関 ジャニ 安田 怪我。 関ジャニ∞の安田章大、脳の腫瘍摘出を公表 病名は髄膜腫 早期発見で良性

関ジャニ∞歌が上手いと思うメンバーランキング!1番歌唱力があるのは誰!

関 ジャニ 安田 怪我

新しい体制で歌割りがどうなるのかなどが気になるところですね。 「元から安田くんはこんな歌い方だ」という意見もありますが、擁護派はファン率があまりにも高いんですね。 しかしながら、関ジャニは国民のほとんどが知っている人気グループ。 メンバーそれぞれの歌い方の特徴などもよく知られています。 渋谷すばるさんが個性的な歌い方をしていましたが、安田さんも同じ歌い方ならば、もっと前から話題になっていたはず。 今急に安田さんだけ騒がれるようになったのは、目立つ人がいなくなったからだけが理由ではないと考えられます。 別に歌い方が変わったというのは悪口でもなんでもないのですが、擁護派のファンの中には過激な言葉を使う人たちも出てきています。 個人的には、渋谷すばるさんがいる時から「安田くんは少しずつすばるさんっぽくなってきてるな〜」とは感じていました。 さらに、安田さんの変化は歌い方だけではなく 見た目も大きく変わったと言われているようです。 数年前と現在の画像と比べてみましょう。 これは、2017年2月に髄膜腫の手術をされたことが原因だと見られています。 手術の際に髪の毛を短くされたので、自然に見えるヘアーにイメチェンされたのでしょう。 だいぶ個性的になりましたね〜! 私は関ジャニのファンでもアンチでもありませんが、渋谷すばるさんに似てると言われれば…分かるような気もします。 寄せてるのか、自然にこうなっていったのかは分かりません。 視聴者の意見を見ると 「渋谷すばるさんが抜けてから安田さんの変化が著しい」と感じた方が多いようです。 安田さんは渋谷すばるさんが抜けてからこれまで以上にメインパートを歌うことが多くなりました。 もしかしたら、ご本人なりに 「個性を出そう」などといった考えもあるのかもしれませんね。 ただ、渋谷すばるさんに寄せた感じに見えるため「安田くんの個性が消えた」との見方をする人がいるのも事実です。 「歌い方が変わった」「渋谷すばるに寄せてる」という声が多く上がっている安田さん。 髪型の変化は手術のため、歌い方の変化については彼なりの試行錯誤の結果のようです。 「昔から変わってない」という声も上がっていましたが、動画で確認するとけっこう変わってましたね。 ジャニーズの方は年数を重ねると歌い方が変化して個性を持ち出す方も多いので、安田さんもこれまで以上のパフォーマンスを出そうとしているのでしょう。 間違いなくそれは向上心や責任感から来ているものだと思われますので、今後も応援していきたいと思います!.

