涙 が キラリ 歌詞。 スピッツ 涙がキラリ☆ 歌詞

涙がキラリ☆ 歌詞 スピッツ ※ signup.schoolbook.org

涙 が キラリ 歌詞

結成30周年を迎えた「」幅広い世代に 愛されているです。 98万枚ものセールスを記録した 大ヒット曲です。 プロミュージシャンでも 羨ましがられる声なんです。 「」はメロディーがキレイななのでにはあまり注目していないかも知れません。 今回はその 独特のをみていきましょう。 草野マサムネさんの言葉遣いや表現をピックアップしたいと思います。 この「キラリ」という言葉は普通の歌詞には出てこない言葉です。 これも草野マサムネさんの印象的な言葉の世界です。 すぐに「スピッツだ!」と分かってしまう表現ですね。 明け方になって2人には別れの時間がきます。 「男性」は帰らなくてはならないので「恋人」とともに涙を流している。 切ない時間ですね。 2人は別れたくないので 同じ気持ちの涙を流しながら星に願いをかけます。 織姫と彦星のように結ばれますようにと。 切ない情景がイメージできる歌詞ですね。 「かすかな光」が2人をつないでいます。 でも「かすか」なので今すぐにも途切れそうですね。 この2人はどうなってしまうのでしょうか。 ここでの「俺が天使だったなら」という表現は「男性」が今の自分にもっと力があれば「恋人」とずっと一緒にいられるのに、と願望を抱いてるのではなかと思います。 変身願望ですね。 ガイコツは何? 夏祭りでしょうか?浴衣を着た「恋人」の袖を「男性」は見つめています。 そして「ガイコツ」が突然歌詞に出てきますね。 ちょっと不思議な印象があり、急に出てくると驚きますから印象にも残ります。 そして、この「ガイコツ」とは「男性」ではないでしょうか。 「ガイコツ」とは「男性」の気持ちの喩え。 「恋人」への揺れ動く心を「ガイコツ」で表現しています。 「ガイコツ」とは亡くなった者の象徴なので気持ちが浮かんだり消えたりしている様子。 幽霊のイメージもあるかも知れません。 最後の部分はそんな気持ちの「男性」とは関係なく、世界の時間は刻み続けるという歌詞です。 無常な世界を提示しているのではないでしょうか。 小さな2人と大きな世界を対比して描写しています。

次の

スピッツ 涙がキラリ☆ 歌詞&動画視聴

涙 が キラリ 歌詞

草野正宗はクリスマスより七夕の方がロマンチックだという。 スポンサーリンク 理由はクリスマスは普段からリア充な人たちの記念日でしかなく、クリスマスにやることのほとんどが、その気になれば年中いつでもできる。 けれど、七夕の主役である織姫と彦星は一年でこの年しか会えないわけで、七夕の方がよっぽどか、かけがえのない日だからという持論。 ロビンソンの大ヒットによりメディアにも頻繁に取り上げられることになった彼ら。 ここで売れ線の楽曲を連発して一気にその名を馳せるのが一般的な商業アーティストの努だが、スピッツは実に絶妙な曲を世に送り出してきた。 メロディーだけ聴くと確かにキャッチーなのだが、歌詞の不気味さは相変わらずなのである。 目覚めてすぐのコウモリが 飛びはじめる夕暮れに バレないように連れ出すから カギはあけておいてよ 最初のフレーズは正宗らしい実に叙事的なフレーズである。 映画のワンシーンを思わせるようなフレーズ。 ただし、ここで注意するのはコウモリを漢字ではなくカタカナにしているところだ。 これは蝙蝠という言葉が漢字表記だと難しいからカタカナにしたのではなく、これはあくまでも比喩であることを伝えるためのメッセージである。 草野の歌詞の特徴として、カタカナの場合は「ここは比喩です。 字面通りに受け取らないでください」とメッセージを発することがよくある。 ここもそう捉えて問題ないだろう。 コウモリはここでは比喩で、主人公の男性を匂わすわけだが、夕暮れなのに、目覚めてすぐとは一体どれほど爆睡していたのだと言いたくなる。 バレないようにのクダリもポイントとしてカギをカタカナを表記しているところが挙げられる。 これも鍵ではないということだ。 つまり、箱入り娘が親に内緒でお家からあなたを連れ出すから窓の鍵は開けといてねーみたいな感じではないということだ。 おそらくばれないように、のバレもカタカナなところからここに対しても意味のはぐらかしが生じている。 おそらくこのフレーズは心の比喩であり、知らないうちにあなたを恋に落とすから警戒しないで僕とデートしてね、みたいなニュアンスではないかと察する。 君の記憶の片隅に居座ることを今決めたから 弱気なままのまなざしで 夜が明けるまで見つめているよ ここはわりと字面通りの歌詞なのだが、弱気なままのまなざしである理由がここには明記されていない。 また、君を惚れさせるという言い方を君の記憶の片隅に居座るという比喩に選んだのは、コウモリに引っ張られてのことだろう。 スポンサーリンク そして、サビの歌詞へと進む。 同じ涙がキラリ 俺が天使だったなら 星を待っている二人 切なさにキュッとなる 心と心をつないでる かすかな光 ここは七夕にしか会えない織姫と彦星の運命をそのまま歌詞にしているようなフレーズ。 この日にしか会えない切なさを見事に言い表したフレーズになっているわけだが、ここで突如登場してきた「俺」とは一体何者なのか。 俺=コウモリなのか、そもそも彦星=コウモリなのか。 ここにきて人物関係に不安を覚え始める。 次の歌詞をみてみよう。 浴衣の袖のあたりから漂う夏の景色 浮かんで消えるガイコツが鳴らすよ 恋のリズムここの歌詞 最初のフレーズにはカタカナがない。 そのため、これは比喩ではなく現実と捉えるべきだ。 そうなると、コウモリと女の子は浴衣でデート おそらくはお祭り していると思われる。 夏の夜の浴衣デートなのだ。 君の記憶の片隅に居座ることまで決めたコウモリだが、様子がおかしい。 浮かんで消えるガイコツというのはおそらくこの恋愛が順風満帆なものではないことの示唆なのであろう。 彼女は笑っているが、本当は楽しそうではないからなのかもしれないし、付き合いたいけど、上手くは付き合えなさそうなのかもしれない。 あるいは付き合っているけれども、この恋に終わりが見え始めたのかもしれない。 確定的となる次のフレーズ。 映し出された思い出はみな幻に変わるのに 何も知らないこの惑星は 世界をのせて まわっているよ 変わったではなく、変わるのになのがポイント。 そして、惑星という言葉をトリガーにして再び、話は七夕へと戻る。 コウモリと俺は別の人なのであろう。 そして、俺とコウモリは同じ涙をキラリとさせる。 おそらく浴衣デートに誘ったコウモリは女の子に振られてしまうのだ。 俺はそれを見て、一緒に泣く。 本当はちょっと触りたい 南風やってこい このフレーズはおれとコウモリの距離感を言い表しているのではないか。 つまり、俺とは彦星であり、彦星は織姫に会いに行こうとしている。 彦星は織姫という彼女がいるが、コウモリは相手がいなくなってしまったのだ。 だからおれは二度と戻らないこの時を焼き付けながら、切なさにキュッとなるのである。 というのはあくまでも仮説であるが、カタカナに込めた比喩の可能性と、人物の位置関係に含みを持たせる表現をここまで巧みに行うのは草野正宗ならでは。 ひと縄筋ではいかないのは彼の技である。 関連記事: スポンサーリンク.

