委託ドライバー 大阪。 委託ドライバーの実態!軽運送開業に向けてお金や仕事を徹底大調査!

ケイハイ

委託ドライバー 大阪

でも、本当にそんなに稼げるの?と疑問に思う方も多いはず。 こちらでは、委託ドライバーがどれくらい稼げるのかをまとめました。 また、必要な経費も分かりやすく解説。 年収をシミュレーションする際の参考にしてくださいね。 ページの最後にはガッツリ稼ぎたい方向けのおすすめ企業も紹介しています。 ぜひこちらもチェックしてみてください! 委託ドライバーの年商は? まずは年収を知る前に年商について知らなくてはなりません。 年収と年商をよく勘違いしている方がいるので説明します。 年商とは単純な売上のことを指します。 つまり自分がどれだけ稼いだかということ。 仮に配送単価が150円の商品を1日100個配送した場合の 1日の売上は1万5千円。 それを25日稼働したとすると 月の売上は37万5千円。 つまり450万円が単純な売上となるのです。 そしてここから 経費を引いた額が年収となります。 報酬体系のチェックも大切 また、 配送単価以外の報酬体系があるのも知っておきたいポイント。 「週5日出勤で1日75~90個の配送を行なった場合、月に43万円が業務委託料金として支払われる」といった契約もあります。 配送単価での売上計上よりも、 過剰労働のリスクが低く、安定した働き方ができる報酬体系だと言えるでしょう 年商を考える際には「どのような報酬体系での契約なのか」「その契約だと、実際にはどんな働き方になるのか」を含めてシミュレートしておくのが大切です。 出来高払いで、高収入を目指せるのが魅力。 一方、事故などで収入が絶たれる不安も。 毎月の経費はどれくらいかかる? 高収入な委託ドライバーに惹かれている方に注意してほしいのが 「売り上げから経費が引かれること」です。 具体的にどのような経費が必要になるのか解説するので、早速チェックしていきましょう! 車両に関する経費 委託ドライバーの 代表的な経費は「ガソリン代(燃料費)」です。 走行距離によって金額は異なりますが、1カ月でおよそ2~3万円ほど。 年間では24~36万円のガソリン代がかかります。 委託ドライバーの主な年間経費は以下のリストを確認してください。 ガソリン代:30万円(1カ月2. 5万円の場合)• 自動車保険:24万円(車両保険付帯)• 車検:8~9万円(2年に1度) 年間経費の合計は54万円、車検がある年には62万円にも及ぶのです。 意外とかかる車両メンテナンス費用 上記に挙げた経費のほかに、 必要に応じて車両のメンテナンス費用がかかります。 具体的にはエンジンの不具合やエアコンの修理、エンジンオイル・タイヤ・バッテリーの交換など。 企業のなかには、お得な月額料金で自動車整備(法定点検や車検、必要なメンテナンスなど)を行なう 「メンテナンスパック」を提供しているところもあります。 お金を稼ぎたいなら、余計な出費を抑えるためのサポートにも着目しましょう! その他の経費 保険料や駐車場代は全額自己負担 委託ドライバーは社員ではなく、個人事業主に分類されます。 一般的な会社員は保険料の半額を会社が負担してくれますが、委託ドライバーの場合は すべて自己負担。 給料から天引きされないので、自分で振り込み・支払いをしなくてはなりません。 保険料は居住地域や月収によって異なります。 詳しくは各市区町村の担当窓口で確認するか、国民健康保険の公式サイトで保険料をシミュレーションしてみてくださいね。 合計するといくらぐらい? 