ブラック ラグーン ヘンゼル と グレーテル 性別。 『ブラック・ラグーン(BLACK LAGOON)』双子編を何の因果か突然読む事になった。

ヘンゼル&グレーテル

ブラック ラグーン ヘンゼル と グレーテル 性別

ヘンゼルとグレーテル 見た目にはプラチナブロンドの髪が特徴。 可愛いらしい男女の幼い双子だが、実際は極めて危険な殺し屋。 ルーマニア人。 ルーマニアが独裁者チャウシェスクにより支配されていた時代は施設で暮らしていたようだが、その後の政変の影響で、多くの子供達と共に施設から闇社会に売られていった模様。 売られた先で嬲りものにされた挙句、殺人映画の作成・人間の後始末の片棒まで担がされた結果、快楽殺人者にまで歪んでしまった。 「ヘンゼル」、「グレーテル」の名はチャイルドポルノ上での通称であり、本名は不明。 殺しを「遊び」と称し、殺さなければ生き延びられなかった過程からか、『殺した分だけ自分たちの寿命を延ばせる』という思想を持っている。 ゆえに倫理観は皆無であり、自分達が危険に晒されると他人を身代わりにすることも躊躇しない。 互いの事はそれぞれ「兄様」「姉様」と呼び、互いの服装を交換することで人格をも入れ替える事ができる。 過去の境遇もあり、2人とも自分の本来の性別や性格がどちらにあるのか自覚していないと思われる。 「姉様」は歌が得意であり、幼い頃には「兄様」に聞かせていたこともあったという。 ダッチ曰く「声だけは天使」とのこと。 ロックのことを「良い人」といい、「兄様」以外に聴かせたことの無い歌と自らの躰を披露し、好意を表した。 一方レヴィには「同じ人種」「腐ったドブの臭いがする」と言い放った。 作者曰く、この作品のなかでもっとも死亡退場を悩んだキャラクターとのこと。 【編集あとがき】 先にも触れたように、Black Lagoonの中でも問題作のヘンゼルとグレーテル編です。 (他も問題だけどw) ロワナプラやヘンゼルとグレーテルを問題だと思うけど、日本から出て行けばこんなことは日常になっている国が ゴロゴロしてると思うと、日本に生まれてよかったと思います。 Black Lagoonに興味を持っていただいた方は、2期ヘンゼルとグレーテルのあとの日本編もお薦めします。 銀さん、かっこいいぞ~。 あ、ロベルタ編も・・・ 結局全部かw 今回は、ほとんど編集らしいことをしていない。 Wikiから文書貼って、つべから動画持ってきただけです。 編集したかったんですが、この3話って内容が凝縮されていて、正直切るところがなかった。 最後にちょっと気分直しをしてもらおうと思い、違ったBlack Lagoon動画を貼っておきます。 最後まで観てくれて、ありがとうございました。

次の

【ブラックラグーン】ヘンゼル&グレーテルの強さと人物像考察!

ブラック ラグーン ヘンゼル と グレーテル 性別

更新日: 2020-03-15 日 14:11:46• 【種別】 【外国語表記】Balalaika 【本名】ソーフィヤ・イリーノフスカヤ・パブロヴナ 【CV】小山茉美 【身長】175cm(推定)ヒールを含めると張維新と同じぐらいになる。 元ソ連軍大尉。 顔に火傷の傷跡が残っているので口の悪い者からは「焼傷顔 フライフェイス 」と呼ばれる。 顔の他にも、体のそこかしこに火傷の跡が存在する。 ウェーブのかかった金髪のロングヘヤーでポニーテールにしている。 読者からの通称は「バラ姉」。 スチェッキンというマシンピストルを愛用している。 身体的能力は高く日本編では襲ってきたを返り討ちにしたり、アニメ版では狙撃も得意なようだ。 葉巻(銘柄不明)をよく吸っている。 葉巻以外では、日本編でパーラメントを吸う描写もあり。 また、アフガニスタン帰還兵の一人であり、同じアフガニスタン帰還兵を同志と呼び、強い信頼関係を結んでいる。 冷徹ではあるが、とに仲間を殺害された際は激怒する一面を見せた。 表の顔として大使館勤めをしているようだ。 コメント• 漫画では、素足の状態で軍曹とほとんど変わらない身長だった(トウキョウ・ギャングスタ・パラダイス、香砂邸のシーン参照)ことがあります。 軍曹も決して背が低い方ではないと見受けるので、白人であることをさしひいても女性としては相当の長身では…。 -- 2010-03-20 土 14:31:49• 少女時代は清楚な美少女だった。 -- 2010-12-13 月 00:15:01• 読み切り 第一話 では眼鏡をかけていた。 -- 2011-02-08 火 22:14:18.

