にゃんこまゆげどり。 まゆげどり (まゆげどり)とは【ピクシブ百科事典】

【にゃんこ大戦争】狂乱のタンクを無課金で攻略する方法!オススメキャラは?

にゃんこまゆげどり

大狂乱のネコモヒカン• 大狂乱のゴムネコ• ちびゴムネコ• ゴムネコ• 大狂乱のムキあしネコ• ネコウェイ• ネコタイフーン• にゃんこそば にゃんこ砲…かみなり 無課金キャラを中心に成功法でクリアしたいなら、この編成が基本になります。 無課金キャラのレベルは上限まで上げています まずは盾キャラとして5体を用意します。 そしてクリティカル狙いのキャラが2体。 あとはアタッカーで編成を埋めていきます。 ガス吸う鳥ステージは編成のバランスが重要になってきます。 盾・アタッカー・クリティカルのバランスが5:3:2を基準に編成を組みましょう。 天使を妨害するキャラがいると便利 もし超激レアや激レアが手持ちにいるなら天使属性を妨害するキャラを入れましょう。 ・ ・クロノストリガー・アタタタアシラン・ピカランバラランがおすすめ。 天使ブッタの射程外から動きを止めたり遅くすれば前線も崩れにくくなります。 今回は無課金とレアキャラで構成しましたが、本当は激レア・超激レアを使った方がクリアしやすいですよ。 アイテムとにゃんこ砲について このステージは序盤からドンドン敵キャラが出てくるのでアイテムを推奨。 ネコボンやスニャイパーを使って金欠を防ぎます。 にゃんこ砲はかみなりに設定しておきましょう。 かみなりで一時的に敵を止めて、ネコパーフェクトやネコウェイの攻撃を当てます。 にゃんこ大戦争のガス吸う鳥を成功法で攻略する方法 ではさきほどの編成を中心にガス吸う鳥の攻略方法を解説していきます。 まずステージが始まったすぐにカバちゃんが出てくるのでネコタイフーンで対応。 クリティカル攻撃で倒すまでの間に働きネコのレベルを上げてお金を貯めます。 次にまゆげどりが出てくるので、自陣まで引き付けましょう。 ギリギリまで引き付けて盾キャラとアタッカーを出します。 すぐに天使ブッタが出てくるので、ネコパーフェクトもどんどん出撃させてOK。 天使ブッタが出てきたら、クリティカル狙いのキャラ以外を総動員します。 前線を保ちつつネコウェイを優先的に出してノックバックさせていきましょう。 天使ゴンザレスが出て来たら、ここが正念場です。 どんどん盾キャラを出し、にゃんこ砲で妨害しながらネコウェイで仕留めていきます。 キャラを出せるだけ出して対抗していくイメージですね。 しばらくするとメタルサイボーグが出てくるので、ここでにゃんこそばを出動。 あとは盾キャラの出し過ぎで出撃制限がかからないようにするだけ。 大狂乱など移動速度が速い盾キャラとアタッカーで押し込んでいき城を破壊してクリアです。 攻略のポイントは敵と相性のいいキャラをタイミング良く出すこと。 以下のように敵キャラに合わせて優先的に出すキャラを変えると金欠にならずに対抗できます。 完全に無課金でクリアしたいなら速攻しかない 補足として完全に無課金キャラのみでもクリアできます。 ただその場合は速攻じゃないと難しいですね。 まずにゃんこ砲をキャノンブレイクにしてノックバック狙いに設定。 そしてにゃんコンボでにゃんこ砲のゲージを上げる。 ステージが始まったらすぐにネコタイフーンを出す。 カバちゃんを倒したお金でネコムート・大狂乱のネコキリン・ネコ超特急で攻める。 にゃんこ砲でまゆげどりをノックバックさせて城を叩いて攻略という流れになります。 ネコスーパーハッカー・アタタタアシラン・クロノストリガーあたりを選ぶと良いですね。 天使ブッタと天使ゴンザレスを妨害できればステージの難易度はグッと下がるはず! 次のステージの攻略方法も載せておきますね。 またTwitterやYouTubeで攻略動画やにゃんこ大戦争を一緒にプレイする友達を募集しているので登録お願いします。