経費の合計はその人の働き方や車の燃費などによって変わってくるので一概にはいえませんが、だいたい 毎月10万円を見ておくとよいでしょう。 つまり 年間120万円は経費として発生するということです。 委託ドライバーの手取りはいくら? では実際いくら収入として得ることができるのかシミュレーションしていきます。 上記の金額をもとに計算しましょう。 配送量:100個/1日• 月の稼働日:25日• 例えば配送単価が高いところだと180円~200円のところもありますし、配送量を150個~200個近く配達する人もいます。 経費に関してはそれほど誤差がでないので、配送単価の高いところでたくさん働けば、ガンガン稼ぐことができるのです。 また、配送単価による計算ではなく、 「月間で20日、1コースの配送を続ければ43万円の業務委託料が支払われる」といった契約をする企業もあります。 この契約の場合には 過剰労働が防げて、一定水準以上の報酬が安定的にもらえる点がメリットです。 月間や年間といった中長期的視点での収益を考えると、 単純な配送個数での報酬よりもこちらの契約の方が稼げる場合もあるでしょう。 お金をガッツリ稼ぎたいなら!企業選びのポイント ガッツリ働いてガッツリ儲けたいなら、 所属する企業選びが大切です。 選び方のポイントを知らないと、損をしてしまうことも…。 賢く稼ぐためには企業の 「業務委託料金」と 「メンテナンスパックの有無」が重要なカギ。 どれだけたくさん荷物を運んでも、もらえる報酬が低ければ大きな収入アップは望めません。 また、働けば働くほど走行距離も長くなり、車両自体に負担がかかります。 不具合が起きた時の修理や、タイヤ・バッテリーの交換が必要になる回数も多くなるでしょう。 毎回多額のメンテナンス費用を払っていては、せっかく稼いだお金もなくなってしまいます。 そのため、企業選びの際には「業務委託料金」と「メンテナンスパックの有無」をチェックしておくのが重要になるのです。 quick-ace. 桃太郎便は、企業を選ぶ際に重要なカギとなる「業務委託料金」と「メンテナンスパック」、両方とも文句の付けようがないほど高水準。 詳しく紹介するので、ぜひチェックしてみてください。 業界トップクラスの業務委託料金設定 桃太郎便の魅力は、 430,000~506,000円/月という業務委託料金です(東京・埼玉の対応エリアで20~22日/月稼働した場合)。 この報酬設定は 委託ドライバー業界のなかでもかなりの高水準。 1カ月20~22日稼働し(週休2日)、1日あたり100個以上の荷物を配達すれば 年商は569万2千円です。 年間経費を120万円とすると、 年収は449万2千円! 完全週休2日で、過剰労働に陥らず安定して稼げる年収としては非常に高いものだと言えます。 お得!格安メンテナンスパックを用意 桃太郎便は、軽自動車整備を対象にした オールメンテナンスパックを提供しています。 法定点検や車検、それらに必要なメンテナンスなどすべて含めて 月額わずか3,900円(新車から5年間の場合)。 パックには、エンジンの不具合全般のメンテナンスや、エンジンオイル・タイヤ・バッテリー・その他消耗品の交換、エアコンや電装部品の修理がすべて含まれています。 24時間レスキューサービスも付帯しているので、緊急時にも安心です。 これほど保証が充実している企業はなかなかありません! メンテナンスパックを1年間利用した場合にかかるコストは46,800円。 利用しなかった場合と比べると 25,000~40,000円もお得になるそうです。 安全に仕事を行なうため、そして余計な出費を削減して稼ぎを増やすために、加入は必須!ぜひ検討してみてください。

