ノート パソコン 中古 安い。 安くノートパソコンを買うのに最適な手段・お店はどこ?

1kg以下の軽量ノートPCまとめ:高性能モデルから3万円台の格安モデルまで

ノート パソコン 中古 安い

重量1kg以内の軽量なノートPCを紹介します。 10万円クラスの高級機だけではなく、3万円程度の格安モデルも含めました(情報は随時更新中です)。 モバイル用に軽いノートPCを探している方は、ぜひ参考にしてください。 なおこの記事ではキーボードが付いた標準的なスタイルのノートPC(クラムシェル型)を取り上げています。 液晶ディスプレイ分離型のタブレット型は含めていません。 軽量パソコンの最新事情 まずは軽量ノートPCにおける最近の傾向と、選び方について解説します。 このあたりの事情をすでによくご存知の方は、おすすめモデルのラインナップからご覧ください。 最新ノートPCの平均重量 当サイトでは2017年12月から2018年5月の半年間のあいだに、60台程度のノートPCを検証しました。 そのなかから直近50台の重量の実測値を集計し、平均値をまとめたものが以下の表です。 基本的に画面サイズが大きいほど、重量が増える傾向にあることがわかります。 ノートPCの平均重量 画面サイズ 平均重量 11. 6インチ 1. 126kg 12. 5インチ 1. 131kg 13. 3インチ 1. 253kg 14インチ 1. 518kg 15. 6インチ 2. 174kg ノートPC全体 1. また人によって軽いと感じる重量は異なるでしょう。 その点を踏まえつつ、目安として筆者の個人的な感覚を以下にまとめましたので参考にしてください。 重量ごとの重さの感じ方(筆者の個人的な感覚です) ~800g 手応えが感じられないほど、非常に軽い 801g~1. 0kg 普通に軽い 1. 1~1. 3kg 軽いけど少し手応えを感じる 1. 31~1. 5kg ズッシリとした手応えを感じる 1. 51~1. 7kg 片手で持ち続けるのがツラくなってくる 1. 71kg~ 日常的に持ち歩くにはちょっとツライ CPU性能 2017年秋にリリースされたインテルの第8世代Core iプロセッサーにより、ノートPCのCPU性能は劇的に向上しました。 さらにネットの調べ物やちょっとした文書作成、動画視聴などの軽めの作業中心であれば、Core i3やCeleronでも問題なく利用できるでしょう。 数値が大きいほど高性能 メモリー容量 最近のノートPCでは、8GB以上のメモリーを搭載するモデルがだいぶ多くなってきました。 上級者向けのハイエンドモデルでは、16GB以上のメモリーを搭載できる機種も増えてきています。 Windows 10やオフィスソフトを快適に使うのであれば、 最低でも8GB以上のメモリーは必要です。 予算が許すのであれば、可能な限り8GB以上のメモリーを搭載したモデルを選んでください。 軽めの作業中心で多少待ち時間が長くてもいいという人なら、メモリーは4GBでもOKです。 2GBメモリーでは処理がかなり遅く、とても気の長い人以外にはおすすめできません。 メモリー容量の違い 2GB ちょっとした操作でも、待ち時間がかなり長い。 使いこなすにはWindows 10の高度な知識が必要 4GB 待ち時間は多少長いが、普通に使えるレベル 8GB Windows 10やオフィスソフトを快適に使うならこれくらいは必要 16GB以上 高度なソフトで大容量のデータを扱うならこのくらい ストレージ性能 ストレージとは、ファイルを保存する場所のことです。 軽量ノートPCではSSD(エスエスディー)とeMMC(イーエムエムシー)の2種類がよく使われます。 HDDは重量が重く場所を取るため、1kg以内の軽量モデルでは使われません。 各ストレージの特徴 eMMC 容量は32~128GB程度。 アクセス速度は速くないが価格が安いので、格安モデルでよく使われる SSD アクセス速度は速いが、容量が大きくなるほど価格が飛躍的に高くなる ストレージ別アクセス速度の目安 ストレージのアクセス速度が速いほど、Windows 10を快適に利用できます。 ただしSATA接続とPCIe接続では大容量のデータを扱わない限り、体感速度はそれほど変わらないかもしれません。 32GB eMMCモデルに注意! 軽量ノートPCを選ぶ際に注意していただきたいのは、 32GB eMMCのモデルはストレージの空き容量がかなり少ないという点です。 空き容量は機種によって異なりますが、およそ15GB前後と考えてください。 また空き容量は、そのまま使えるわけではありません。 Windows Updateの自動ダウンロードにより、 いつの間にか残り3~4GBになっていることがよくあります。 Windows 10の大型アップデートの際には、16GB以上のUSBメモリーを使うことになるでしょう。 写真やファイルの保存にはmicroSDメモリーカードを利用し、Cドライブはなるべく使わないようにすることをおすすめします。 