ちょ コム e マネー。 Mastercard®ねっと|規約|Mastercardプリペイドねっと利用規約(ちょコム貯金箱タイプ)

ちょコム|お問い合わせ

ちょ コム e マネー

その結果「チヨコム」と読むのではなく「チョコム」と読むことが判明しました。 正式な記載方法は「ちょコム」となります。 infotopjpなどで購入した事があれば、決済でちょコムを使う場合があるとのことです。 他に月額課金を行う形式の会員サービスなどへ申し込む場合に、ちょコムからの引き落としが多いようです。 またMasterCard加盟店では、「ちょコムeマネー」が利用可能となっています。 使用する際はeマネーを購入することで、利用者専用のちょコム貯金箱にお金をチャージします。 余ったちょコムeマネーはamazonギフト券やnanacoなどの電子マネーに交換することができます。 またショッピングで貯めたちょコムポイントをちょコムeマネーへと交換することもできます。 請求明細書に記載される会社名は、原則として下記のいずれかとなります。 JCB: INFOTOP・infotop• Visa・Master: infotop・インフォトップ・ちょコム-INFOTOPJP・pay-ec• Diners: infotop• Amex: ちょコム・infotop このようにインフォトップでVisa・Master・Amexのクレジットカードを使用した場合、ちょコムからの請求が来ます。 利用した店舗の請求作業に時間がかかる場合、請求が翌月や翌々月になってしまうことがあります。 利用日が古い物の場合もありますので過去に利用していないか確認します。 家族カードなどを利用している場合、家族が購入していたという場合があります。 家族カード分を利用した明細も本カードの請求に記載されます。 身に覚えのない分については、まずは家族に購入していないか確認します。 店舗によっては、クレジットカード会社に登録している名称が実際の店舗名と異なり、その店舗を経営している店舗名のことがよくあります。 見覚えのない店舗名の場合は、このような場合が考えられます。 不正利用されたと判明したら.

次の

電子マネー決済:ちょコムeマネー|NTTスマートトレード

ちょ コム e マネー

専用の貯金箱にちょコムeマネーをチャージ(購入)してショッピングに利用できる 利用者は、インターネット上で自分専用の貯金箱を開設しチャージを行うと、 電子チケットぴあ、楽天市場、ローソンHMVなど、ネット上の約3000店の加盟店で買い物が行えます。 また、利用に応じて JALのマイルや各種電子マネーと交換できる「ちょコムポイント」などのサービスも受けることが可能です。 NTTスマートトレードの担当者は、「貯めたポイントをちょコムに交換し、それから他の電子マネーに交換するなど、流通性の高い電子マネーとしての役割が顕著に表れています」と自信を見せています。 国内初、クレジットカードによる送金を開始 同社では、2011年7月から、 クレジットカードによる送金、ちょコム口座間による送金が可能な「ちょコム送金サービス」を開始しました。 ちょコムクレジットカード送金は、クレジットカードを使って第三者に送金できる日本初のサービスです。 送金者は、「ちょコム送金口座」を持っていなくても、通常のネットショッピングのカード決済と同様の手続きで送金可能ですが、受取人が「ちょコム送金口座」を開設し、さらに本人確認が必要となります。 また、通常のクレジットカードの利用と同様に、送金者には、翌月以降にカード会社から送金代金(手数料含む)の請求が届く仕組みです。 利用用途としては、個人が経営するネットショップの購入代金や会費の支払いなどで利用されるケースが多いそうです。 ただし、 クレジットカード送金の手数料は、送金金額の3. 15%と、若干高いのが課題となっています。 また、1円から送金可能ですが、送金額の上限は1回10万円で月の上限は30万円。 さらに、利用可能なクレジットカードは、本人認証サービス(3-Dセキュア)に対応したVisa、MasterCardブランドのみとなるので注意が必要です。 一方、ちょコムユーザー同士であれば口座間での送金にも対応。 手数料は1回50円で、 年500円の「送金フリーオプション」を購入すれば何度送金しても無料となります。 クレジットカードでPay-easy支払いと銀行振込決済が可能に 2012年1月24日からは、「ちょコム送金」の新サービスとして、 ネットショッピング代金、家賃・駐車場代金などの銀行振込の支払いができる「ちょコムバンク支払い(振込)」と、 税金や公共料金の支払いなどに利用されている電子決済サービス「Pay-easy(ペイジー)」の支払いがクレジットカードで可能な「ちょコムバンク支払い(ペイジー)」サービスを提供しています。 「ちょコムバンク支払い(振込)」は家賃など、クレジット決済の導入が浸透していない業界での利用が多い傾向にあるそうです。 一方、「ちょコムバンク支払い(ペイジー)」は、携帯電話料金、税金等(自動車税等)、各種保険料(厚生年金保険料等)での利用が多いといいます。 クレジットカードによる送金や支払いの場合、 各カード会社のポイントも付きますし、月の出費が重なった際は、翌月以降の支払いとなるため、便利なシステムであるといえるでしょう。 しかし、支払額に対する利用手数料(消費税込)は、1円~9999円で5. 25%、1万円~2万9999円で4. 73%、3万円~10万円で4. 52%となり、若干高いのが課題となっています。 ただし、「弊社が提供するサービスについては、単純な送金ではなく、決済に近いスキームとなっており、他社との差別化は図れる」とNTTスマートトレードの担当者が説明するように、オンリーワンのサービスとして、今後の展開に注目したいですね。 更新日:2013年08月22日.

