお伝えしたいと思います。 あくまで主観ですので、それを踏まえた上で、ご判断は皆様それぞれにお任せします。 ハワイではどうなの? 現在ハワイでは、日本ほど警戒している人は少ないです。 マスクはほとんど誰もしていません。 アラモアナセンターで働くスタッフの方でしている方を数人見かけた程度で、あとは街中などではまだ一人も見ていません。 みんな外出を控えるなどという事もしておらず、普通の生活を送っている感じです。 マスクは売ってるの? マスクはどのお店でも品切れ状態です。 住民はほとんどしていないので、おそらく一部の方が買い占めているのだと思います。 除菌ジェルなどは沢山売っています。 日本では除菌関連グッズも品薄状態みたいですね。 中国人はいるの? 中国人観光客と思われる方は激減した印象です。 アメリカは現在、アメリカ入国前14日以内に中国に滞在歴のある人間の入国を禁止しています。 これにより、中国人や中国に滞在していた方は入国できなくなった事もあり、激減しているのだと思います。 ハワイのチャイナタウンは、今閑散としているみたいです。 アジア人差別はあるの? こちらもフォロワーさんから質問されて知ったくらいで、これまでハワイで差別をされた事がありません。 私の周りは、どの方もみんな変わらずフレンドリーで、日本人観光客ウェルカムな感じです。 ハワイは安全なの? こればかりは分かりません。 ハワイから帰国された日本人ご夫婦が感染されたとのニュースもありますし、安全ですとは言い切れません。 ただ、暖かく乾燥していない地域では蔓延しにくいとは言われていますよね。 かといって安全とは言い切れませんし、今後どうなるかは私にも分かりません。 現在アメリカではインフルエンザの方が猛威を振るっています。 死者も既に1万人以上と、感染拡大が深刻です。

次の

【6月29日更新】ハワイの最新コロナ情報 感染者が600人超。死者は17名 │ LIA

ハワイ コロナ 情報

6月12日時点の感染者数 ハワイ全体の感染者数は682人 オアフ島:448人 マウイ島:120人 ハワイ島:81人 カウアイ島:21人 死亡者数:17人 新たな感染者数が1桁の日が51日間続いています。 ハワイ内の営業再開 先週のフェイスブックライブでもお伝えしましたが、先週から、オアフ島ではレストランでの店内飲食サービスの提供が再開されました。 これに続き、来週の金曜日(6月19日)から、オアフ島内のバー、スポーツジムやヨガスタジオなどの室内型フィットネス施設、また映画館などの室内型娯楽施設の営業再開の許可がおりました。 いずれもソーシャルディスタンスを守るという条件付きの許可となります。 また、室内で最大50人まで、屋外で最大100人までの集会やイベントの開催を許可した。 この人数制限の中でスポーツイベントなども可能になります。 ハワイ州外からの渡航者に対する自主隔離の延長 徐々にハワイ内での経済活動の再開が行われていますが、ハワイ州外からの渡航者に対する14日の自主隔離義務に関しては7月31日まで延長となりました。 ハワイ州知事が6月10日に行った会見で発表しました。 ハワイへの渡航者が多い、カリフォルニア州、ワシントン州、オレゴン州、ネバダ州、アリゾナ州で新型コロナウィルスに感染した人が急増していることが主な理由です。 一方、新型コロナウィルスの感染を低く食い止められている日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドとの間には隔離無しで行き来できるような道を探っているとも会見で発言しています。 JALとANA 7月の日本ハワイ便の全便運休 JALとANAは、それぞれ7月に日本ハワイ間を全便休航することを発表しています。 JTB、HISの旅行代理店にかんしてもハワイ向けのパッケージツアー販売を7月31日まで停止しています。