次の

委託ドライバーってどんな仕事?キツイ?稼げるの?その実態教えます

委託ドライバー 大阪

楽天エクスプレスとは? 「Rakuten EXPRESS」とローマ字表記するのが正式な呼称のようです。 ここではわかりやすく「楽天エクスプレス」と記していきます。 楽天はECサイト「楽天市場」における出店店舗の商品の保管から出荷まで。 全て楽天が一括して担う総合物流サービスを目指し、自社物流機能の強化を進めています。 この総合物流サービスを「楽天スーパーロジスティクス」、そのうちの配送部門を「楽天エクスプレス」と呼びます。 現在楽天エクスプレスが扱うのは「楽天ダイレクト」「楽天ブックス」「楽天ブランドアベニュー」の商品。 楽天市場の出店店舗のうち「楽天スーパーロジスティクス」を活用している店舗の商品の一部を配送しています。 すでに千葉県内や兵庫・大阪に物流センターを開設しています。 今後千葉県の習志野市と神奈川県の大和市に新たに物流拠点を開設(2020年中頃より稼働予定) 今後も全国規模で物流の拠点を増やしていく予定であり、当然それに伴い配送サービスも全国的に拡大していくでしょう。 同時にドライバーや物流施設ごとに雇用の拡大も期待できそうですね。 この記事を書いている段階では配送エリアは福岡県の一部や北海道の一部まで拡大しています。 関東や関西の主要エリアを含めると全国のカバー率は40%近くまで上がってきました。 拠点の拡大と配送網については強力なライバルでもあるAmazon Flexと似たような展開が繰り広げられています。 また「置き配」にも対応しているのも似ており、不在・再配達を極力減らす努力をしていることもドライバーにとってはメリットがあります。 楽天エクスプレスは稼げる?稼げない? 楽天エクスプレスの求人や報酬についての情報はなぜか非常に少ない。 まだ配送エリアが少ないというのもあるかもしれませんね。 だからか稼げる稼げないの情報もいろいろです。 割と多く聞こえてくるのは1日8時間で「日給15,000~16,000円」。 稼げるポイントと稼げないポイントをリサーチしてみました! 稼げるポイント:日当制 軽貨物の宅配業務は基本的に個数単価の完全出来高制で報酬が貰える仕組みです。 楽天エクスプレスの場合は宅配ですが個数ではなく日当制で報酬が貰えます。 宅配はどうしても天候や不在率などで報酬が安定しません。 楽天エクスプレスはしっかりと安定するので助かりますね。 稼げないポイント:物量が不安定 まだ新しいサービスなので物量が少ないと噂になっています。 物量が少ないと思った通りに勤務ができない問題があるようです。 実際楽天エクスプレスの求人をあまり見ないのは物量が多くないからでしょう。 もう少しサービスがうまく回りだせば物量も安定すると思います。 時間帯はどのエリアも固定だと思われます。 楽天エクスプレスを始める前に少しだけ経費がかかります。 特別な経費は・・・。 健康診断:約10,000円• 運転適性検査:4,200円• 運転記録証明:670円 よくある質問は赤い車両を貸出及び用意する必要性ですが。 楽天エクスプレスのマグネットの貸出があります。 車両と経費は原則ドライバー持ちです(車両用意の場合あり)。 Amazon Flexは1ブロック(2時間)あたり税込4,000円ぐらいですから、時給2,000円として1日8時間やると1日の収入は16,000円。 税別ですと実質14,500円という感じ。 Amazon Flexは事務手数料みたいな怪しいものがないので売上はそのまま懐に入れることができます。 大手運送会社やデリプロの場合は多少の単価の違いはありますが、まあ150円としましょう。 労働時間を1日8時間に揃えると大体100個ぐらい配れるとして日収は15,000円という感じ。 収入の不安定さはあるが、1番稼げる仕事でもあります。 ただし大手やデリプロの場合は単価がいくらか? 消費税が別建てになっているかどうか、売上から別途手数料が発生するかなどでだいぶ様相が変わりますね。 以上を踏まえると楽天エクスプレスの日給15,000~16,000円というのは的外れでもないですね。 