風花雪月 スカウト いつまで。 【FE風花雪月】全員スカウトのコツ/必要技能まとめ

【FE風花雪月】初心者が序盤で覚えたい事は?スカウトおすすめキャラはこれだ!

風花雪月 スカウト いつまで

4 EP. 4 EP. 12 EP. 12 EP. 7 EP. 7 EP. 6 EP. 6 EP. 12 教会は自動加入 シャミア E P. 6 9月 主人公Lv15以上 マヌエラ EP. 8 11月 主人公Lv15以上 ハンネマン EP. 8 11月 主人公Lv15以上 アロイス EP.

次の

FE風花雪月 ウォーマスターのデータと雑感

風花雪月 スカウト いつまで

スカウトは「散策」でキャラクターに話しかけて「スカウト」の項目からできる。 スカウトの項目が出ていないキャラクターは絶対にスカウトが成功しない状態。 他学級の級長と縁の深い仲間(ヒューベルト、ドゥドゥー)はスカウトできない。 またストーリーが第二部に入るとスカウトは一切できなくなる。 スカウトに必要な能力と技能• 生徒のスカウトには一定の「能力・技能」が必要。 支援レベルが上がると要求される「能力・技能・レベル」の値が緩和される。 支援レベルCでは効果が薄いが、Bだと「能力-20、技能レベル-2」ほどの緩和効果がある。 表の値は 支援レベル無しの状態でスカウトするのに必要な値。 支援レベルがBになると、平日に相手から転移の希望を申し出てくることがある。 支援レベルがAになると、無条件でスカウト可能。 一部のキャラは支援Bに上げるための支援会話に時期制限があります。 その場合は能力と技能も上げて自分からスカウトする必要あり。 生徒以外のスカウト• 先生やセイロス教団の関係者はストーリーが進行するとスカウトできるようになる。 ストーリー進行に影響する選択肢でスカウトできなくなることもある。 6クリア後 コンスタンツェ — — 煤闇の章 EP. 2クリア後 バルタザール — — 煤闇の章 EP. 4クリア後 ハピ — — 煤闇の章 EP. 5クリア後.

