マネーフォワード 三井住友信託銀行。 マネーサポートでご利用可能な金融機関一覧

「マネーフォワード」と「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」の違いと、口座コピーの方法│やじり鳥

マネーフォワード 三井住友信託銀行

「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」とは 銀行や証券会社、クレカの資金状況をまとめて見るツールとして、 「マネーフォワード」を使っている。 自分はずっと有料プラン 月額500円 で利用しているんだが、最近 「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」 という、「住信SBIネット銀行」ユーザー向けのサービスもあることを知った。 「住信SBIネット銀行」なら、自分も口座を持っている。 もしかして、コッチなら 有料機能が無料で使えるのかな?と思ったが、違った。 使えるのは無料機能の範囲のみで、有料機能は別途課金が必要。 サービス的には、本家マネーフォワードと全く同じ。 むしろ、 本家で使える機能が、「for 住信SBIネット銀行」では一部使えない。 現在、「金融機関・特定サービス向けマネーフォワード」で、下記をご利用いただけません。 何卒ご了承ください。 「ReceReco」との連携 「ICカードリーダー by マネーフォワード」との連携 「MFクラウド」シリーズとの連動 Nifty払いでのプレミアムサービスお申し込み こうした金融機関向けのマネーフォワードは、いくつもある。 「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」• 「マネーフォワード for YMFG」• 「マネーフォワード for 静岡銀行」• 「マネーフォワード for 東海東京証券」• 「マネーフォワード for 東邦銀行」• 「マネーフォワード for 滋賀銀行」• 「マネーフォワード for 群馬銀行」• 「マネーフォワード for 福井銀行」• 「マネーフォワード for LOHACO家計簿」• 「マネーフォワード for 岡崎信用金庫」• 銀行のお知らせがアプリで確認できるくらい また、 本家マネーフォワードと金融機関向けマネーフォワードで、同一アカウントを使うことはできない。 データの引っ越しも不可。 本家ユーザーが金融機関向けのマネーフォワードに乗り換える場合(あるいはその逆でも)、新しいアカウントを作り直す必要がある。 ただ、 「口座情報のコピー」 データを除く、ログイン情報のみのコピー だけは、「住信SBIネット銀行」と「静岡銀行」が対応してる。 「金融機関・特定サービス向けマネーフォワード」の登録口座コピー機能について 現在ご利用いただけるのは下記のサービスとなります。 「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」 「マネーフォワード for 静岡銀行」 今回、「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」への登録口座コピーを試してみたので、そのメモにて。 「金融機関・特定サービス向けマネーフォワード」の登録口座コピー まずは、「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」に会員登録。 本家マネーフォワードとは、別のアカウントを作る必要がある。 ログインすると、「新規口座登録」の画面へ。 「マネーフォワードから登録口座をコピーする」のメニューがある。 登録口座コピー機能について 本機能をお使い頂くことで、「マネーフォワード」で登録している口座情報を「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」へコピーすることが出来ます。 IDやパスワードなどを改めて入力することなく、すでに登録済みの口座を「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」でもご利用頂けます。 コピーされる情報は以下になります。 ただし、過去のデータがコピーされるわけではない。 確認ボタンを押して進むと、コピー開始。 コピーが完了すると、確認画面が表示される。 更なる認証が必要な場合、赤字で表示されている。 追加認証については、トップページにお知らせが出るので、そちらから。 ワンタイムパスワードや、画像認証への誘導がある。 ということで、無事にコピー完了。 念のために機能をいろいろみてみたが、やはり 本家と同様だった。 本家では有料プランを使っているが、こちらのアカウントでは無料機能しか使えかった まとめ 何か利点があれば乗り換えようと思ったが、特に違いがない上にデータの引っ越しができないので、 本家マネーフォワードを使い続けることにした 本家マネーフォワードの 有料プランは月額500円するので、金融機関向けのマネーフォワードで無料で使えるなら・・・と思ったが、そうでもないようだ。 そうなってくると、各銀行向けのマネーフォワードを使うより、本家を使った方が良さそうかな、と。 銀行は将来的に変更するかもしれないし、金融機関向けのは本家で使える機能が一部制限されるし。 今のところ、制限されている機能で必須のモノのは特にないが、今後はどうなるか分からないしなぁ。。。 別に銀行の名前が入っているからと言って、セキュリティが高いとかそういうメリットもないし。。。 この手のアグリゲーション・サービスも最近はずいぶん便利になった。 昔は 「Microsoft Money」というPCソフトを使っていたが、ソフトが重かったりして大変だったのが、今は完全クラウドである。 サーバーのCPUでじゃんじゃんやってくれるので、いろいろ楽ちん。 「マネーフォワード」については、数年間有料で使い続けているが、やはり月額500円は重い。 まぁ「Microsoft Money」の時も、年間ではそれくらい払ってたけど 無料である程度できるが、 無料プランだとデータの保持が1年しかなかったり、ワンボタンで全口座更新ができなかったり、ちょっと物足りないのよね。。。 最近は、 「マネーツリー」が無料である程度できそうなので、そちらも登録して様子をみている。 ただ、グラフ表示機能とか、登録可能口座とか、まだまだマネーフォワードの方が便利かな。 マネーツリーは「円グラフがない」「項目毎の推移グラフがない」「ビューカードが登録できない」など そんな感じ。

