木村 響子 twitter。 木村花の死因は?Twitterで意味深なツイート!

木村花の逝去に、母・木村響子が謝罪のコメント 「涙が出た」「謝らないで」の声(2020年5月25日)|BIGLOBEニュース

木村 響子 twitter

木村花さんの自宅マンションの浴室(Twitterより) テラスハウスに出演していたプロレスラーの木村花さんが、22歳という若さで逝去した。 5月23日(土)午前4時ころ、母親から通報を受けたレスキュー隊の必死の救助も虚しく、息を引き取った。 場所は、東京都江東区亀戸にある新築のマンションで、現場は一時騒然。 異臭を感じた近隣住民が、レスキュー隊員の会話から『硫化水素』と聞いていたことから、花さんは硫化水素によるガス中毒死と言われている。 同日、木村花さんの所属する女子プロレス団体『スターダム』より、訃報が発表された。 当社所属選手 木村花選手が本日5月23日逝去いたしました。 突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません。 詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります。 木村花選手のご冥福を深くお祈り申し上げます。 今後につきましてはご親族と相談の上、お知らせいたします。 また他の所属選手の心のケアにも努めてまいります。 死亡の詳細ははっきりわかっていない• 警察の捜査に協力する• 今後は親族と相談して決める• 他の選手もフォローしていく 今後というのは、葬儀のことだろう。 新型コロナの感染リスクも考慮して、なるべく少人数で行うなど検討しているようだ。 木村花 を 応援してくれたかた 仲良くしてくれたかた 愛してくれたかた 守ってあげれなくて ごめんなさい 辛い想いをさせて ごめんなさい あなたが辛いと 花も辛いから どうか楽しく元気な花を 心に置いてあげてください 花が伝えたかったことを カタチにするために もっと 強くなります 木村響子Twitter このメッセージは、木村花さんを応援してくれたファンや親しい仲間・世話になった人たちに向けてのもの。 娘を守ってあげられず、辛い思いをさせて申し訳ないと綴られている。 一番打ちひしがれて、一番辛いのは娘を失った母親である響子さんのはずなのに。 娘のために、花さんの大事な人たちに思いを寄せているところがなんとも切ない。 木村響子さん、花さんを誹謗中傷した相手に告訴か 木村花さんの所属していたスターダムは『家族と相談して、今後のことを決定する』と発表しているが、これは民事訴訟や刑事告訴も視野に入れてのことではないだろうか。 花さんは22歳という若さであり、スター性がある。 プロレス人生も、女性としても、まだまだこれからだった。 彼女を失ったプロレス団体、家族の影響は大きい。 誰でも見ることができるネット上で自殺をほのめかし、本当に亡くなるという事実は世間を震撼させた。 毎日100もの誹謗中傷が、花さんの心を傷つけ、自殺の主因となったことは否めない。 響子さんは「花が伝えたかったことを形にするためにもっと強くなります」と思いを語っているがーーー。 花さんが伝えたかったこととは何か、それを形にするとはどういうことなのだろう。 木村花さんを追い詰めたのは誹謗中傷した者だけなのか 木村花さんがプロレスを広めたいという思いで、恋愛リアリティショー番組『テラスハウス』に出演。 そもそも、テラスハウスは「こんな風なセリフを言え」「誰々と恋愛関係になれ」などとヤラセが横行していたと、ある放送作家が文春で暴露している。 「週に3回くらいテラハにいればいいと言われました。 本当に住んでいるわけじゃないんだと驚きましたね。 スタッフには恋愛のアドバイスがあるから、それは言うことを聞くようにと言われ、嘘が付けない私は断りました」(出演依頼された女性タレント) また、テラスハウスのスタジオコメンテーターである南海キャンディーズの山里亮太氏は、テラスハウスに出演しているメンバー(木村花さんだけではない)へ批判し、視聴者の怒りを煽るような発言をしていた。 「花が鼻につく」 ヤラセ番組、煽るコメンテーター、視聴者による常軌を逸した誹謗中傷。 たとえ遺族やプロレス団体が訴訟を起こすにしても、相手は誰で、どの発言が原因だったのか、特定して証明することは難しい。 (遺書に書いてあれば話は別だが).

