ハナミズキ 剪定。 ハナミズキ 育て方の基本(整枝・剪定の基本)

ヤマボウシの剪定方法を解説!正しいお手入れで理想の庭木を育てよう|生活110番ニュース

ハナミズキ 剪定

ハナミズキといえば、歌手である一青窈さんの歌のタイトルとしても良く知られていますよね。 この木は、もともと、アメリカからやってきたもの。 明治末期、当時の東京市長がワシントンDCに住む親日家へ桜の苗木を贈ったところ、そのお返しとして贈られてきたのが「ハナミズキ」です。 日本人が桜を好むように、ハナミズキはアメリカの人が好む花だと言われています。 和名で「花水木」と書かれるこの木は、日本にも自生するミズキ科の樹木の仲間でもあり、「美しい花を咲かせるミズキ」という意味を込めて名付けられたと言われています。 また、別名を「アメリカヤマボウシ」、学名を「Cornus Florida(フロリダのミズキ)」とされているとおり、アメリカから渡ってきた品種であることがわかります。 赤や白、ピンクといった美しい色が特徴的なハナミズキ。 適応性があり、公害にも強いことから街路樹や公園の並木として利用されることが増えています。 春先に開花し、秋には落葉するハナミズキは、季節ごとの変化を楽しめる樹木でもあります。 4月頃の開花時期には、大きな花を咲かせたように見えますが、花弁に見えるのは、実はつぼみを包む葉にあたり、実際の花はその奥にある小さなもの。 総苞(そうほう)とも呼ばれるもので、いわゆるガクの部分が大きく広がって花のような見た目を作っています。 花もちは短いものの、樹木全体が色づくほど咲く花は見ごたえがあります。 10月頃には赤い実がつくなど、四季折々の表情があるのも、ハナミズキの特徴といえます。 ハナミズキは、とても丈夫で、よほど乾燥させなければ長く楽しめる観葉樹木です。 日当たりの良い場所を好み、寒さに強いため、庭木としても育てやすいもの。 放っておくと、10mほどの木立となりますが、剪定しながら整えることで、室内での生育も可能です。 強すぎる直射日光を避け、明るい日なたで育てるのが理想的です。 室内の暗い場所や軒下のような半日陰でも育ちますが、花つきはあまりよくないようです。 比較的、乾燥にも強いタイプですが、強すぎる乾燥が続くと、弱ってしまいます。 水はけの良い場所に植え、定期的な水やりを行いましょう。 夏場の生育期には、土の表面が乾いたらたっぷりの水を与え、冬場は控えます。 風通しが良い場所が好ましいのですが、吹き抜けになりすぎるのもNGです。 特に蒸しやすい梅雨の季節には、風を通すこと。 うどんこ病にかかりやすいため、長雨の前に消毒を行うといった害虫対策をするとよいでしょう。 ハナミズキは、その花や葉の色によって、さまざまな種類があります。 ヤマボウシの交配種など、日本に自生する品種と掛け合わせた育てやすいものも増えています。 花付きがよく、古くから親しまれています。 濃い赤色の花と、緑の葉とのコントラストが美しく、観賞用としてもおすすめ。 ベニバナハナミズキの一種です。 葉には黄色い斑が入るのが特徴的で、秋の紅葉も美しい色合いを保ちます。 日本生まれの品種で、国内での生育条件が合いやすく育てやすいタイプです。 若木のうちから花がつきやすく花ツキも良いため、観賞用として人気です。 花付きが良く、落葉も楽しめます。 若木の頃は、見た目もスッキリとした円錐形に育ち、成長に伴って横に広がる性質があります。 北海道のような寒冷地でも育つもので、日本全国での生育が可能です。 成長は遅い傾向にありますが、花付きは良い方です。 秋には緑色の葉が赤くなり、残った黄色い斑とのコントラストが美しく冴えます。 高く育つため、庭植え用としておすすめです。 若木からでも花付きが良く、中型の鉢でも育てやすいのが特徴です。 秋になっても、葉の紅葉しにくく、冬になっても落ちにくい傾向にあります。 花を楽しむ品種といえるでしょう。 そのほか、枝が垂れ下がるペンジュラの変種や、日本在来種であるヤマボウシと交配したミスサトミなど、多くの種類があります。 ハナミズキは、接ぎ木や挿し木、種まきによって増えていきます。 剪定した枝を利用して挿し木にする方も多いかもしれません。 ハナミズキを挿し木で増やす場合、生育期となる6月~7月頃に、その年に出た新しい枝を切りとって使います。 赤玉土などの水はけの良い土を選び、挿し木を行います。 ただし、ハナミズキの場合は、挿し木による発根の可能性は低いとされており、成長も遅くなりがちのようです。 ハナミズキを増やすなら、種から苗を作るか、接ぎ木がおすすめです。 秋につく赤い実が熟すまで待ち、中に入っている種から育てます。 果肉部分をきれいに取り除いて使用しますが、種は乾燥してしまうと発芽しないため、すぐに植え込むか、肥料を入れた水につけて管理します。 種から育てる際には、花が咲くまでに5年以上かかるともいわれていますが、数十センチまで伸びたら、接ぎ木の台木として利用するとよいでしょう。 接ぎ木を行う場合には、3月頃が最適とされています。 種から育てた台木を利用することで、オリジナルの品種として育ちます。 しっかりと根付くまでは、乾燥しないように全体を土で覆い、小まめな水やりを行ってください。

