乾燥 部屋。 部屋の乾燥は濡れタオルで解決?室内干しは効果ある?デメリットはある?

部屋の乾燥対策10選!コップや霧吹きを使って賢く加湿!

乾燥 部屋

もくじ• 咳やくしゃみをすると乾燥している方が、 ウィルスも飛びやすくなります。 鼻や喉の粘膜が侵入してきたウィルスに対して、 人の体に入らないように防御の働きがあります。 粘膜が乾くことで、ウィルスへの抵抗力が下がってしまいます。 秋から冬にかけて、 気温が下がると湿度も下がります。 自然と部屋の中の湿度も下がります。 秋の10月ぐらいは、日中がまだ暖かくて、 寝る時に少し窓を開けたりして寝てしまうと、 寝ている間に温度が下がって部屋が乾燥してしまうので、 のどが痛いなんてことになります。 なので、マスクをして寝ると、 保湿や保温という意味とウィルスと細菌の侵入を防げるので、 のどにもいいのですね。 最初はちょっと寝づらく感じるかもしれないですが、 慣れてしまえば風邪をひく回数も減ると思いますよ。 部屋が乾燥したら窓開ける? 冬の寒い時期になると、 エアコンやストーブなどの暖房器具を使うようになると、 部屋の空気も乾燥しがちになりますよね。 部屋が乾燥した時に手っ取り早く、 外の空気を入れて換気すればいいって思いがち。 実際のところ、窓を開けると湿度は下がると考えていたほうがいいです。 外の気温が部屋の中の気温よりも低いので、 気温が下がれば、 空気中に含まれる水の量は減ります。 スポンサードリンク 一般的に快適な湿度と言われるのは、 40%~60%です。 40%以下になると、 のどの粘膜が乾燥する状態になります。 エアコンは、暖房器具の中でも乾燥しやすく、 ずっとつけっぱなしにするとかなり乾燥してしまいます。 石油やガスストーブは水蒸気も出しているため、 乾燥しにくいですが空気が汚れてしますので、 1時間に1回位は換気をして空気を入れかえるようにしましょう。 部屋が乾燥している時に窓を開けるのは、 部屋の乾燥を防ぐことにはならないですが、 外の新鮮な空気を入れる。 もし、風邪で咳やくしゃみをしているなら、 むしろ閉めっぱなしにしておくと、 ウィルスを閉じ込めてしまいがちになるので、 寒いけど換気するのにも意味があるのではないでしょうか。 部屋の乾燥を防ぐには? やっぱり、一番簡単に乾燥を防ぐには、 加湿器ということになってしまいます。 個人的には、 アロマオイルを使用できる加湿器がおすすめです。 ただ、防ぐ別の方法としては、 ・洗濯物を部屋干しする。 ・霧吹きする。 ・コップに水を入れる。 ・お風呂場の扉を開ける。 ・濡れタオルを干す。 というような方法も知られていますが、 部屋の大きさや間取りなどによって、 効果も様々だと思います。 ここでは、 部屋の乾燥を防ぐためにできること。 暖房を効かせすぎて乾燥したり、 加湿しているが結露してしまうこともあります。 そういう時は、 断熱することも一つの方法です。

次の

部屋の乾燥対策10選!コップや霧吹きを使って賢く加湿!

乾燥 部屋

外干しでカラっと乾かしたいものですが… カラっと晴れた日に外で洗濯物を乾かすのは気持ちが良いものです。 お日様の力で乾かすのですから、当然コストもかかりません。 ですが梅雨時や、夕立が多い夏場、花粉症の季節など、干したくても干せないという季節もあります。 そんな時は部屋干しなどで対応される方も多いかと思いますが、部屋が湿ってしまったり、乾くのに時間がかかったり、洗濯ものがイヤな臭いになったり…と悩みは尽きないですよね。 そこで登場するのが、全自動洗濯乾燥機や浴室乾燥機などということになりますが、非常に気になるのはランニングコスト。 外干しできない洗濯物を乾かすのに、いったいどの方法を使えば一番安いのでしょうか。 部屋干し+扇風機 まずは一番原始的な方法から。 部屋干しをするとなかなか乾きにくいですが、洗濯物同士の間隔を空けて干し、風を当ててやることで、幾分早く乾きます。 また、風通しの良い場所に干すようにすれば、多少は湿気も逃げるため、何もせず普通に部屋干しをするよりはよく乾きます。 ですが、普通に部屋干しするより多少早く乾くという程度ですので、大量の洗濯物や急ぎの場合には向きません。 湿度があまり高くない時や、薄手のものが多い場合などには良いでしょう。 浴室乾燥機 浴室乾燥機には電気式のものやガス温水式のものがあります。 浴室乾燥機のメリットとしては、洗濯乾燥機では乾かすことのできないデリケートな衣類も平気なこと、湿気の多い季節は浴室自体のカビ防止の効果もあること、などが挙げられます。 但し、電気式を使用していても、オール電化のお宅や時間帯電灯(深夜電力が安いプラン)などを利用し、夜間に乾燥をさせた場合にはかなりコストは抑えられるでしょう。 全自動洗濯乾燥機 洗濯物が多いと部屋干しは大変… 最近は全自動洗濯乾燥機をお使いのご家庭が増えてきましたが、同じ乾燥機能でも機種によりランニングコストに大きな差があります。 ヒーター式は電気をそのまま熱に変えて乾燥するのに対し、ヒートポンプ式は大気の利用して熱に変えて乾燥します。 イメージとしては、ヒーター式はドライヤー、ヒートポンプ式は除湿機と言ったところです。 また、ヒートポンプ式の乾燥には冷却水が不要なため、乾燥時に使われる水道水の節水にもなります。 対してヒートポンプ搭載機種の場合、浴室乾燥機よりも圧倒的に低コストです。 住まいや家事時間の関係で、滅多に外に干すことがないというような方であれば、ヒートポンプ式全自動洗濯乾燥機を使うのが一番経済的と言えるでしょう。 但し、ヒートポンプを搭載した全自動洗濯乾燥機は本体価格は高額で、大きさもかなり大きいため、気軽に購入できるかと言えば難しいところかもしれません。 除湿機 浴室乾燥機も全自動洗濯乾燥機もないという方は、部屋干しで我慢をする以外にも方法はあります。 オススメなのは除湿機の利用です。 浴室などの閉め切った場所に除湿機を置き、洗濯物を干します。 浴室乾燥機に比べれば時間はかかりますが、カラっと乾きランニングコストも安く済みます。 本体価格も単機能なものであれば15,000円程度からありますので、衣類乾燥にお困りでしたら除湿機を検討してみると良いでしょう。 但し、除湿機は電気製品ですから、浴室に置く時には水濡れをしないように十分ご注意ください。 また、ドアなどにコードを挟まないように気をつけて設置をしましょう。 ご紹介した衣類乾燥の方法を、ランニングコストの安い順に並べてみました。 扇風機 約5円• 除湿機 約19円• ヒートポンプ式全自動洗濯乾燥機 約21円• ガス温水式浴室乾燥機 約39円• 電気式浴室乾燥機 約83円• ヒーター式全自動洗濯乾燥機 約88円 ランニングコストにはかなりばらつきがありますが、どの方法も長所短所がありますので、各ご家庭の生活スタイルなどに合わせて一番最良でコストの安い方法を見つけて下さいね。 洗濯物の種類や湿度などの諸条件、また使用する機種により多少の誤差がありますのでご了承ください。