そのほかのポイント グラフィックス機能 1kg以内の軽量ノートPCでは、CPU内蔵のグラフィックス機能を使います。 インターフェース(端子)類 USB端子は2~3ポートが標準的な構成で、機種によってはUSB 3. 1 Gen1 Type-Cに対応している場合があります。 映像出力はHDMIが標準的で、VGA(D-sub15ピン)対応のものはごくわずか。 機種によっては、有線LANに対応しているものもあります。 LTE通信 2018年5月時点で、LTE通信に対応する1kg以内の軽量ノートPCはかレッツノートしかありません。 LTEが必要なら、このどちらかを選ぶことになります。 光学ドライブ 2018年5月時点で光学ドライブを搭載しながらも重量が1kgを切るモデルは、レッツノートSVシリーズのCore i5モデル(LTEなし)しかありません。 バッテリー駆動時間 軽量ノートPCはモバイル用途が前提のため、どのモデルもバッテリーはそこそこ長持ちします。 しかしそのなかでも特に実際のバッテリー駆動時間が長いのは、でした。 また一部のモデルではバッテリー容量によって重さが変わるものがあり、重量が軽い構成ではバッテリー駆動時間が短い場合があるので注意してください。 オフィス エクセルやワードを使った文書の作成にあると便利です。 標準では付属していない場合が多いため購入時のオプションで追加するか、オフィス付きモデルを選びます。 1kg以下の軽量ノートPCおすすめ機種 おすすめモデル一覧 モデル名 重量 バッテリー 税込価格 790g~ 8. 3~17時間 10万円後半から 840g~ 14. 5~16時間 11万円台から 769g~ 6. 5~10時間 11万円台前半から 924g 11. 5~11. 7時間 6万円台から 970g~ 9時間 11万円前後から 980g 7. 279• 133• 614• 363• 144• 120•

次の

安いノートパソコンの比較とおすすめ

ノート パソコン 中古 安い

ノートパソコンの購入を考えた時、購入する機種のほか、どこの店で購入するかも考えるかもしれない。 購入する店を考えるとき、決定する一番のポイントは、やはり、 販売価格の安さであろう。 同じノートパソコンでも、店舗によって価格が違う場合があり、どうせ購入するなら、安い店で購入したほうが得であるからである。 では、どのような店が、安くノートパソコンを売っているのであろうか。 ここでは、安くノートパソコンを売っている店について記載していく。 パソコンメーカー直販サイト パソコンメーカーの中には、自社の直販サイトを運営している所があり、安く購入できる場合もある。 自社の直販サイトとして代表的なのは、 BTOパソコンを扱っているメーカーである。 BTOとは、Build To Orderの略で、購入者がCPUやメモリ、記憶装置などを自由に選択することができるパソコンで、購入者の好みのパソコンが購入できるほか、不必要な機能などを搭載しないようにできるので、その分安く購入することができる。 また、時期によっては、割引キャンペーンなどを実施しており、普段より安く購入することができる。 BTOパソコンを扱っている主なメーカーとしては、 アメリカのDELLやHP、日本のマウスコンピューターやエプソンダイレクトがある。 また、BTOパソコンメーカー以外のパソコンメーカーの直販サイトでも、割引クーポンを発行しているほか、返品されたものを整備、再生したパソコンなど訳ありのパソコンや半年や1年前に発売された型落ちのパソコンを安く販売する場合もあり、これも通常より安く購入できる場合もある。 このような販売を行っているサイトしては、NEC Directや、東芝ダイレクト、富士通直販 WEB MART、VAIO STOREなどがあり、これらのメーカーのパソコンの購入を検討している場合は、一度サイトを見てみるのもいいかもしれない。 家電量販店 家電量販店も、ノートパソコンを安く購入できる店舗の1つと言える。 家電量販店でノートパソコンを購入するメリットとして、ノートパソコンをその場で確認できることがある。 カタログや写真などでパソコンの外観や性能などは確認できても、ディスプレイの見え方やキーボードの打ち込み具合は、実際に見ていないとわからず、実際にその場でパソコンの状態を見て購入できれば、購入した後に思ったようなパソコンでなく悔いる事も少ないだろう。 特に、本体とディスプレイとキーボードが一体となったノートパソコンは、デスクトップパソコンと違い、ディスプレイやキーボードを他の物に交換できないので、購入する前に確認する作業は重要といえる。 また、家電量販店で購入すると、 わずかな掛け金でメーカー保証期間が終わった後も対応する長期保証に入れる場合もある。 