次の

ハナミズキの剪定について

ハナミズキ 剪定

透かし剪定とは 透かし剪定とは、込み入った不用な枝を、根元から透かすように整理する方法で、葉芽や花芽の区別なく、不用な枝ごと根元から切っていきます。 長く伸びすぎてしまった枝は、開花をみた後に、来期の冬剪定で調整していきます。 透かし剪定をする際には、切らなければならない枝を見極め、どんな樹形に仕立てるかを観察し、密生して込み合っている枝や古くなって勢いのなくなった枝を根元から切り取っていきます。 ノコギリを使って太い枝を切り落とすのを大透かし、込みすぎた枝を切るのを中透かし、ハサミで小枝を丹念に剪定するのを小透かしといい、間引いていくことで、日当たりと風通しがよくなり、花や果実のつきをよくします。 ハナミズキの込み入った不用な枝の剪定方法 ハナミズキは、丸い花びらが特徴的な、ボリュームのある美しい花が咲く木です。 ハナミズキの不要枝の剪定方法ですが、まず大前提として、必ず枝分かれしている部分から切ることです。 枝分かれしていない部分から切断すると、新芽が出てこなくなってしまいますので、注意しましょう。 あまり剪定の必要が無い木ではありますが、枝が込み入っている場合は、枝分かれしている部分を根元から切り落とします。 スポンサードリンク その他に、ハナミズキの先端部分が伸びきって長くなりすぎた場合も、同様に枝分かれした根元の部分を選定します。 全体的なバランスを見ながら行います。 切り落としすぎると、淋しい印象になってしまいますし、山の木であるハナミズキらしさが無くなってしまいます。 放任しつつ、気になる部分だけを選定するに留めておきましょう。 ハナミズキの夏と冬の剪定時期はいつ ハナミズキは落葉樹ですので、基本的には剪定時期は葉の落ちている冬となります。 葉が落ちた11月ごろから翌年2月ごろまでの間に剪定し、樹木の形を整えます。 ハナミズキは放っておくと好き勝手伸び放題に伸びるという木ではないため、ほとんど剪定はせずに自然に任せるという人もいます。 しかし、そうすると樹高は10m以上にもなりますので、普通の庭先で鑑賞する場合には適度に剪定するほうが望ましいです。 ちなみに、一般的には夏には剪定しませんが、伸びすぎた枝、繁りすぎた枝を落とし、見栄えをよくするとともに風通しをよくする目的で剪定することもあります。 ただ、通常は、樹木が休眠している冬季に行うものと考えておいてください。 Advertisement• 剪定ハサミの消毒は病気に感染した茎や枝を切り落とした際に必要な処置です。 切り落とした時に病気を引き起こすウィルスが刃に付着し、ハサミを[…]• ムクゲは日当たりを好み、強健で萌芽力が旺盛ということから、株立ちや生垣に良く利用されます。 最大樹高は3~5メートル、開花時期は6~9月[…]• シモツケは古くから日本のほとんどの地域に自生するなじみの深い植物の一種です。 花言葉は自由、気まま、いつもあなたを待っています、などとされており、丸い樹[…]• 目次 1. サルスベリの特徴2. サルスベリの剪定時期について3. サルスベリのこぶを作らない剪定方法は4. サルスベリのこぶは切り落とししても大丈夫[…]• 枝や葉、幹を切り整えることで樹勢の均一を図り、すべての葉に日当たりを良くすることで元気な樹木にするのが剪定の役割です。 落葉樹は庭木とし[…]• 徒長枝とは伸ばしっぱなしの枝の事を言います。 特に枝が強くしなりもしっかりしているので、ぶつかると痛みを感じてしまうほどの枝を指しています。 […]• 庭木の剪定の時期は1年中を通して剪定することは可能ですが、 特に春・冬の剪定は重要なポイントです。 庭木のそれぞれの、特性(落葉樹・常緑[…]• もみじは昔から親しまれてきた庭木で、春には新緑、秋には紅葉と、とても日本の風景には欠かせない樹木で、庭木としてよく使われる樹木です。 しかし、大きくも[…].

