インセンティブ 意味。 インセンティブ報酬とは|企業が取り入れるメリットと目的

「インセンティブ」の意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説

インセンティブ 意味

マーケティングの用語、インセンティブの意味を解説していきます。 インセンティブとは人や組織に対して 特定の行動を促すための動機付けや誘因を意味します。 消費者、お客さんに向けて商品やサービスの購入を促すために 製品やサービスに付ける付加価値のことだったり、 企業経営の場合には、社員に対しての通常の給与や賞与以外の 業績に応じて支払う報酬や報奨のことを意味します。 インセンティブは意欲を引き出すためのきっかけになるもの インセンティブは行動を促したり、意欲をかき立てるための 外部から与えられる症例や刺激、報奨のことを意味します。 流通や販売、営業活動、 他にも企業経営の場でも用いられることがあり、 インセンティブは様々な分野で導入されている制度です。 インセンティブの内容としては、 金銭や物品の提供であったり、 旅行の提供、賞による名誉など、様々な形式で提供されます。 大きく3つに分けられるインセンティブの種類 インセンティブは大きく3種類に分けられます。 1つ目が、企業が消費者に対して 製品やサービスを販売する際に行う施策である 消費者インセンティブです。 2つ目が、企業の経営側が 販売や営業に携わる社員に向けて行う セールスインセンティブです。 最後に3つ目のインセンティブは メーカーが流通業者、小売業者に対して 自社製品の販売を強化するために行う トレードインセンティブという種類です。 これら3種類のインセンティブについて詳しく解説していきます。 消費者インセンティブ 企業が消費者に対して 製品やサービスの購入を動機づけるための施策として 行うインセンティブです。 試供品を配布したり、おまけ品を製品に付けることによって 自社製品に対する購買意欲を引き立てるインセンティブです。 他にも、懸賞を開催したり、バーゲンを行うことも 消費者インセンティブの1つだと考えることができます。 セールスインセンティブ 次に、企業の経営側が販売や営業に携わる 社員に対して行うセールスインセンティブです。 通常の給与や賞与の支払い以外にも、 業績や成果に応じた賞与の支払いなどがあります。 たとえば、営業部門の社員の場合には、 通常の固定給の他に 販売実績に応じて報奨金や賞与が支払われることがあり、 これがセールスインセンティブということになります。 報奨金や賞与の他にも、賞による名誉だったり、 他にも自社株を購入できるストックオプション制度など、 セールスインセンティブには様々な種類が存在します。 トレードインセンティブ メーカーが流通企業や小売業者に対して行う施策が トレードインセンティブです。 取引の数量や金額が大きくなれば、 それに応じて仕入れ値の割引を行う数量割引、 他にも取引量や金額に応じて流通業者に対して リベートを支払う施策もあります。 自社製品の販売を強化するために トレードインセンティブを行い、 流通企業、小売業者による自社製品の販売を増やしていきます。 トレードインセンティブの具体的な例に 携帯電話・スマートフォンの販売の事例があります。 現在ではあまり見かけなくなりましたが、 本来数万円、数十万円する携帯電話やスマートフォンが 異常に安い価格帯で販売されている時期がありました。 高額な携帯電話やスマートフォンの本体価格を安くできたのは トレードインセンティブがあったからです。 携帯電話会社は販売を行う小売業者に対して 携帯電話やスマートフォンが1台売れるごとに 報奨金を支払うという取り決め、 トレードインセンティブを行っていました。 そのため、報奨金の金額を合わせた場合には 小売業者は仕入れ値以下で携帯電話を販売したとしても 利益が残るために格安での販売を行うことができたのです。 インセンティブのメリット 消費者インセンティブ、セールスインセンティブ、 トレードインセンティブに共通するメリットとしては インセンティブを払う側、受け取る側、 全てに何かしらのメリットがあることです。 先ほどの携帯電話の事例の場合で解説します。 消費者にとっては携帯電話を安く手にできるというメリットがあり、 販売を行う小売店では仕入れ値以下での販売が行えるので、 セールスが楽になります。 また、インセンティブを渡す携帯電話会社としては 契約者を増やすことにつながりますので、 携帯電話やスマートフォンの販売時点で赤字となっても、 通信料金などによって利益を得ることができるようになります。 そのため、インセンティブを利用して 携帯電話本体を異常に安い価格帯で販売するという手法が 普及していったのです。 まとめ:インセンティブ インセンティブは商品の導入期には非常にメリットが多いですが、 供給過剰や価格の低下など、 ブランド価値を下げてしまう恐れもある販売の手法です。 商品のライフサイクル、またインセンティブの使い分け、組み合わせなど 様々な組み合わせを行っていくことによって 施策、戦略を組み立てていくことが必要になります。 以上が、マーケティングの用語、インセンティブの意味になります。 ぜひ、参考にしてください。 今週一週間の人気記事ベスト101• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:.

次の

インセンティブの意味

インセンティブ 意味

より狭い意味でのビジネス用語として、 目標達成等のため会社が出す報奨金などを指します。 例えば個人の営業成績により月給を変動させる制度などがあります。 これは歩合給とも呼ばれます。 これはインセンティブを与えることによって、個人は報酬などを得るために通常よりも熱心に働き、結果を出そうとする考え方に基づいています。 ただし以下のような点に注意が必要です。 「インセンティブ」は、それを与える単位(例えば個人やチーム)ごとには有効でも、 個人間、チーム間の連携・協力が希薄になる可能性があります。 例えば歩合給では、同僚に売上を取られないために、営業上で有利なノウハウを同僚に秘密にしておくなどといった行動につながる可能性があります。 すでに「インセンティブ」を個人やチーム単位に設定する際に起こる連携・協力における問題点は記述しました。 しかし「インセンティブ」は 個人の行動結果にすら悪影響を与えるという指摘があります。 例えば、ダニエル・ピンクは生存に関わるような生来的なものを「モチベーション1. 0」、 「インセンティブ」によるモチベーションを「モチベーション2. 0」、新しいモチベーションを「モチベーション3. 0」と定義しました。 「モチベーション2. 0」の考え方で「インセンティブ」により外的動機付けを与え続けることは旧来の定型的なルーティンワークのような作業や業務では有効でも、創造性が要求される現代では効果が低いとしています。 そうではなく「モチベーション3. 0」、つまり「創造したい、好きなことをしたい、より良くしたい、貢献したい」という内発的な動機付け、つまり「2」の意味のモチベーションにより行動を促す必要があると説きます。