次の

木村花さんの葬儀営まれる。母・響子さん「ヘイトのスパイラルを止めて」と呼びかけ

木村 響子 twitter

もくじ• 木村花の父親はインドネシア人で母親は木村響子 木村花の母、木村響子はアジア放浪中にインドネシア人との間に一人娘を産み、シングルマザーとして育てながら25歳で国内プロレスデビュー。 プロレスファンは子供の頃から会場に連れて来られてる木村花を見ていた。 そんな子が成長して母親と同じ職業を選んだことにみんな夢を見せてもらってたのよ。 — ザビ太 xavita 木村花の母親は 元プロレスラーの木村響子です。 『反骨のアフロコング』のニックネームで、多くのファンがいる人気のヒール役でした。 木村花の父親は、木村響子の最初の結婚相手でインドネシア人です。 木村花の母親・木村響子はバックパッカーとしてアジアを旅行中に、インドネシアで知り合った男性と恋に落ち、1997年に結婚しています。 詳しい馴れ初めは語られていませんでしたが、木村響子は1977年3月生まれなので、20歳の時ですね。 同年の1997年9月に木村花を出産するものの、同年中に離婚しています。 1年の間に結婚&出産&離婚を経験するなんて、濃いすぎですね(><) 木村花の実の父親はこのインドネシア人ですが、詳細は語られておらず画像や職業などは不明です。 木村花は整った顔立ちの美人なので、きっと父親のインドネシア人も格好いい美男子だったんでしょうね! ISAOは木村花の義理の父親 私事ですが2016年1月30日 語呂がイサオ 、女子プロレスラーで同じ坂口道場一族の木村響子さんと結婚しました。 結婚当時、木村響子は39歳・ISAOは28歳・木村花は19歳で、父親と娘の方が年齢が近い不思議な親子関係ですね。 ISAOの経歴(総合格闘技) アメリカから帰国しました。 ISAOのベラトール初陣は辛い負けでしたが、すでに切り替えて次へ! そしてISAOは今日が27回目の誕生日。 世界は広い。 君には夢がある。 もちろん私も頑張ります! — 佐藤将光 ShokoSato SatoShokoh ISAOは、総合格闘技家でタイトルも獲得している人気ファイターで、近年はベラトールで活躍しています。 パンクラス 第15回ネオブラッド・トーナメント ライト級 優勝(2009年)• パンクラス ライト級GP 2011トーナメント 優勝(2011年)• 2017年1月22日に開催された木村響子引退試合には、当時の旦那ISAOと木村花も参戦し、木村家として一丸となって戦っていました。 家族全員が現役格闘家だったなんて凄いですよね! 誕生日前日に離婚 本日 41歳になりました😊 私事ではありますが 40歳最後の昨日、離婚いたしました お祝いしてくださった皆様 猫バスを見守ってくれていた皆様 嘘をつきたくないので ここで報告させて頂きます 直接ご挨拶できず すみません 元気に穏やかに楽しく 毎日を暮らしています 心配しないでください — 木村響子 kimurarock 木村花の母・木村響子とISAOは、2018年3月に離婚しています。 木村響子の誕生日の前日に離婚・・・新しい気持ちで41歳を迎えたいということで、日にちを決めて離婚届をだしたのかな?と推測されます。 凄く仲の良い夫婦&親子のように見えていたのに、2年で離婚・・・結婚は難しいですね。 まとめ なんで、こんな可愛い一生懸命な子が、死に追い込まれるほど傷付けられなきゃいけないのよ。 許せないよ T-T 木村響子さんの引退試合観に行って、一人娘の花ちゃんを必死に育ててきたVTRみてこんなかっこいい親子いないって思ったよ T-T こんな悲しい結末ないよ。 ご冥福をお祈りします。 木村響子さんは、ISAOさんと離婚後は再婚しておらず、現在はピンクの猫型キッチンカーで猪肉料理を販売されています。

次の

木村花

木村 響子 twitter

2020年5月23日に22歳という若さで亡くなった、女子プロレスラーの木村花さん。 木村さんは逝去が報じられるおよそ10時間前にInstagramのストーリーズ機能で「さようなら」というメッセージを残していました。 また、以前からSNSで不特定多数から誹謗中傷を受けており、「誹謗中傷に傷付いたのは否定できない。 お母さんや支えてくれたみんな、ありがとう。 弱い私でごめんなさい」などの投稿をしていました。 【訃報】女子プロレスの木村花さん22歳が逝去 インスタで「さようなら」と投稿 事務所によると亡くなった経緯は調査中とのことですが、投稿を見るに多くの誹謗中傷が木村さんの心を深く傷付けたのは明らかでしょう。 今回の件を受け、ネットでは世間で多発している中傷行為について非難の声が続出しています。 木村花の母・木村響子が娘の逝去にコメント 同月24日、木村さんの母親であり、元女子プロレスラーである木村響子さんがTwitterを更新。 娘の訃報について、多くの人に向けたコメントを公開しました。 木村花 を 応援してくれたかた 仲良くしてくれたかた 愛してくれたかた 守ってあげれなくて ごめんなさい 辛い想いをさせて ごめんなさい あなたが辛いと 花も辛いから どうか楽しく元気な花を 心に置いてあげてください 花が伝えたかったことを カタチにするために もっと 強くなります— 木村響子 kimurarock 多くの親にとって、我が子に先立たれるのは想像を絶する苦しみでしょう。 「守ってあげられなくてごめんなさい。 つらい思いをさせてごめんなさい」という投稿からは、響子さんの深い悲しみや苦しみが伝わってきます。 続けて、響子さんは一部のマスコミに対しこのように『お願い』をしています。 マスコミの皆様へ 警察や スターダム事務所に 詳細を問い合わせるのは おやめください お仕事に詳細がでてしまいます 死者のプライバシーを どうか尊重してあげてください ギリギリのところで 闘っているひとたちの背中をおさないでください もう誰ひとりも傷つけないでください— 木村響子 kimurarock 訃報に対し、多くの人から「木村さんは間違いなく愛されていた選手だった」「テレビで見てとても好きだった」といったコメントが寄せられた、木村さん。 木村さんは生前に「愛されたかった人生でした」と投稿していましたが、実際は多くの人から愛されていたのでしょう。 しかし、好意的な言葉よりも一部の否定的な言葉のほうが印象に残りやすいのは、残念ながら事実です。 木村さんのように傷付けられる人をこれ以上増やさないため、今一度『言葉』の正しい使い方について多くの人が再認識する必要があります。 [文・構成/grape編集部] 出典 kimurarock.

次の