車両と経費が楽天持ちであれば好条件です。 そしてもう1つ気になる情報。 楽天エクスプレスは昼休憩が設定されており、現在はかなり長い時間(1時間以上)が設定されているとか。 他社の仕事では休憩は各自の裁量に任されている。 とは言っても1日の収入を15,000円レベルを確保するとかアカウント停止を喰らわないようにするには・・・。 20~30分の休憩すら惜しんで働かないといけないような気がいたします。 以上のことから収入の安定性で考えれば楽天エクスプレスかAmazon Flex。 ただしAmazon Flex にはアカウント停止という罰則があるのがストレスであり、仕事も毎日必ず取れるとは限らないデメリットが存在する。 楽天エクスプレスにはそういうペナルティや不確実性というものが聞こえてこない。 休憩時間の存在を考えると運送仕事の中では条件は悪くない部類に入ると思います。 楽天エクスプレスの業務委託求人は日当3万円ってホント!? 報酬に関する情報が乏しいこともあって好き勝手な噂が飛び交っておりますが、上で述べてきたことから考えると、日給制で日当3万円というのは有り得ませんね。 1日の労働時間が法を度外視するような働き方をさせられるのであれば有り得るかもしれませんが、さすがに今はそれはできません。 昼の休憩時間から考えると報酬より労働環境を重視している節があります。 ヤマト運輸が苦しんでいるのもその部分ですね。 労働時間規制で1日の配達量の上限問題が顕著になってきており、人手不足が解消せず人海戦術もできずに売り上げは頭打ちの赤字状態が続いてしまっている。 楽天エクスプレスのドライバー募集は滅多に見かけませんから、現状の配達エリアとカバー率から考えれば今はさほど人手に困っている状況ではないと推測できます。 今後自前の物流拠点が拡大し扱う荷量が増えていくことが確実になった時、どういう待遇でドライバー確保に走るのかは興味のあるところです。 その頃には運送業全体でドライバーの囲い込みが今より激しくなっていることも考えられるので、楽天エクスプレスだけでなく他社の待遇・条件の中には「日当3万円も可能!」という謳い文句が当たり前になっている? 楽天エクスプレスの評判口コミまとめ! 楽天だけではなくヨドバシカメラやアスクル等も自社配送網を強化しようとしています。 Amazon Flex やPick Go、ハコベルといった新興勢力も含めて、運送業において働き方の選択肢が増えてきたのは歓迎すべきことですね。 大事なことはそれぞれに特徴があるのでいかに自分が望む働き方であるか?ということ。 ここに楽天エクスプレスの働き方がイメージできる動画があります。 軽貨物ドライバーとして3つの働き方に大別できるように感じています。 一つは大手運送会社やデリバリープロバイダーの仕事を請ける場合の「拘束されるイメージ」の働き方。 一つはAmazon Flex やPick Go、ハコベルのような「自分の好きな時に好きなだけ」という自由な働き方。 そしてもう一つは楽天エクスプレスのような社員ではないが「組織・会社員的」という統率された働き方。 「拘束される」のと「組織・会社員的」というのは同じような感じに捉えられるかもしれません。 前者は労働がエンドレスのようなドロドロした働き方、後者は仕事とプライベートが明確・メリハリが効いているという働き方とイメージしていただくとわかりやすいでしょうか。 動画を見て何か感じたものはありましたか? 統一されたロゴ入りの真っ赤な車、お揃いのユニフォーム。 こういうのが好きな人もいれば生理的に受け付けない人もいるでしょう。 稼げれば我慢できますか? 軽運送業を始めてみようかと言う方々にとっては働き方も報酬も選択肢が増えてきた良き時代だと思います。 今はどの会社にいても先行き不透明。 だったら規模と知名度のある「楽天」の一員となり、会社員並みには稼げる軽ドライバーをやってみるのも面白いかも? 楽天エクスプレス配達員インタビュー! 現役の楽天エクスプレスの配達員の方にインタビューができました。 まだまだ情報が少ないので貴重な情報。 内容をnoteにてまとめてみたので、現在の楽天エクスプレスの状況を知りたい方はご覧ください。

