おんj まとめ。 野球お絵かきまとめ@なんJ

【おんJ】【悲報】コロナ終息、無理ゲー

おんj まとめ

19日のDeNA対巨人の一戦。 この試合でDeNA・ラミレス監督が見せた継投策が、球界OBやネット上のファンの間で物議を醸している。 問題となっているのは、「3-2」とDeNA1点リードで迎えた9回表の継投策。 この回、ラミレス監督は守護神の山崎康晃を投入し逃げ切りを図るも、山崎は巨人・坂本勇人の内野安打などで2死二塁のピンチに。 ここで打席に立った丸佳浩にタイムリー内野安打を浴び同点に追いつかれてしまった。 すると、この直後にラミレス監督は山崎を降板させ、代わりに国吉佑樹をマウンドへ。 しかし、国吉は次打者の岡本和真に勝ち越しとなる2ランホームランを被弾。 裏の攻撃で無得点に終わったDeNAは、「3-5」で逆転負けを喫してしまった。 筆者は2017年はじめ、まだ29連勝フィーバーが本格化する以前に 雑誌『文藝春秋』に掲載される記事の取材で、藤井四段(当時)のお宅にお邪魔して、インタビューする機会がありました。 その際、藤井四段には『文藝春秋』誌に連載されている、谷川浩司九段出題の13手詰を解いてもらいました。 雑誌などで詰将棋が出題される際にはだいたい、何分で解けたら棋力はどれぐらい、というおおよその目安が示されています。 その問題は「10分でアマ三段レベル」でした。 藤井四段は問題をちらりと見ました。 そして数秒で「はい」と一言。 ・・・。 えっ? 何が「はい」なのかと思ったら「もう解けました」という意味でした。 「これで四段はあるでしょうか?」 ははははは。 筆者は笑うしかありませんでした。 人間はあまりにすごいものを見せられた時には、笑うしかないようです。

次の

野球お絵かきまとめ@なんJ

おんj まとめ

おんJとは、内に存在するの一つ、 のこと。 住民は「おんJ民」と呼ばれる。 概要 一言で簡単に説明するならば「版の」。 な住民はからなんらかの理由 某騒動に対しての嫌気、禁止への反感、や民のでの雰囲気の急な変化. で移住したと、系のから流れ込んだ人々で構成されている模様ではと並んでの二大勢の一つとなっている。 生元がであるため大好き、、、、などなど当然ながら文化もとほぼ同じ。 しかし最近ではおんJでのの保持数が多いことを利用したや「おんJ部」などのの増加、にされているお絵かき機を使っての 俗にいう「お絵かき」 、 おんちゃん というの考案など徐々におんJ独自の文化も生まれつつある。 には 某住人の増加によるイザが発端とはいえ と系のが両立出来る、という触れ込みのもと「おんJ」という新が誕生。 こちらも様々なで楽しむおんJ民たちで賑わっており、翌年には「おんJ部」も設置された。 また、のさとるが 気まぐれで新しい機を予告なしにいきなり 「をで表示」「に対応」「にを降らせる」など するのもおんJの特徴の一つ。 18年からは何故か怒涛の機追加ラッシュ 「機」「次自動作成機」「照会請対応統一化作成 照会くん 」…などなど、もうとにかくいっぱい が始まり、利用感の向上を図ったからまったく意味なものなど、機追加のたびに民から歓喜や狽のが起こることもしくない。 独自の機 権限でのアク禁、のの非表示化、依頼ムの簡便性など によりにあたるよりは較的にが保たれているが、イザもまれに起きている。 とはいえ、とべるとおんJ民人口自体まだまだ少ないため立てたが半日以上残っている事も。 その一方でその進行のまったりさを好む人もおり徐々にではあるが書き込み数は増加傾向にある。 関連商品 なし 関連コミュニティ 今はない 関連項目•

次の

野球お絵かきまとめ@なんJ

おんj まとめ

おんJとは、内に存在するの一つ、 のこと。 住民は「おんJ民」と呼ばれる。 概要 一言で簡単に説明するならば「版の」。 な住民はからなんらかの理由 某騒動に対しての嫌気、禁止への反感、や民のでの雰囲気の急な変化. で移住したと、系のから流れ込んだ人々で構成されている模様ではと並んでの二大勢の一つとなっている。 生元がであるため大好き、、、、などなど当然ながら文化もとほぼ同じ。 しかし最近ではおんJでのの保持数が多いことを利用したや「おんJ部」などのの増加、にされているお絵かき機を使っての 俗にいう「お絵かき」 、 おんちゃん というの考案など徐々におんJ独自の文化も生まれつつある。 には 某住人の増加によるイザが発端とはいえ と系のが両立出来る、という触れ込みのもと「おんJ」という新が誕生。 こちらも様々なで楽しむおんJ民たちで賑わっており、翌年には「おんJ部」も設置された。 また、のさとるが 気まぐれで新しい機を予告なしにいきなり 「をで表示」「に対応」「にを降らせる」など するのもおんJの特徴の一つ。 18年からは何故か怒涛の機追加ラッシュ 「機」「次自動作成機」「照会請対応統一化作成 照会くん 」…などなど、もうとにかくいっぱい が始まり、利用感の向上を図ったからまったく意味なものなど、機追加のたびに民から歓喜や狽のが起こることもしくない。 独自の機 権限でのアク禁、のの非表示化、依頼ムの簡便性など によりにあたるよりは較的にが保たれているが、イザもまれに起きている。 とはいえ、とべるとおんJ民人口自体まだまだ少ないため立てたが半日以上残っている事も。 その一方でその進行のまったりさを好む人もおり徐々にではあるが書き込み数は増加傾向にある。 関連商品 なし 関連コミュニティ 今はない 関連項目•

次の