ソフトバンク ltv。 ソフトバンク孫氏、「第2号ファンド」の立ち上げを正式表明−−AI投資で大幅増益を達成

[成功法則]ソフトバンク株を1000万円買う!SBGは大丈夫と証明します!

ソフトバンク ltv

ソフトバンクグループ(ソフトバンクG)の株価が暴落しています。 投資業に変貌したソフトバンクGは、特に個人投資家の人気を集める企業ですが、今回の新型コロナウィルスによる全世界的な株価下落は、ソフトバンクGにも大きな影響を及ぼしているようです。 ソフトバンク Gは大丈夫なのでしょうか。 投資会社であるが故に、世界的な株価の下落では非常に大きな影響を受けているのではないでしょうか。 今回はソフトバンクGの現状について確認してみましょう。 現状の概要 まずは現状を確認しましょう。 ソフトバンクGの株価について概要がまとまっている日経新聞の記事を引用します。 「ビジョン・ファンド」を通じ世界の有力スタートアップ企業に投資してきたが、新型コロナウイルスの感染が広がり株安が加速。 出資先企業の価値も下がると、警戒されている。 売買代金は連日で2000億円を超えた。 ファンドの投資先は「ユニコーン」と呼ばれる未上場の巨大企業が中心。 「実態が外部から見えないために、金融市場が混乱する中では株式市場の不安が増幅されやすい」(国内運用会社) SBG株は一般の個人投資家にも人気がある。 こうした個人は逆張りの買いを入れる傾向が強く「2019年の下落局面では積極的に信用買いを入れていたが、足元では急落に耐えきれず投げ売りを迫られている」(岡三証券の小川佳紀日本株式戦略グループ長)。 株安によってクレジット市場にも動揺が広がる。 企業の信用リスクを取引するクレジット・デフォルト・スワップ市場で、SBGの保証料率は上昇している。 QUICK・CDS平均(5年物)でみると、19日時点で5. 85ポイント上昇して 約10年半ぶりの高さとなった。 SBGは、純有利子負債を保有株価値で割った「負債カバー率(LTV)」を財務の物差しとしている。 SBGが保有する株式の価値も27兆円を超えるが、株安がどこまで進むか分からないことが市場の懸念につながっている。 (以下略) これがソフトバンクGの株価に関する記事です。 では、ソフトバンクGについてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。 株価の状況 2020年3月19日のソフトバンクGの株価は急落しました。 (出所 Yahooファイナンス) この暴落により時価総額は5兆6,153億円(参照Yahooファイナンス)となりました。 尚、連結子会社のソフトバンク(携帯電話会社)の株価は、終値1,463. すなわち、携帯電話会社のソフトバンクを支配する親会社であるソフトバンクGの時価総額が、子会社のソフトバンクの時価総額を下回る事態となりました。 では、ソフトバンクGの株価下落の要因は何なのでしょうか。 投資先の株価下落等で大きな損失が見込まれているのでしょうか。 ソフトバンクGが保有する株式の状況 ソフトバンクGは、自社の株主価値が2020年3月19日時点で一株当たり10,249円であると主張しています。 これは同日時点の株価の3. 8倍にあたります。 そして、純粋な負債は保有株式価値の2割弱でしかないとし、安全性に問題ないとしています。 <ソフトバンクGのWebサイトからの抜粋>• 株主価値10,249 円/株=保有株式13,162 円/株ー純負債2,913 円/株• 当社株価2,687 円• 純負債/保有株式率(LTV)18 % ソフトバンクGが保有する株式は多岐に渡りますが、特に重要な株式はアリババ、ソフトバンク(携帯会社)、 スプリント(米携帯電話会社)です。 これは規模が大きいという点もありますが、何よりも上場しているため時価がはっきりしているからです。 以下はソフトバンクGが毎日公開しているソフトバンクG株式一株当たりに計算しなおした保有株式の価値です。 <2020年3月19日時点の保有株式>• アリババ(日次更新)6,284 円/株• ソフトバンク(株)(日次更新)2,249 円/株• スプリント(日次更新)1,341 円/株• Arm 1,274 円/株• ソフトバンク・ビジョン・ファンド(四半期更新)1,485 円/株• その他(四半期更新)529 円/株 (出所 ソフトバンクグループWebsite/) 上記を単純に合算すると13,162円となり、ソフトバンクGの株主は一株当たり13,162円の価値があるアリババ等の株式を保有していることになります。 一方で、同日時点のソフトバンクの株価(一株当たり)は2,687円でしかないのです。 ソフトバンクGの株価はいくらが適正か では、ソフトバンクGの株価は売り込まれすぎているのでしょうか。 安すぎるのでしょうか。 ソフトバンクGが保有する株式において、明確に時価があるもので主なものは以下です。 アリババ 6,284 円/株• ソフトバンク(株) 2,249 円/株• スプリント 1,341 円/株 この合計である9,874円/株は、少なくとも時価として計算できる数字です。 単純に言えば、他の全ての資産に価値が無かったとしても、(ソフトバンクGの主張にかなり寄り添うと)ソフトバンクGの株式は9,874円/株の価値はあるということになります。 但し、ソフトバンクGの主張(計算)には一定の根拠がありますが、留意点もあります。 上記のソフトバンクGの株主価値(10,249円/株)というのは、ソフトバンクGが保有する株式から「純負債(2,913円/株)」を控除したものとしています。 すなわち、子会社の有利子負債は除かれているのです。 これが意味するところは、金融機関等から子会社が借入を行っても「親会社であるソフトバンクGは面倒を見ない(困った時に助けない)」ということが前提です。 違う表現をすれば、「ソフトバンクGはいつでも子会社を外部に売却する」と言っているに等しいことにあります。 ソフトバンクGが本当に投資会社であるならば、この考え方には何ら違和感はありません。 しかし、WeWorkへの支援(その後撤回との報道もありましたが)のような動き等を見ると完全に投資会社と言えるのかは微妙なところがあるように筆者は考えています。 要は、株式保有先(子会社)が何らかの形で資金を必要とし、その際に単独では調達できない時に、ソフトバンクGは資金支援を迫られるのではないかということです。 そうであるならば、有利子負債から子会社の有利子負債を除くのは正しいのか疑問となります。 また、ハイブリッド債を有利子負債から50%控除する処理しています。 ソフトバンクGのハイブリット債は1兆3,210億円の残高があり、更に米ドル建て劣後特約付社債の4,500万米ドル(4,950億円@1ドル110円換算)もありますので、合計1兆8,160億円の半分である9,080億円を有利子負債としてカウントせずに、株主価値を算出しています。 ハイブリッド債は確かに資本性の資金(ソフトバンクGの場合は50%資本性評価を得ているのでしょう)ではありますが、通常はノンコール期間到来後はリファイナンス(借換)にて対応します。 間違いではありませんし、考えもおかしくはありませんが、ハイブリッド債を有利子負債から50%控除するのは少しソフトバンクGに都合が良いようには感じます(ハイブリッド債でリファイナンスが出来ずそのまま期限まで償還しない対応をした場合、恐らく二度とハイブリッド債は発行出来ないでしょう)。 金融全般について考察するブログです。 自分が新入行員だった頃に、銀行じゃ習わないけど必要な知識等を解説してくれるサイトが欲しかったので、そんなサイトを目指してブログを開設しました。 是非とも読者登録もお願い致します。 筆者:旦 直土(だん なおと)。 ブログ開設当初は二口 直土(ふたくち なおと)として活動。 銀行で主に法人営業担当および人事関係の業務に携わる。 2017年より「銀行員のための教科書」と題するブログを立ち上げ、銀行に関する情報のみならず、経済・労働問題について情報発信するようになる。 自身が若手の頃に本当に学びたかったことが銀行の研修資料やマニュアル等には説明されていなかったことを思い出したことがきっかけ。 以降、若手銀行員や他業界の方に対して発信を行うようになる。