次の

関ジャニ∞安田骨折で全治3カ月、脳腫瘍の摘出も

関 ジャニ 安田 怪我

連載を担当する脚本家・演出家の福原充則さんは、2017年1月クール、主演・松坂桃李の日本テレビ系ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』の脚本を担当。 『俺節』の主役・コージは、あがり症だが天性の歌声をもった青年、という役どころ。 そのコージが歌手を目指して青森から上京し、様々な人に巻き込まれ、そして巻き込んでいくストーリーである。 舞台版では、小劇場的なセリフの応酬の面白さもありながら、広い舞台を使い、音楽劇と言ってもいいほど、多くの歌唱シーンが繰り広げられる。 また、異国の地からやってきたストリップ嬢との恋も描かれる。 その役を演じる俳優の歌唱力に、作品自体が左右されてしまうからである。 それを避けるためには、例えば『NANA』の中島美嘉のように、歌手をそのままキャスティングするという安全策がとられたりする。 一方で、歌唱シーンをごまかすと、一気に作品自体がシラケるという失敗例もある。 クライマックスにはさすがに歌うのかと思いきや、最後のフェスのシーンにいたるまでその演出で、作品全体の説得力を大いに下げていた。 安田章大の演技力で立体的になったコージ さて、そこで今回の『俺節』である。 結論から言うと、安田章大がものすごいのである。 説得力、どころか、コージが漫画から3次元に飛び出てきて、漫画にはなかった(もちろん原作にも実際に音が聞こえてくるかのような迫力はあるのだが)実際の音を、声を聴かせてくれ、 『俺節』という漫画を立体的に、現実のものとして届けてくれていた。 しかも、ただ歌がうまい、だけではない。 今回の舞台の場合、約3時間の中で、コージの成長を描かなければならない。 さらに、あがり症というコージの設定上、うまく歌えるときと歌えないときがある。 そこを安田クンは見事に演じ分け、 本当にコージが3時間の間で、原作と同様の時を重ね、成長しているように見えるのである。 特に、うまく歌えないシーンにリアリティがあるからこその、うまく歌えているシーンの迫力は圧巻で、真に迫るものがある。 コージの本気と、「オラには歌しかねえ」との切迫感が声に乗り、原作漫画から飛び出し、立体化したコージが、観客の目の前に、本当に存在するように見えるのである。 特に最初に、コージが歌いだした瞬間と、前半のラスト、そして後半のラストの歌唱では、あまりの迫力になぜかシーンから巻き起こる感情とは関係なく涙が出てきたほどだった。 ジャニー喜多川も「ジャクソン5の再来」と称賛したという声変わり前の高音ボイスが、お茶の間に届いている。 その後も、NEWSとの掛け持ち期もあったことや、最近でいえばNHK『トットてれび』での坂本九役など、一般的に歌唱力の高さが認知されるタイミングは多かった。 また、錦戸のように、デビュー後のグループ外での露出が多かったわけではないが、歌唱力の高さが知られていると言えるのは渋谷すばるだ。 特に、2015年に公開された映画『味園ユニバース』では、記憶を失い、歌に生きる男を熱演。 歌謡曲も歌い、映画公開と同時期にソロデビューもしている。 一方、安田章大に関しては、2013年の映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』などで、歌唱シーンなどがあるものの、脚本家を目指す役とあって、大きく歌がフューチャーされているわけではない。 コージと安田が重なる瞬間 それは、単に安田クンの歌がうまく、コージが歌がうまいという設定だから、ではない。 舞台の中で、コージと安田クンの人生が重なる瞬間があるのだ。 今回の舞台版『俺節』は、もちろん原作を元にしているものの、ところどころに福原節がうなっている。 青春時代に原作に触れ、原作を愛する福原さんにより、ストーリーのエッセンスは崩さないようにした上で、福原さんオリジナルのセリフが存在するのである。 そのひとつがコージを見出すレコード会社の男・戌亥(演:中村まこと)のセリフだ。 「板の上で見世物になるには隙間のある人間じゃなくちゃならないんだよ。 客が自分の思いを乗せる、託す、そういう隙間だよ」 と、売れる者の資格をあげる。 そして、コージについてこう語るのだ。 「あいつは隙間だらけだ。 本人も過去のインタビューで自分の人生を振り返ってこう語っている。 「すごくきわきわな道なんですけど、それはすごく新しいものが見える道やとも思うんです。 どうせ生きるんやったら、僕は見たことのない新しい景色を、色を、見たいなって思うから」 (Myojo 2012年6月号) 『俺節』という楽曲が安田章大の人生に重なる そして、もうひとつ重なるのは、これは原作通りの部分ではあるが、コージの盟友・オキナワ(演:福士誠治)との別れである。 自分の意思ではなく、歌手として売れるべく、オキナワと袂を分かつ決断をせざるを得なかったコージ。 そして、それでもどこかでオキナワを信じるコージ。 内で結成していたバンドV. WESTのメンバー全員がデビューできているわけではないことなどがよぎるのである。 そうして、安田のこれまでの人生がリンクし、コージに重なった時、クライマックスで歌われる『俺節』。 俺が俺と言う時は 俺とお前で俺だから 俺の俺節 お前節 横山裕が母を想って作った楽曲『オニギシ』が、奇しくも、横山の母の死後、横山の人生に乗ったように、安田の32年の人生が、2017年の今、『俺節』という歌に乗るのである。 もちろん、本人と重なることだけが、その役を演じる意味、全てではない。 しかし、観劇後に原作を読んだ際、コージが、安田章大に映って見えることも加味されて、やはり、このJr. 入りから20年のタイミングで安田章大にコージという役がやってきたのは必然に思えるのである。 (文:霜田明寛 撮影:阿久津知宏).