ネット通販では、通常のメーカー保証期限の1年しか対応していないところが多く、長期に使用する場合、やや不安が残るところであるが、家電量販手の長期保証であれば、そのような心配はあまりないといえるだろう。 さらに、家電量販店といえば、ポイント還元で、還元率が高いところでは、10パーセント還元もあり、つまり、20万円のパソコンを購入すれば、2万ポイントつまり2万円使用できるポイントが還元されるのである。 このポイントで、外付けハードディスクなどの周辺機器を購入することも可能なので、パソコンだけでなく周辺機器も購入したい場合は、家電量販店で購入するものいいだろう。 単純な価格の比較でいえば、家電量販店は、 ネット通販よりやや高めとなるかもしれないが、上記にあげたメリットもあるので、総合的にみれば、ノートパソコンを家電量販店で購入するものありといえるだろう。 中古のノートパソコンは購入しても大丈夫か? 安くノートパソコンを購入する場合は、中古のノートパソコンの購入も選択肢として検討するかもしれない。 その場合、まず、中古のノートパソコンは買っても大丈夫か?という問題があるが、結論からいうと、中古のノートパソコンを購入しても大丈夫だが、注意しなければならないことがある、となる。 中古のノートパソコンは、新品より価格が安く購入できるほか、同じ予算で新品より高いグレードのノートパソコンを購入することができるメリットがある。 中古パソコンのデメリットは、販売されている時点で、前に購入したユーザーがいくらかは使用した状態であるので、使用期間により差はあるが、新品より故障する可能性が高い事が挙げられる。 ノートパソコンでは、キーボード、記憶装置、ディスプレイ、USBなどの挿入口が良く使用されるので、これらは、新品より故障しやすいため、たとえ、購入時に問題はなくても、購入してから使用中に故障する可能性は新品より高いといえる。 そのため、中古のノートパソコンは購入しても大丈夫ではあるが、壊れやすいことを念頭に置いて、バックアップを定期的に行うなど、故障してもいいような対策を実施したほうがいいといえる。 注意点についてはこちらもチェックすることをおすすめする。 中古ノートパソコンを安く購入する場合におススメは? 中古ノートパソコンは、中古パソコンショップなどの専門店のほかネットオークションや個人売買アプリなどでも購入することが可能となる。 安く購入するのであれば、ネットオークションや個人売買アプリなどのほうがいいが、中古パソコンショップのような保証はなく、場合によっては、どこか故障している可能性もある。 故障していても対応できるだけのパソコンのスキルがあるのであれは、ネットオークションや個人売買アプリなどで購入するのもいいが、スキルがない場合は、できれば、保証がある中古パソコンショップで購入したほうがいいだろう。 中古パソコンショップについては、 ソフマップやドスパラといった大手であれば、扱う台数も多いことから、欲しいノートパソコンを見つけやすく、また、保証も1カ月と短いながら付くこともあり、おススメといえる。 該当の商品はありません。 macbookを安く購入したい方や中古パソコン全般についてどこで安く買えるか知っておきたい方は、こちらもチェックするといいだろう。 安くノートパソコンを売っている店について記載してみた。 ノートパソコンについては、新品については、メーカ直販サイトや家電量販店、中古については、大手の中古パソコンショップがおススメといえる。 ただ、ノートパソコンといっても、大きさや機能などにより様々な種類があり、安さだけで選んでいると、せっかく購入しても思うように使えない場合もある。 そのため、ノートパソコンを購入するときは、どのようなノートパソコンを購入するか決めてから、そのノートパソコンを安く購入できる店舗を探した方がいいだろう。

次の

初心者必見!失敗しない良質な中古パソコンの正しい選び方とおすすめのパソコンショップ【2020年】

ノート パソコン 中古 安い

新品・中古問わずパソコンを購入するなら正しい選び方の知識を持っておかないと失敗するよ!しっかりと注意点を読んでね! 中古パソコンは電気街やネットでかなりたくさん売られているのですが、これだけ売られているということはそれだけの市場があるということです。 にも関わらず、周りに「 中古パソコンを買おうと思うんだけど…。 」と言うと、ほとんどの確率で「 やめといた方がいいよ!」と言われると思います。 それは、 まだ中古パソコンに対する不安や良くない先入観があるからです。 特にPCの知識がない人だと、「 店員に騙されるんじゃないかな…。 」という不安はよくあります。 僕自身もパソコンのスペックの事が全くわからない時には、店員が何の話をしているのかさっぱりわからなかったし、ウソを言われてもそれさえもわからなかったと思います。 それに、中古パソコンは安い、コストパフォーマンスは良いと言っても数万円は必ず支払うわけなので、失敗はしたくないですよね。 まずはそうならない為の注意点をまとめてみました。 