ストロング テキーラ。 【アル中】ストロング系缶酎ハイ、やっぱりやべーお酒だった

【アル中】ストロング系缶酎ハイ、やっぱりやべーお酒だった

ストロング テキーラ

「gettyimages」より アルコール度数が高い「 ストロング系」と呼ばれる 缶チューハイが大人気となっている。 コンビニエンスストアに行くと、アルコール類の棚の大部分をストロング系の缶チューハイが占領し、その人気によって缶チューハイ市場はこの5年間で1. 5倍に拡大した。 しかし、気になるのは健康面への影響だ。 通常の缶チューハイのアルコール度数が6%未満なのに対し、ストロング系のアルコール度数は缶ビールよりも高い7~9%となっている。 そんな強いお酒を100~140円(350ml缶、税別)といった安い価格で飲むことができるのだ。 「手軽で安いから」とすぐに酔える強いお酒を飲み続ければ、健康リスクも高まるだろう。 そこで、ストロング系缶チューハイの危険性について医師に聞いた。 お酒が強い人ほどストロング系を飲むのは危険? まず注意が必要なのは、アルコール依存症だ。 2017年12月放送の『ニュースウオッチ9』(NHK)が、ストロング系缶チューハイを大量に飲み続けてアルコール依存症と診断された男性の例を報じていたが、近年はストロング系の常飲によるアルコール依存症患者が増えつつあるという。 なぜ、ストロング系がアルコール依存症に結びつくのか。 久里浜医療センターでアルコール依存症患者を専門に診ている医師の横山顕氏は、最大の問題は「アルコール度数が10%近いお酒が、缶単位で販売されていること」と指摘する。 「たとえば、瓶で売られている焼酎、ウイスキー、ワインなどは、自分が飲みたい量だけグラスに注ぎ、残りはとっておくことができます。 しかし、缶チューハイの場合、プルタブを一度開けると1本飲み切るしかありません。 そのため、必要以上にアルコールを摂ってしまう可能性があるのです。 当然、アルコールの摂取量が多いほど依存リスクは高まります」(横山氏) 通常の缶チューハイとストロング系のアルコール度数の数%の差は、想像以上に大きい。 それにもかかわらず、缶で販売されているので「度数が高いから、半分だけにしておこう」とはならない。 しかも、甘みや炭酸特有の爽快感もある。 その結果、つい飲みすぎてアルコール依存症の入り口に立ってしまうのである。 そう聞いて「自分はお酒が強いから大丈夫」と思った人は、さらに注意が必要だ。 横山氏は、「いくらお酒を飲んでも赤くならず、酔いにくい人ほど、むしろアルコール依存症に気をつけるべき」と言う。 「アルコールから生じる有害物質のアセトアルデヒドの分解能力が強い体質の人は、多量の酒を飲めてしまうために、かえって依存症になりやすいのです。 その中にアルコールの分解が遅い体質の人がいて、この体質は血中に長時間アルコールが残りやすく、それがさらにアルコールへの依存性を強めるケースもあります」(同) アルコールの分解が遅い人は日本人の約3~7%で、一見すると少数派だ。 しかし、100万人ともいわれる国内のアルコール依存症患者のうち、約30%がこのタイプにあたるという。 「お酒が強いからストロング系をいくら飲んでも大丈夫」というのは、単なる思い込みでしかないのだ。