次の

ちょコム|お問い合わせ

ちょ コム e マネー

専用の貯金箱にちょコムeマネーをチャージ(購入)してショッピングに利用できる 利用者は、インターネット上で自分専用の貯金箱を開設しチャージを行うと、 電子チケットぴあ、楽天市場、ローソンHMVなど、ネット上の約3000店の加盟店で買い物が行えます。 また、利用に応じて JALのマイルや各種電子マネーと交換できる「ちょコムポイント」などのサービスも受けることが可能です。 NTTスマートトレードの担当者は、「貯めたポイントをちょコムに交換し、それから他の電子マネーに交換するなど、流通性の高い電子マネーとしての役割が顕著に表れています」と自信を見せています。 国内初、クレジットカードによる送金を開始 同社では、2011年7月から、 クレジットカードによる送金、ちょコム口座間による送金が可能な「ちょコム送金サービス」を開始しました。 ちょコムクレジットカード送金は、クレジットカードを使って第三者に送金できる日本初のサービスです。 送金者は、「ちょコム送金口座」を持っていなくても、通常のネットショッピングのカード決済と同様の手続きで送金可能ですが、受取人が「ちょコム送金口座」を開設し、さらに本人確認が必要となります。 また、通常のクレジットカードの利用と同様に、送金者には、翌月以降にカード会社から送金代金(手数料含む)の請求が届く仕組みです。 利用用途としては、個人が経営するネットショップの購入代金や会費の支払いなどで利用されるケースが多いそうです。 ただし、 クレジットカード送金の手数料は、送金金額の3. 15%と、若干高いのが課題となっています。 また、1円から送金可能ですが、送金額の上限は1回10万円で月の上限は30万円。 さらに、利用可能なクレジットカードは、本人認証サービス(3-Dセキュア)に対応したVisa、MasterCardブランドのみとなるので注意が必要です。 一方、ちょコムユーザー同士であれば口座間での送金にも対応。 手数料は1回50円で、 年500円の「送金フリーオプション」を購入すれば何度送金しても無料となります。 クレジットカードでPay-easy支払いと銀行振込決済が可能に 2012年1月24日からは、「ちょコム送金」の新サービスとして、 ネットショッピング代金、家賃・駐車場代金などの銀行振込の支払いができる「ちょコムバンク支払い(振込)」と、 税金や公共料金の支払いなどに利用されている電子決済サービス「Pay-easy(ペイジー)」の支払いがクレジットカードで可能な「ちょコムバンク支払い(ペイジー)」サービスを提供しています。 「ちょコムバンク支払い(振込)」は家賃など、クレジット決済の導入が浸透していない業界での利用が多い傾向にあるそうです。 一方、「ちょコムバンク支払い(ペイジー)」は、携帯電話料金、税金等(自動車税等)、各種保険料(厚生年金保険料等)での利用が多いといいます。 クレジットカードによる送金や支払いの場合、 各カード会社のポイントも付きますし、月の出費が重なった際は、翌月以降の支払いとなるため、便利なシステムであるといえるでしょう。 しかし、支払額に対する利用手数料(消費税込)は、1円~9999円で5. 25%、1万円~2万9999円で4. 73%、3万円~10万円で4. 52%となり、若干高いのが課題となっています。 ただし、「弊社が提供するサービスについては、単純な送金ではなく、決済に近いスキームとなっており、他社との差別化は図れる」とNTTスマートトレードの担当者が説明するように、オンリーワンのサービスとして、今後の展開に注目したいですね。 更新日:2013年08月22日.

次の