次の

ハナミズキを剪定して低くしたい!時期ややり方を解説

ハナミズキ 剪定

ハナミズキの花 2008-4-21 ハナミズキ ミズキ科ヤマボウシ属の落葉高木。 北アメリカ原産。 別 名: アメリカヤマボウシ 花言葉: 私の想いを受けてください ハナミズキの英名はdogwoodです。 これはハナミズキの皮の煮汁で犬のノミ退治を行ったことによります。 また樹皮や根皮を用い、整腸や強壮に効果があるようです。 1915(大正4)年に東京市長であった尾崎行雄がアメリカ合衆国に桜の苗木を贈り、その返礼として1915年に同国から東京市に贈られ、日米親善の木として有名になりました。 近年では一青 窈の「ハナミズキ」の歌で若い人にも知られてきたのではないかと思います。 ハナミズキの花は、中心の目立たない小さな花で、花弁に見えるのは総苞(そうほう)で、ヤマボウシなどもそうです。 ハナミズキの花(苞)が大分開いてきました。 2008年4月15日 ほんとうのハナミズキの花・・・小さくて気はつきませんね・・ ハナミズキ(花水木 )の育て方 ハナミズキを植え付けるのに適した場所 ハナミズキは日がよく当たり、肥沃でやや湿潤な土質を好み、夏の乾燥が苦手です。 ですから西日が当るところはなるべく避けます。 2本あるハナミズキの1本の株元にはがすき間なく覆っています。 株元を覆うマルチングの役目をしていると思います。 もう1本にはがビッシリと覆っています。 またやせ地や日陰では樹勢が弱くなり、花つきが悪くなります。 畑に植えてあったハナミズキを庭に植え替えたのはシェードガーデン(日陰の庭)にして手間のかからない庭を目指したからです。 ハナミズキの植え付けの適期 落葉後の10月下旬~11月と厳寒期を除いた2月下旬~3月です。 落葉樹の落葉期の移植では、根鉢をつくらないのが一般的らしく、緑葉期や常緑樹のような根鉢をつくる必要はないそうですが、やっぱり心配なので根鉢をつくリ移植しました。 詳しくは後にあります。 寒冷地は春を待って植え付けたほうが良いでしょう。 庭植えのハナミズキの植え付け方法(大苗) 1)苗木の根鉢より2~3割大きく植え穴を掘ります。 2)底に腐葉土を入れ、さらに緩効性の化成肥料を適量入れたのち、土と混ぜます。 3)掘り上げた土を戻し、そこに根鉢を少しくずした苗木を置きます (根元が地表より少し高くなるような位置)。 5)植え穴と同じ大きさに、水が流れ出さないように土を盛って水鉢を作り、水をたっぷりと注ぎ、どろどろになるようにします。 これを「水ぎめ」といいますが、どろどろになった土がすき間に入り込み、水が引くと根と土が密着します。 6)水がひいたら木の大きさに応じた支柱をたてます。 活着するまでに根を大事にしないと、上手く根づかずに枯れることがあります。 ハナミズキは根がつくまで3~4年かかるようです。 関連記事 ハナミズキの肥料 冬期に、伸びている枝先の真下に深さ20cmほどの穴を数ヶ所掘り、堆肥と有機質肥料(牛糞や醗酵油かすなど)を適量施します。 (寒肥) 私の場合は自前のをにしています。 寒肥を施さなかった場合は花後に化成肥料を施します。 窒素肥料の効き過ぎでも花は付きません。 燐酸、カリ肥料の成分の多い肥料を与えておきましょう。 ハナミズキは年月が経つにつれて花が多くなります。 新しく植えたハナミズキは、根の伸びが止まるまで花をつけないことがあります。 