中古パソコンを選ぶときにジャンクや中古ならではの欠陥を確認しよう! 中古PCを選ぶときの注意点をチェック! まさに中古パソコン特有のものですが、ノートパソコンでよくあるが、バッテリーの保証が全くないことです。 これはどのお店もそうだと思うのですが、バッテリーは基本的に保証の対象外となっています。 なのであまり付属のバッテリーに期待しないようにしましょう。 ノートパソコンを外出時にも利用していきたい場合は、バッテリーは社外品も多く売られているので、別で購入すれば全く問題ありません。 それに、バッテリーが完璧に死んでいる中古パソコンというのもほとんど目にしたことはありません。 ただ、それでも「 心配!不安!」と言う方は、 店舗限定になりますが、必ずその場で一度電源コードを抜いてもらうようにしてください。 バッテリーが死んでいると、コードを外してスグにバッテリー切れの状態になってしまうので、最低限のバッテリー状況は確認できます。 その他に、店舗で中古パソコンを買う時の注意点を以下に挙げます。 店舗で購入するならこれらの確認はしたほうが良いよね。 車と違って、登録などはないので細かく調べることはできないですが、チョットした確認をすることによって良いパソコンを見つける目安になる方法があります。 それは、 キーボードのすり減りと、USBポートのチェックです。 ノートパソコンだと、長く多く使えばそれだけキーボードの文字もすり減ってきます。 すり減っていない場合は、そこまでたくさん使われてきたわけではないと考えることができます。 そして、USBポートは結構ホコリのたまりやすい場所なので、ショップがキレイに掃除してくれているかを確認することによって、その店舗の安心感も測ることができますし、あまりにも汚いと、そのパソコンがどう使われてきたかの目安にもなります。 細かなことですが、店舗で中古パソコンを買うならこの2点は目視でチェックしましょう!• 商品数はネットの方が圧倒的に多い• 状態が良い商品が多い• 状態が良い上に相場的に安い商品が多い• ネット販売のほうが保証や返品対応など購入者の不安を無くしてくれるサポートがしっかりしている 店舗の場合は、キャパの限界があるため商品の展示数にも限りがありますが、ネット販売だと展示する必要がないため多くの仕入れをできますし、その分安く仕入れることも可能な為、購入者にとっては良いことばかりです。 電気街で何件も店舗を回って良いパソコンを探す手間もなくなりますよね。 そんな手間をかけても良いパソコンを選ぶことができるという保証もありません。 それなら僕と同じように ネットで中古パソコンを購入する方が圧倒的にメリットが多いです。 ここまでの話の通り、中古パソコンは店舗よりもネットで購入するほうが圧倒的にメリットが多いです。 「 じゃあどこのネットショップでパソコンを買うのが良いの?」ということですが、今まで僕がネットで購入した経験があるショップで、おすすめの中古パソコンショップを紹介したいと思います。 中古パソコンを買うならどのメーカーがオススメ? 中古パソコンの種類は山ほどありますが、メーカーを気にして選ぶ人は多いでしょう。 例えば、VAIOであったり、東芝や富士通など日本メーカーであれば、精度に信頼もあって壊れにくいんじゃないかなと思えます。 逆に海外製のDELLやHP、acerやASUS、Lenovoなどはまだ商品力としては信頼しにくい人も多いかと思います。 新品で購入するならサポートの違いもあるので当然それは日本メーカーの方が上かもしれませんが、中古だとメーカーの保証期間が終わっていれば、サポートはないですし、 実際に入っているCPUやOSはどのメーカーも同じものなのでそこまで大差はありません。 でも、 現状は日本製品の方が信用もあるので、販売価格としては日本製の方が高くなっています。 ということは、DELLやHPなどの海外製を狙うと更にお得にパソコンを購入することができますよね。 性能は全く同じでも日本製品の方が高くなるのは安心感なのかなぁ?でもブランドが違うだけで中身はほぼ一緒だから、それなら安くて良いものを選びたいよね。 アナタが何を優先するのかを考えてみましょう。 商品への信頼なのか?デザインなのか?それとも価格なのか?それを元に選んでみてくださいね。 日本製でも法人向けの中古パソコンは狙い目! 上記では、価格が安いものを狙うなら海外製を狙うべきと書きましたが、例外が一点あります。 それは日本メーカー製のパソコンでも、法人モデルであれば海外製と同等くらいの金額で販売されているので、そこが一番の狙い目ということです! 中古パソコンの仕入先としては、個人からの買い取りもありますが、多くは法人へのリースが終了したパソコンが多くなっています。 法人モデルのリースはだいたい5年くらいなので、5年落ち以降のモデルを手にすることができます。 デザインを重視するとなると、法人モデルは理想的ではないかもしれませんが、 機能面で言うと同金額で戦うとなると確実に法人モデルの方が良くなるので、ここに目をつけても良いかなと思います。 