学資保険 受け取り方。 ゆうちょの祝い金付き学資保険は本当にお得?祝い金の受け取り方とメリット

学資保険の受け取り方とは?一番メリットが大きい受け取り方は?

学資保険 受け取り方

もくじ• 学資保険の満期金の受け取り方法って種類があるの? 「学資保険」の満期保険金の受け取り方法は、大きく分けて2つあります。 以下に記載していきます。 満期保険金を一括して受け取る方法 まず一つ目は、満期になった時、満期保険金を一括で受け取る方法です。 もっともポピュラーな方法です。 大学や専門学校に進学するときに発生する入学金や授業料をカバーするために適した受け取り方です。 満期保険金を年金のようにして受け取る方法 もう一つは、満期保険金を一括で受け取るのではなく、年金のようにして毎年分割で受け取る方法です。 入学後に毎年発生する授業料や、生活費などをカバーするために適した受け取り方になります。 ここまでは、受け取り方の種類について書いてきましたが、次の章では、受け取る際の細かい手続きについて書いていきます。 学資保険の満期保険金を受け取るときに必要な手続きって? もしかして、あなたは「学資保険は満期になったら、何もしなくても自動で振り込まれるもの」と思っていませんか? しかし、学資保険は、満期になった時に必要な手続きをしないと支払われません。 ここでは、どのような手続きをすればよいのか、説明します。 最初に「満期が近づいています」という通知が届く 学資保険は、満期を迎える時期が近づくと、保険会社からその旨を書いた通知が届きます。 もしくは、通知と並行して、電話などで担当の営業職員から連絡があります。 この時の連絡で、満期金を受け取る時期や、受け取る為に必要な書類などの案内があり、必要なものが分かります。 必要事項を書いた書類を返送する 前の項で書いた通知には、満期金の支払いのために提出しなければならない書類が同封されています。 返送用の封筒が入っているはずなので、必要事項を記入した後、保険会社に返送します。 この「書類に記入して返送する(もしくは担当者に提出する)」ということが、満期保険金の受け取りには必須となります。 大切なことなので、しっかり覚えておいてください。 必要な書類などについて 前項で書いた「書類の記入返送(提出)」の際には、いくつか必要なものがあります。 それは、• 学資保険の保険証券• 契約時の印鑑• 契約者であることを証明するための身分証明書• マイナンバーの分かるもの などが、一般的に必要とされているものです。 (保険会社によっては、さらに必要な書類がある場合もあります。 ) なお、書類を提出する際、記入が間違っていたり、提出しなければならない書類が不足していたりすると、一度では済まずに、何度もやり取りが必要になり、時間も労力もかかります。 ですから、書類を提出するにあたって、分からないことや疑問が出たりしたときには、そのままにせず、契約の担当者や保険会社の担当部署に電話で問い合わせるなどして、しっかり確認してから記入・提出するようにしてください。 学資保険、満期金に税金がかかるってホント? 前章までは、満期保険金の受け取り方法と受け取る際の手続きについて書いて来ましたが、ここからは、「満期保険金」にかかってくる可能性がある税金について、解説していきます。 なぜ税金が関係するの 学資保険は、自分で積立てているものなのになぜ税金がかかるのか?と思いますよね。 それは、自分で積み立てていたものだとしても、学資保険が満期になり、まとまった金額の満期保険金を受け取ることになるからです。 学資保険の満期保険金は、200万円など、かなりまとまった金額を受け取ることが多いですね。 そのため、一時的ですが収入が増えたとみなされてしまうのです。 受け取りの経緯や契約内容によって、課税される税目は違ってきますし、課税にならない場合もありますが、学資保険の満期保険金であっても、課税対象の例外ではないのです。 それでは、次の項から、学資保険にかかる税金について解説します。 満期保険金に税金がかからない場合 まず初めに、税金がかからない場合について書いていきます。 学資保険の満期金は、一括で保険金受け取った場合、「一時所得」という税目に区分されます。 「一時所得」に対する税金は、下記の式で算出されます。 (満期保険金-支払った保険料)-特別控除50万円=一時所得 満期で受け取る保険金が、支払ってきた保険料の総額+50万円以上であった場合、その差額が「一時所得」となり、この金額に対して税金が課税されるのです。 現在、学資保険の返戻率は以前より下がっているので、かなり高額の契約でない限り、満期保険金の受取額が、支払った保険料の総額より50万円以上多くなることはほとんどありません。 ですから、この場合は、税金が発生する可能性は低いと言えます。 満期保険金に税金がかかる場合 しかし、同じ金額の満期保険金の受け取りであっても、税金が発生する場合があります。 満期保険金が同じ金額であっても、税金がかかる場合があるのです。 どういうときに税金の対象になるのかというと「学資保険の満期保険金を年金のように毎年分割で受け取る」場合です。 学資保険の満期保険金を、一括で受け取る場合の税金の区分は「一時所得」となり、ほとんどの場合、税金の該当にならないことは前章でお話しました。 ところが、満期保険金が同じ金額であっても、一括で受け取るのではなく、年金のように分割で受け取る条件にしていると、かかる税金の区分が変わるのです。 「一時所得」扱いではなく、「雑所得」扱いとなるため、区分だけでなく計算方法も変わります。 雑所得の計算方法は以下のようになります。 この分が、課税の対象になるのです。 同じ金額でも、受け取り方の違いでは、税金の区分が変わるため、課税されることになるのです。 意外な盲点!確認しておきたい加入内容 そしてもう一つ。 これは、意外と知られていないことなのですが、満期金が、前述した条件をすべてクリアしていても、「一時所得」扱いにならない場合があります。 それは、「契約者が親で保険金の受取人が子供」になっている場合です。 「学資保険」は「受取人が誰になっているか」によって、税金の対象区分が変わるからです。 「契約者(保険料の支払い)」と「満期金や給付金の受取人」が、どちらも親になっていれば、満期で受け取る保険金は「一時所得」となりますので、前の章で書いたように、ほとんどの場合税金が発生することはありません。 しかし、「保険料の支払いは親で、保険金の受取りは子供」だった場合、子供自身が保険料を支払ってきたわけではありませんから、満期保険金の受取は、親からお金をもらうこととみなされます。 そのため、「親からまとまった金額のお金をもらう=贈与」となるので、「贈与税」が発生することになるわけです。 「贈与税」の計算式は以下のようになります。 同じ満期保険金の金額であっても、「一時所得」区分であれば税金はほとんど該当になりませんが、「贈与税」に区分されると税金がかかることになります。 次の項で、簡単な数字に置き換えて計算してみましょう。 どちらも、満期保険金200万円を受け取る場合とします。 (返戻率は115%とします) 満期保険金の区分が「一時所得」になる場合 「一時所得」の計算式は満期保険金• この26万円から、特別控除額の50万円をひくと-24万円になり、差引額はマイナスなので、税金はかかりません。 満期保険金の区分が「贈与税」になる場合 しかし、同じ満期金額であっても「贈与税」区分になる場合は• 税金の区分が変わる原因はたったひとつ「保険金の受取人が誰か」ということだけです。 「受取人が誰になっているか」によって、満期保険金を受け取る際に、かかる税金の種類が変わってくるため、税金が発生する場合があるということを覚えておいてください。 学資保険、一番メリットが大きい受け取り方はこれだ ここまで、「学資保険の受け取り方」について、色々な点から解説してきました。 結論から言うと、「契約者と保険金の受取人」を両方とも親にしておき、「保険金は満期時に一括で受け取る」のが、最もメリットが大きい受け取り方となります。 実際に満期保険金を受け取ってしまってから、税金が発生する事が分かって、あわてることのないように、保険の契約内容については、前もってしっかりと把握しておきたいものです。 ですから、学資保険が満期を迎える前に、早めに一度、保険証券を取り出して、契約者名と保険金の受取人名を確認してみてください。 もし、疑問を持ったり、分からないことがあったりした場合は、保険会社の相談窓口などに連絡し、必要な手続きをとっておくことが大切です。