根が一定のところまで伸びて落ち着けば、花が咲くようになるでしょう。 我家の場合も5~6年経ってから花が咲き始めました。 ハナミズキの剪枝・剪定 ハナミズキは、自然樹形を楽しむ樹木なので普通は強剪定しません。 花後の剪定と冬季の基本剪定があります。 花後の剪定 剪定の時期は花後すぐで、夏が花芽分化期です。 開花していた枝の先端部や、葉芽のない短い開花枝はいずれは枯れるので切ります。 徒長枝、込み合った枝、下向きの枝、ひこばえ、胴吹き枝、不要な枝を分岐点の上から切るようにします。 夏以後は剪定しては花芽も切ってしまうことになるので避けます。 ハナミズキの花芽は9月頃には確認できます。 8月には小さな花芽が丸みを帯び、9月には花芽が宝珠の形になり、確認しやすくなります。 冬季の剪枝・剪定 ハナミズキの木を大きくしたくないときは、落葉後、見やすい高さで主幹の頂部を切りつめて止めます。 近所にあるハナミズキは、これがあのハナミズキ・・・と思うほど大きくなっています。 広い場所なら大きくしてもいいでしょうが、ある程度高さを決め、それ以上伸ばさないようにしたほうがいいと思います。 大きくなりすぎてから強い剪定をするのは格好も悪くなるし、ハナミズキも弱って枯れる場合があります。 花後と同じ徒長枝、込み合った枝、下向きの枝、ひこばえ、胴吹き枝、不要な枝を分岐点の上から切るようにします。 それから付きすぎた花芽を間引き、隔年開花を防ぎます。 昨年(2007年3月)移植をしたのですが、今年は蕾がどの枝先にも付いています。 昨年は赤のハナミズキは元気がなくて、枯れなければいいが・・・と心配していました。 白のハナミズキはあまりにも蕾が付きすぎているので付きすぎた花芽を間引きました。 もったいないようですが、花芽がびっしりの白のハナミズキをこれだけ剪定をしました。 ・・一輪車に山・・・ 2008年 白のハナミズキは花は移植した年(2007年)は少ししか咲きませんでした。 でも白のハナミズキは赤のハナミズキと違い、樹勢はよかったです。 今年(2008年)は移植から1年経ち、また苗から育てて8~9年は経ちますが、こんなにたくさんの蕾は初めてです。 白のハナミズキは前々から移植を考えていたので、根回しをしていました。 根巻きするあたりをスコップで1年目に半分、2年目にも残りの半分を根切りをしていたせいか、スムーズに現在育っています。 赤いハナミズキは移植してから元気がなく、昨年に続いて今年も蕾が付いていません。 赤のハナミズキは移植を考えていなかったので根切りをしていませんでした。 どちらも樹高は3mちょっとあります。 どちらも枝が密生しているところや上の花後の剪定に準じて剪定しました。 ハナミズキの樹勢が弱るのを防ぐ目的もあります。 木の勢いを抑え、花芽をつきやすくする、安全に移植するなどの目的で行われる。 病虫害 ハナミズキはウドンコ病が梅雨明け後から発生し始めます。 新芽や葉の表面が、白い粉をまぶしたようになります。 そのままにしても枯れることはないですが、樹勢が弱り、そして早くに落葉して紅葉も楽しめません。 そのころに殺菌剤を散布するときれいな葉でいられます。 冬季にマシン油乳剤(カイガラムシやダニ対策)や石灰硫黄合剤(越冬している菌糸を殺す)をハナミズキにも使用すると害虫や病気の被害が減ります。 その後、手入れを怠り、消毒をしていませんでした。 2009年ごろから消毒しないのに、どうしてウドンコ病が発生しないのか不思議でした。 