プー さん ドット 絵。 『クマのプーさん』16シリーズ比較。翻訳、イラスト、映画まとめ!

赤ちゃんには絶対に「くまのプーさん」を見せないでください!!

プー さん ドット 絵

1ピクセル単位で描かれ、懐かしい家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」などで用いられていた「ドット絵」。 現代では「レトロ感」の代名詞としてアクセサリーや雑貨に施されるデザインの一種になっている。 一見シンプルな作りだが、誰でも描けるのか。 記者は2019年12月11日、映像作家・手描きドットアニメーターの山下諒さんに講師役を依頼し、ドット絵づくりに挑戦した。 ファミコンらしいドット絵は「色」が決め手 山下さんはこれまでに、人気テレビアニメ「ポプテピピック」の中に登場するゲーム風映像や、小林幸子さんが今年11月にセルフカバーした「ポケットにファンタジー」のミュージックビデオ制作に携わってきた。 ドット絵のクオリティーの高さに定評がある人物だ。 絵心がない記者でもドット絵は作れるかと尋ねると山下さんは「大丈夫ですよ」と優しく頷いて、こう続けた。 「ドット絵作りの難しさは二次関数のようだと思います。 昔懐かしいギャルゲーム(男性主人公の立場で魅力的な女性キャラと絆を深めていくゲーム)で用いられていたような、ピクセル数の多いドット絵になると難易度が急激に上がりますが、単にキャラが歩いているアニメーションを作るだけなら意外と簡単。 イラストだと6〜8枚くらい書かないといけないので、作画する方がはるかに難しいです。 予め用意されていた顔や体のベースデータに、約50色の候補(写真2)から好きな色を選んで、マウスでクリックして配置すればいいだけだ。 ただ、より「ファミコンらしいドット絵」にしたいなら、使う色の数に制限をかけるのがポイントだという。 「ファミコン時代のドット絵は、1キャラに使える色が4種類に限られていました。 うち1つは背景色になるので、キャラ自体の配色に用いられるのは実質3種類です。 この点を意識して作ると、ぐっとレトロ感が出ます」 アドバイス通り、記者は 1 肌、 2 トップス、 3 目、髪、スカート、靴でそれぞれ色分けし、3色に収めた。 5分ほどで完成した作品を前に喜んでいると山下さんが「では、このキャラを歩かせてみましょう」とにっこり。 新たにもう1つ、足と靴のデータ(写真5)と記者が作った立ち絵を組み合わせ、ものの1分でキャラが歩くアニメーションを作ってくれた。 最後に、山下さんがドット絵作りを学び始めた時に手本にしたウェブサイトを聞いた。 これから挑戦しようと考えている人には、参考になりそうだ。 ・クリーチャーズ ガレージ ・アットウィキ(ロックマン8 メタルヒーローズを8bitリメイクしよう) ・魔法使いの森 外部サイト.