法人モデルをチェックしてみよう! 中古パソコンはネットでも購入することができます。 先程も紹介した通り、僕は店舗ではなく、ネット通販で購入するようになりました。 (かれこれもう5台ほど、全て元気に動いています!) 特に近所に中古パソコンが置いている場所がなければ、ネット通販がおすすめです。 また、東京の秋葉原、大阪の日本橋以外では、競合店が少ないので、個人的にはその2つの場所より品質も高くないだろうと思っています。 なので、競合の多いネット通販を利用することで、より品質の良い中古パソコンを手に入れることが出来る可能性が高くなります。 但し、 絶対条件として最低でも1ヶ月以上の保証付きのパソコンを購入すること。 なぜなら、新品・中古問わず、機械品は輸送中等で内部がおかしくなってしまう事もあるので、保証は必須です。 それ以外で重要な点は、中身(スペック)を優先するか、見た目を優先するかです。 僕と同じように、中古パソコンを購入するという事は、 できるだけ安く良いパソコンを手に入れたいと思っていると思いますが、スペックが良くて新しいモデルは当然中古でもそこそこの金額がいきます。 一方で、スペックは高いけど、若干古い世代(第2世代、第3世代以降等)なら、激安で手に入れる事ができます。 正直、余程の事を作業で使わない限り、新しいものも若干古いものも体感で変わりません。 僕が購入する時は、長く使いたいという思いもあるので、 第3世代以降のものを買うようにはしていますが。 Windows Vista(サポート終了)• Windows 7(2020年1月14日サポート終了)• 1(2023年1月10日サポート終了)• 中古パソコンのショップなどでは、主に流通しているOSなのではWindows 7とWindows 10という印象です。 1もVistaと同じく、使い勝手が悪く、もっさりとしてPCのが重たくなってしまう印象なので理由がない限りは選びません。 そんな理由で、 購入するべきOSはWindows 7か10になるのですが、どちらかと言うと根強い人気だったのが、Windows 7です。 やはり使いやすさとOSの軽さを考えるとWindows 7が個人的にも一番使いやすかった印象ですが、デメリットとしてはサポートが2020年1月で終わってしまうこと。 どういった事にPCのを使うかにもよりますが、ウイルスの脅威はネットを使う以上必ずあるので、個人情報(パスワードなど)を入力したり、業務的なことでネット回線を使うならサポートは気にしておいた方が良いでしょう。 なので、 これから中古パソコンを購入するならWindows 10一択でOK!ここで悩む必要はありません。 Windows 10は8からかなり改良されていて、使いやすくはなっていますし、まだ最新のOSだけあってサポートも充実しているので、10を使用しても全然問題ありません。 僕は8からアップグレードして10にしましたが、かなり使いやすいです。 笑 あと気にしておきたいのが、WindowsのOSには、32bitと64bitというものがあるのですが、32bitしか対応していないソフトを使うのではない限り 64bitを選びましょう! もし店頭の表記にbit数が書いていなければ必ず店員さんに聞くようにしてください。 32bitではメモリが4GB以上あっても3GBしか使うことができなくなって使用するのに色々と支障になってしまうので、ここでは64bitを選びましょう!• 一時的ならWindows 7でもOK! でも今ならWindows 10が良い!• bit数は64bit一択!(32bitしか使えないソフトもあるのでその点注意!)• Windows 10ならサポートも長く受けられる メモリ 次うに気にしておきたいのがメモリです。 メモリは大きければ大きい方が良いのですが、 先程も伝えたように32bit版では、どれだけたくさん搭載しても3GBまでしか使うことができないので注意しましょう!メモリとは、何かというとよく言われるのが、机の上の大きさです。 パソコンでは色んなソフトやブラウザを使ったりしますよね。 それを机で例えると、色んな作業を机の上で行うと物で溢れて窮屈になってしまいます。 でも机が広ければ広いほど、わざわざ片付けをしなくても窮屈にならず作業を効率的に行うことができます。 メモリはソフトを立ち上げる程圧迫されていくので、メモリは多い方が良いということになります。 そういった事からメモリは4GBはあった方が良いでしょう。 もし、ネットビジネスや仕事で使うことがあるとするなら、もう少し多くても良いと思います。 ただ、パソコンにはどのくらいまでメモリを搭載できるか決まっているので、購入前には必ず確認するようにしましょう! Atom<Celeron<Core i3<Core i5 <Core i7 一番性能が低い【Atom】ですが、これはタブレットやモバイルノートPCといったものに搭載されているCPUになります。 