次の

LTV

ソフトバンク ltv

ソフトバンクグループ(SBG)の多額の負債をめぐり、同社と格付け会社の見解が対立している。 投機的等級の格付けをSBGに付与するS&Pグローバル・レーティングとムーディーズ・インベスターズ・サービスは、多くの借り入れを使った積極的な成長戦略が、投資適格の格付け付与の障害となっていると指摘。 ともに今後は格上げよりも格下げが行われる可能性の方が高いとしている。 SBGはファンド立ち上げや携帯子会社上場を通じて投資会社に転換しており、LTV(純有利子負債を保有株式価値で割った比率)を信用力評価の基準に打ち出している。 会社サイトによると直近のLTVは14%で、上限の目安を35%にしている。 LTVについて格付け会社は「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」への拠出といった他の要因を考慮すれば、より高くなると計算している。 S&P主席アナリストの吉村真木子氏は電話取材で、SBGについて「財務リスクは大きい」「積極的な成長戦略と財務方針のバランスが重要だ」と語った。 ムーディーズの柳瀬志樹シニアクレジットオフィサーも電話取材で「孫社長はポートフォリオのマネタイズを活発化するとしており、それを確かめる必要がある」と語った。 S&Pは今後数年間のLTVは30~35%で推移すると予想。 ムーディーズは20~25%程度だと推定している。

次の

負債で成長のSBGと対立 格付け2社「投資適格付与の障害」 (1/2ページ)

ソフトバンク ltv

2019年5月9日、ソフトバンクグループ株式会社 2019年3月期 決算説明会が開催されました。 登壇した代表取締役会長 兼 社長の孫正義は、ひとつのグラフを示したうえで「これがソフトバンクグループの株主価値であり、インターネットトラフィックの規模と比例しています」と触れてから、今後ソフトバンクグループの株主価値を増やしていく成長エンジンと位置付けるソフトバンク・ビジョン・ファンド(以下、「SVF」)を中心に、2018年度の業績ハイライトや財政方針、今後の成長戦略などについての説明を行いました。 営業利益81%増、当期純利益 3期連続1兆円超 業績ハイライトは、売上高 9兆6,022億円(前年比5%増)、営業利益2兆3,539億円(前年比81%増)、当期純利益 1兆4,112億円(前年比36%増)。 孫は「3期連続で純利益が1兆円を超えた」と述べました。 これは2年前に『SoftBank 2. 0』として、新しく投資会社へと移行したときから変わりません」と自身の経営姿勢を改めて説明。 株主価値の表す計算式の数字はシンプルにこの3つしかありません。 また、LTV(Loan to Value:資産価値に対する負債比率)が16%であることから、現在の経営状況はでき過ぎなぐらい健全な状態です。 今後もLTVは25%未満で運営していきたい」と説明しました。 株主価値を最も増やす成長エンジンはSVF 次に株主へのSVFの貢献について、「ソフトバンクグループの株主に直接帰属する利益と成果報酬を合わせて(利回りは)62%に達しています。 そして株主価値を最も増やす成長エンジンがSVFです。 SVFには3つの特長があり、AIに特化していること、ユニコーンへの投資に特化していること、それによりシナジーを創出しやすいこと」と説明。 そして、さまざまな投資ファンドと比較したSVFの好成績ぶりについても強調しました。 さらに、AI事業を行っている新たな投資先として、AIを活用した中国最大級の中古車取引プラットフォームを運営するGuaziと、AIによる総合血液生体検査サービスを手掛ける米国のGuardant Healthについても触れました。 AIの高精度な推論は、事業の需要を予測し最適な供給をもたらす。 推論を高めるのはIoTで集積したさまざまなデータ。 IoTに不可欠なArmのチップによって通信が進化し、地球上のさまざまなことがリアルタイムでわかる時代がくる」とし、AIが事業に決定的な違いを与えると結論づけました。 二次曲線で株主価値を上げていくためのAI起業家集団 最後に、孫はSVF 2の設立を近日発表予定と言及し、規模、時期は確定後発表するとし「SVFは私の情熱の97%を占める」と説明。 さらに、「過去25年間でインターネット産業の時価総額の合計は1,000倍になった。 世界の時価総額トップ10社のうち7社はインターネットカンパニーである。 今まではインターネットトラフィックに比例して時価総額を伸ばしてきたが、今後はAIを伴うデータトラフィックに比例して伸びていく。

次の