ポケモン剣盾 サニゴーン 育成論。 【ポケモン剣盾】リージョンフォーム解説

【ポケモン剣盾】育成論まとめ|おすすめの育て方【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾 サニゴーン 育成論

スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】サニーゴの入手方法と注意点 サニーゴ(ガラルの姿)をゲットするだけなら比較的簡単です、ワイルドエリアのマックスレイドバトルで捕まえるだけですから。 だがしかし サニーゴ(ガラルの姿)を捕まえてはいけないんです。 何故なら夢特性が出てこないから。 ここが重要な注意点で、その辺のサニーゴを捕まえて厳選すると後で後悔することになります。 サニーゴの夢特性にこだわる理由としては通常特性のデメリットがキツすぎるからです。 サニーゴの夢特性と通常特性について — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴの通常特性は「くだけるよろい」 【物理攻撃(接触)を受けると 防御を一段階下げ、素早さを2段階上げる』というものです。 物理受けがメインのポケモンなのに物理技を受けるという クソ珊瑚クソ雑魚になってしまうんですね。 一方夢特性は 「のろわれボディ」 『相手から攻撃を受けると30%の確率でしばらくの間その技をつかえない「かなしばり」状態にする』というものです。 こだわり系のアイテムを持っているポケモンを30%で機能停止に追い込めるので受けポケモンであるサニーゴにとってはそれなりに使い勝手のいい特性です。 防御が下がるなんていうような致命的なデメリットもないので、 必ず夢特性のサニーゴを手に入れる必要があります。 余談ですがポケモンの特性を変える「とくせいカプセル」というアイテム、このアイテムは通常特性の場合のみ変更可能で 通常特性から夢特性に変えることはできませんのでご注意ください。 1つ目の方法は マジカル交換で流れてくるのを祈る マジカル交換で孵化余りが流れてきたのであれば、理想の性格であることも多いので育成も楽で万々歳です。 サニーゴは比較的メジャーなポケモンなので何回もマジカル交換をしていれば時々流れてきます。 しかしマジカル交換は所詮運、いつまでたっても手に入らない可能性も高いので実用性の高いもう一つの方法の方がオススメです。 2つ目の方法は 夢特性のサニゴーンを捕まえに行く。 夢特性のサニゴーンを捕まえ、そこから孵化させていくという方法です。 少し手間はかかりますが確実に捕まえることができます。 サニゴーンがでてくる場所は数箇所あるのですが、その中でもオススメなのがこちらの左端に映っている巣穴です。 ストーンズ原野の、預け屋から少しいったところにある場所です。 ここに「ねがいのかたまり」を投げ、紫色の太い柱がでるまでリセットを繰り返すと4割位の確率でサニゴーンが出てきます。 リセットのやり方はこちらの動画から スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】サニーゴの育成方法! ここからはサニーゴの育成例についてお話ししていきます。 私が使っているサニーゴはこんな感じです。 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴ(ガラルの姿)@しんかのきせき 性格:図太い H252 B252 D4• ちからをすいとる• ステルスロック• ナイトヘッド 持ち物と性格 「進化前のポケモンの防御と特防を1. 5倍にする」という効果を持つしんかのきせきで確定です。 努力値 安定のHBぶっぱ総合耐久を考えるのであればDに20振ってBを236にしたほうが効率がいいらしいですが、努力値振りが面倒だったのでぶっぱしました。 ぶっちゃけどっちでもかわらないです。 技構成 最大の悩みどころです。 回復ソースと攻撃ダウンを両方こなせるぶっ壊れ技、 ちからをすいとる と相手の物理ポケモンを機能停止に追い込める 鬼火 は確定でいいでしょう。 (ちからをすいとる:相手の攻撃の実数値分だけ自分のHPを回復、相手の攻撃を一段階下げる) (鬼火:相手をやけどにする、命中85%なのはご愛嬌) 残り2枠の候補としては 相手のタスキを潰せて、リザードンやギャラドスによく刺さる ステルスロック 相手の能力上昇を打ち消すことができる 黒い霧 この2つから1つ。 ダメージソースとして 相手に負担をかけることができ、相手の耐久ポケモンにも役割を持てる 呪い 固定ダメージで挑発や化けの皮を潰したり、残り少しのHPを削ることのできる ナイトヘッド の2つから1つです。 ( 熱湯は鬼火の枠を圧縮できますが、火力があまりに低いのと30%の火傷に頼るのはリスキーなので不採用としました) 私のオススメは最初にあげた• ちからをすいとる• ステルスロック• ナイトヘッド の構成です。 私最初は ナイトヘッドではなく 呪いを採用してましたが、HP半分削れるのが想像以上に余裕がないことと残りHPわずかの相手を削れないのがもどかしかったので ナイトヘッドを採用しました。 また、 黒い霧は相手に積まれたら打つ暇がなさそうですし、物理アタッカーなら 黒い霧をつかわなくても 鬼火と ちからをすいとるでなんとかなるので、サイクル戦を有利にできる ステルスロックを採用しました。 そんなサニーゴですが、実際の対戦環境での使い勝手はそんな感じでしょうか? 私が30戦くらいサニーゴを使ってランクマッチに潜っていると色々な強みや弱点が見えてきました。 【ポケモン剣盾】サニーゴの実際の使い勝手 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 硬い 対面であればほとんどの物理アタッカー全部をカモにできます。 環境に多いドリュウズ (身代わり?知らん)を筆頭にギャラドスやオノノクス、アイアントやウインディ、ガラルヒヒダルマを受けきることができます。 相性の悪いバンギラスやキリキザンも対面からであれば受けきることが可能です。 一致弱点や、超高火力ポケモン以外なら相手の攻撃を受けながら交代して、そのまま攻撃を受けきることができます。 サニーゴの実際の立ち回り ここからは私が実際にサニーゴ使ってビギナーランクからマスターランクまで上げていく中でやっていた立ち回りや感想を書いています。 (あくまで個人の感想です)• 物理アタッカー相手に投げて ちからをすいとるで回復しつつ攻撃力を下げます。 隙を見て相手に鬼火を使ったり、 ステルスロックを撒きます。 まだ余裕があれば ナイトヘッドを使って削っていく ここまで来ると相手も特殊アタッカー(大体各種ロトム)や挑発持ちのポケモン(大体アーマーガア)に交代して来ます。 こちらは ステルスロックを巻いたり、鬼火で物理アタッカーを潰しているので全体的にスムーズに立ち回ることができます。 相手の手持ちが物理アタッカーしかいない場合はサニーゴを突破できないので詰ませることができます、 物理ポケモンが多い現環境ではかなり強いポケモンです。 しかし正直な話ミミッキュとドラパルトの両方がいるパーティにこいつを選出してしまうと後出しが効かない関係でサイクルを回しづらく、そのまま負けにつながる恐れがあるので ミミッキュ ドラパルト の2体が相手のパーティにいるor選出されそうな場合は選出を控えたほうがいいように感じました。 ドラパルトにもそれなりに打ち合えて、ミミッキュの選出をかなり縛ることができる ドリュウズと組むと出番が増えるのでオススメです。 サニーゴ自体もドリュウズが苦手なドリュウズミラーに対しても強く出られるので相性がいいです! またのような特殊アタッカーに対しては耐久があまり安定しないのと、 ちからをすいとるの回復が少ないという理由で対面はオススメしません。 ちからをすいとるを回復ソースにしているので耐久ポケモン(毒々撃ってくるドヒドイデ、叩き落す使うナットレイ)との戦いも苦手です。 あくまで「物理受け」として運用しましょう。 サニーゴを使ったパーティの問題点 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 サニーゴを使ったパーティの問題点として上がってくるのが上の画像のパーティのように ゴーストポケモンが多くなることです。 どのパーティにも入れたくなる厨ポケ、ミミッキュとドラパルトがゴーストなのでタイプがかぶってしまうんですね。 