次の

無料家計簿・お金の見える化アプリ│マネーフォワード for 三井住友信託銀行

マネーフォワード 三井住友信託銀行

あわせて読みたい マネーフォワードとは? 『マネーフォワード』は資産管理・家計簿管理ができる個人向けのサービス。 2600以上の銀行・クレジットカード・電子マネー・ポイントに対応していて、連携しておけば自動で家計簿に書き込んでくれるのが特長です。 スマホアプリだけでなく、Webブラウザでも利用可能。 パソコンでも家計簿を確認できるので、様々なシーンで活躍します。 マネーフォワードでできることを簡単に羅列すると…… ・家計簿を自動で作成してくれる ・複数の金融機関と連携して、資産管理できる ・収入や支出の推移をグラフ化 ・出金や引き落としがあるとメールでお知らせ ・レシート撮影で支出入力できる 多機能さでは、他の家計簿アプリとは一線を画します。 特に便利なのが「家計簿の自動作成機能」。 クレジットカードで支払うと、食費や日用品代などとカテゴリ分けして、自動で家計簿に記帳してくれます。 そのときは入出金履歴を修正して対処しましょう。 登録・ログイン方法 アプリをダウンロードして、まずはアカウント登録をしましょう。 アプリを起動後、「次へ」を何度かタップして、アカウント作成画面に進みます。 最後に自分がよく利用している銀行とクレジットカードを選択。 ここで選んでおけば、この後すぐに金融機関との連携作業に進めます。 これでアカウントの登録は完了です。 ログインするときは、登録しておいたメールアドレスとパスワードを入力すればOK。 ログイン状態は保持されますが、3日間一度もアクセスしていないと再ログインが必要になります。 パスワードは忘れないようにしておきましょう! プレミアム版・無料版の違い 基本的には無料版でも問題なく利用できるのですが、プレミアム版にすると機能がより充実したものになります。 月額制となっていて、iOSが月額480円(税込)、Androidが月額500円(税込)で利用可能です。 機能の違いは、以下の表の通り。 プレミアム版の機能紹介 ・「一括更新」:連携している全口座を、一括で情報更新できる。 ・「マンスリーレポート」:家計・資産を月次でまとめて評価してくれる。 ・「資産内訳・推移グラフ」:グラフで資産の変動をチェック。 株や預金など資産別に分かれている。 ・「負債内訳・推移グラフ」:グラフで負債の変動をチェック。 負債が減っていくのが目に見える。 ・「ポイント有効期限の通知」:クレジットやポイントカードの有効期限をプッシュ通知でお知らせ。 ・「引落し残高不足時の通知」:銀行の残高不足をプッシュ通知でお知らせ。 ・「CSVダウンロード」:入出金履歴をCSVファイル形式でダウンロードできる。 jp、Yahoo! ショッピング、楽天市場 my Rakuten 【証券】 SMBC日興証券、SBI証券、カブドットコム証券 【FX・貴金属】 外為どっとコム 外貨ネクストネオ)、DMM. com証券、bitFlyer 【投信】 ひふみ投信、三井住友アセットマネジメント(SMAM投信直販ネット) 【年金】 ねんきんネット PC版の独自機能として、バランスシートがあります。 資産や負債のバランスが分かりやすく、資産運用するならチェックしておきたいです。 レイアウトの違いなどはありますが、機能面はアプリとそこまで大差はありません。 普段使いするなら「アプリ」、細かく修正したいなら「PC」……といった使い分けをすると良いでしょう。 無料版でも金融機関との連携数を増やせる裏ワザ! プレミアム版だと金融機関の連携が無制限にできるのですが、無料版は10件までの制限があります。 ですが無料版でも10件以上連携できる裏ワザがあって……そこで使うのが、「特定の金融機関向けの専用アプリ」です。 マネーフォワードには、公式アプリとは別に、銀行向けの専門アプリがあります。 機能面に違いはなく、銀行からのお知らせメールなど細かい違いがあるだけ。 そのあと退会理由を入力すれば退会できます。 マネーフォワードを使いこなすコツは、カード払いを徹底すること! クレジットカードで支払うと、マネーフォワードが自動で家計簿を付けてくれます。 なるべく手入力したくない人は、現金ではなく積極的にカード払いをしましょう。 「カード払いだと、お金使い過ぎちゃうんじゃないの?」 と懸念する人も多いですが、カードの利用額もアプリから見られるので、その点は問題ありません。 それよりも、毎回ATMから引き出す手数料の方がムダと言えるでしょう。 マネーフォワードを使いこなして、手間をかけずに家計簿を作ってみて下さい! こちらの記事もおすすめ.

