シャーリー マクレーン。 カミーノ ― 魂の旅路

シャーリー・マクレーン ー 多様なジャンルで活躍し大女優に ー 20世紀・シネマ・パラダイス

シャーリー マクレーン

山川 紘矢著書のお知らせ 角川書店 ¥821 病気も老いも人生の恵み。 それを受け入れ「いま」を大切に生きることが幸せへの確実な第一歩。 スピリチュアル・ブックの翻訳家、山川紘矢が死と生の本質を語った、読むだけで気持ちが楽になるエッセイ 角川書店 ¥ 734 世界銀行の要職として米国にいた僕は、ある日一冊の本に衝撃を受ける。 スピリチュアル書の翻訳を始める原点となった人生の転機! ダイヤモンド社 ¥ 1,365 精神世界書の翻訳家の第一人者が明かす、スピリチュアルな奇跡と気づきの実話の数々。 これまで出会ってきた奇跡や不思議体験などを紹介する、スピリチュアル・エッセイ。 山川 紘矢・山川 亜希子著書のお知らせ 徳間書店 ¥ 1,404 目覚めの体験を経て「ワクワクだけを信じて生きる! ダイヤモンド社 ¥ 1,296 神社仏閣へのお参りや祈願など身近に感じている割に祈りを単なる気休めと考える人は多い。 だか、祈りには現実に効果があることが欧米の研究機関の実験ではたびたび実証されている。 日本中のスピリチュアリストから絶大な信頼を寄せられる山川夫妻が実体験してきた祈りの効果と日々、気軽に使用している祈りの言葉。 わかってる人たちから学ぶ優しいさとりかた ヒカルランド ¥ 1,560 こんなセッションを待っていた! ! 翻訳家山川夫妻とその作品群に感化され、お二人に続くあさりさん、牧野内さんもまた奥深い叡智の言葉をどんどんと発信してくれました。 このサイトでは、癒しをキーワードに様々なサービスを行っています。 また、新たに 山川亜希子のフォトエッセイを始めました。 毎週、美しい写真とエッセイをお届けします。 ぜひご覧下さい。 PHP研究所が行っています。

次の

カミーノ ― 魂の旅路

シャーリー マクレーン

シャーリー・マクレーンと言えば往年の映画フアンなら誰でもご存じだと思いますが、彼女はスピリチュアリストとしても知られています。 シャーリーさんは旦那さんが日本に滞在したこともあり娘も幸子と名付けるくらい親日家です。 シャーリーさんがそこで出会ったのが、東洋思想です。 彼女はこの影響を受けて、輪廻転生説を肯定しているようです。 欧米ではキリスト教の影響が強い為に、輪廻転生を否定する傾向があります。 彼女は実は、ミーディアム(霊媒)を通じて精霊と会話する体験も持っています。 ある番組でドキュメンタリー監督である龍村仁さんは、シャーリー・マクレーンを第一番に出演してもらう予定でした。 シャーリーマクレーンの旦那が日本に滞在しており、一緒に日本に住まわせた娘サチ(satiko)の話し相手になっていたのが監督の妹でした。 監督はその縁でシャーリー・マクレーンと連絡を取り一休和尚が森女と暮らしていた酬恩庵に案内したそうです。 その時に何等かのインスピレーションを受けたそうです。 シャーリー・マクレーンの前世が一休の晩年の伴侶だったことは「ダンシング・イン・ザ・ライト」に出て来る有名な話で龍村監督の著書「地球のささやき」にも出て来る。 龍村監督の話によるとシャーリーの地球交響曲第一番への出演は目に見えない力で止められたということです。 一休和尚が森女と暮らしていた酬恩庵 同行された音楽評論家の湯川れい子さんの『幸福への共時性』の中でも詳しく書かれています。 <書籍について> 1983年に刊行され世界的なベストセラーとなった『アウト・オン・ア・リム』や「カミーノ・魂の旅路」など多くの精神世界に関する著作があります。 そのシャーリー・マクレーンがびっくりするような話をしています。 UFOの存在を信じているとか。 弟のウォーレン・ビーティは姉はネジがゆるんでいると言っているそうですけど。 世界中で大反響を巻き起こした空前のベストセラー。 新たな恋人との出会いと別れ、父母の長年にわたる確執。 全ての理由は、サイキック・セラピー 霊的治療 による前生への旅によって明らかにされた! 転生の記憶を取り戻した彼女はついに、自らの「大いなる自己」と対面する。

次の

シャーリー・マクレーンが前世一休の伴侶だったと言ってるそうですが、何...

シャーリー マクレーン

シャーリー・マクレーンと言えば往年の映画フアンなら誰でもご存じだと思いますが、彼女はスピリチュアリストとしても知られています。 シャーリーさんは旦那さんが日本に滞在したこともあり娘も幸子と名付けるくらい親日家です。 シャーリーさんがそこで出会ったのが、東洋思想です。 彼女はこの影響を受けて、輪廻転生説を肯定しているようです。 欧米ではキリスト教の影響が強い為に、輪廻転生を否定する傾向があります。 彼女は実は、ミーディアム(霊媒)を通じて精霊と会話する体験も持っています。 ある番組でドキュメンタリー監督である龍村仁さんは、シャーリー・マクレーンを第一番に出演してもらう予定でした。 シャーリーマクレーンの旦那が日本に滞在しており、一緒に日本に住まわせた娘サチ(satiko)の話し相手になっていたのが監督の妹でした。 監督はその縁でシャーリー・マクレーンと連絡を取り一休和尚が森女と暮らしていた酬恩庵に案内したそうです。 その時に何等かのインスピレーションを受けたそうです。 シャーリー・マクレーンの前世が一休の晩年の伴侶だったことは「ダンシング・イン・ザ・ライト」に出て来る有名な話で龍村監督の著書「地球のささやき」にも出て来る。 龍村監督の話によるとシャーリーの地球交響曲第一番への出演は目に見えない力で止められたということです。 一休和尚が森女と暮らしていた酬恩庵 同行された音楽評論家の湯川れい子さんの『幸福への共時性』の中でも詳しく書かれています。 <書籍について> 1983年に刊行され世界的なベストセラーとなった『アウト・オン・ア・リム』や「カミーノ・魂の旅路」など多くの精神世界に関する著作があります。 そのシャーリー・マクレーンがびっくりするような話をしています。 UFOの存在を信じているとか。 弟のウォーレン・ビーティは姉はネジがゆるんでいると言っているそうですけど。 世界中で大反響を巻き起こした空前のベストセラー。 新たな恋人との出会いと別れ、父母の長年にわたる確執。 全ての理由は、サイキック・セラピー 霊的治療 による前生への旅によって明らかにされた! 転生の記憶を取り戻した彼女はついに、自らの「大いなる自己」と対面する。

次の