ここにサニーゴまで入れるとパーティにゴーストポケモンが3体になってしまいます。 タイプ的に偏りは出ますが、どのポケモンもタイプ相性を覆せすことができるような汎用性を持つポケモンなので気にせず運用して大丈夫です。 サニーゴは 通常特性だとゴミになっちゃうから気をつけてね!• サニーゴの夢特性は出ません、夢特性サニゴーンから孵化させよう! サニーゴはHBに振って 物理受けとして起用しよう!• 物理アタッカーには強いけど ミミッキュとドラパルトは嫌いだよ!• パーティのタイプが偏る? しょうがないさ!! と、こんな感じです。 物理アタッカーを止める物理受けとしてはピカイチの性能を持っているので、ぜひサニーゴを使ってみてください! 今回はここまでです、ありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の

サニゴーン

ポケモン剣盾 サニゴーン 育成論

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はトップクラスの特殊火力を誇るシャンデラについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 シャンデラは好きなポケモンで結構高めの順位でも使っているのでこちらもどうぞ。 「」 「」 シャンデラの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【シャンデラの特徴1】全ポケモントップクラスの特殊火力 シャンデラといえば特攻種族値145という全ポケモンの中でも屈指の火力です。 特攻種族値145のポケモンは他には• ムゲンダイナ• サニゴーン• クワガノン しかいません。 この中でもシャンデラは炎タイプなのでダイバーンで日照りにすることでさらに1. 5倍にすることができ、「いまひとつ」のはずの相手にもほとんどの場合ダイバーンで7〜8割のダメージを入れることができるので受け交換が成立しないことも多いです。 【シャンデラの特徴2】唯一の炎・霊複合タイプ シャンデラはガラルで唯一の炎・霊の複合タイプとなっていて、9タイプを半減以下に抑えることができるようになっています。 ただ、弱点が• ゴースト• じめん• みず と環境に多くほぼすべての選出ポケモンが覚えているタイプを弱点とするので、適切に扱えば強いものの基本的には扱いが難しいポケモンだと言えるでしょう。 【シャンデラの特徴3】微妙な素早さと意外と高い耐久性能 シャンデラの素早さ種族値は80族となっていますが、ここのラインはトゲキッス・サーナイト・ヌメルゴンなどの同速ポケモンや素早さ調整を施したポケモン、81族にはギャラドスやミロカロスといった環境に頻繁に見かけるポケモンがたくさんいるラインとなっており、非常に微妙な素早さです。 そのため、ここを抜けるためにこだわりスカーフをもたせたり、逆に最遅きあいのタスキにしてトリックルーム運用することで先制できる盤面を増やして持ち前の超火力を押し付けられるようにする立ち回りが多いですね。 そしてシャンデラの耐久方面をみてみると、防御も特防も種族値90となっておりそこそこ高いです。 反面HP種族値は60と非常に低く、努力値を振らないと紙耐久になります。 ただしH252まで努力値をふると、タイプ不一致の弱点くらいなら耐えることができるまで耐久を上げることができます。 はりきりいのちのたまアイアントのダイロックもダイマックスで耐えてダイバーンで切り返すことができます。 【シャンデラの特徴4】特性すりぬけ・もらいび シャンデラの特性は3つあります。 もらいび:『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 必要な歩数が半分になる• すりぬけ(夢特性):相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 もらいびはアイアント・ナットレイ・アーマーガアなど炎弱点のポケモンと組むことで発動しやすくなっていて、うまく発動できればあとはダイバーン連打が非常に強力な特性です。 ほのおのからだは主にタマゴ孵化を早める目的で使われます。 すりぬけはみがわりや壁貼りを無視して攻撃できるので、エルフーンやオーロンゲなどに強く出ることができます。 