次の

ヘンゼル&グレーテル

ブラック ラグーン ヘンゼル と グレーテル 性別

ト、 ゝ. ::\/:} :::::::::::::::::::::. :::::::::::.............. :::::::::::::::::::::`ヽ `... ____.. ::::::::::::::', j:::::::::/:::::::::::::: ::.. ::::::.. ::::::::: \::::::::::::::/ /:::::::::::::. :::. 推定年齢十代前半のかわいらしい双子だが、殺し屋であり、シリアルキラー。 ホテル・モスクワの敵対組織から、および遊撃隊の暗殺を請け負ってロアナプラ入りした。 東欧某国の孤児。 政変の混乱期に施設が解体、売られた先はド変態の巣窟だった。 「お仲間」の始末・スナッフムービー出演などの経験や、「殺人=遊び」で、殺さなければ生き延びられない状況から、「他人を殺すことで自分たちは寿命を延ばし、永遠となる」という思想にたどり着く。 なお、「ヘンゼルとグレーテル」という名前も、出演作品からつけられた通称に過ぎず、本人たちはお互いを「兄様(にいさま)」「姉様(ねえさま)」と呼び合うため、本名は不明。 衣装とウィッグを取り替えることでお互いの人格を交換でき、もはやどっちがどっちかわからない。 「兄様」の時は戦斧2本を振るい(一応リボルバーも所持)、「姉様」の場合はその身に不釣り合いな大きさのBARを乱射する。 また、歌の才能があったようで、作中でも「姉様」が美声を披露、に「声だけは天使」と言わしめている。 巻末おまけマンガのネタで、の子ども達となった。 イタズラを好むいじめっ子である。 性別に関して 公式設定では不明。 明言されていない。 「兄様」「姉様」という呼称から男女だと推察されはするが、特殊すぎる境遇を理由に、両方女性であったり両方去勢された男性であったりと主張するファンも存在する。 境遇から本人たちも把握・意識していない様子。 作者の同人誌「R of Blacklagoon」で性別に関してコメントが載っているが、これも「セルフパロディ」な為、公式設定ではない。 原作の行動を反映してか、基本的にはドS。 原作本編では出番が少なかったこともあって、おまけの設定を輸入しているケースも多い。 またとからめたネタAAも存在している。 作品によって性別は自由に設定出来る特殊な立ち位置にいるキャラ。 主な作品 ヘンゼル・グレーテル共演• - の就職先の先輩。 やっぱりドS。 - 双雷こと魔法戦士トード。 執拗な言葉責めを見せる。 - やる夫の古い友人。 - ナイフを使う凶悪犯だったが、ロックの説得で銃を使うようになる。 - やる夫の「両親」で、「清掃員」。 - 魏の文官、劉放(ヘンゼル)と孫資(グレーテル)役。 公文書を取り扱う中書省のNo. 1・2として権勢を振るう。 - ソロモン72柱の序列第38番ハルパス(グレーテル)と第39番マルパス(ヘンゼル)役。 バトルジャンキーで、戦いをくれるに懐いている。 革命左派の中心人物。 - 小山朝政(ヘンゼル)と結城朝光(グレーテル)役。 小山党の中心人物。 グレーテルのみ• - 擁立された王候補者の一人で、裏社会で名の通った殺人鬼。 - ヒロイン。 バルハル族の女戦士シフのポジション。 - 無邪気な殺人鬼、李逵役。 外部リンク•

次の