次の

Excel 方眼紙でドット絵を描く

プー さん ドット 絵

「あの」くまのプーさんは本物のくまのプーさんではありません! 赤ちゃんが使うベビーグッズには、たいていの場合かわいいキャラクターが描かれていますよね。 中でも圧倒的に人気なのがディズニーのキャラクターのベビーグッズ。 一番人気はミッキーマウスでしょうが、その次はおそらく「くまのプーさん」ではないでしょうか。 自分もそうでした。 赤ちゃんの時は、くまのプーさんのおもちゃで遊びながら育ちました。 くまのプーさんを特に可愛いとは思わなかったですが、特に疑問も持たずに、こういうものだと思って遊んでいました。 そして、成長して小学4年生になった時に、 親から岩波書店から出ている「くまのプーさん」の本(絵本ではないちゃんとした本)を買ってもらって、 読んでみてびっくり仰天しました。 これ、自分の知っている「くまのプーさん」とぜんぜん違う!! 自分の知っているディズニーのくまのプーさんは、 ちょっと頭の弱いくまと小さな男の子の、 ほんわかした良くも悪くも単純な物語だったのですが、 オリジナルのくまのプーさんは、詩的で美しく、 ワクワクした世界と深い知恵に満ちた世界だったのです。 そのストーリーもそうですが、なによりも、登場人物のキャラクターが全然違う!! 原作のほうがはるかに可愛くて素敵でした! まず、くまのプーさんのキャラクター。 一般的に知られているアニメのプーさんはこれ。 でも、原作のプーさんはこちら。 ぜんぜん違うじゃん! なんで眉毛書いちゃったの!! オリジナルのプーさんは、ちょっと無表情。 それもそのはず、プーさんはテディベアなんだから。 でも、原作本の中ではこのプーさんの造形がストーリーと完璧にマッチしているのです。 アニメのプーさんは、おっとりしていてちょっと間が抜けていて、失敗ばかりしていますが、 原作のプーさんは、表面的には愚かであっても、深い思慮を持ち、 時には大人がそのままにして忘れてしまった大事なことをズバッと切り込んでくることさえある。 とても深みのあるキャラクターなのです。 小学生だった自分は、原作本の深い内面性とあたたかなユーモアに魅了されました。 そして、今まで自分がくまのプーさんとして親しんできた「あれ」は、 子供向けにアレンジされた「まがいもの」であることに気づき、 愕然としたのです。 ディズニーのプーさんはインチキじゃん!! これまでの洗脳が解けた思いでした。 大事な赤ちゃんに「ニセモノ」を見せ続けるのですか? ・・・とここまで読んで、こう思われるかもしれません。 「子供向けのアニメなんだから子供向けにアレンジしても当然なのではないか?」と。 それに対する答えは、こうです。 「それは、くまのプーさんをちゃんと読んでいないからそう思うのです!」と。 くまのプーさんは、作者のA. ミルンが息子のクリストファー・ロビンに向けて語る物語の体裁を取っています。 ですが、ミルンは息子のことを小さな子供扱いしません。 一人の人間として接し、物語を語っています。 これはミルン氏個人の、というより、イギリス文化の特徴なのだと思います。 どんなに小さくても、生まれたからには一人の人間であるから、 子供扱いしたり、馬鹿にしたりしない。 その意志も尊重する。 でも、そのかわり、責任についても一人の人間としてしっかり負わせる。 こうした考えが徹底しているのがイギリスの文化。 それに対して、アメリカは、赤ちゃんは赤ちゃん、子供は子供。 大人の世界は理解出来っこないんだからなんでも子供向けに甘口にアレンジしてあげればいい・・・と考えるのです。 日本も、どちらかというとアメリカ的な考えが多いですかね。 どちらが正しいかはわかりません。 ですが、こと「くまのプーさん」を与えるのであれば、 原作のイギリス的な世界観も一緒に与えてあげて欲しいのです。 アメリカ的な、合成甘味料のようなアニメ版は、 原作の良さを破壊しています。 自分のように、もう少し大きくなって原作に触れ、 そのことに気づくことができればまだいいのですが、 アニメ版の「くまのプーさん」だけに接し、 眉毛の書かれた「まぬけなプーさん」が本来の姿だと勘違いしたまま 原作の素晴らしさに触れずに過ごしてしまうのは、 とても不幸なことだと思います。 この記事のタイトルにも書きましたが、 「赤ちゃんには絶対にくまのプーさんのアニメを見せないでください!」 そして、アニメ版のプーさんのグッズもできれば与えてほしくない。 せめて、「classic pooh」と呼ばれる、 原作の絵に近いプーさんのグッズを使ってください。 これが正真正銘、本物の「くまのプーさん」です! 最後に、自分が以前ニューヨークに行った時に、 図書館に保管してある 「クリストファー・ロビンが実際に使ったプーさんたちのぬいぐるみ」の写真を掲載します。 プーさん、無表情でしょう? でも、なにか話しかけてきそうな気もします。 これがオリジナルのプーさん。 これがオリジナルだと知っていれば、 あのディズニーのアニメのような造形にはならないはずなのです。 赤ちゃんの感性を育てるためにも、ぜひ「本物」を与えてください。

次の

くまのプーさん

プー さん ドット 絵

1ピクセル単位で描かれ、懐かしい家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」などで用いられていた「ドット絵」。 現代では「レトロ感」の代名詞としてアクセサリーや雑貨に施されるデザインの一種になっている。 一見シンプルな作りだが、誰でも描けるのか。 記者は2019年12月11日、映像作家・手描きドットアニメーターの山下諒さんに講師役を依頼し、ドット絵づくりに挑戦した。 ファミコンらしいドット絵は「色」が決め手 山下さんはこれまでに、人気テレビアニメ「ポプテピピック」の中に登場するゲーム風映像や、小林幸子さんが今年11月にセルフカバーした「ポケットにファンタジー」のミュージックビデオ制作に携わってきた。 ドット絵のクオリティーの高さに定評がある人物だ。 絵心がない記者でもドット絵は作れるかと尋ねると山下さんは「大丈夫ですよ」と優しく頷いて、こう続けた。 「ドット絵作りの難しさは二次関数のようだと思います。 昔懐かしいギャルゲーム(男性主人公の立場で魅力的な女性キャラと絆を深めていくゲーム)で用いられていたような、ピクセル数の多いドット絵になると難易度が急激に上がりますが、単にキャラが歩いているアニメーションを作るだけなら意外と簡単。 イラストだと6〜8枚くらい書かないといけないので、作画する方がはるかに難しいです。 予め用意されていた顔や体のベースデータに、約50色の候補(写真2)から好きな色を選んで、マウスでクリックして配置すればいいだけだ。 ただ、より「ファミコンらしいドット絵」にしたいなら、使う色の数に制限をかけるのがポイントだという。 「ファミコン時代のドット絵は、1キャラに使える色が4種類に限られていました。 うち1つは背景色になるので、キャラ自体の配色に用いられるのは実質3種類です。 この点を意識して作ると、ぐっとレトロ感が出ます」 アドバイス通り、記者は 1 肌、 2 トップス、 3 目、髪、スカート、靴でそれぞれ色分けし、3色に収めた。 5分ほどで完成した作品を前に喜んでいると山下さんが「では、このキャラを歩かせてみましょう」とにっこり。 新たにもう1つ、足と靴のデータ(写真5)と記者が作った立ち絵を組み合わせ、ものの1分でキャラが歩くアニメーションを作ってくれた。 最後に、山下さんがドット絵作りを学び始めた時に手本にしたウェブサイトを聞いた。 これから挑戦しようと考えている人には、参考になりそうだ。 ・クリーチャーズ ガレージ ・アットウィキ(ロックマン8 メタルヒーローズを8bitリメイクしよう) ・魔法使いの森 外部サイト.

次の