次の

「インセンティブ」とは?意味と使い方を知る

インセンティブ 意味

インセンティブの意味を語源から解説 日本で言うインセンティブは、英語のincentiveからきていますが、この英語の起源はどこからきているのでしょうか。 英語でも日本と同じ意味で伝わるのでしょうか。 まずは 言葉の意味と起源を詳しく見ていきましょう。 元の動詞は「incinere」:「駆り立てる」という意味。 英語圏でもincentiveは日本と同じように使われており、「cash incentives」:「現金報奨」などの使われ方がされます。 インセンティブは基本はビジネス用語 インセンティブとは、刺激を意味する「incentive」から生まれたビジネス用語。 主に 会社側で決められた目標を達成した際に、基本となる給与とは別に支払われる報奨金を指します。 被雇用者は報酬により仕事への意欲を増し、経営者は売上や成績を伸ばすことができるシステムです。 このように、人のやる気スイッチをくすぐることでビジネス面で円滑にことを運ぶことができます。 モチベーションとインセンティブの違い 同じく「動機」という訳がなされるのが、「motivation」。 しかし、このふたつの言葉には決定的な違いがあります。 それは、他社から与えられる報奨をインセンティブ、夢や環境など、金銭以外の効力が現れるものをモチベーションと呼ぶ点。 モチベーションは金銭が絡まない場合に使われることが多く、会社でいうなら居心地の良さや、やりがい、一緒に働く人々の人間性や容姿なども動機付け要素となり得ます。 つまり、 インセンティブとは外発的動機、モチベーションとは内発的動機であり、両者の意味は相反または階層的な関係にあります。 図解作成中 いろんな場面で使われるインセンティブ(例文つき) インセンティブの意味について見ていきました。 次に、 インセンティブが使われるシーンを見ていきましょう。 スポーツ界でのインセンティブ プロのスポーツの世界にもインセンティブはあります。 これは、いわゆる 「出来高払い」と呼ばれるもので、特に契約社会のアメリカでは盛ん。 日本でもインセンティブを取り入れているスポーツ業界も存在します。 例えば、プロ野球では大々的に取り上げられる活躍でなくてもポイントが加点されていき、一定以上で報奨金を与えられるなどのインセンティブが存在します。 ある選手に「 30盗塁したら給料+200万円」というインセンティブを与えているチームもあるそうです。 スポーツにおける出来高払いについては、その支払い方や条件など多岐に渡り、契約書は辞書ほどの厚さになることも。 教育でのインセンティブ 教育の世界でインセンティブは機能するのか、教育的に正しいことなのか、この是非は子育て経験者なら誰しも考えたことがあるはず。 例えば「テストで100点取ったらお小遣いをあげる」などは、多くの教育者からは「良くない」とされています。 これは勉強の目的が変わってしまうからです。 本来ならば「自分や自分の将来のために勉強を頑張る」ところが、「インセンティブのために勉強を頑張る」に取って代わることを批判した結果でしょう。 ただし、人間も結局は動物。 犬がご褒美ほしさに芸を覚え、やがて芸を飼い主と行うこと自体が楽しくなっていくのと同じように、 子どもに対しても目に見える報酬がある方がモチベーションが上がりやすいと考える教育者もいます。 大人も給与という目に見える報酬があり、プラス与えられるインセンティブによってさらに頑張れるもの。 インセンティブは大人にも子どもにも効果的な戦略と言えるでしょう。 注意!経済学でのインセンティブの意味 これまでインセンティブの意味や使用例を見てきましたが、注意していただきたいのは、経済学用語としてのインセンティブ。 経済学ではインセンティブを少し異なる性質のものとして使用します。 経済学のインセンティブとは、主に「誘因」という意味で使用されます。 それも、 コストと利益考え併せたとき、人間の行動を変化させる誘因のことです。 わかりやすく事例を出すとすれば、宅配ピザよりも冷凍ピザの方がコストが安く、冷凍ピザに自らトッピングしてそれなりの味にできたら、人は宅配ピザを頼むことはなく、冷凍ピザを買い続けることでしょう。 しかし、宅配ピザ側が消費者の購買行動を刺激するアクションを起こした場合(値下げする、もう1枚ピザをつける、味や見た目を大幅に変えるなど)、 宅配ピザを注文するインセンティブが働くことになります。 自分へのインセンティブを設定してモチベーションを上げていこう! インセンティブは、刺激や誘引という英単語から派生したビジネス用語。 給与にプラスして与えられる報酬を指すことが多い言葉です。 基本的には、他人に対して付与するものをインセンティブと言いますが、それを自分へのご褒美としてモチベーションアップさせるのも日本の現代社会で頑張るあなたにおすすめ。 例えば、 「このプロジェクトが成功したらおいしいものを食べよう」「週末になったら可愛い服を買おう」などなど、自分自身を奮い立たせる「何か」を設定することでモチベーション高く仕事していくと仕事がどんどん楽しくなっていくかもしれませんね!.

次の