プリンタユーティリティdllが見つかりません。 キヤノン:サポート|ソフトウエアダウンロード

SPC10 Ver2.00のダウンロード

プリンタユーティリティdllが見つかりません

クライアントOS(Windows)用のプリンタドライバが、プリントサーバ側に追加(または代替)インストールされていない状態で、クライアントからサーバ共有プリンタのドライバをネットワークインストールしようとしたときに表示されるメッセージです。 いったんインストールを中断し、サーバに追加(または代替)ドライバをインストールしてからクライアントでネットワークインストールを行うか、クライアント側で 「Printia LASER プリンタユーティリティ」からプリンタドライバをインストールしてください。 サーバ側に追加(または代替)ドライバをインストールする方法、およびクライアント側でのプリンタドライバのインストール方法については、をご覧ください。 「管理者権限がないため、メッセージ連携サービスを未登録状態とします」というメッセージが表示された。 対処: パソコン上のポート(USB、パラレルポートなど)を無効に設定するアプリケーション(「Portshutter」など)を使用して、印刷するポートを無効にする(遮断する)設定にしていませんか。 印刷するポートが無効(遮断)設定の場合は印刷ができませんので、設定を解除してください。 ポートが追加できない、またはポート追加時に警告が表示される NTで、「Printianavi インストーラ」ウィンドウの「ネットワークでプリンタを使う」をクリックしてインストールを行い、ポートを追加しようとすると、メッセージが表示され、ポートが追加されない。 NTで、「Printianavi ネットワークポート管理」からポートを追加しようとしたらメッセージが表示され、ポートが追加されない。 対処: の「LPR印刷」が「有効」になっていますか? の「LPR印刷」を「有効」に設定してLPRポートを追加してください。 ウィンドウをキャンセルしても、OSを再起動するたびに同じウィンドウが表示される。 対処: 「Printianaviネットワークポートモニタ」(V22. 00以降)インストール後に、古い「Printianaviネットワークソフトウェア2」から「Printianaviネットワークポートモニタ」(V10. 0L10~L12)をインストールした環境で、「Printianaviネットワークソフトウェア3」へアップデートしようとしたときに表示されるメッセージです。 「OK」をクリックしてインストールを中断してください。 インストールを中断した状態のままでも、印刷や「Printianaviネットワークポートモニタ」の動作には問題ありませんが、「Printianaviネットワークソフトウェア3」へのアップデートを行う場合は、再度、最新のドライバセットアップの「ソフトウェアの更新」を行ってから、「Printianaviネットワークソフトウェア3」のインストールを行ってください。