夢特性シャンデラの入手方法を紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 シャンデラの育成論と戦い方 シャンデラも昔からいるポケモンなのでさまざまな型がありますが、シャンデラ初心者でも使いやすいと思われる型をご紹介します。 育て慣れた人は環境に合わせて微調整をかけていたりします。 【シャンデラの育成論1】速攻スカーフシャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりスカーフ• わざ:かえんほうしゃ・エナジーボール・シャドーボール・トリック 特徴・戦い方: 基本的な立ち回りは初手で出して1〜1. 5体ほどをもっていく役割です。 初手で出てきそうなポケモンを倒せそうであれば選出していいでしょう。 ただ殴るので初心者でも扱いやすい型です。 (このシャンデラを抜けるポケモンは多くないので、何回か戦っているとこのポケモンは倒せる、このポケモンは無理というのが分かってくると思います。 ) 2体以上このシャンデラで倒すことを目指すには、技をこだわっているため交代先のポケモンを用意する方が安定します。 シャンデラの弱点であるじめん・ゴースト・あく・いわ・みずに強く、交代読みで交代先の弱点をうつにはリスキーで交代後も先制しやすいサザンドラ(弱点の格闘・フェアリー・虫・氷はシャンデラにうちにくい。 ドラゴンには注意)などのポケモンを置くといいでしょう。 個人的な経験からすると2体目はミミッキュも出てきやすいので、ミミッキュに後出しできるアーマーガアなどもいいでしょう。 (剣の舞率が高いので化けの皮を剥がすほうが優先かもしれませんが、交代判断はそのときの環境におけるミミッキュが取りやすい行動に依存します。 ) S80族は最速スカーフ個体であれば、こだわりスカーフを持たないアギルダーまでのポケモン(テッカニンは無理)を抜くことができます。 ・サザンドラ(要注意):あくのはどう ・ヒヒダルマ(要注意):じしん ・ドラパルト:シャドーボール・ゴーストダイブ ・オノノクス(要注意):じしん ・ドリュウズ:じしん・がんせきふうじ・いわなだれ ・ロトム系:あくのはどう・シャドーボール S80族を超え、環境にいるポケモンでスカーフを持っている可能性がそこそこあり、シャンデラに有効打点を持つ=驚異となるのがこれらのポケモンです。 サザンドラ・ヒヒダルマ・オノノクスはスカーフ率が高いので要注意です。 相手パーティにいたらシャンデラは出さないか、慎重な立ち回り(2体目以降に出してスカーフ持ちかバトル中に確認の一手をうってから動く、ダイマックスで耐える、初手シャンデラがやられても勝ち筋を追える選出をするなど)をします。 ドヒドイデなど受けポケモン相手にはトリックでスカーフを押し付けて機能制限をして、シャドーボールやエナジーボールで特防を下げて崩しながら倒すことを目指します。 性格・個体値・努力値: Sはおくびょうであれば236をふれば最速ドラパルトまで抜けるので、ここまでふれば基本的には十分ですが、他のところに振ったところであまり効果は感じられなかったので80族の同速の可能性を考えてぶっぱでいいと思います。 Cももとの種族値が145と高いとはいえ、性格補正なしなのでぶっぱにしないと返り討ちにされることもあるのでぶっぱが安定です。 スカーフ持ちが減ってきたなど、性格補正をひかえめの準速高火力にする場合はSラインを準速ドラパルト抜きのS236か、最速インテレオン抜きのS212でもいいでしょう。 わざ: シャンデラはいろいろなわざを覚えますが、命中安定=安定した戦いができる構成がこの構成です。 他には下記のような用途に応じて入れ替えましょう。 ・オーバーヒート・だいもんじ:あと少しで落とせず返り討ちにされるポケモンが増えてきたときに ・ソーラービーム:ダイマックスで戦う機会が多いときやコータスなどの晴れパで使うときに ・サイコキネシス:ドヒドイデなどの打点を強くしたいときに ・あくのはどう:ひるみを狙うときに。 ダイアークで特防ダウン崩しを狙うときに。 