2010年になってようやくそのわけがわかりました。 それは偶然のことからで、ハナミズキの下にルドベキアの花が咲いているので、カメラを構えていたときのことです。 覗いていたら、レンズの中にキイロテントウが飛び込んできたのです。 ナナホシテントウやナミテントウは珍しくありませんが、キイロテントウは初めて見ました! ご存知のかたもいると思いますが、キイロテントウはウドンコ病菌を食べてしまうのです。 上のハナミズキを見たら、かなりの数のキイロテントウがいましたよ。 これでウドンコ病が発生しないわけがわかりました。 発生しても食べてしまっていたのです。 そのときの画像がこれです。 可愛いですね。 でもうどんこ病を食べてしまうなんて信じられません。 なお各種テントウムシの種類と画像はこちら アメリカシロヒトリも発生するときがあります。 時期は真夏前の6月ごろ、8月下旬~9月中旬 ごろが多く、発生したらすぐ殺虫剤を散布してしないとたちまち葉がなくなってしまいます。 そのころになったら気をつけて見ていてください。 花が咲いているときは眺めていても、葉だけのときはうっかりしてしまいがちです。 ******************************* ハナミズキ(花水木 )の四季の変化 春 白くなる前の若草色のハナミズキ 4-24 青空に白い花が映えます。 (通院している東光台歯科医院にて) 4-25 我が家の初夏のハナミズキ 木漏れ日から柔らかな光が射しています 花後の青い実 秋のハナミズキ ハナミズキは紅葉と赤い実も楽しめます。 10-14 逆光でハナミズキの葉裏を撮る。 ・・ちょっと秋の雰囲気がでているかな。 10-20 冬のハナミズキ 雪が積もったハナミズキの蕾 2010-2-14 ******************************* 2012年のハナミズキ 2011年の大震災から約1年後の庭の風景です。 季節が巡ってくると何事もなかったように花が咲いています。 その姿に我々人間が生きる力をもらうのです。 植物に感謝です! 手前に白花のハナミズキが咲いています。 次の赤花はこのあと遅れて咲きます。 電信柱の足元にはやでその向こうには白の小花のがあります。 ハナミズキの足元の白い花はです。 そのほかまだ芽吹いていない植物がたくさんあります。 左の屋根瓦はこの春にやっと葺き終わりました。 でも大震災で壊れた室内の一部はまだ手つかずになっています。 住んでいるのには不自由はしないのでよしとしておきます。 でもまだまだ直さなければいけない場所がたくさんあるので焦っています。 庭や畑は荒れてきてしまいました。 紅色の大輪の花を咲かせます。 日本生まれで大輪の花を咲かせます。 白花の代表種で木はやや小ぶりです。。 花付きが良い。 樹高1. 5mくらいから開花し始めます。 花の直径が12cmと大輪で、花つきがよく、葉も大きな品種。 従来の大輪品種の「懐咲き」と違い、この品種は枝の先端に花が咲きます。 日本の気候に合うので、育てやすい品種です。 樹高2mくらいから 開花し始めます。 夏は緑葉となり、秋の紅葉が真っ赤でとても美しい品種。 丸弁の花弁が重なる白花で、樹高2. 5mくらいから開花し始めます。 レモンスカッシュのような淡い黄色の花色。 ハナミズキにつきもののウドンコ病にかかりにくく、耐寒性が高いこと。 開花は2. 