モンスト アスト 2。 【モンスト】神獣の聖域の攻略と適正キャラまとめ【新マップ】|ゲームエイト

【モンスト】アスト1(状異雑音の路)の編成・攻略法を徹底解説!

モンスト アスト 2

【目次】• 【関連記事】 編成と付けたい実、使ったほうが良いアイテム。 私がアスト1(状異雑音の路)に使った編成はコレです。 どんな編成を使うにしてもフレンド枠はロビンがオススメ。 ラスゲのフィニッシャーとして壁ドンSSを持つロビンは超優秀です。 そして付けておきたい実なのですが、 兵命削りがあるとかなり楽になります。 苦戦している方は惜しまず使ってしまいましょう。 私は面倒だったのでステッキで兵命削りの特級をローズに付けました笑 【死ぬ程重要】アスト1(状異雑音の路)の仕様 アスト1(状異雑音の路)は味方に触れると攻撃力がUPしてダメージが通るようになります。 そして、アスト1(状異雑音の路)には 状態異常回復パネルが出てくるのですが、これは全ての状態異常を治して通常状態に戻すパネルなのですが、 攻撃力UPも消してしまいます。 なので基本的にはパネルを踏んで消した後に味方に触れる、もしくはパネルを踏まずに味方にだけ触れるようにするのですが、 気をつけるべきポイントがあります。 コレが超重要なので絶対に覚えておいてください。 というか、これさえ覚えておいて適正キャラを持っていれば勝てます。 アスト1(状異雑音の路)ステ1 ステージ1の1手目は上の画像のように、 味方に触れてパネルを踏まない角度で打ちます。 私と同じように一手目がローズだとこれで下の2体を同時に処理する事が可能。 とは言ってもパネルや自キャラの位置の問題で理想通りに出来ない事がほとんどなので、1つ上の項目に書いた通り味方とパネルの触れる順番だけ意識して暴れておくだけでもOKです。 アスト1(状異雑音の路)ステ2 ここもやる事は大して変わりません。 味方に触れてパネルを踏まないルート・パネルを踏んで味方に触れるルートで打ちましょう。 上の画像のように 良いルートが無い場合は先にパネルを1~2つ踏んで消して適当に暴れればOK。 4ndロビンがもうちょい下にいればに向かって打って弱点マッチを狙えたんですけどね。 ヘビに完全にくっついているので諦めて暴れる事にしました。 そして!ここからは 状態異常の混乱が飛んできます。 混乱状態の時は真っ先にパネルを踏んでください。 ちなみに、画面上の方にキャラがいたりキャラ同士が重なっていると状態異常中かの判別が難しくなるので、判別が難しい時は画面下のビックリマークを押して状態を確認するようにしましょう。 ステ2は雑魚処理が終わるとボスが上か下に移動するのですが、その時のベストなルートはコレ。 反射タイプのキャラはこのルートを狙いましょう。 攻撃力UPさえしていれば壁とボスの間にハマらずともそこそこ削れるので, パネルをたくさん消して味方に触れて暴れるルートで打っても良いです! 貫通タイプで攻める際はボスの裏に状態異常回復パネルがあるのを忘れないようにしましょう。 アスト1(状異雑音の路)ステ3 ここは雑魚同士の間を往復しようと考えるのは間違い。 パネルを1つ消して味方に触れて暴れた方が良いです。 私も最初は丁寧に雑魚と雑魚の間を往復するように打っていたのですが、 何度も試して暴れたほうが良いという結論に至りました。 アスト1(状異雑音の路)ボス1 アストのボス戦の中でもっとも簡単なのがボス1なので、 どのキャラを使うにしてもボス1はSSナシで抜けるようにしましょう。 まずは 今までと同じ方法で雑魚を処理します。 ボス裏と上の雑魚裏にパネルがあるので貫通の場合は気をつけてください。 雑魚処理が終わったらステ2と同じです。 ボスが上下に移動するので、配置に合わせてにルートを選択しましょう。 弱点ヒットを意識し過ぎてパネルを踏んでしまうくらいなら弱点を無視して何度も攻撃力UP状態でボスを殴ったほうが良いと思います。 アスト1(状異雑音の路)ボス2 ボス2は若干難しいのでSSを1~2本打っても構いません。 (最悪でもロビンのSSを一本は残しておきたい) 何が難しいのかというと雑魚処理です。 雑魚同士が離れているので一気に複数体処理するのが難しい。 ローズを持っている方はSSを打ってボス特攻でもOK。 雑魚を処理するのであれば、パネルを先に1つ以上踏んで暴れまわるルートが良いです。 一体ずつ処理していると雑魚の即死の6ターンに間に合わない事も多いですからね。 欲張って暴れましょう。 ループヒットで2体同時処理を狙えるルートもありますが、相当配置が良くないとパワーアップ&ループヒットなんて簡単に狙えないので。 アスト1(状異雑音の路)ラスゲ 状異雑音の道最難関ステージがラスゲです。 雑魚を全て処理しきるのがベストですが、私は ロビンのSSを打つための配置・準備する事をオススメします。 例えば上の画像の配置で4ndロビンのSSが溜まっていたとします。 ロビンの為の道作りさえ出来ればSSを打って大ダメージ。 (ボスと壁の間にハマれれば勝ち) 後は動画を見たほうが早いと思うので、次に貼る動画を見てください。 重要なのでもう一度書きますが、 ベストは雑魚を全て処理しきる事です。 特に上下の雑魚2体(ヘビとウシ?)の計4体は優先的に倒しておくに越したことはありません。 アスト1(状異雑音の路)クリア動画 最後に 苦戦している方に少しでも参考になれば幸いです。 このクトは私の中の評価はかなり高いんですよね。 理由は 合計でステージが6つしか無いから。 後半が難しいクトでステージが8つあって負けると本当にイライラするし萎えるんですよね。 そういった意味では全6ステージのこのクトは本当に親切。 こういう全6ステージ以下のクトなら難しくてもストレスを溜めるユーザーは大幅に減ると思うのでこれからもこういうクトを増やして欲しいと思いました。 クラピカがいない頃の禁忌22獄みたいに全8ステ(7だっけ??)で後半程難しいみたいなのは本当に萎えるんで… このクト設計は心の底から素晴らしいと思いました。 以上です。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