次の

関ジャニ∞安田章大の歌い方が変わった!渋谷すばる意識で寄せてる?|トレンド・スコープ

関 ジャニ 安田 怪我

いよいよ15日開幕 7月 2日の夜のこと。 突如流れてきたニュースに一瞬にしてネット上は騒然となった。 安田は昨年 2月上旬に髄膜種を患い、脳腫瘍の摘出手術を行っていたというのだ。 幸い腫瘍は良性で、手術は無事に成功。 術後の経過も良好だという。 もっとも安田が転倒したことについては、 4月の時点ですでに公にはなっておりファンも知るところではあった。 というのも、 4月 15日に同グループの渋谷すばる( 36)の脱退会見が開かれ、その場にメンバーも同席。 だがそこに安田の姿はなく、その理由として安田が転倒し入院したことがマスコミ各社に知らされていたからだ。 だが、そのとき公表された理由は「自宅で転倒し、背中を強く打ち付けて入院した」「検査の結果、骨などに異常はなく、 3日後に退院したが、現在も打撲が回復していない」となっており、あくまでも軽症とされていた。 しかしその後もレギュラーのバラエティ番組に安田の姿はなかなか登場せず、ファンの間では「発表されているよりも深刻な病状なのでは」という噂も回ることとなっていた。 まもなく渋谷すばるがグループを去り、7月15日からは渋谷抜きのグループでの全国ドームツアーが開幕する。 その前に、ファンに向けて説明をしておく必要があると踏んで、このタイミングでの病状公表となったのだろう。 安田が罹患した髄膜腫とは、脳の保護膜から発生する腫瘍。 腫瘍の成長により脳をゆっくり外側から圧迫するように大きくなっていくようで、症状には脳神経症状(嗅覚脱失・視力障害・複視・顔面の知覚障害・顔面神経麻痺・聴力障害・嚥下障害など)やめまい、ふらつき、けいれん発作などがあるとされている。 発生原因はわかっていない。 安田が全治 3カ月のけがを負っていたこと、そして脳腫瘍の摘出手術を行っていたこと。 これらの事実はたしかにショッキングではあるが、「ようやく本当のことを知れた」と昨日の発表でひと安心したファンは多いのかもしれない。 なぜなら、安田の体調を心配する声は昨年あたりから、ファンの間では度々飛び交っていたからである。 「精神年齢がメンバーの中で一番大人」「優しすぎるほどに優しい」とメンバーからも評される安田。 小型船舶免許 1級を所持、ダイビングが趣味で運動神経も抜群、愛されキャラとして有名だが、体はあまり丈夫ではないのだろうか……これまで何度か手術を繰り返している。 20歳で椎間板ヘルニアの手術を受け、 2006年にはレーシックを(まぁこれは病気ではないが)、 2007年には慢性副鼻腔炎の手術を受けたと言われている。 その後も昨年 2月頃から 3月頃までレギュラー番組を欠席した時期があった(ファンの間ではインフルエンザではないかと囁かれていたが、脳腫瘍の摘出手術をした時期だ)。 しかし 2017年 5月には主演舞台『俺節』を無事に務めあげ、ファンからの心配の声も次第に小さくなっていった。 だが、今年に入ってから「都内の某病院で安田くんを見かけた」との目撃情報がネット上にアップされたこともあり、ファンは「またなにか病気になったのでは?」と真相を知りたくてやきもきしていたようなのである。 脳の手術後、定期的に検査のため病院に通っていたであろうから、それをファンが目撃していたのかもしれない。 改めまして、このたびはご心配をおかけしましたこと、重ねておわび申し上げます」とのコメントも発表してはいるが、何より心配されるのはやはり安田本人の体調だろう。 人一倍頑張ってしまうタイプのようだから、多少の無理は推してでもツアーに出ることは充分に考えらえる。 ましてやリードボーカルだった渋谷が抜けて初めてのツアーだ。 「自分までもがいなくなるわけにはいかない」と安田が責任感からツアーをまっとうしようと考えることは大いにあるだろう。 けれど、果たしてファンの想いはどうだろうか。 だが、それよりもファンが何より気にかけているのは安田が万全の体調を取り戻してくれることではないかと思うのである。 きっと「ヤスに無理はしてほしくない」と願うファンが圧倒的に多いだろうと筆者には思える。 むろん、安田には様々なプレッシャーもあるだろう。 そのためにも、いまはしっかりと休んで決して無理のない範囲で仕事に復帰してもらいたいものである。 (エリザベス松本).

次の