サーチコンソール txtレコード。 Search Consoleの所有権をDNSレコードで確認する方法

【要注意】グーグルサーチコンソールの設定方法とやってはいけないこと!

サーチコンソール txtレコード

こんにちは!小夏 です! 従来のGoogle Search Console グーグルサーチコンソール でドメインプロパティを追加する際、ドメインプロトコル httpとhttpsのこと やサブドメイン、wwwの有無などで何個もプロパティを登録する必要がありました。 新サーチコンソールでは、 DNSレコードでのドメイン所有権の確認によってそれら複数のURLを一括で登録・管理できるようになりました! 私も早速レンタルサーバーの でやってみたのですが、少しつまずいてしまったところがありました……。 そこで今回は 新サーチコンソールのドメインプロパティの追加をカラフルボックスのDNS設定で行う方法についてご紹介します。 ドメインプロパティ追加 DNSレコードでのドメイン所有権の確認 の手順 ドメインプロパティ追加の手順は以下の通りです。 新サーチコンソールでTXTレコードを発行• 新サーチコンソールに戻ってドメイン所有権を確認 その1 新サーチコンソールでTXTレコードを発行 まず、にログインしてください。 左上の「プロパティ名 上画像赤枠部分 」をクリックし、 「プロパティを追加」をさらにクリックしてください。 すると「プロパティタイプの選択」ウィンドウが表示されます。 左側の「ドメイン」の方にプロパティに追加したいURL 当ブログであれば「konatsubiyori. com」 を入力し、「続行」ボタンをクリックします。 」などは入れないこと。 これで新サーチコンソールでTXTレコードが発行できました。 その2 カラフルボックスのDSN設定でTXTレコードを追加 次に、 にログインしてください。 「ドメイン」メニューから「DNSの管理」をクリックします。 「DNS Manager」ページの「DNSゾーン」の中から所有権を確認したいドメインの欄にある、上の画像中の赤枠のアイコンをクリックしてください。 「DNSマネージャー」ページに移ります。 「レコードを追加」ボタンを押すと「新しいレコードを追加」ウィンドウが表示されます。 それぞれの項目に以下を入力してください。 【ネーム】ドメイン名• 【タイプ】TXT• 【RDATA】先程コピーしたTXTレコードを貼り付ける 入力が終わったら右下の緑の「レコードを追加」をクリックしてください。 無事に追加されたら下の「変更内容を保存」ボタンをクリックしてください。 これでカラフルボックスのDSN設定でTXTレコードを追加できました。 エラーが出たときの対処法 私もここでつまずいたのですが、「Such record already exists そのようなレコードは既に存在します 」というメッセージとともに、エラーが出てTXTレコードが追加できないことがあります。 原因は、 のネームサーバーでのDNS設定でレコードセットを設定した際に追加されるTXTレコードです。 これをSPFレコードに変更してやることで対処します。 先程と同じように「レコードを追加」で新しくSPFレコードを作成します。 既存のレコードの情報を丸写しで追加しましょう。 SPFレコードが追加されたら元のTXTレコードは削除 右側の「ゴミ箱アイコン」をクリック してください。 そして再び新サーチコンソールで発行したTXTレコードを追加しましょう。 内容を確認して、「変更内容を保存」ボタンをクリックしてください。 その3 新サーチコンソールに戻ってドメイン所有権を確認 最後に、サーチコンソールに戻ってドメイン所有権を確認します。 もし元の画面を閉じてしまっていても、最初と同じように「プロパティを追加」の手順で進んでいけば確認できます。 上のようなウィンドウが表示されれば成功です。 確認できない場合は時間を置いて再度確認するか、DNS設定が間違っている可能性があります。 まとめ 当ブログはサブドメインなどで運用してしていませんが、たくさんドメインプロパティを追加したり、ドメイン違いによって管理画面を行ったり来たりする必要がなくなるので便利だと思います! 皆さんも是非この機会に新サーチコンソールのドメインプロパティの追加を のDNS設定で行ってみてくださいね!.

次の

【要注意】グーグルサーチコンソールの設定方法とやってはいけないこと!

サーチコンソール txtレコード

Contents• サブドメインをサーチコンソールに追加 本サイトのサブドメインとしてを取得しました。 そこで早速サーチコンソールに追加するため、サチコの「プロパティを追加」から設定を試みました。 「ドメインプロパティ」を選んでURLを入力すると、ドメインに「DNSレコードを追加してください」という指示が出ますよね。 そこに表示されているTXTレコードをコピーして、対象のドメインのDNSレコードに追加したのです。 XserverでDNSレコードを追加 ちなみに使っているのがXserverなので、管理画面の「DNSレコード」から設置したいドメインを選び、「DNSの追加」から追加しました。 ホスト名:( ). pibe-life. pibe-life. comのサブドメインの頭)を入れたのですが、要らなかったのかな…? すると…なんということでしょう。 DNSレコードをサーチコンソールで確認できた(=反映された)らサイトが表示されなくなってしまったのです! DNSレコードを削除したら表示されるようになった これはもうDNSレコードが原因に違いないと慌てて削除しました。 すると 1時間くらいしてまたサイトが表示されるようになりました。 焦ったー!! ちなみにPCでの閲覧の方が先に復帰して、iPhoneで見られるようになるのは遅かったです(キャッシュクリアしてもダメだったのでキャッシュが原因ではなさそう)。 DNSレコードを削除したけどサーチコンソールの所有権確認は? DNSレコードを削除したらサイトは表示されるようになったものの、確認に使っているDNSレコードを消してしまったのでどうなるのかが気になります。 今のところ(削除から数時間経過)まだ確認は生きているようですが…。 なのでURLプレフィックスの方でサブドメインを追加しておきました。 サブドメインのDNSレコード追加でサイトが表示されないときは サーチコンソールにサブドメインを追加しようとDNSレコード(TXTレコード)を追加したらサイトが表示されなくなってしまいました。 追加したDNSレコードを削除することで解消する場合もあるので、サイトが表示されなくなっても焦らずDNSレコードに追加したTXTレコードを削除してみてください。

次の

スタードメインでGoogleサーチコンソールのDNSレコード設定手順

サーチコンソール txtレコード

Google Search Consoleにログインしようとすると さて、新しくなったGoogle Search Consoleにログインしようとすると次の画面が出てきます。 今回「New」のついてる左の「ドメイン」の方に登録すると、サブドメインのURLやHTTPSやHPPTのURLまで、セットで認識してくれるという便利ものです。 ドメインまたはサブドメインを入力し、「続行」を押すと次の画面が出てきます。 DSNレコードに追加(の場合) コピーしたTXTレコードを貼り付ける場所についてですが、今回は私が使っているの場合について書きたいと思います。 のサーバーパネルにログインします。 すると「DSNレコード設定」とあるので、こちらをクリックして、「DSNレコード追加」のタブを開きます。 これでDSNレコードが追加されたのを確認します。 Google Search Consoleに戻って所有権の追加を待つ ここまでできたら後はGoogle Search Consoleに戻って「確認」を押します。 サーバー側でDSNレコード設定が反映されるまで数分かかるので、すぐに「確認」を押してもエラーが出てしまいますが、時間を空けてから「確認」を押すと、所有権の確認が完了し、今まで通りのURL検査などが使えます。 まとめ Google Search Consoleの何が変わったのかというのが分かりずらいので、補足説明をしておきます。 今までのGoogle Search Consoleではhttp、https、サブドメインなどに複数の登録が必要でした。 2019年2月からこれを1つの登録で一括処理をしてくれるようになったということです。

次の