性格が違いますがひかえめ型スカーフシャンデラを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【シャンデラの育成論2】トリルエースシャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:S逆V、A抜け4V• もちもの:きあいのタスキ• わざ:かえんほうしゃ・エナジーボール・シャドーボール・トリックルーム 特徴・戦い方: 基本的には初手トリックルームをうってから戦います。 性格補正が乗っているのでスカーフ型より火力が出てダイマックスも切りやすいのがいいところですね。 S逆V+性格補正でさらに下げることで無振り56族(オーロット)と同速になるので、一般的な鈍足ポケモンにはトリックルームを打たずにそのまま攻撃、中速以上のポケモンにはトリックルームをうってから攻撃と両方に対応できます。 ただ、その判断はポケモンを見ただけでSラインを判断できるようにならないとできないので、中級者向けの型かもしれません。 はポケモンでタイプ相性と同じくらい重要な知識なので、この型を使う場合はよく見かけるポケモンはS種族値を覚えておくといいかもしれません。 初手対面のポケモンがシャンデラがダイマックスすれば確定や高乱数1発でもっていけるポケモンの場合、トリックルームからダイマックス連打で勝てることもたびたびあります。 初手要注意で環境によくみかけるポケモンは下記です。 ・ドリュウズ:ほぼ襷持ちなので襷潰して後続で処理。 ・ブラッキー:かえんだまローブシンに交代推奨 ・シザリガー:襷発動させて後続先制技持ちで処理 ・ドサイドン:ダイマックスで処理か相手がダイマックスするまで後続に交代して温存 ・ドヒドイデ:ダイバーン2連が決まれば乱数で倒せるが初手じこさいせいの場合無理 ・バタフリー:眠るので無理 トリックルームを使うので、ローブシンやドサイドンなどのトリックルームエースをもう1体採用しておくと柔軟に戦うことができるでしょう。 また、ステルスロックをまかない相手の場合は相手のダイマックスのストッパー兼切り返しとしても活躍してくれることがあるので、相手の選出を見てステルスロックをまきそうなポケモンがいなければ交代して後半に温存してもいいでしょう。 性格・個体値・努力値: トリックルーム運用なので最遅がおすすめです。 最遅にしない場合はS60族もしくはバンギラスのS61族抜き調整がいいでしょう。 Sに振らない分、残りはHPにぶっぱすることで足りない種族値を補って耐久を上げられます。 物理も特殊もうたれやすいポケモンなので、どちらにも対応できるようにHPに全振りがおすすめです。 きあいのタスキがあるのでHPぶっぱは不要と考えるかもしれませんが、HP全振りするとドリュウズ程度のダイロックを襷なしで耐えたり、交代で出てきたカバルドンやバンギラスの砂でやられずにもう一回動くチャンスができることもあったり、ダイマックスすると耐久が更に上がるのでぶっぱがいいでしょう。 (他にふるステータスもないですからね) わざ: やはり命中安定かつ威力もそこそこのかえんほうしゃ・シャドーボール・エナジーボールの構成が使いやすいです。 他の候補としてはスカーフ型では採用できなかった変化技を入れるのもありです。 ・ちょうはつ:受け相手に。 ただし返り討ちにあいやすい。 ・みがわり:受け相手に。 あまり長持ちはしない。 参考:「」 その他の型 メガネ型を紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 また、全般的な育成論を動画で上げているトレーナーもいたのではっておきますね。 シャンデラの対策 HPぶっぱだとタイプ不一致弱点くらいなら耐える耐久を持つシャンデラですが、タイプ一致であれば確定1発で落とせます。 これらのポケモンであればシャンデラの攻撃を耐えて返り討ちにすることができるでしょう。 ステルスロックも炎タイプでしかもきあいのタスキを持っている可能性が高いシャンデラには効果的です。 ただし襷型の場合は初手で出てくる事が多いため、あくびや吹き飛ばしと合わせて採用するのがいいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】 いかがでしたでしょうか。 超火力を出せる特攻種族値を持ちながら、微妙な素早さから安定して使いにくいポケモンシャンデラ。 スカーフやトリックルームで上から殴れるように工夫してあげることで、使いやすいポケモンになるでしょう。 もちろんこだわりメガネなど他の型も使い方によっては活躍できるので、自分なりの育成を考えて育ててみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】サニーゴ(ガラル)の育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾 サニゴーン 育成論