次の

プリンタドライバのインストール

プリンタユーティリティdllが見つかりません

ご注意:下記の使用許諾契約書(以下本契約書と言います。 )をよくお読みください。 これは、お客様が、本契約書と共に提供される当該キヤノンファインテックニスカ製のプリンター(以下「プリンター」と言います。 )用ソフトウェア(本契約書以外の各マニュアル、印刷物等を含み、併せて以下「本ソフトウェア」と言います。 )をご使用になるための、お客様とキヤノンファインテックニスカ株式会社(以下キヤノンファインテックニスカと言います。 )との間の契約書です。 お客様は、『同意』を示す行為、または「本ソフトウェア」の使用のいずれかをもって、本契約書に同意したことになります。 お客様が本契約書に同意できない場合、「本ソフトウェア」を使用することはできません。 キヤノンファインテックニスカは、お客様が「プリンター」を利用する目的のために、「本ソフトウェア」1部を使用(本契約書においては、「本ソフトウェア」をコンピュータの記憶媒体上にインストールすること、またはコンピュータにおいて表示すること、アクセスすること、もしくは実行することのいずれも含むものとします。 )するための非独占的権利をお客様に対して許諾します。 お客様は、上記 1 に基づいて「本ソフトウェア」を使用するためのバックアップとして、「本ソフトウェア」を1部、複製することができます。 上記 1 および 2 に定める場合を除き、キヤノンファインテックニスカまたはキヤノンファインテックニスカのライセンサーのいかなる知的財産権も、明示たると黙示たるとを問わず、本契約書によってお客様に譲渡あるいは許諾されるものではありません。 お客様は、再使用許諾、譲渡、販売、頒布、リースもしくは貸与その他の方法により、第三者に「本ソフトウェア」を使用させることはできません。 お客様は、「本ソフトウェア」の全部または一部を修正、改変、逆コンパイル、逆アセンブル、その他リバースエンジニアリング等することはできません。 また第三者にこのような行為をさせてはなりません。 帰属 「本ソフトウェア」に係る権原および所有権は、その内容によりキヤノンファインテックニスカまたはキヤノンファインテックニスカのライセンサーに帰属します。 著作権表示 お客様は、「本ソフトウェア」に含まれるキヤノンファインテックニスカまたはキヤノンファインテックニスカのライセンサーの著作権表示を変更し、除去しもしくは削除してはなりません。 保証の否認・免責• 「本ソフトウェア」は、『現状のまま』の状態で使用許諾されます。 キヤノンファインテックニスカ、キヤノンファインテックニスカの関係会社(キヤノンファインテックニスカを除き、以下同じとします。 )、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウェア」に関して、商品性および特定の目的への適合性の保証を含め、いかなる保証も、明示たると黙示たるとを問わず一切しないものとします。 キヤノンファインテックニスカ、キヤノンファインテックニスカの関係会社、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウェア」の使用または使用不能から生ずるいかなる損害(逸失利益およびその他の派生的または付随的な損害を含むがこれらに限定されない全ての損害を言います。 )について、適用法で認められる限り、一切の責任を負わないものとします。 たとえ、キヤノンファインテックニスカ、キヤノンファインテックニスカの関係会社、それらの販売代理店または販売店がかかる損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。 キヤノンファインテックニスカ、キヤノンファインテックニスカ関係会社、それらの販売代理店または販売店のいずれも、「本ソフトウェア」、または「本ソフトウェア」の使用に起因または関連してお客様と第三者との間に生じたいかなる紛争についても、一切責任を負わないものとします。 輸出 お客様は、日本国政府または関連する外国政府より必要な認可等を得ることなしに、「本ソフトウェア」の全部または一部を、直接または間接に輸出してはなりません。 契約期間• 本契約書は、お客様が、『同意』を示す行為を行った時点、または「本ソフトウェア」を使用した時点で発効し、下記 2 または 3 により終了されるまで有効に存続します。 お客様は、「本ソフトウェア」およびその複製物のすべてを廃棄および消去することにより、本契約書を終了させることができます。 お客様が本契約書のいずれかの条項に違反した場合、本契約書は直ちに終了します。 お客様は、上記 3 によって本契約書が終了した場合、速やかに、「本ソフトウェア」およびその複製物のすべてを廃棄または消去するものとします。 GOVERNMENT RESTRICTED RIGHTS NOTICE The Software is a "commercial item," as that term is defined at 48 C. 101 Oct 1995 , consisting of "commercial computer software" and "commercial computer software documentation," as such terms are used in 48 C. 212 Sept 1995. Consistent with 48 C. 212 and 48 C. 227. 7202-1 through 227. 7202-4 June 1995 , all U. Government End Users shall acquire the Software with only those rights set forth herein. 本条項中で使用される"the Software"とは、本契約書中で定義される「本ソフトウェア」を意味し、指し示すものとします。 分離可能性 本契約書のいずれかの条項またはその一部が法律により無効であると決定された場合でも、その他の条項は完全に有効に存続するものとします。 以上 キヤノンファインテックニスカ株式会社 注意・制限事項• プリンタードライバーのインストールを行うためにはプリンターの設定に関するアクセス権が必要です。 あらかじめ、管理者アカウントでログオンしてください。 起動中のアプリケーションソフトはすべて終了してください。 インストールについて ダウンロード/インストール手順• [ ダウンロード開始 ] をクリックして、 [ 保存 ] を選択した後、 [ 名前を付けて保存 ] 画面で [ 保存 ] をクリックして、ファイルをダウンロードしてください。 ダウンロードしたファイルは圧縮されていますので、ダブルクリックして解凍します。 作成された「Mk2600JP」フォルダーをダブルクリックします。 「setup. exe」 をクリックし、インストールを実行します。 インストール開始後は画面の指示に従ってください。 ソフトウエア概要 名称 ケーブルIDプリンター PC接続キットV4. 本製品の内容 本製品には以下のものが収められています。 Mk2600プリンタードライバー Windows 上のアプリケーションから キヤノンケーブルIDプリンターで印刷するために必要なソフトウエアです。 変更履歴.