次の

【堺市 宅配ドライバー 求人情報】株式会社大鷹運送|求人jobs

委託ドライバー 大阪

でも、本当にそんなに稼げるの?と疑問に思う方も多いはず。 こちらでは、委託ドライバーがどれくらい稼げるのかをまとめました。 また、必要な経費も分かりやすく解説。 年収をシミュレーションする際の参考にしてくださいね。 ページの最後にはガッツリ稼ぎたい方向けのおすすめ企業も紹介しています。 ぜひこちらもチェックしてみてください! 委託ドライバーの年商は? まずは年収を知る前に年商について知らなくてはなりません。 年収と年商をよく勘違いしている方がいるので説明します。 年商とは単純な売上のことを指します。 つまり自分がどれだけ稼いだかということ。 仮に配送単価が150円の商品を1日100個配送した場合の 1日の売上は1万5千円。 それを25日稼働したとすると 月の売上は37万5千円。 つまり450万円が単純な売上となるのです。 そしてここから 経費を引いた額が年収となります。 報酬体系のチェックも大切 また、 配送単価以外の報酬体系があるのも知っておきたいポイント。 「週5日出勤で1日75~90個の配送を行なった場合、月に43万円が業務委託料金として支払われる」といった契約もあります。 配送単価での売上計上よりも、 過剰労働のリスクが低く、安定した働き方ができる報酬体系だと言えるでしょう 年商を考える際には「どのような報酬体系での契約なのか」「その契約だと、実際にはどんな働き方になるのか」を含めてシミュレートしておくのが大切です。 出来高払いで、高収入を目指せるのが魅力。 一方、事故などで収入が絶たれる不安も。 毎月の経費はどれくらいかかる? 高収入な委託ドライバーに惹かれている方に注意してほしいのが 「売り上げから経費が引かれること」です。 具体的にどのような経費が必要になるのか解説するので、早速チェックしていきましょう! 車両に関する経費 委託ドライバーの 代表的な経費は「ガソリン代(燃料費)」です。 走行距離によって金額は異なりますが、1カ月でおよそ2~3万円ほど。 年間では24~36万円のガソリン代がかかります。 委託ドライバーの主な年間経費は以下のリストを確認してください。 ガソリン代:30万円(1カ月2. 5万円の場合)• 自動車保険:24万円(車両保険付帯)• 車検:8~9万円(2年に1度) 年間経費の合計は54万円、車検がある年には62万円にも及ぶのです。 意外とかかる車両メンテナンス費用 上記に挙げた経費のほかに、 必要に応じて車両のメンテナンス費用がかかります。 具体的にはエンジンの不具合やエアコンの修理、エンジンオイル・タイヤ・バッテリーの交換など。 企業のなかには、お得な月額料金で自動車整備(法定点検や車検、必要なメンテナンスなど)を行なう 「メンテナンスパック」を提供しているところもあります。 お金を稼ぎたいなら、余計な出費を抑えるためのサポートにも着目しましょう! その他の経費 保険料や駐車場代は全額自己負担 委託ドライバーは社員ではなく、個人事業主に分類されます。 一般的な会社員は保険料の半額を会社が負担してくれますが、委託ドライバーの場合は すべて自己負担。 給料から天引きされないので、自分で振り込み・支払いをしなくてはなりません。 保険料は居住地域や月収によって異なります。 詳しくは各市区町村の担当窓口で確認するか、国民健康保険の公式サイトで保険料をシミュレーションしてみてくださいね。 合計するといくらぐらい? 経費の合計はその人の働き方や車の燃費などによって変わってくるので一概にはいえませんが、だいたい 毎月10万円を見ておくとよいでしょう。 つまり 年間120万円は経費として発生するということです。 委託ドライバーの手取りはいくら? では実際いくら収入として得ることができるのかシミュレーションしていきます。 上記の金額をもとに計算しましょう。 配送量:100個/1日• 月の稼働日:25日• 例えば配送単価が高いところだと180円~200円のところもありますし、配送量を150個~200個近く配達する人もいます。 経費に関してはそれほど誤差がでないので、配送単価の高いところでたくさん働けば、ガンガン稼ぐことができるのです。 また、配送単価による計算ではなく、 「月間で20日、1コースの配送を続ければ43万円の業務委託料が支払われる」といった契約をする企業もあります。 この契約の場合には 過剰労働が防げて、一定水準以上の報酬が安定的にもらえる点がメリットです。 月間や年間といった中長期的視点での収益を考えると、 単純な配送個数での報酬よりもこちらの契約の方が稼げる場合もあるでしょう。 お金をガッツリ稼ぎたいなら!企業選びのポイント ガッツリ働いてガッツリ儲けたいなら、 所属する企業選びが大切です。 選び方のポイントを知らないと、損をしてしまうことも…。 賢く稼ぐためには企業の 「業務委託料金」と 「メンテナンスパックの有無」が重要なカギ。 どれだけたくさん荷物を運んでも、もらえる報酬が低ければ大きな収入アップは望めません。 また、働けば働くほど走行距離も長くなり、車両自体に負担がかかります。 不具合が起きた時の修理や、タイヤ・バッテリーの交換が必要になる回数も多くなるでしょう。 毎回多額のメンテナンス費用を払っていては、せっかく稼いだお金もなくなってしまいます。 そのため、企業選びの際には「業務委託料金」と「メンテナンスパックの有無」をチェックしておくのが重要になるのです。 quick-ace. 桃太郎便は、企業を選ぶ際に重要なカギとなる「業務委託料金」と「メンテナンスパック」、両方とも文句の付けようがないほど高水準。 詳しく紹介するので、ぜひチェックしてみてください。 業界トップクラスの業務委託料金設定 桃太郎便の魅力は、 430,000~506,000円/月という業務委託料金です(東京・埼玉の対応エリアで20~22日/月稼働した場合)。 この報酬設定は 委託ドライバー業界のなかでもかなりの高水準。 1カ月20~22日稼働し(週休2日)、1日あたり100個以上の荷物を配達すれば 年商は569万2千円です。 年間経費を120万円とすると、 年収は449万2千円! 完全週休2日で、過剰労働に陥らず安定して稼げる年収としては非常に高いものだと言えます。 お得!格安メンテナンスパックを用意 桃太郎便は、軽自動車整備を対象にした オールメンテナンスパックを提供しています。 法定点検や車検、それらに必要なメンテナンスなどすべて含めて 月額わずか3,900円(新車から5年間の場合)。 パックには、エンジンの不具合全般のメンテナンスや、エンジンオイル・タイヤ・バッテリー・その他消耗品の交換、エアコンや電装部品の修理がすべて含まれています。 24時間レスキューサービスも付帯しているので、緊急時にも安心です。 これほど保証が充実している企業はなかなかありません! メンテナンスパックを1年間利用した場合にかかるコストは46,800円。 利用しなかった場合と比べると 25,000~40,000円もお得になるそうです。 安全に仕事を行なうため、そして余計な出費を削減して稼ぎを増やすために、加入は必須!ぜひ検討してみてください。

次の