Atomでも、ワード・エクセルやちょっとしたネット閲覧くらいならストレスなくできると思うので、そういった使い方ならモバイルノートとかでも選択肢に入れておいてOKです。 Celeronについても、性能が悪いというわけではなく、Atomと同じようにワード・エクセルやネット閲覧はCeleronで問題ありません。 仕事で作業をするとなると、Core iシリーズを搭載したパソコンにしている方がストレスなくできるので、パソコンで何をするかを考えながら選びましょう!• ワード・エクセルやネット閲覧くらいならAtom or CeleronでOK!• 仕事の作業で使うならCore iシリーズを! その他の見ておきたいスペック 上の3つのスペックに関しては中古パソコンかどうかに関わらず、パソコンを購入するには必ず知っておきたい情報です。 その他にも、ノートパソコンであれば、無線LANが搭載されているかどうかは結構重要です。 もし搭載していなければ、後付けでも無線LANは売っているので大丈夫ですが、最近のノートパソコンは基本的には無線LANはついているので、ついている方を購入した方が良いでしょう。 これはノートもデスクトップどちらにも言えることですが、 DVDドライブドライブなのかブルーレイドライブなのかは見ておきましょう。 ブルーレイを見たいのにDVDドライブ搭載のパソコンを買ってしまってはもったいないですよね。 そして、高速ディスク対応なのかどうかもしっかり見ておきましょう! 次はどんな用途で使うかによって必要なスペックの例を出していくよ!自分に合うものを読んでみてね^^ 用途別の備えておきたいPCのスペック 続いては、パソコンを使う用途によって、どのくらいのスペックのパソコンを購入すれば良いのかを目安として紹介していきますね。 例えば、家でネット閲覧くらいしかしないなら、CPUはAtom搭載のモバイルノートで充分!というように、アナタに当てはまる用途の目安にしてもらえたらと思います。 自宅でエクセル・ワードやネットサーフィン程度 自宅でしか使わないと決めているなら、ノートパソコンでもデスクトップでもどちらでもOKです。 ただ、片付けたいと思うならノートパソコンの方が良いと思います。 余談ですが、中古パソコンはデスクトップよりもはるかにノートパソコンの方が多く流通しているので、中古のデスクトップは比較的高くなる傾向にあります。 (ゲーム用が多いので、その分スペックも高い)• 無線LAN搭載• モニター(自宅で作業する時はデュアルモニターにすると尚良し) 僕は、基本的に中古のパソコンを購入しているので、どんな店で購入すれば良いかなどはだいたいわかります。 (PCゲームしない限りそんなに、第三世代とか第四世代でも体感的に変わらないですし。。 ) もし、どんなものを購入すれば迷っているのであればぜひお問い合わせください。 正直、中古パソコンもネットで保証付きであれば全然購入した方が安いし、保証も付いているしで、メリットばかりなので、個人的には店舗よりもネット通販が一番だと思います。 実店舗もあるパソコン工房って知っていますか?その会社が運営しているデジタルドラゴンというところも、ネット通販で中古パソコンを販売しています。 色々条件付きで検索できますし、価格や状態も僕が見ても購入しやすいものが多いので、ぜひ見てみてください。 情報読ませて頂きました。 >ちなみにオフィスは互換性を考えると、WPSは避けたほうが良いのでしょうか。 また、新しくてスペックの低いもの、5年くらい前のスペックのいいパソコンも狙い目でしょうか。 個人的な意見ですが、互換性の面からWPSで問題を感じたことは一切ありません。 何に利用されるかわかりませんが、互換性で問題点が生じることはあるのでしょうか? また、新しくてスペックが低いものよりも、絶対に古くてもスペックが高いものを選ぶべきです。 特に5年前のPCであれば、全く問題ないと言えます。 ぜひ参考にしていただければと思います。 こんにちわ。 はじめまして。 サイトを参考にさせていただきました。 長文になります。 ごめんなさい。 今、液晶が割れて、画面も、ずっとちらついた状態のものを、見辛いので 見てもほぼ理解不能の画面 テレビモニターに繋いで、ワード、エクセル、ネットサーフィンなど、していますが、最近、動作が遅く感じています。 特に、仕事で使うなどではないし、過度に使ってはいないのですが、iphoneで撮った写真や動画を落として保存したり、デスクトップに色んなファイルを置いたり、メールの数が多かったり 迷惑メールが多くて… の理由か?! 使用メインは、ネットサーフィン、ワード、エクセル、画像加工 年賀状の時に、スマホで撮った写真を加工するのみですが… です。 できれば、今のスペックは落としたくはなく、また、国産メーカーなら嬉しく感じています。 