【モンスト】アスト2攻略と適正キャラランキング|神獣の聖域

モンスト アスト 2

アスト1を正攻法でクリアするとなると、正直轟絶級くらいの難易度があると感じます。 当方が初挑戦しようとした頃には、戦型解放したルビーやしのぶがヤバイ!! 的な事が一部で書き込まれていたので、その時点ではまだ面倒なクエを長々とやりたくなかったので、手持ちのルビーに書を与えました。 フレ枠に書が使われたしのぶいたので、白爆発 誘爆用 持ちの阿修羅廻2体入れて挑戦すると、画像の通りですが…アレ? 勝てちゃった。 とにかくルビーとしのぶで狂ってない(笑)阿修羅に当たれば雑魚処理完了、ボス残すのみって感じでしたね。 手持ちやフレ枠にルビーやしのぶがいれば使ってみれば、慣れると簡単にクリア出来るでしょうね。 ちなみに…、後日サラマンダーやガリレオ等適正のみ ルビー等不使用 PTで挑戦しましたが、20回以上負け続けました 当方が下手過ぎですね。 奇跡的なショットが3回くらい続いた回で、ようやく勝てましたよ。 超砲撃に戦型解放出来るキャラいないと、ホント厳しいので、使いたくないなら、相当丁寧いに弾くことが必要ですが…ホントお勧めしません。 私もめちゃくちゃ苦労しました。 手伝ってもらっても全く勝てなくて…。 その打開策となったのが 超戦型を開放して超砲撃型になっている胡蝶しのぶです。 彼女にあたって友情を発動するだけで 敵のHPをごりごり削ってくれるので 雑魚を簡単に処理できてすごく楽に勝てます。 しのぶのターンにもしのぶ自身の友情を誘発できるように 爆発持ちを入れるとさらに安定します。 私は自分でしのぶをもっていなかったので 自陣ガリレオ、モンストブライト、ヘラ フレ枠に超砲撃型のしのぶを入れました。 ブライトとヘラは友情を誘発するための爆発枠ですね。 この編成でそれまで全く勝てなかったアスト1を わずか2回のチャレンジでクリアできました。