5mくらいからと遅めで、樹形は横に広がり、成長が早く花つきもよい。 次の記事: ハツユキカズラ,育て方,初雪葛,管理,紅葉,葉の変化,肥料,鉢植え,花 10月のハツユキカズラ ハツユキカズラ キョウチクトウ科 テイカカズラ属 テイカカズラ(定家葛)という名の由来は歌人の藤原定家から。 ハツユキカズラ(初雪葛)はテイカズラの斑入り品種です。 ハツユキカズラの名の由... 記事一覧:• Category List• 育てた草花が多いので、このような分類になってしまいました。 下のサイト内の検索をご利用ください。 下のサイト内の検索をご利用ください。 ハーブや山野草は集め始まるとハマリそうな感じがするので、いまのところなるべく見ないようにしています。 特に山野草は究極の美があり、最終的には山野草で終わりそうな感じがします。 もう少し先になってからにしよう・・・• 1996年ごろから集め始まり、一時は約50種類ありましたが、2015年現在では半分になってしまいました。 主に畑で育てていますが、他の樹木と比べると枯れるのが多く、大分入れ替わっています。 開花時期にアシナガコガネの被害に悩まされて諦めてしまったこともありましたが、2016年から再び集め始めました。 球根はほとんど植えっぱなし状態です。 多年草は庭や畑に多種類をランダムに植えています。 手間がかからないので重宝しています。 本格的に多肉を集め始まったのは2012年からです。 2017年現在でその数350~400種になりました。 皆さんがお店よりたくさんある~! お店を開いたら? 2014年から多肉の寄せ植えをしたり春と秋にオークションに数度ほど。 我が家の庭や畑にある花木・樹木・果樹でしたが、身近にあるよく見かけるものも追加しました。 造園のかたや深い知識がある義弟の協力、自分でもネットや本で相当調べていますが、間違っていたらごめんなさい。 室内の観葉植物だけではなく、葉がきれいな植物も含まれています。 約42年間(2014年現在)、自宅近くの畑で、主に自家消費するだけの色々の野菜を栽培してきました。 ブログを書き始めた2006年あたりから、毎年試行錯誤でこれまでとは違った野菜作りをしています。 成功のときもあれば失敗するときもあるので、そのときの様子を記しています。 最初は植物ばかりのカテゴリでしたが、身近なところの虫・鳥・猫などの動物を追加しました。 ムシの苦手なかたはぎょっとするような大きな画像があります。 ご注意ください。 でも見続けることで、慣れますよ。 私がそうでした。 それから素人ですので、名前などの間違いがあるかもしれません。 悪しからず・・・ 幼児期には多様性を持った生物(植物・動物)に触れたりする体験が重要かな・・・と思うこのごろです。 野菜や花には欠かすことのできない虫。 この年になって初めての世界が見え始めてきました。 かなり面白くてドップリ状態です。 素人の寄せ植えやフラワーアレンジメントです。 購入したものや自宅にあるものでつくりました。 フラワーアレンジメントも主に自分で育てた花を使っています。 追肥(ついひ、おいごえ)とは,閉鎖花(へいさか)とは,ボーダーガーデン(境栽花壇),など。 庭づくりに関連した記事ですが、ど素人です。 毎年のようにあれやこれやと庭や花壇をいじっています。 自分が満足すればよいかな・・・と思っています。 身近な出来事、育てた野菜の料理、健康に関することなどを。

次の