エクセル、ワードは、中級クラスですが、初期設定などPC本体のことは、AH56購入時、説明書見ながら、どうにか設定できただけの、ほとんどど素人です。 中古で買うこと自体、背伸びしすぎなら、ぴしっと、言ってください。 見ず知らずの、脳足りんに、アドバイスいただけると、幸いです。 無理なら、お断りもOKです。 いきなり、ほんとに、すみません。 中古パソコンショップを、色々、のぞいてはみたものの、迷うところ多くて、思わず、メールさせていただきました。 コメントありがとうございます。 >新しくPC買い直したいのですが、新品でも、中古でも、良いので、お勧めがあれば、商品や、お店を紹介していただけないでしょうか?! こちらのご質問ですが、中古商品は特定の在庫の入れ替わりが激しい為、この商品が良いです!とはなかなか言いづらい状況です。 御覧頂いた記事に掲載しているPCショップであれば、私も利用したこともあり保証もしっかりしているので安心して購入することができるかと思います。 もし、不安であれば実店舗に足を運んで店員さんのお話を納得いくまでじっくりとお聞きしたら良いかと思います。 また、officeはマイクロソフト以外にもキングソフトが格安で提供しているものもありますし、エクセル等とも互換性があるためそこまで重要ではないように感じます。 (好みはありますが…) ぜひ参考にしていただければと思います。 初めまして。 私は2016年5月にデジタルドラゴンで購入した富士通製のWindows7搭載のノートパソコンを使っています。 パソコンに苦手意識がありましたが、何とかネットで調べたりしながら自力で設定・カスタマイズする事が出来ました。今ではパソコンが趣味みたいになっています。 2017年12月に液晶に不具合が発生し、修理を依頼したら液晶ケーブルと液晶の交換で8万円も掛かりました。 普通の人なら修理せずに買い換えるところでしょうが、私はパソコンの設定に苦労したので、買い替えによってまた1から設定をやり直す事に抵抗があったのと、サポート期限が切れても何か問題が起きるまで使い続けるつもりでいたので修理しました。 今思えばあの時点でWindows10搭載のノートパソコンに買い替えておけば良かったなと、少し後悔しています。 また、Windows10に無料でアップデートできる期間中にアップデートしておけば良かったなと少し後悔してますが、当時はWindows10にするにはメモリが4GBでは足りないのではないかと思っていた事と、Windows10に使い難さを感じていたので、アップデートせずにWindows7のまま使い続けました。 Windows7のサポート期限まで未だ1年近くあり、少し早いとは思いましたが先日思い切ってWindows10搭載のノートパソコンを注文しました。明日届く予定なので、今から楽しみです。 私は富士通製のノートパソコンが好きなので、今回も富士通製のノートパソコンを買いました。 今使っているノートパソコンとの違いは、法人向けのビジネスモデルではないので、筐体も黒ではなく高級感漂う白で、光沢液晶なのが気に入り、残り1台という事で売り切れる前に注文しました。 最初はHDDではなくSSD搭載のノートパソコンにする事も考えましたが、SSDは耐久性というか寿命が心配だったので、最終的には多少遅くても安心感のあるHDD搭載の物にしました。 新しいPCの仕様 モニター:15. 6型 OS:Windows10 Home Premium HDD:750GB CPU:第二世代Core i5 メモリ:8GB 備考:Webカメラと無線LAN付き Microsoft Officeは付属していません 初めまして、よろしくお願い致します。 初心者にも非常に分かりやすくご説明頂き、とても参考になりました。 ご紹介されているショップを見て回りました。 そこで質問をさせて頂きます。 HDDかSSD搭載かで迷っています。 用途は、Excel,PowerPointの勉強をする為に自宅利用のみです。 購入検討の経緯と致しましては、 現在随分長期使用しているPCが Windows7でPowerPointなし、Excel2003のみ有りの為、 この際、Windows10に切替も兼ねようと思ったからです。 本当に前出の2点のみ使えれば良いのですが、 その場合でもやはり、SSDを選ぶ方が 快適だと感じるものでしょうか。 また、自宅用なのでメモリは4GBでよくて、 CPUはコアならバージョンはさほど気にしなくても大丈夫な気がする、 と記事を読んで素人ながらに考えてみたのですが、 この選択はいかが思われますでしょうか。 ご教示頂けますと嬉しいです。 コメントありがとうございます。 >HDDかSSD搭載かで迷っています。 用途は、Excel,PowerPointの勉強をする為に自宅利用のみです。 特にこだわりがなければHDDでも大丈夫だと思います。 ただ、読み取り等も早く、より快適に使用したいのであればSSDはおすすめです。 