いきもの がかり yell 歌詞。 YELL/じょいふる

いきものがかり YELL 歌詞

いきもの がかり yell 歌詞

応援曲『YELL』 歓声を上げ、大声で叫ぶこと。 応援の際に発する声を、人はエールと呼ぶ。 相手に頑張ってほしくて、励ましたくて。 いきものがかり15枚目のシングル 『YELL』もまた、相手へ自分へ声援を送る楽曲。 歌詞の内容から 「SAKURA」「ありがとう」などと同じく、卒業式や送る会などでよく使われ、リリースされてから着々と順位を伸ばしてきた。 その順位は 「卒業ソングランキング」にて、2010年に10位、2011年は6位、2012年には2位にランクインしている。 ただ、この楽曲は優しく送り出すような楽曲ではない。 どちらかと言えば、飛び立つことに足踏みしている人の 背中を強く押し出すような一面を持っている。 卒業したくない、と思っていても3年経てば、出ていかなくてはならない。 それは歌詞にあるように、鳥のヒナが巣から放り出されるのに似ている。 それもあってかエールは総じて温かくやさしいイメージがあるが、 この楽曲では少し印象が変わってくる。 冷たく、突き放した感じがするのだ。 しかし、これは優しさの裏返し、心からのエールである。 同じ場所に留まり続けるのは確かに居心地が良く、仲間もいてとても安心できる。 けれど、それでは成長することはできない。 大人になれば、突然の別れや自分ではどうしようもない出来事がたくさん起こる。 未来へ夢へ向かって歩いていくために、卒業式で別れを迎えながら「負けるな」と背中を押しているのだ。 その 約束は色あせず、思い出とともに胸に残り続ける。 彼らの地元である厚木市では、2010年11月3日より小田急線本厚木駅にて電車の接近を知らせる、接近メロディとしてこの楽曲を使用しているそうだ。 そうして本厚木駅を訪れる人に、 エールを送り続けている。 TEXT:空屋まひろ.

次の

いきものがかり 笑顔 歌詞

いきもの がかり yell 歌詞

応援曲『YELL』 歓声を上げ、大声で叫ぶこと。 応援の際に発する声を、人はエールと呼ぶ。 相手に頑張ってほしくて、励ましたくて。 いきものがかり15枚目のシングル 『YELL』もまた、相手へ自分へ声援を送る楽曲。 歌詞の内容から 「SAKURA」「ありがとう」などと同じく、卒業式や送る会などでよく使われ、リリースされてから着々と順位を伸ばしてきた。 その順位は 「卒業ソングランキング」にて、2010年に10位、2011年は6位、2012年には2位にランクインしている。 ただ、この楽曲は優しく送り出すような楽曲ではない。 どちらかと言えば、飛び立つことに足踏みしている人の 背中を強く押し出すような一面を持っている。 卒業したくない、と思っていても3年経てば、出ていかなくてはならない。 それは歌詞にあるように、鳥のヒナが巣から放り出されるのに似ている。 それもあってかエールは総じて温かくやさしいイメージがあるが、 この楽曲では少し印象が変わってくる。 冷たく、突き放した感じがするのだ。 しかし、これは優しさの裏返し、心からのエールである。 同じ場所に留まり続けるのは確かに居心地が良く、仲間もいてとても安心できる。 けれど、それでは成長することはできない。 大人になれば、突然の別れや自分ではどうしようもない出来事がたくさん起こる。 未来へ夢へ向かって歩いていくために、卒業式で別れを迎えながら「負けるな」と背中を押しているのだ。 その 約束は色あせず、思い出とともに胸に残り続ける。 彼らの地元である厚木市では、2010年11月3日より小田急線本厚木駅にて電車の接近を知らせる、接近メロディとしてこの楽曲を使用しているそうだ。 そうして本厚木駅を訪れる人に、 エールを送り続けている。 TEXT:空屋まひろ.

次の

いきものがかり ソプラノ 歌詞

いきもの がかり yell 歌詞

応援曲『YELL』 歓声を上げ、大声で叫ぶこと。 応援の際に発する声を、人はエールと呼ぶ。 相手に頑張ってほしくて、励ましたくて。 いきものがかり15枚目のシングル 『YELL』もまた、相手へ自分へ声援を送る楽曲。 歌詞の内容から 「SAKURA」「ありがとう」などと同じく、卒業式や送る会などでよく使われ、リリースされてから着々と順位を伸ばしてきた。 その順位は 「卒業ソングランキング」にて、2010年に10位、2011年は6位、2012年には2位にランクインしている。 ただ、この楽曲は優しく送り出すような楽曲ではない。 どちらかと言えば、飛び立つことに足踏みしている人の 背中を強く押し出すような一面を持っている。 卒業したくない、と思っていても3年経てば、出ていかなくてはならない。 それは歌詞にあるように、鳥のヒナが巣から放り出されるのに似ている。 それもあってかエールは総じて温かくやさしいイメージがあるが、 この楽曲では少し印象が変わってくる。 冷たく、突き放した感じがするのだ。 しかし、これは優しさの裏返し、心からのエールである。 同じ場所に留まり続けるのは確かに居心地が良く、仲間もいてとても安心できる。 けれど、それでは成長することはできない。 大人になれば、突然の別れや自分ではどうしようもない出来事がたくさん起こる。 未来へ夢へ向かって歩いていくために、卒業式で別れを迎えながら「負けるな」と背中を押しているのだ。 その 約束は色あせず、思い出とともに胸に残り続ける。 彼らの地元である厚木市では、2010年11月3日より小田急線本厚木駅にて電車の接近を知らせる、接近メロディとしてこの楽曲を使用しているそうだ。 そうして本厚木駅を訪れる人に、 エールを送り続けている。 TEXT:空屋まひろ.

次の