次の

よくあるご質問(FAQ)|マネーフォワード ME

マネーフォワード 三井住友信託銀行

あわせて読みたい マネーフォワードとは? 『マネーフォワード』は資産管理・家計簿管理ができる個人向けのサービス。 2600以上の銀行・クレジットカード・電子マネー・ポイントに対応していて、連携しておけば自動で家計簿に書き込んでくれるのが特長です。 スマホアプリだけでなく、Webブラウザでも利用可能。 パソコンでも家計簿を確認できるので、様々なシーンで活躍します。 マネーフォワードでできることを簡単に羅列すると…… ・家計簿を自動で作成してくれる ・複数の金融機関と連携して、資産管理できる ・収入や支出の推移をグラフ化 ・出金や引き落としがあるとメールでお知らせ ・レシート撮影で支出入力できる 多機能さでは、他の家計簿アプリとは一線を画します。 特に便利なのが「家計簿の自動作成機能」。 クレジットカードで支払うと、食費や日用品代などとカテゴリ分けして、自動で家計簿に記帳してくれます。 そのときは入出金履歴を修正して対処しましょう。 登録・ログイン方法 アプリをダウンロードして、まずはアカウント登録をしましょう。 アプリを起動後、「次へ」を何度かタップして、アカウント作成画面に進みます。 最後に自分がよく利用している銀行とクレジットカードを選択。 ここで選んでおけば、この後すぐに金融機関との連携作業に進めます。 これでアカウントの登録は完了です。 ログインするときは、登録しておいたメールアドレスとパスワードを入力すればOK。 ログイン状態は保持されますが、3日間一度もアクセスしていないと再ログインが必要になります。 パスワードは忘れないようにしておきましょう! プレミアム版・無料版の違い 基本的には無料版でも問題なく利用できるのですが、プレミアム版にすると機能がより充実したものになります。 月額制となっていて、iOSが月額480円(税込)、Androidが月額500円(税込)で利用可能です。 機能の違いは、以下の表の通り。 プレミアム版の機能紹介 ・「一括更新」:連携している全口座を、一括で情報更新できる。 ・「マンスリーレポート」:家計・資産を月次でまとめて評価してくれる。 ・「資産内訳・推移グラフ」:グラフで資産の変動をチェック。 株や預金など資産別に分かれている。 ・「負債内訳・推移グラフ」:グラフで負債の変動をチェック。 負債が減っていくのが目に見える。 ・「ポイント有効期限の通知」:クレジットやポイントカードの有効期限をプッシュ通知でお知らせ。 ・「引落し残高不足時の通知」:銀行の残高不足をプッシュ通知でお知らせ。 ・「CSVダウンロード」:入出金履歴をCSVファイル形式でダウンロードできる。 jp、Yahoo! ショッピング、楽天市場 my Rakuten 【証券】 SMBC日興証券、SBI証券、カブドットコム証券 【FX・貴金属】 外為どっとコム 外貨ネクストネオ)、DMM. com証券、bitFlyer 【投信】 ひふみ投信、三井住友アセットマネジメント(SMAM投信直販ネット) 【年金】 ねんきんネット PC版の独自機能として、バランスシートがあります。 資産や負債のバランスが分かりやすく、資産運用するならチェックしておきたいです。 レイアウトの違いなどはありますが、機能面はアプリとそこまで大差はありません。 普段使いするなら「アプリ」、細かく修正したいなら「PC」……といった使い分けをすると良いでしょう。 無料版でも金融機関との連携数を増やせる裏ワザ! プレミアム版だと金融機関の連携が無制限にできるのですが、無料版は10件までの制限があります。 ですが無料版でも10件以上連携できる裏ワザがあって……そこで使うのが、「特定の金融機関向けの専用アプリ」です。 マネーフォワードには、公式アプリとは別に、銀行向けの専門アプリがあります。 機能面に違いはなく、銀行からのお知らせメールなど細かい違いがあるだけ。 そのあと退会理由を入力すれば退会できます。 マネーフォワードを使いこなすコツは、カード払いを徹底すること! クレジットカードで支払うと、マネーフォワードが自動で家計簿を付けてくれます。 なるべく手入力したくない人は、現金ではなく積極的にカード払いをしましょう。 「カード払いだと、お金使い過ぎちゃうんじゃないの?」 と懸念する人も多いですが、カードの利用額もアプリから見られるので、その点は問題ありません。 それよりも、毎回ATMから引き出す手数料の方がムダと言えるでしょう。 マネーフォワードを使いこなして、手間をかけずに家計簿を作ってみて下さい! こちらの記事もおすすめ.

次の