次の

スピッツ、草野正宗の歌詞世界。涙キラリの人物関係とカタカナ比喩

涙 が キラリ 歌詞

(注) 歌詞 でありません。 曲の意味を勝手に解釈したものです。 コウモリが飛び始める夕暮れ。 そんな時間帯に目覚めた。 僕は死んでた。 何故か冷静な頭で、君のことを考えてた。 今から会いにいきたい。 ねぇ、もしもまだ、少しでも僕の存在を感じているなら…鍵を開けておいて。 そっと、連れだしてあげるから。 君はもう、眠っていた。 涙のあとを残して。 今日は一晩中、君の側にいるよ。 弱い僕だけど…君の記憶に、ずっと存在し続けたいんだ。 僕の瞳から、涙がこぼれた。 これは、君と同じ意味の涙だね。 愛する人と離れ離れになった、悲しい涙。 もし僕が幽霊なんかじゃなく、天使だったなら…。 君と触れることも、できたかもしれなかったのに。 二人で見た星空が思い出される。 永遠に、ああしていたかった…。 切なくて、胸が苦しくなった。 あのときの小さな星の光は、二人の心にずっと残るだろう。 次の日は、一緒に行く約束をしてた、夏祭りだった。 君は浴衣を着て、一人で出かけていった。 僕も一緒に、家を出た。 浴衣がすごく似合っていた。 夏の景色が君と重なったとき、すごくときめいた。 心臓なんて、もう動いているかもわからないのに。 恋のドキドキだった。 君は人気のない神社の境内に座り、ぼんやりと遠くを見つめた。 僕らは二人で、ただ懐かしいだけの思い出を振り返った。 ほら、初めてのデートも、初めてのキスも、こんなに鮮明に覚えてるよ。 なのに、いつしかそれは幻のように、曖昧なものに変わってゆく… また涙が流れた。 君も泣いていた。 君を抱き締めたい。 南風が吹けば、それと一緒に君に触れられるのに…。 僕は、ただでさえ消えかけていた自分の体が本当に消えていくのを感じた。 もうお別れか…。 せめて、あと少し。 二度戻らないこの瞬間を、心に焼き付けるまで。 最後の涙が流れた。 「さよなら」 もしも僕が天使だったら、この言葉も伝えられたのに。 空を見上げると、いつか見たような星空が浮かんでいた。 君も空を見上げた。 君の頬の涙が、流れ星に光った。 ほたるさんからの投稿です。 | | | | | | | | |.

次の