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はトップクラスの特殊火力を誇るシャンデラについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 シャンデラは好きなポケモンで結構高めの順位でも使っているのでこちらもどうぞ。 「」 「」 シャンデラの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【シャンデラの特徴1】全ポケモントップクラスの特殊火力 シャンデラといえば特攻種族値145という全ポケモンの中でも屈指の火力です。 特攻種族値145のポケモンは他には• ムゲンダイナ• サニゴーン• クワガノン しかいません。 この中でもシャンデラは炎タイプなのでダイバーンで日照りにすることでさらに1. 5倍にすることができ、「いまひとつ」のはずの相手にもほとんどの場合ダイバーンで7〜8割のダメージを入れることができるので受け交換が成立しないことも多いです。 【シャンデラの特徴2】唯一の炎・霊複合タイプ シャンデラはガラルで唯一の炎・霊の複合タイプとなっていて、9タイプを半減以下に抑えることができるようになっています。 ただ、弱点が• ゴースト• じめん• みず と環境に多くほぼすべての選出ポケモンが覚えているタイプを弱点とするので、適切に扱えば強いものの基本的には扱いが難しいポケモンだと言えるでしょう。 【シャンデラの特徴3】微妙な素早さと意外と高い耐久性能 シャンデラの素早さ種族値は80族となっていますが、ここのラインはトゲキッス・サーナイト・ヌメルゴンなどの同速ポケモンや素早さ調整を施したポケモン、81族にはギャラドスやミロカロスといった環境に頻繁に見かけるポケモンがたくさんいるラインとなっており、非常に微妙な素早さです。 そのため、ここを抜けるためにこだわりスカーフをもたせたり、逆に最遅きあいのタスキにしてトリックルーム運用することで先制できる盤面を増やして持ち前の超火力を押し付けられるようにする立ち回りが多いですね。 そしてシャンデラの耐久方面をみてみると、防御も特防も種族値90となっておりそこそこ高いです。 反面HP種族値は60と非常に低く、努力値を振らないと紙耐久になります。 ただしH252まで努力値をふると、タイプ不一致の弱点くらいなら耐えることができるまで耐久を上げることができます。 はりきりいのちのたまアイアントのダイロックもダイマックスで耐えてダイバーンで切り返すことができます。 【シャンデラの特徴4】特性すりぬけ・もらいび シャンデラの特性は3つあります。 もらいび:『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 必要な歩数が半分になる• すりぬけ(夢特性):相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 もらいびはアイアント・ナットレイ・アーマーガアなど炎弱点のポケモンと組むことで発動しやすくなっていて、うまく発動できればあとはダイバーン連打が非常に強力な特性です。 ほのおのからだは主にタマゴ孵化を早める目的で使われます。 すりぬけはみがわりや壁貼りを無視して攻撃できるので、エルフーンやオーロンゲなどに強く出ることができます。 夢特性シャンデラの入手方法を紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 シャンデラの育成論と戦い方 シャンデラも昔からいるポケモンなのでさまざまな型がありますが、シャンデラ初心者でも使いやすいと思われる型をご紹介します。 