次の

部屋の乾燥対策!加湿方法9選

乾燥 部屋

スポンサーリンク 部屋が乾燥する原因・・・ それは外気の湿度が低くなってくると空気中に含まれる水蒸気の量がとっても少なくなるからです。 部屋だけでなく、肌も乾燥しますよね。 肌が乾燥し過ぎると、肌が突っ張ったり、体が痒くなるのって不思議ですよね。 これは皮膚の水分が奪われて、肌自体が刺激に弱くなって、かゆみを感じちゃう。 喉が渇いて、イガイガ痛くなる。 こういうサイクルで肌に刺激が有ったり喉が痛くなったりするんです。 ではその乾燥を防ぐためにできることをご紹介していきます。 ちょっとした対策で、湿度を保つ為の対策を教えます! 濡れたタオルを部屋に干す 乾いたタオルを水で濡らして、部屋に干すだけ。 濡れたタオルから蒸発した水分が部屋の湿度を上げてくれます。 タオルを濡らすのが面倒だという方もいますよね。 そんな方は、お風呂上がりに使用したバスタオルを部屋に干しておくだけでもOK。 使用したタオルなので、汚いのでは?って思うかもしれないけど、丸めて洗濯置き場に置いておく方が、雑菌が増えて、洗濯する時に生乾きの臭いがついてしまいます。 なので、部屋のドアノブとかに、朝、洗濯するまで干して乾かしておけば、部屋の乾燥を防ぐだけでなく、タオルの嫌な臭いを防いでくれます。 洗濯物を部屋で干す 洗濯物の蒸発した水分で、部屋の湿度を上げます。 洗濯物の量が多い程、蒸発する水分が増えるので、部屋の湿度もあがるから、かなりおススメ! でも、洗濯物を部屋に干すと生乾きの臭いが気になりますよね。 そんな生乾きの臭いが気になるって方は、下着や靴下、ハンカチなどといった少しの時間で渇く小物だけを、部屋に干すだけが、おススメ! 少しの量でも、部屋干しするとしないとでは、湿度が、変わりますよ。 霧吹きやルームミストを部屋にまく 100円均一とかの霧吹きの中に水を入れて、部屋全体に、シュッと吹きかけるだけ。 水が入った霧吹きの代わりに、 「ルームスプレー」 「リネン用のスプレー」 「部屋用の消臭用スプレー」 を使うと、同様の効果があります。 お水が入った霧吹きとは違い、匂いが付いたスプレーが多いので、部屋全体に、良い匂いが充満するので、部屋が乾燥しないだけでなく、アロマ効果にもなります。 入浴後にお風呂の戸をあけておく お風呂に入った後、浴室の扉を開けておくだけ。 扉をあけておくだけで、浴室に残ったお湯が部屋まで届いて、部屋の湿度が上がります。 広いお家だと効果は、あまりないけど1人暮らしの方や、ホテルに泊まった時など行うと良いですよ。 これを行うときは、お風呂場の換気扇はOFFにしておいてください。 換気扇をOFFにしないと、湿度が部屋ではなく、換気扇に吸い込まれてしまうので。。。 その他にも加湿器を使わずに加湿する方法はこちらでも記事にしていますので、参考にしてくださいね! 最後に 部屋が乾燥していると、喉が痛くなったり、肌が乾燥してカサカサなったりしてると快適に過ごせないですよね。 部屋が乾燥する原因や対策を知った今少しでも実践しないと、もったいないですよ。 日々快適に過ごせるように今回教えた原因や方法を思い出した時だけでも活用してみてください。

次の