次の

【モンスト】アストの最新評価と適正クエスト|神獣の聖域

モンスト アスト 2

アスト2に有効なソウルスキル ー対木の心得ー 木属性への攻撃倍率1. どちらも多く展開されるので、必ず対策しましょう。 そのため、ギミック対応した貫通タイプ4体で挑みましょう。 弱点が封印されている 敵の弱点が封印された状態になっています。 弱点封印されている敵は、一度ふれて封印を解いてから再び攻撃していきましょう。 弱点が封印された状態でスタート• 弱点に触れると弱点が出現• 複数ある場合は1箇所だけ封印を解除できる• 毎ターンリセットされる 味方に触れると攻撃アップ クエストを通して味方に触れると、 ふれた味方の数に応じて攻撃力がアップしていきます。 味方にふれないとほとんどの敵にダメージが通らないので、必ず味方を経由してから攻撃するルートを探しましょう。 ビットンを壊してはいけない 「ドクロ ビットン 」は破壊すると最大HP減少に加えて、約50,000ダメージを受けてしまいます。 壊すと一気に状況が厳しくなってしまうので、ふれないよう最大限の注意を払いましょう。 翠龍を倒す• 加えて「弱点封印」を持った敵は2回攻撃する必要があるので、味方をなるべく固めておくと立ち回りやすくなります。 また「ドクロ ビットン 」は壊してしまうと最大HP現象に加えて、 約50,000ダメージを受けてしまうので、絶対にふれないよう注意しましょう。 花を倒す• 「花」は 毎ターンHPを全回復してくるので、均等に削らずに1体ずつ確実に処理することが重要です。 「メデューサ」は自身の攻撃ターンを短縮してくるので、右上の即死ターンを確認しつつ、縦軸に弾いて素早く倒しましょう。 花を倒す• 翠龍を倒す• 「翠龍」は「弱点封印」がないため、火属性であれ味方2体にふれていれば、「花」を倒すついでに処理できるとターンに余裕ができます。 ザコ処理後は「ヴリトラ」の攻撃しやすい方の「弱点封印」を解き、弱点往復で火力を出していきましょう。 翠龍を倒す• その後上下の「メデューサ」を弱点往復で、1体ずつ倒していきます。 あらかじめ「メデューサ」の縦か横にキャラを集めておくと、スムーズに処理することができおすすめです。 花を倒す• 「花」の処理が終わったら、「ドクロ ビットン 」にふれないよう注意しながら「ヴリトラ」のいずれかの弱点を往復攻撃して倒します。 翠龍を倒す• また処理する際に「ヴリトラ」の縦軸か横軸に集まるよう意識すると、ボス削りにスムーズに移行できます。 ザコ処理後は、味方にふれつつ「弱点封印」を解き、往復攻撃して即死ターンまでに倒し切りましょう。 花を倒す• 翠龍を倒す• メデューサを倒す• 「花」から倒すのがおすすめですが、配置次第で倒しやすいザコから倒しても問題ありません。 ただしザコはそれぞれに即死攻撃を持っているので、大きい数字には常に気を配りましょう。 ザコ処理後はこれまで通り、中央の「弱点封印」を解除しつつ往復して倒し切ります。

次の