次の

【ファイアーエムブレム風花雪月】スカウトのやり方と必要条件|FE風花雪月

風花雪月 スカウト いつまで

最初に違和感を抱いたのは、5年間の眠りから目覚めて教え子達と再会した時だっただろうか。 10代から20代へと。 不穏な空気を持ちながらも学校という平和な箱庭世界から争いの世界へと飲まれ、または自ら身を投じ、時を重ねた彼らは学生時代の幼なさを無くし、成長した大人の姿へと変えて現れた。 成長を、生きていたことを喜び、そしてまた激闘の中へと身を投じていくうちにその違和感を抱くことも徐々に少なくなくなり。 戦いに勝利した後もこの国の王として統治し世界の夜明けを迎え…一通りの情勢も落ち着いた頃。 再びあの時の違和感が、放置してきた月日の分大きな波となって襲ってきた。 年月を重ねても変わらない己の姿。 ここ最近では鏡を見る度に置いて逝かれるという漠然とした、けれども強大な恐怖に襲われ続ける日々で。 ベレスはとうとういても立ってもいられず、少なくない仕事を放り出してガルク=マクの外れにある封じられた森へと来ていた。 己が神祖ソティスと一体化し、力を受け継いだ場所。 己の中に消えた彼女がここにいればふいに現れるようなそんな祈りにも似た希望に駆られていたが、そこはただただ静かな自然が広がるだけだった。 ずりずりと木の幹に寄りかかり、そして膝を抱えてどれだけの時間が経ったのだろうか。 パキリ、と小枝を踏みつける音がして慣れ親しんだ気配が傍に立った。 「探しましたよ」 視線を合わせるためかその人はベレスの前に膝をつくと、あやす様に頭をそっと撫でる。 事実、あやしているつもりなのだろう。 殊更優しく緑の髪を撫でるその手つきは確かに子どもをあやす様でもあった。 貴女のシルヴァンですよ。 どうしたんです?またクロードに無理難題なお願いでもされました?あいつパルミラから来る度に難問ふっかけては帰っていきますからねー。 女官が叫んでましたよ、陛下ががまた消えたーって。 ま、俺はその分あんたを独り占めできるんでいいんですが」 そう言ってシルヴァンはベレスの隣に座ると何をする訳でもなく手を繋いで空を見上げる。 きゅ、と遠慮がちにベレスが握り返すのだけは改めて握り返して返事をしたが。 俺たち元生徒と会ったあとが多いので目につくのかもしれません」 「そうか。 そうかもしれない」 「特にクロードと会ったあとは必ずなんで妬いちゃいますよ」 「そうなのか」 「そうなんです。 折角あいつがパルミラに帰ってあんた独り占めできたってのにあいつはいつまで経っても俺の中で大きな障害ですよ、全く」 核心に触れない会話でも気にせず返すシルヴァンにベレスの強ばっていた身体から力が抜けていく。 ふぅ、と息をつくとベレスはふんわりと微笑んでみせた。 「それはすまなかった。 シルヴァンはいつもそばに居てくれるからなかなか気づかなかったけど、みんな変わっていくなと思ってたんだ。 特にクロードは遠いから。 今日も久々に会ったけど更に精悍さが増していたよ」 ここで、シルヴァンが少しでも気にする素振りをみせず、またまたぁ、と流せばそれで終わりだったし、ベレスも終わりにしようと思っていた。 が、その言葉にシルヴァンの手がピクリと震える。 繋いでいても注意しなければ気付かないほど小さなその震えに、ベレスはあぁ、と腑に落ちた。 それはそうだろう。 シルヴァンは級長であったクロードを差し置き学生の頃から己の1番近くにいて、1番己を見て来たのだから。 「気付いていたんだな。 いや、寧ろ私が疎かったのか」 「あんたは自分のことには殊更疎いからもう少しいけると思ったんだが」 はぁ、と諦めたようなため息をつくシルヴァンは改めて見れば昔よりも顔つきが大人の男らしくなり、戦時中上げていた前髪を下ろしても幼くは見えない年齢にまできている。 こうした端的な会話でもお互い全てを察するくらいには長く付き合ってきた。 それなのに、今の今まで気付かなかったのだ。 気付きたくなかったのかもしれない。 シルヴァンが恐れ隠し、敢えてこちらが気付くまで触れないでいた事。 「私は、老いないのだな」 ポロリと零した言葉にまたシルヴァンは震える。 シルヴァンの表情を見ず、俯いたままベレスは言葉を紡いだ。 「ここも、木々ばかりだから変わっていないだろうと思ったけれど、新しい命が芽吹き、育まれ、私の記憶していた森とは変わっていたよ。 私は、ひとりになるのだろうか」 見上げた琥珀色の瞳に映る自分が頼りなく揺れているのが分かる。 シルヴァンの表情も同じように揺れていて、それを自分の瞳を通してシルヴァンが見ているのもわかる。 それでもシルヴァンはその表情を隠すかのように1度瞬きをすると繋いだままの手と反対の手を伸ばし昔より幾ばくか長く伸びた髪をひと房掬い、シルヴァンはそれに口付けた。 祈るように。 懺悔するように。 「あんたが望むのならば俺はあんたの眷属にでも何にでもなってずっとそばに居る。 人として一生を終えてくれというなら俺は死ぬまであんたの傍にいるし、死んでも傍にいる。 どちらにせよ、永遠にこの体も心もあんたのものだ。 ベレス、あんたが嫌がってもな」 「シルヴァン」 「いつまでも貴女の傍に、ってね」 にっ、と笑いながらウインクしていつの間にかキツく握られていた手を今度は柔らかく握りなおす。 そして先程までのおどけた様子を一変させて真面目な顔になるとシルヴァンはそのまま跪いた。 洗礼を受ける騎士のように頭を垂れると、握った手のひらをそっと己の額にあてがう。 「ここに誓う。 俺は生まれ変わってもあんたを、ベレスを見つけてまた結婚を申し込む。 昔はそろそろ忘れてくれませんかねー」 「すまない、ちょっと意地悪してみただけだ。 愛してるよ、シルヴァン」 昔よりも。 そしてこれからも。 「俺も愛してますよ。 あんたがただの教師だった頃から恋焦がれてる。 こうやって結ばれた後も」 俺がいつか死んでしまっても。 お互いの言葉は柔らかく触れる唇に飲み込まれた。 遥か昔、大聖堂と呼ばれた場所は遺跡としてある程度の形を残してはいるものの、記憶にある荘厳さは無くなっていた。 所々朽ち、風化し、今の倍の年月を重ねれば全て砂となるだろう。 さらりと外壁だったものに触れればポロポロと崩れていく。 「シルヴァン」 彼の死後、こう呟けばどんな時でも柔らかい気持ちに包まれた。 今でもそう呟けば暖かな感情が胸に広がる。 その気持ちが消えてしまわないよう大切に抱きしめながらベレスは歩を進め、1本の大樹の元へとたどり着いた。 彼の死後芽を出したその木は今では1番立派なもので、ベレスがちょうど腰掛けれる位置が少し窪み、天然の椅子のようになっていた。 そこにそっと座り、もたれ掛かるとゆっくりと目を閉じる。 脳裏に広がるのはここで過ごした日々。 結局、シルヴァンは生まれ変わって現れることはなかった。 それに恨みはない。 この木こそがシルヴァンのような気がしてベレスは度々この木のそばで過ごしたし、そう神祖である己が定めてしまったせいで現れられなかったのかもしれない。 恨みはなくても、語り合えない寂しさはある。 それでも、彼の重荷であった紋章、そしてフォドラの過度な女神崇拝が消えるまでベレスはその命を繋いだ。 今ではベレスの名はどこにも残っていない。 「そろそろ眠ってもいいだろう?」 誰に問うでもなくそう言って木の幹を撫でる。 「眠るならシルヴァン、君の中で眠りたい」 その声に答えるように木の枝が伸び、ベレスの体を包んでいく。 とうとう全て包まれ、ゆっくり瞳を閉じる。 今まで耐えてきた何かが、崩れた。 「無理だシルヴァン。 ベレスは俯いたまま暗く笑う。 『あぁシルヴァン。 また会えるね。 次は、共に生きよう』 そうして歯車はまた回り出す。 …to be continued…?

次の