次の

新型コロナ、ハワイ経済再開の「4段階プラン」とは? 観光業はいつに

ハワイ コロナ 情報

ハワイ州の空港に到着する全ての方は、機内にてハワイ農務省発行の書類へ必要事項を記入する義務があります。 ハワイ州へ到着後、パスポートや身分証明書と共に書類を提示。 訪問者はホテル等の滞在場所で自己検疫を行うことが求められ,違反者は5,000ドル以下の罰金又は1年以下の禁固若しくはその両方が科せられます。 これは 現地時間の3月26日(木)から施行され,現時点では期限は定められていません。 発表された14日間の自己隔離措置について ・自己隔離措置を行う場所は滞在先の宿泊施設(ホテルやコンドミニアム等のお部屋)となります(ハワイ居住者の場合は自宅での自己隔離となります) ・ハワイへ到着後は、速やかに空港から直接宿泊先へ向かってください ・レストランやジム、プールなどの公共施設の利用はできません ・外出は医療施設を利用する場合のみ許可されます ・宿泊先には原則、医療関係者の出入りのみが許可されます 現在日本からの入国制限はかけられていませんが、イゲ知事は記者会見を行い「ハワイ州への訪問(国内外からの訪問者を問わず)を30日間差し控えるよう要請」 ホノルル市長は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ハワイ時間3月20日(金)の午後8時30分より、ホノルル市内の全ての公園、レストラン及びナイトクラブの営業休止の指示を出しました。 テイクアウトやデリバリーサービスは引き続き営業可能です。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、観光スポットの休園をはじめイベントの延期・中止、また商業施設では営業時間の変更が生じています。 8月1日からは、ハワイ入国前の72時間以内にコロナウイルス感染検査を受け、ハワイ到着時に陰性を証明する書類を提示した場合、隔離措置を免除される。 なお、コロナ陰性証明を提示しない旅行者に対する1隔離措置は延長されると見られる。 島間旅行者は搭乗前に空港で体温検査と健康状態に関する質問書に記入することが義務づけられる。 ・5月29日から理美容室、ネイルサロン、タトゥーパーラーを含む個人向けサービス。 ・6月5日から制限付きでレストランでの店内飲食等の商業活動、及び10人以下の集会。 すでに許可されている活動(海へのアクセスや運動など)に加えて、5月16日からは、ビーチや砂地エリアも以下の制限を設けて利用することができます。 ・全てのグループは、同一世帯または同一生活単位のメンバーに限定されます。 ・どのグループも10人を超えることはできません。 ・ビーチや砂地の利用は、釣りや許可された屋外での運動をしている場合を除き、日の出の30分前にオープンし日没30分後に閉鎖。 以下においても再開に向けて検討中であると述べている。 ・日光浴や家族だけでのビーチ利用。 オアフ島、5月15日(金)より営業再開を許可 (5月7日(木)12:01から再開許可のビジネスは以下の通り。 現在閉鎖中の市営公園は、4月25日(土)午前5時に閉鎖を解除する。 公園で許可されるのはウォーキング、ランニング、サイクリングのみで、チームスポーツや遊具は使用禁止。 段階的に仕事へ戻れるように、徐々に規制緩和していく予定。 一般的な距離が維持されている限り、サーフィンや水泳のためにビーチを渡って海に入ることは可能だが、ビーチに座ったり、横になったり、くつろいだりする行為は禁止。 ビーチでの運動は今まで通り許可されるが、2人以上のグループでのハイキングや釣り、ボートの利用は、家族か同じ住所に住む人以外は禁止となる。 屋外アクティビティを行う際には、人と人の間で少なくとも6フィート(182㎝)の距離を維持するよう要求。 違反者は最高5,000ドルの罰金、1年の懲役、またはその両方の罰則が科せられます。 この義務は4月30日まで。 なお、主要労務者は対象外とされますが、飛行機搭乗の際にはマスクや手袋などの着用が必須。 3月25日午前12時01分~4月30日まで間、必要不可欠な事業を除き自宅待機、訪問者等の自宅が無い方はホテル等の滞在先に留まることになります。 違反者には、5000ドル以下の罰金、1年以下の禁固刑のいずれか、もしくは両方が科せられます。 なお、医療機関の受診や食料品の調達や備品調達(ガソリンスタンド,銀行等)、特定業務の従事目的の場合は外出が認められる。 この命令は居住者だけでなく訪問者にも適用され、違反者は5,000ドル以下の罰金又は1年以下の禁固若しくはその両方が科せられます。 医療機関への訪問、必要な食料や備品調達(ガソリンスタンド,銀行等)のための外出は可能。 公園を散歩することは認められないが、歩道を歩くことは差し支えない。 市営バスは引き続き運行されます。

次の