尾崎 紀世彦。 尾崎紀世彦

尾崎紀世彦さんと玉置浩二さんではどちらが歌唱力がありますか...

尾崎 紀世彦

どういう声質・声の出し方か 地声・話し声の音域は普通の音域で、共鳴がかなり強い声 地声や話し声の音域は普通くらいの音域ですね。 まぁ若干低く感じるときもありますし、逆に高さ感じるトーンで話すような感じの時もあります。 それだけ幅を作れるような柔軟性のある 普通の音域帯の声帯を持っているということです。 声質は年代によって若干変わっているのは当然ですが、 基本的には息と鳴りのバランスのいい声質です。 共鳴が強く特に鼻腔へのこの響きが強い印象を受けます。 これはおそらく骨格レベルでのもともと鼻腔に響く声がつよいのでしょう。 話しているだけで鼻腔に響きやすく気持ちのいい声です。 口をあまり動かさないでも言葉が明瞭に聞こえるのは響きのある声のおかげですね。 太い発声を身につける 上下に共鳴を身につける これが重要なポイントですね。 では練習方法を書いていきたいと思います。 太い発声を身につける 太い発声、特に太く強い高音域を身につけるには がオススメです。 このトレーニングは喉を開きながら強い発声を鍛えます。 とは言え太い発声であればいいというわけでもなく柔軟な声帯コントロールが必要なのですが、、、、。 頑張りましょう。 は筋トレのようにコツコツとしたものです。 焦らずにトレーニングしていきましょう。 上下に共鳴を身につける 尾崎紀世彦さんは下方向への響きをしっかりと保ちつつ上方向へしっかりと響かせています。 上下に共鳴を深く持つようなイメージ、声を上下に伸ばすようなイメージで発声することが重要です。 上方向への共鳴は「 」でトレーニングしましょう。 鼻の奥に声を当てて深く丸い音色を作れるようにトレーニングしましょう。 また ことで深みのある太い音色の発声を作り上げます。 結局豊かな共鳴も声帯コントロールの柔軟性が可能にしているんですよね。

次の

尾崎紀世彦さんの歌い方

尾崎 紀世彦

持って生まれた、ポテンシャルが違うますね、ボクサーで言うと日本人と中南米の選手って感じで、筋肉の質が違うんです。 玉置の声の質と伸びは、日本人にはいないし、海外にもいない、どこにもない奇跡のボーカルの質です。 声を一声出しただけで、その声の伸び方機械のように筋肉質なんです、だらけが全くないんです。 ですので、そこからの張り上げロングトーンなんて、どこにもないほど凄いですよ、まさに玉置のそれは世界一です。 声の質の濃密さが全然違うます、玉置は、0,1秒、0,01秒ごとにミクロ単位で魂がありますので、声の表現力が0,01秒単位で存在しており、だからこそ歌になるとその合体でとんでもない魂の爆発的な歌が生まれています。 だから張り上げロングトーンでその特徴が一番顕著に出るのでそれが玉置の一番の魅力です。 ただ、伸びがいいね!という他の日本人とは違い、凝縮感が雲泥の差です。 出だしから終わりまでの間に、表情が何度も変わり聞くものを楽しませてくれます。 ノンビブラートで突き上げながら最後はビブラート全開になったり、秒単位の瞬間風速が違っていて凄いです。 またミクロ単位で、空気を思い切り掻き切るビブラートがあり、微細な表現力がただ者じゃありません。 だからゴジラの声を再現できます。 尾崎さん、素晴らしい歌唱力ですね!ビックリしました!!感動しました!! 歌唱力って、旋律通りに誠実に歌えるのが歌唱力ならば、どんなときも常に精神力と忍耐力と肉体的能力が備わっていないといけないので、間違いなく尾崎さんであり、日本人で一番の歌唱力だと思います!! 「明日に架ける橋」どうか玉置さんにカバーしてほしいです、伸びこそ尾崎さんにはかないませんが、凝縮された張り上げロングトーンで、今まで皆さんが聞いたことのない明日に架ける橋になるのは確実です。 玉置浩二は人間ではなく、百獣の王ライオンから現在はゴジラに進化してます。 玉置浩二の歌は、日本人どころか世界で一番凄い歌です。 神によって作られた唯一無二の声の楽器を持つシンガーです。 このように、ゴジラの小さな鳴き声から、下のようにギャッ!と大きな声まで、人間では不可能なレベルの声を生み出しています。 上の最高でしょ?のブルース調は海外でもいますが、後の2つのボーカルの音なんて聞いたことありません。 もう人間じゃなくて、猛獣でありゴジラそのものです。 屋根の下の~での鳴き声なんて、なななな~!って言ってるんですよね? こんなミクロ単位の秒数でこれだけ微細な音階やら音符を作ってて凄まじいですね。 人間ではできないような超人的な瞬発力なんでしょうか?? そういうミクロ単位でのボーカルの表現と表情と、その緻密な合体で、軽く吠えたようなゴジラの鳴き声が完成されてて、これは芸術です。 感情の爆発で人間ではなく猛獣の本能的な感情でしょう。 <だから玉置さんはリバーブのようなものは邪魔で魅力を消してしまいますから、ボーカルに関してはエフェクト類は避けるべきですね。 0,01秒単位のボーカルの自在に変わる表現力を消さないためにも、玉置の場合はディレイ類は禁忌です!! エコーが深すぎるサウンドで聞く玉置の歌は、熱唱してても全くパッとしません。 > そして、大きくシャウトしたらこのようにゴジラのあの高い鳴き声が再現されるのです!!神に与えられた音ですね!! 玉置が本気になると、何もかも破壊してしまうほどの爆発力と衝撃です。 まるで雷が落ちたような衝撃が走りますね!! 玉置は神ですから、歌で雷も落とせるのです。 尾崎さんのこの素晴らしい紳士で誠実なロングトーンに感動しました、人柄がそのまま出ていてまさに紳士な人そのものの古き良き日本人のたたずまいを教えてくれる最高のシンガーですね。 日本人の代表として掲げるべきです。 が、玉置浩二は真逆であり、こちらも人間性がそのまま出ているボーカルで、まさに猛獣そのものです。 つまり、尾崎さんの紳士な日本人タイプと、野獣の玉置と、まさに対照的なシンガーなので、比較は難しいですね。 だから、この二人を同事に日本人の代表として掲げることで、日本人の価値は高まりますよね。

次の

尾崎紀世彦「また逢う日まで」の楽曲ページ|20354614|レコチョク

尾崎 紀世彦

最終更新: 2020年6月4日 05:26• ニックネーム キーヨ• 出身地 神奈川県茅ヶ崎市• 生年月日 1943年01月01日• 没年月日 2012年05月31日• 年齢 享年69歳• 星座 やぎ座• 血液型 O型• 略歴 コーラスグループ「ザ・ワンダース」を経て、1970年に「別れの夜明け」でソロデビュー、「また逢う日まで」が大ヒットし日本レコード大賞を受賞。 圧倒的な歌唱力と、もみ上げがトレードマークの男性歌手。 トリビア ザ・ワンダース時代には、"ジ・エコーズ"の変名を使って、ウルトラセブン主題歌、挿入歌の歌唱を担当。

次の