次の

学資保険ゆうちょを解約すると損をする!?満期の受け取り方も!|ママが子供に伝えたいことならいいとこ取り育児

学資保険 受け取り方

学資保険とは、主にお子さまの教育費の準備を目的とした保険で、親などが保険料を積み立て、お子さまの年齢や入学時期に合わせて給付金(祝い金や満期保険金)が受け取れる保険です。 大学入学手続きのある高校3年時に給付金を受け取ることを希望するご家庭もあれば、兄弟の年齢が近く「子どもたちの進学の時期が重なって大変」であることから、中学校・高校などの入学時にも給付金を受け取ることを希望するご家庭もあるでしょう。 学資保険では、このように家計の状況に応じて給付金を受け取る時期を選択することができます。 どのプランを選択するべきか迷ったときのために、給付金を受け取る時期からみた学資保険プランの基本について押さえておきましょう。 また、契約内容や受け取る金額によってはこの給付金も課税対象になることがあるため、今回は学資保険にかかわる税金についてもお伝えしていきます。 学資保険の満期時期には、どんなタイプがあるの? 学資保険は、主に大学への進学資金を準備できるように受け取る時期が設定されています。 なかには、高校入学時に祝い金が受け取れるプランや、幼稚園、小学校、中学校入学時にも祝い金が受け取れるプランなどもあり、保険会社・保険商品によって受け取れる時期はさまざまです。 どのプランがご家庭やお子さまにとって適しているか、検討して選ぶことをおすすめします。 一般的に、大学入学時は授業料の他に入学金などが必要となるため、負担が一番大きくなる時期ということもあり、大学入学手続きを迎える高校3年時に祝い金が受け取れる商品が多くあります。 近年では、大学入学時だけでなく、大学進学後の学費に備えたプランも多くなっています。 「幼稚園」「保育園」から「大学」までの間、どのタイミングの教育資金を重視するかによって、ご家庭にあった商品やプランを選びましょう。 18歳満期、大学入学費用に重点を置いた一括受取型 18歳満期、大学入学費用に重点を置いた一括受取型は、教育費のなかで、最も出費が多くなるといわれる大学入学時の費用を重視したタイプです。 お子さまが18歳のときに、まとまった満期保険金を一括して受け取るものです。 お子さまが高校3年時、つまり18歳の誕生日を基準に18歳満期とする保険商品以外にも、17歳満期が選択できる保険商品もあります。 一般的に、大学入試シーズンは高校3年の1月~3月ですが、推薦入試やAO入試など多様な入試制度があるため、高校3年の秋には受験費用や入学金が必要になる場合があります。 18歳の誕生日後に受け取るという契約内容の場合、お金が必要な時期に給付金を受け取れない場合もあります。 そのため、満期年齢は具体的に考えた上で選択することをおすすめします。 最も出費が多くなると予想される大学入学時の費用への対応に優れている。 大学入学時に全額を使い切らなかったとしても、その後の費用に流用しやすい。 高校までの教育資金は別途貯蓄が必要になるケースを想定しておく必要がある。 進学タイミングに応じ受け取れるステップ型 大学4年間の費用重視型は、高校3年までに受け取れる祝い金がなく、大学4年間に必要な費用の準備に特化したプランです。 お子さまが18歳から22歳の間に、毎年祝い金が受け取れます。 金額は毎年同額のものや、1回目の受け取り時に多くもらえるものなどもあります。 また、類似のプランで、15歳時(高校入学時)にも祝い金の受け取りを設定しているタイプもあります。 このプランの場合は、高校入学時と大学在学中の4年間、毎年祝い金が受け取れます。 大学進学後の教育費の負担が軽減される。 「22歳受け取り」の設定がされている場合は、大学院への進学資金や社会人になるための独立資金などへの対応が可能。 毎年一定額の祝い金が支払われるプランを選んだ場合、大学入学時の費用に対応できない。 高校までの教育資金は別途貯蓄が必要になるケースを想定しておく必要がある。 「据え置き」や「前倒しでの受け取り」の仕組みも活用可能 上記でご紹介したように、どのプランにも、それぞれ特徴があります。 それらを補う仕組みとして、給付金を据え置いたり、給付金の一部を前倒し(繰り上げ)で受け取ったりすることができる場合もあります。 給付金を据え置いた場合は、保険会社が資金を運用し、後日受け取る際に利息分が上乗せされます。 また、給付金を前倒しで受け取れる場合もありますが、その際には、契約時に設定された給付金より受取額が変更となるため注意が必要です。 これらのプラス・マイナスを考慮しながら受け取る時期を変えることも、学資保険を賢く利用する方法の一つといえるでしょう。 「据え置き」や「前倒しでの受け取り」の可否は、保険会社によって異なりますので、該当の保険会社に必ず確認しておきましょう。 学資保険の給付金などを受け取るときの税金 一般的に、学資保険の「祝い金」「満期保険金」は、一定額を超えた場合「所得税」の対象になります。 また、契約内容によっては「贈与税」の対象となる場合もあるため、注意が必要です。 所得税の計算方法と課税対象となる金額は以下のとおりです。 図1 所得税の計算方法と課税対象• <一時所得> 表 契約形態で異なる税金の種類の一例 契約形態 契約者 被保険者 受取人 税金の種類 契約者と受取人が同一人の場合 父親 子 父親 所得税 契約者が父親で受取人が子の場合 父親 子 子 贈与税 契約者、被保険者、受取人がそれぞれ異なる場合 祖父母 孫 父親 贈与税 上表は一例ですので、確定申告などの際は、税理士や税務署などで確認して手続きをしましょう。 このように、学資保険は給付金を受け取る時期や受け取り方によってさまざまなプランを選ぶことができます。 どの時期にどのように給付金を受け取りたいのかを具体的に考え、よりご家庭の状況にあった安心できるプランを選択していただきたいと思います。 税金に関しても、受け取り方や契約内容によって課税の状況が変わってきますので、受け取り時のことも考え一度確認しておきましょう。 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。 当社の株主またはそのグループ会社である保険会社の商品• 当社子会社である再保険会社Advance Create Reinsurance Incorporatedと広告代理店 株式会社保険市場との間で再保険取引または広告取引のある保険会社の商品• 顧客の利便性、並びに保険募集品質の向上を目的として、当社のACP(注1)とAPI(注2)連携を前提としたシステム連携を行っている保険会社の商品• 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• 申込件数およびWebサイトでの資料請求件数が上位である保険商品 注1:共通プラットフォームシステム(名称:Advance Create Cloud Platform)の略称 注2:Application Programming Interfaceの略称 広告主のPRを目的に掲載している商品になります。