一度SSDを利用してみると、もうHDDに戻ることができないほど快適です。 その点は予算感で検討いただければ良いのかなと思います。 >また、自宅用なのでメモリは4GBでよくて、 CPUはコアならバージョンはさほど気にしなくても大丈夫な気がする、 と記事を読んで素人ながらに考えてみたのですが、 この選択はいかが思われますでしょうか。 SSDを選択したと仮定すれば、CPUはそこまで気にする必要もないのかなと感じます。 Core i3でも快適に動くと思いますし、極端に言えばオフィスソフトを使用する程度であればCeleronでも問題はないかと思います。 ただ、パソコンは中古含め、少々オーバースペックのものを購入した方が快適に使用できるので、その点も考慮してみてはいかがでしょうか。 また何か心配事があればコメントいただければと思います。 あき様 コメントありがとうございます。 アフィリエイトを行う上で中古パソコンを購入とのことですが、どこまで膨大な作業を行うかによって変わってくるかと思います。 画像編集や動画など、容量を多く使うものであれば更に良いもの メモリが16GB以上やCPUが新しく高いもの があると良いかと思いますが、 記事を書いたり、WordPress等をいじる程度であればご紹介しているもので充分かと思います。 アフィリエイトは初期費用が安く始められるというメリットがあるので、私もそうでしたが、まずは中古パソコンから使ってみて、 更に稼いだ時に良いものを購入するのが良いかと。。 もちろん、自分のモチベーションを上げるために新品を買う方もいますが。。 デスクトップ派でなければ、ご紹介しているので充分かと思います。 また何かご質問あればコメントいただけると幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。 はじめまして、こんにちは 中古PCを探していてこちらへたどり着きました。 アドバイスを頂ければ嬉しいです。 現在 WIN7 購入約5年~6年 たしかWIN8と選べてWIN7にしました。 icore5 メモリ8G HDD パソコン工房で買ったノートパソコンを使っています。 ネットサーフィンとフォトショップエレメンツ、たまに無理して使うCS時代のフォトショップを使っています。 現状スペック的に不満はありませんがWIN7の終了と、近々エクセルVBA環境が必要になりエクセル2019を入れなければなりません。 おそらく買うときはオフィス2019永久ライセンス版を買うことになると思います。 WIN10中古で買い替えてオフィスを入れるか 今のPCをWIN10にしてオフィスを入れるか悩んでおります、オフィス永久ライセンスってPCの移動も出来るものなのでしょうか? 稼働時間はそのものは少ないもののノートPCの寿命を考えるとそろそろ・・・調子が悪くなってきてもおかしくない年月を使ったので悩んでおります。 本来なら買い替えどころか、このままWIN7でもいいや。。。 のつもりでいただけに、予算は全くありません。 そして、まだ動くのに手放すのも寂しい気もします。 恐れ入りますが、アドバイスを頂ければ嬉しいです。 ささ様 コメントありがとうございます。 確認が遅くなってしまい申し訳ありません。 >>オフィス永久ライセンスってPCの移動も出来るものなのでしょうか? ライセンスを持っているのであれば、新PCに移行は可能だと思います。 じゃないと1つのパソコンを永久に使うものではないので、移行するのが前提なハズ… >>稼働時間はそのものは少ないもののノートPCの寿命を考えるとそろそろ・・・調子が悪くなってきてもおかしくない年月を使ったので悩んでおります。 個人的にはウインドウズ10に変更する際にはパソコンごと買い替えた方が良いと思っています OSの対応の差が出る場合もあるので。 ただ、予算がないのであれば買い替えは難しいと思うので、今あるものをウインドウズ10に更新して使うしかないのかなと思います。 ファリス様 コメントありがとうございます。 >>amazonみたいなところではなく専門の中古で買ったほうがいいということですね。 Amazonではなく、専門的に扱っているネットショップの方が保証も長かったり、充実しているかと思うので、個人的には紹介しているところ等がおすすめだと思っています。 >>ちなみにゲオやブックオフで買うのはありなんでしょうか? 自分自身、あまりゲオやブックオフで中古パソコンを見たことがないんですが、逆に売っているんでしょうか? ハードオフとかならありそうですが、、 これだけネットショップでも中古パソコンが安く販売されているので、あえて専門的なお店ではないところで購入するメリットがないように感じます。 それなら、ソフマップ等で購入することをおすすめ致します。 >>記事以外で購入で気をつける点があれば教えてください この記事に全て書いたつもりなので、もしご購入の際にはこの通り参考にしていただければ十分かと思います。 宜しくお願い致します。

次の