次の

【ストロングゼロ】ストロング系チューハイがやばい3つの理由

ストロング テキーラ

(写真:PIXTA) 「『危険ドラッグ』として規制した方がよいのではないか。 半ば本気でそう思うことがよくあります」 2019年12月31日19時、SNS(交流サイト)のフェイスブックに、こんなコメントが投稿され、新年早々ネット上で話題になっている。 アルコール度数が高い、いわゆる「ストロング系」のチューハイが、アルコール依存を助長し、健康を害したり、暴力行為などのトラブルの原因となったりしているとの指摘だ。 コメントが投稿されたのは、NHK紅白歌合戦の放送直前。 晩酌をしながらテレビの前に陣取っていた人も多かったはずだ。 ストロング系チューハイは、ビールや発泡酒よりも安く、多くの商品でアルコール度数が一般的なビールの2倍近い9%と、「安く酔える」ことが人気を博し、販売量が急増した。 その一方で、求めやすい価格に加え、味を調え飲みやすくしているために、大量のアルコールを簡単に摂取できてしまうことが、かねて問題視されてきた。 今回の投稿の主は、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の松本俊彦・薬物依存研究部部長。 アルコール依存対策の最前線に立つ影響力のある人物の投稿とあって、改めて注目を浴びた。 松本氏は次のように指摘する。 「結局あれは『お酒』というよりも、単に人工甘味料を加えたエチルアルコール=薬物なのです。 そして、ジュースのような飲みやすさのせいで、ふだんお酒を飲まない人や、『自分は飲めない』と思い込んでいる人でもグイグイいけます。 そうした人たちが、ビールの倍近い濃度のアルコールをビール並みかそれ以上の早いペースで摂取すればどうなるのか。 ただでさえ人類最古にして最悪の薬物といわれているアルコールですが、その害を最大限に引き出す危険な摂取法です」 サントリースピリッツが19年3月に発表した調査リポートでは、缶チューハイなど「RTD(レディ・トゥ・ドリンク)」と呼ばれる商品の数量ベースの市場規模は、19年まで12年連続の拡大を見込む。 18年まで14年連続で市場が縮小したビール類とは対照的だ。 中でも、アルコール度数が7%以上の商品は、過去10年でおよそ4倍に拡大し、市場の半数近くを占めるまでになった。 生産年齢人口の減少に伴い、国内の酒類市場は縮小傾向が続く。 若い世代を中心に、ビールのような苦みの強い飲料よりも、甘いサワー系の飲料を好む人も増えている。 さらに、長引く低成長の影響を酒類業界はもろに受けてきた。 業務用市場では、ビールなどを原価すれすれの価格で提供する格安居酒屋がしのぎを削るほか、日本フードサービス協会の調査では国内の「パブレストラン・居酒屋」業態の全店売上高は18年まで10年連続で前年割れとなった。 節約志向が強まり、「家飲み」のニーズが拡大していることが背景にある。 19年10月の消費増税がそれに拍車をかけている。 安く酔えるストロング系チューハイは、こうして固くなった消費者の財布のひもをほどく切り札だった。

次の

ストロング系缶チューハイに、脅威の12%がサンガリアからローソン限定販売で登場。依存症にはくれぐれもご注意を!

ストロング テキーラ

いまTwitterで、このキーワードを使ったつぶやきが増えているんです。 筑紫(ちくし)さん、ストロングゼロはわかりますよね? 缶酎ハイですよね。 アルコール度数が高くて、ストロングなのにプリン体や糖分がゼロ。 なかなか魅力的なお酒ですよね。 そんな缶酎ハイが「文学」とは、どういうことなのでしょうか。 街のそこかしこで、ストロング系のお酒を手にする若者の姿がありました。 アルコール度数が高めで、少ない量でも酔える。 それに加えて「低価格」を売りにするストロング系のお酒。 ビールや発泡酒などの販売量が年々減少する中、アルコール度数8%以上の缶酎ハイなどの市場規模は拡大しています。 みずからの置かれた状況を、ストロングゼロを用いて表現する書き込みが広まりました。 こうした書き込みが、なぜ拡散していったのか。 社会派アーティストの宇内一童(うない・いちどう)さんは、自分たちが抱える不安や孤独感をあえてさらけ出しているところに特徴があると指摘します。 ストロングゼロについて文学的につぶやくことが多いという、Webディレクターの窪田航平(くぼた・こうへい)さん。 日頃、どのような思いでつぶやいているのでしょうか。 飲み過ぎには注意してほしいと主張する窪田さん。 実際に、ストロング系酎ハイの飲みすぎで、アルコール依存症になってしまう例も。 ストロング系缶酎ハイを大量に飲み続けた結果、アルコール依存症と診断されました。 ストロング系缶酎ハイ500ミリリットルに含まれるアルコール量は36グラム。 これは、強いお酒の代表であるテキーラのショット3. 75杯分に匹敵します。 仕事帰りに毎日、コンビニに立ち寄って、ストロング系のお酒を購入していた男性。 多いときには、500ミリリットルの缶を1日10本飲んでいました。 次第にアルコールなしでは、仕事も手に付かなくなった男性。 現在は会社を休職して筋トレに明け暮れていると言います。 最近はお酒を飲むこともなく、一日の大半を筋トレに費やしている男性。 なぜそこまで筋トレに没頭するのでしょうか。 今度はアルコールではなく、筋トレに依存しているようにも見える男性。 社会派アーティストの宇内一童(うない・いちどう)さんは、「筋トレには不安や孤独感をやわらげる効果がある」と分析しています。 寂しいからつぶやいているのではないってことですよね。 たくさん共感がほしくて、ついつい飲み過ぎてしまう。 そんなことがないように注意したいですね。 そうですね。 筋トレで孤独を飼いならすというお話もありましたけど、今度は「筋トレ文学」が流行るかもしれないですねぇ。 筋トレ文学……すごい響きですね。 でも鍛え過ぎると、自分の肉体だけにしか興味がなくなって、人付き合いが悪くなるなんて話も聞きますが。 お酒も筋トレも、ほどほどにしとけってね。 (おわり) 【あわせて読みたい】.

次の