次の

学資保険の満期金受け取りでかかる税金は?税金控除について解説!

学資保険 受け取り方

せっかく学資保険に入っても、場合によっては大学入学に間に合わないことも。 受け取る時期も意識しておきましょう 学資保険・こども保険(以下、学資保険)は、商品によってさまざまな特徴があります。 学資保険は学費をつくるために加入するのですから、満期保険や一時金を、必要な時期に受け取れることが大切です。 言い換えれば、保険金を受け取る時期が、学資保険に加入する際に注意すべきポイントとなります。 学資保険の保険金の受取時期についてみていきましょう。 一時金や満期保険金を受け取れるのはいつ? 満期保険金の受け取り以外に、お祝い金など一時金が受け取れる学資保険もあります。 「中学校入学時、高校入学時にそれぞれ50万円」などというものです。 これら一時金の受取時期は、例えば「お子さんが満14歳10カ月になった後に迎える最初の2月1日以降」などとしている保険会社が一般的です。 一方、「大学入学時に200万円」などの満期保険金の受け取りは、例えば「お子さんが満18歳になった後に迎える最初の契約応答日」となっているのが一般的です。 つまり、お祝い金などの一時金は、お子さんの誕生日や契約日に関わらず、それぞれの入学時期の前に受け取れますが、満期保険金の受取日は、「お子さんの誕生日」や「契約日」によって変わってくるので注意が必要です。 具体的にみてみましょう。 「アフラックの夢みるこどもの学資保険」でみる受取時期のポイント の第1回学資年金は、「お子さんのお誕生日ではなく、契約時に選んだ学資年金支払開始年齢」となっています。 つまり、「お子さんが17歳または18歳になった後に迎える最初の年単位の契約応答日以降」に受け取ることができます。 例えば、2013年1月8日生まれのお子さんが、0歳の4月に「18歳満期」で契約すると、18歳になるのは2031年1月8日ですので、第1回学資年金の受け取りは、2031年4月となります。 「お子さんの誕生月」と「契約月(契約日の属する月)」の関係によって学資年金の受取時期が決まるのです。 18歳満期だと大学入学に間に合わないケースも ここで注意をしていただきたいのは、このお子さんの場合、「18歳満期」だと学資年金の受け取りが大学入学に間に合わないということ。 「17歳満期」で契約したほうがよいということになります。 次の表をご覧ください。 保険満期金を受け取る時期は?(出典:アフラックHP) お子さんの誕生月(縦軸)と契約月(横軸)が交差したところが、学資年金を受け取れる時期になります(4月1日生まれは、3月生まれに含まれます)。 17歳満期で契約した場合は、この表より1年受け取りが早くなります。 この表で緑色の部分に該当する「大学入学後」に受け取ることになる人は、「17歳満期」での契約にすれば、高校3年生の時点で受け取ることができます。 契約月と誕生月が同じ場合(ピンク色の部分)は以下のようになります。 誕生日が契約日と同日または契約日より前の場合、高校3年の誕生月(契約月)に学資年金が受け取れます。 誕生日が契約日よりあとの場合は、大学入学後の誕生月(契約月)に学資年金が受け取れます。 また、「出生前加入特則」を付加した場合、学資年金の受取時期は契約日より18年経過した後の契約応当日になります。 学資保険の受取時期は少々複雑なので、学資保険に加入する際は、必要な時期に満期保険金が受け取れるよう、必ず確認をしてください。 【関連記事】.

次の