育て慣れた人は環境に合わせて微調整をかけていたりします。 【シャンデラの育成論1】速攻スカーフシャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりスカーフ• わざ:かえんほうしゃ・エナジーボール・シャドーボール・トリック 特徴・戦い方: 基本的な立ち回りは初手で出して1〜1. 5体ほどをもっていく役割です。 初手で出てきそうなポケモンを倒せそうであれば選出していいでしょう。 ただ殴るので初心者でも扱いやすい型です。 (このシャンデラを抜けるポケモンは多くないので、何回か戦っているとこのポケモンは倒せる、このポケモンは無理というのが分かってくると思います。 ) 2体以上このシャンデラで倒すことを目指すには、技をこだわっているため交代先のポケモンを用意する方が安定します。 シャンデラの弱点であるじめん・ゴースト・あく・いわ・みずに強く、交代読みで交代先の弱点をうつにはリスキーで交代後も先制しやすいサザンドラ(弱点の格闘・フェアリー・虫・氷はシャンデラにうちにくい。 ドラゴンには注意)などのポケモンを置くといいでしょう。 個人的な経験からすると2体目はミミッキュも出てきやすいので、ミミッキュに後出しできるアーマーガアなどもいいでしょう。 (剣の舞率が高いので化けの皮を剥がすほうが優先かもしれませんが、交代判断はそのときの環境におけるミミッキュが取りやすい行動に依存します。 ) S80族は最速スカーフ個体であれば、こだわりスカーフを持たないアギルダーまでのポケモン(テッカニンは無理)を抜くことができます。 ・サザンドラ(要注意):あくのはどう ・ヒヒダルマ(要注意):じしん ・ドラパルト:シャドーボール・ゴーストダイブ ・オノノクス(要注意):じしん ・ドリュウズ:じしん・がんせきふうじ・いわなだれ ・ロトム系:あくのはどう・シャドーボール S80族を超え、環境にいるポケモンでスカーフを持っている可能性がそこそこあり、シャンデラに有効打点を持つ=驚異となるのがこれらのポケモンです。 サザンドラ・ヒヒダルマ・オノノクスはスカーフ率が高いので要注意です。 相手パーティにいたらシャンデラは出さないか、慎重な立ち回り(2体目以降に出してスカーフ持ちかバトル中に確認の一手をうってから動く、ダイマックスで耐える、初手シャンデラがやられても勝ち筋を追える選出をするなど)をします。 ドヒドイデなど受けポケモン相手にはトリックでスカーフを押し付けて機能制限をして、シャドーボールやエナジーボールで特防を下げて崩しながら倒すことを目指します。 性格・個体値・努力値: Sはおくびょうであれば236をふれば最速ドラパルトまで抜けるので、ここまでふれば基本的には十分ですが、他のところに振ったところであまり効果は感じられなかったので80族の同速の可能性を考えてぶっぱでいいと思います。 Cももとの種族値が145と高いとはいえ、性格補正なしなのでぶっぱにしないと返り討ちにされることもあるのでぶっぱが安定です。 スカーフ持ちが減ってきたなど、性格補正をひかえめの準速高火力にする場合はSラインを準速ドラパルト抜きのS236か、最速インテレオン抜きのS212でもいいでしょう。 わざ: シャンデラはいろいろなわざを覚えますが、命中安定=安定した戦いができる構成がこの構成です。 他には下記のような用途に応じて入れ替えましょう。 ・オーバーヒート・だいもんじ:あと少しで落とせず返り討ちにされるポケモンが増えてきたときに ・ソーラービーム:ダイマックスで戦う機会が多いときやコータスなどの晴れパで使うときに ・サイコキネシス:ドヒドイデなどの打点を強くしたいときに ・あくのはどう:ひるみを狙うときに。 ダイアークで特防ダウン崩しを狙うときに。 性格が違いますがひかえめ型スカーフシャンデラを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【シャンデラの育成論2】トリルエースシャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:S逆V、A抜け4V• もちもの:きあいのタスキ• わざ:かえんほうしゃ・エナジーボール・シャドーボール・トリックルーム 特徴・戦い方: 基本的には初手トリックルームをうってから戦います。 