次の

ネコスイマー

にゃんこまゆげどり

もくじ• 41~Lv. 60 出現する敵 「チキランラン」と「ハイ・エナジー」が厄介で、この敵達をいかに素早く仕留められるかが攻略の鍵になります。 まゆげどりは体力も少なく資金調達に良い敵です。 「ジャイアント黒蔵」は動きが鈍く、体力、攻撃力は高いものの足止めは容易です。 60のキャラ編成(参考) Lv. 60ではキャッツアイを使用して、超激レアのレベルを上限まで上げました。 60の攻略の話し それでは攻略の話しです。 アイテムはネコボンを使用しています。 まず早い内から1羽目のチキランラン登場です。 タイミングが良ければネコゼリーフィッシュの波動が当たって後の処理に効果的です。 チキランランが上の画像のような蘇生可能な状態になる前に、できればゾンビキラーで仕留めるのがベストです。 仮に仕留め損ねた場合は蘇生のタイミングに合わせてゾンビキラー持ちのアタッカーを生産して仕留めます。 ネコゼリーフィッシュは優秀です。 波動攻撃で希にチキランランを成仏し、はぐれたヤツ、ハイ・エナジー、まゆげどり、ジャイアント黒蔵にまでダメージが到達します。 まゆげどり、ハイ・エナジーの攻撃にも簡単にはふっとばずにダメージを与えてくれます。 チキランランは攻撃力が高いので、コストの高い大型キャラはチキランランを仕留めるために生産します。 チキランランの足止め役に大型キャラを生産するのは得策ではありません。 チキランランの攻撃を数発受けるだけで大型キャラの場持ちが悪くなり、形勢は不利になります。 事前にチキランランの体力を削り、大型キャラの一撃で成仏させましょう。 ジャイアント黒蔵や取り巻き達の前に壁を作って、遠方から攻撃するメガロディーテ戦法はLv. 40以降ずっと使えました。 結局どの壁を入れてもジャイアント黒蔵の攻撃で一発退場なので、コスト、生産速度、移動速度が申し分ない大狂乱のネコモヒカンはジャイアント黒蔵の足止めに良かったです。 ジャイアント黒蔵もじわりじわりと城に近づいてきます。 やばくなったらキャノンブレイク砲で遠ざけましょう。 最初から数えてチキランランは4羽目以降ピタッと出てこなくなります。 残った資金でアタッカーをフル生産してジャイアント黒蔵を一気に叩きましょう。 チキランランは一度潜って出る習性を利用して、タイミング良くアタッカーを生産しよう。 4羽の内 の最初の2羽は早めに登場し、少し間を置いてから再度2羽登場する。 その間に資金とアタッカーを温存して迎え撃とう。 42 XP+1,000,000 Lv. 53 XP+1,500,000 Lv. 46 XP+1,000,000 Lv. 56 XP+1,500,000 Lv. 59 XP+3,000,000 Lv. 50 XP+1,500,000 Lv. カテゴリー• 17 タグ.

次の

にゃんこ大戦争【攻略】: 定期暴風ステージ「神判の日」を超激レアなし編成で攻略

にゃんこまゆげどり

もくじ• 41~Lv. 60 出現する敵 「チキランラン」と「ハイ・エナジー」が厄介で、この敵達をいかに素早く仕留められるかが攻略の鍵になります。 まゆげどりは体力も少なく資金調達に良い敵です。 「ジャイアント黒蔵」は動きが鈍く、体力、攻撃力は高いものの足止めは容易です。 60のキャラ編成(参考) Lv. 60ではキャッツアイを使用して、超激レアのレベルを上限まで上げました。 60の攻略の話し それでは攻略の話しです。 アイテムはネコボンを使用しています。 まず早い内から1羽目のチキランラン登場です。 タイミングが良ければネコゼリーフィッシュの波動が当たって後の処理に効果的です。 チキランランが上の画像のような蘇生可能な状態になる前に、できればゾンビキラーで仕留めるのがベストです。 仮に仕留め損ねた場合は蘇生のタイミングに合わせてゾンビキラー持ちのアタッカーを生産して仕留めます。 ネコゼリーフィッシュは優秀です。 波動攻撃で希にチキランランを成仏し、はぐれたヤツ、ハイ・エナジー、まゆげどり、ジャイアント黒蔵にまでダメージが到達します。 まゆげどり、ハイ・エナジーの攻撃にも簡単にはふっとばずにダメージを与えてくれます。 チキランランは攻撃力が高いので、コストの高い大型キャラはチキランランを仕留めるために生産します。 チキランランの足止め役に大型キャラを生産するのは得策ではありません。 チキランランの攻撃を数発受けるだけで大型キャラの場持ちが悪くなり、形勢は不利になります。 事前にチキランランの体力を削り、大型キャラの一撃で成仏させましょう。 ジャイアント黒蔵や取り巻き達の前に壁を作って、遠方から攻撃するメガロディーテ戦法はLv. 40以降ずっと使えました。 結局どの壁を入れてもジャイアント黒蔵の攻撃で一発退場なので、コスト、生産速度、移動速度が申し分ない大狂乱のネコモヒカンはジャイアント黒蔵の足止めに良かったです。 ジャイアント黒蔵もじわりじわりと城に近づいてきます。 やばくなったらキャノンブレイク砲で遠ざけましょう。 最初から数えてチキランランは4羽目以降ピタッと出てこなくなります。 残った資金でアタッカーをフル生産してジャイアント黒蔵を一気に叩きましょう。 チキランランは一度潜って出る習性を利用して、タイミング良くアタッカーを生産しよう。 4羽の内 の最初の2羽は早めに登場し、少し間を置いてから再度2羽登場する。 その間に資金とアタッカーを温存して迎え撃とう。 42 XP+1,000,000 Lv. 53 XP+1,500,000 Lv. 46 XP+1,000,000 Lv. 56 XP+1,500,000 Lv. 59 XP+3,000,000 Lv. 50 XP+1,500,000 Lv. カテゴリー• 17 タグ.

次の