次の

【解決済】TEPRAのドライバがWin10でアンインストール出来ない

プリンタユーティリティdllが見つかりません

場合によっては、unidrv. dllのエラーは、 問題、ウイルスまたは問題、または障害を示す可能性があり。 unidrv. dllエラーがコンピュータに表示されるいくつかの異なる方法があります。 unidrv. dllエラーが発生する可能性のある一般的な方法を次に示します。 Unidrv. dllが見つかりません。 このアプリケーションはunidrv. dllが見つからないため、起動でき ません でした。 dllが見つかりませんunidrv. dll ファイルが見つかり ません[APPLICATION]を開始できません。 必要なコンポーネントが見つかりません:unidrv. dll。 もう一度[APPLICATION]をインストールしてください unidrv. dllファイルは、Microsoftのユニバーサルプリンタドライバに関連付けられています。 unidrv. dllエラーの文脈は、問題の解決に役立つ重要な情報です。 Unidrv. dllエラーメッセージは、特定のプログラムの使用中またはインストール中、Windowsの起動時またはシャットダウン時、またはWindowsインストール中であっても表示されることがあります。 unidrv. dllエラーメッセージは、 、 、 、 、 、およびWindows 2000を含むMicrosoftののいずれかでファイルを利用するプログラムまたはシステムに適用される可能性があります。 Unidrv. dllエラーを修正する方法 重要: unidrv. dllを「DLLダウンロード」Webサイトからダウンロードしないでください。 理由はたくさんあり。 unidrv. dllのコピーが必要な場合は、元の正当なソースから取得することをお勧めします。 注: unidrv. dllエラーのためにWindowsに正常にアクセスできない場合は、 して次の手順を実行してください。 unidrv. dll が "見つからない"の最も簡単な原因は、誤って削除したことです。 誤ってunidrv. dllを削除したが、既にごみ箱を空にしてしまった疑いがある場合はをことができ。 重要: unidrv. dllの削除されたコピーをファイル回復プログラムでリカバリすることは、自分でファイルを削除したことを確信していて、それを実行する前に正しく動作していた場合にのみ有効です。 unidrv. dllの一部のエラーは、DLLファイルを破損したコンピュータ上のウイルスやその他のマルウェア感染に関連している可能性があります。 あなたが見ているunidrv. dllエラーがファイルとして偽っている敵対的なプログラムに関連している可能性もあります。 重要なファイルや設定の変更によってunidrv. dllエラーが発生したと思われる場合は、 によって問題が解決される可能性があります。 を 、unidrv. dllファイルの不足または破損したコピーを置き換えます。 このDLLファイルはMicrosoftによって提供されるため、 ツールで復元する必要があります。 多くのやその他のは、コンピュータ上の何百ものMicrosoft分散DLLファイルを置き換えたり更新したりします。 unidrv. dllファイルは、これらのアップデートの1つに含まれる可能性があります。 unidrv. dllファイルはMicrosoftのプリンタ関連付けられているため、「unidrv. dllが見つかりません」または関連するエラーを修正する必要があります。 おそらく、このプリントドライバを更新する最も簡単な方法は、不足しているWindowsアップデート(ステップ5)をインストールすることが、 を使用することも有効です。 注: Windows 3. 1を使用している場合は、この手順を使用してプリンタドライバを再インストールして ください。 unidrv. dllを元のソースであるファイルから抽出します。 Windows XPには、Windowsが最初にインストールされたときにunidrv. dllファイルがコピーされるCABファイルがあります。 このファイルを開くと、unidrv. dllファイルをそこから取り出して、ファイルが存在しないというエラーメッセージのどこにでも置くことができます。 cabなどの CABファイルを探し。 CABファイルを次のようなファイル解凍ツールで開きます。 7-Zipし。 注: unidrv. dllエラーメッセージはWindows XPでより一般的ですが、新しいバージョンのWindowsで表示されている場合は、Everythingを使用してコピー可能なコンピュータのunidrv. dllのコピーを探しますそれが必要な場所へ。 特定のプログラムを使用するときにunidrv. dll DLLエラーが発生した場合は、プログラムを再インストールするとファイルが置き換えられます。 特定のハードウェアデバイスのドライバを更新した後にunidrv. dllエラーが発生した場合ます。 上記の個々のunidrv. dllファイルのトラブルシューティングのアドバイスが失敗した場合、スタートアップ修復または修復インストールを実行すると、すべてのWindows DLLファイルが実際のバージョンに復元されます。 unidrv. dll関連の問題を修復を。 無料のレジストリクリーナープログラムは、DLLエラーの原因となっている可能性のある無効なunidrv. dll を削除することによって、役立つことがあります。 重要:私はめったにレジストリクリーナーの使用をお勧めしません。 私はここで、最後に破壊的なステップが来る前に "最後の手段"としてこのオプションを含めました。 Windowsをクリーンインストールすると、 からすべてが消去され、新しいWindowsコピーがインストールされます。 上記のいずれの手順もunidrv. dllエラーを修正しない場合は、これが次の動作のコースになるはずです。 重要:ハードドライブのすべての情報は、クリーンインストール中に消去されます。 この前にトラブルシューティングの手順を使用してunidrv. dllエラーを修正できるようにしてください。 unidrv. dllエラーが続く場合ます。 Windowsをクリーンインストールした後、DLLの問題はハードウェア関連でしかない可能性があります。 その他のヘルプが必要ですか? ソーシャルネットワークまたは電子メールで私に連絡する方法、テクニカルサポートフォーラムに投稿する方法などの詳細については、 を参照してください。 表示されている正確なunidrv. dllエラーメッセージと、既に問題を解決するための手順があれば教えてください。 助けを借りて自分でこの問題を解決することに興味がない場合は、 を参照 あなたのサポートオプションの完全なリストと、修理費用の把握、ファイルの修理、修理サービスの選択、そしてさらに多くの方法のすべてに役立ちます。

次の