性格補正が乗っているのでスカーフ型より火力が出てダイマックスも切りやすいのがいいところですね。 S逆V+性格補正でさらに下げることで無振り56族(オーロット)と同速になるので、一般的な鈍足ポケモンにはトリックルームを打たずにそのまま攻撃、中速以上のポケモンにはトリックルームをうってから攻撃と両方に対応できます。 ただ、その判断はポケモンを見ただけでSラインを判断できるようにならないとできないので、中級者向けの型かもしれません。 はポケモンでタイプ相性と同じくらい重要な知識なので、この型を使う場合はよく見かけるポケモンはS種族値を覚えておくといいかもしれません。 初手対面のポケモンがシャンデラがダイマックスすれば確定や高乱数1発でもっていけるポケモンの場合、トリックルームからダイマックス連打で勝てることもたびたびあります。 初手要注意で環境によくみかけるポケモンは下記です。 ・ドリュウズ:ほぼ襷持ちなので襷潰して後続で処理。 ・ブラッキー:かえんだまローブシンに交代推奨 ・シザリガー:襷発動させて後続先制技持ちで処理 ・ドサイドン:ダイマックスで処理か相手がダイマックスするまで後続に交代して温存 ・ドヒドイデ:ダイバーン2連が決まれば乱数で倒せるが初手じこさいせいの場合無理 ・バタフリー:眠るので無理 トリックルームを使うので、ローブシンやドサイドンなどのトリックルームエースをもう1体採用しておくと柔軟に戦うことができるでしょう。 また、ステルスロックをまかない相手の場合は相手のダイマックスのストッパー兼切り返しとしても活躍してくれることがあるので、相手の選出を見てステルスロックをまきそうなポケモンがいなければ交代して後半に温存してもいいでしょう。 性格・個体値・努力値: トリックルーム運用なので最遅がおすすめです。 最遅にしない場合はS60族もしくはバンギラスのS61族抜き調整がいいでしょう。 Sに振らない分、残りはHPにぶっぱすることで足りない種族値を補って耐久を上げられます。 物理も特殊もうたれやすいポケモンなので、どちらにも対応できるようにHPに全振りがおすすめです。 きあいのタスキがあるのでHPぶっぱは不要と考えるかもしれませんが、HP全振りするとドリュウズ程度のダイロックを襷なしで耐えたり、交代で出てきたカバルドンやバンギラスの砂でやられずにもう一回動くチャンスができることもあったり、ダイマックスすると耐久が更に上がるのでぶっぱがいいでしょう。 (他にふるステータスもないですからね) わざ: やはり命中安定かつ威力もそこそこのかえんほうしゃ・シャドーボール・エナジーボールの構成が使いやすいです。 他の候補としてはスカーフ型では採用できなかった変化技を入れるのもありです。 ・ちょうはつ:受け相手に。 ただし返り討ちにあいやすい。 ・みがわり:受け相手に。 あまり長持ちはしない。 参考:「」 その他の型 メガネ型を紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 また、全般的な育成論を動画で上げているトレーナーもいたのではっておきますね。 シャンデラの対策 HPぶっぱだとタイプ不一致弱点くらいなら耐える耐久を持つシャンデラですが、タイプ一致であれば確定1発で落とせます。 これらのポケモンであればシャンデラの攻撃を耐えて返り討ちにすることができるでしょう。 ステルスロックも炎タイプでしかもきあいのタスキを持っている可能性が高いシャンデラには効果的です。 ただし襷型の場合は初手で出てくる事が多いため、あくびや吹き飛ばしと合わせて採用するのがいいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】 いかがでしたでしょうか。 超火力を出せる特攻種族値を持ちながら、微妙な素早さから安定して使いにくいポケモンシャンデラ。 スカーフやトリックルームで上から殴れるように工夫してあげることで、使いやすいポケモンになるでしょう。 もちろんこだわりメガネなど他の型も使い方によっては活躍できるので、自分なりの育成を考えて育ててみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の