引っ越し 3 月 相場。 4tトラックの引越し料金の相場は?積載量や荷物はどれくらい乗る?

引越し費用の料金相場を調べる

引っ越し 3 月 相場

3月の引っ越しを安くする方法はあるのか? 引っ越しの経験が少ない人でも、3月が引っ越しの繁忙期であることはなんとなく想像ができるかと思います。 多くの学校の入学が4月、多くの企業の新入社員の入社も4月、多くの会社の人事異動が4月。 これだけ重なれば、さすがに引っ越し業界も不動産業界も賑わいます。 ではそんな3月の引っ越しを安くする方法はあるのか? 上旬・中旬・下旬に分けて、その攻略法を考えていきましょう。 3月上旬の引っ越し事情 新生活のスタートが4月からと考えれば、3月の上旬に引っ越す人はかなり用意周到なタイプといえます。 もちろん3月の中でも一番引っ越し費用が安く上がる可能性があるのがこの3月上旬。 しかし、それでも他の月から考えればかなり高くつくことは覚悟が必要です。 3月上旬の物件家賃相場 4月からの新生活に向かって物件を探すには、この3月上旬がピークになるといって過言ではありません。 条件のいい物件は瞬く間に契約が埋まっていくタイミングですので、ゆっくり物件を吟味している時間もないようなタイミング。 当然不動産屋の窓口も混みあい、丁寧な対応を願うほうが難しいほどの活況となります。 このタイミングで物件を探すと、どうしても家賃も割高になります。 賃貸物件の家賃は、周辺の他の物件との兼ね合いもありますので、大きく上下をしないものですが、それでもこの時期は通常期の1割増しは当たり前。 通常期なら8万円で借りられる物件が、9万円近い家賃で表示することも珍しくありません。 また、東京で言えば「吉祥寺」や「小石川周辺」など、学生に人気の街は、さらに家賃は割高になり、通常期の1. 2倍~1. 3倍などということも。 意外と影響が少ないと思われるかもしれませんが、家賃8万円の物件の3割増しだと、10万4千円です。 これが毎月になりますから、相当な増額です。 しかし、家賃交渉をするにも、物件は入れ食いの状態。 値下げ交渉も難しい時期です。 よほどこの時期に引っ越さないといけない場合を除いて、この時期の物件探しは控えた方がいいでしょう。 3月上旬の引っ越し料金相場 物件探しがピークを迎えるのに対し、引っ越し業者のピークはもう少し先になります。 つまり3月上旬であれば、まだなんとか業者を確保し、動き出しが早ければ希望日での引っ越しが可能になるタイミングと言えるでしょう。 とはいえ、料金は安くはありません。 何しろ引っ越し繁忙期で、黙っていてもお客さんから問い合わせがある時期。 必然的に料金も高くなります。 通常期の引っ越し料金を「100」とすると、この時期の引っ越し料金は「150~200」といったところ。 悪徳な業者にひっかかると、通常期の3倍以上の料金を請求されるケースもありますので注意してください。 3月中旬の引っ越し事情 3月中旬の引っ越しはほぼピークの状況になります。 週末になると引っ越し業者はトラックと人員をフル回転。 作業員によっては1日に3本も4本も現場を掛け持つ状態となります。 そんな最盛期の引っ越し事情をお伝えします。 3月中旬の物件家賃事情 3月中旬になると、優良物件はほぼ品切れの状態になります。 4月から新生活をスタートさせるには、3月下旬に引っ越しするのが最終便。 3月下旬に引っ越す以上、3月中旬に物件が決まっていないと話になりません。 この時期まで物件探しがずれ込んでしまったら、ある種妥協は必要です。 ここまで借り手がつかなかった物件は、それなりに問題がある物件ということになります。 自分の中で新居に求める条件がいくつかあるかと思いますが、その中から何かひとつ妥協して物件を決めるしかありません。 ちなみに家賃事情は3月上旬から下がる理由もないので、同じ高止まりの状態になります。 3月中旬の引っ越し料金事情 3月も中旬になると、週末で日時指定をするのは至難の業。 しかしまだ平日であれば日時の指定が可能かもしれません。 引っ越し料金に関しては、ほぼピークの料金になりますので、通常期の1. 5倍以内で済めば御の字と言ったところでしょうか。 3月下旬の引っ越し事情 3月下旬は、引っ越し業者にとって繁忙期を通り越してちょっとしたカオスな状況に陥るタイミング。 こちらの希望は最低限しか通りませんので、覚悟が必要です。 一方物件探しにも最悪のタイミング。 駆け込み需要もあることから、この時期に優良物件を見つけるのはかなり困難な作業。 そんな3月下旬の引っ越し事情をみてみましょう。 3月下旬の物件家賃相場 3月下旬は不動産業界でもほぼ在庫がない状態。 その上、家賃も変わらず高止まりを続けている状況ですから、物件探しには不利な時期です。 ここまでずれ込んだ以上、いっそのこと4月以降にずらしてしまうのが賢明な選択といえます。 3月下旬の引っ越し料金事情 3月下旬は本当の意味で引っ越しのピークを迎えます。 この時期になると、平日といえども希望の日時に引っ越しができる可能性は低く、引っ越し業者の事情に合わせて引っ越しを考えないといけない状況になります。 当然業者も忙しいわけですから、作業も「丁寧に」というより「時間厳守」が優先になります。 すべての業者が雑になるとはいいませんが、状況としては好ましくないといえます。 3月下旬の引っ越し料金は、平日でも「150」は当たり前、週末なら「200」近い料金も覚悟しなくてはいけません。 しかし3月に関しては例外。 平日だからといって安くなるとは限りません。 平日とはいえ安くならないカラクリは、単純に平日にも引っ越し希望者が多くいるから。 このタイミングで引っ越しをする人の多くは、新入学、もしくは新入社の人たちです。 こういった人たちは、引っ越しのタイミングで大学生、高校生であることがほとんど。 つまり2~3月は春休みにあたり、平日だろうが予定を空けるのが難しくありません。 こういった事情から、3月に限っては平日だから安いという方程式は通用しないことになります。 3月に引っ越すなら、業者の予約はいつがいい? 相当忙しい季節になる3月の引っ越しですが、業者の予約はいつ頃がベストでしょう? これはこの時期に引っ越しをする他の人たちのスケジュールから計算できます。 まずは新入学で引っ越しをする学生のスケジュールを考えましょう。 新入学ということは、入試を経てということになります。 その入試は概ね2月の半ば。 合否が出て進学する学校が決まるのが2月末。 そこから物件を探して、引っ越し業者を決めるわけですから、引っ越し業者に予約が殺到するのは3月の上旬ということになります。 一方、新入社の引っ越しスケジュールはもう少し早めに動き出します。 新入社員の入社内定はもっと早くに出ています。 高校にしても大学にしても、2月中旬には学業は落ち着きますから、物件の探し始めがこのあたり。 それから引っ越し業者の手配ですから、予約は2月の下旬ということになります。 と、いうことはこの手配よりも早いタイミングであれば、ある程度融通が利くということ。 目標としては2月の中旬までに引っ越し業者の予約をするように心がけましょう。 3月の引っ越し費用を少しでも安くしたいなら引っ越し費用の相見積もりを取る 3月の引っ越しの費用は前述通り他の月の1. 5倍以上の費用になる場合があります。 ただ気を付けたいのは引っ越し業者も繁忙期ということで費用を高く見積もるという事が多いです。 それだけ需要が高いですから、引っ越し費用を安くする必然性がありませんからね。 ですからまずは引っ越し費用の相場を知る必要があります。 引っ越し費用の相場を知ることで、今見積もりしている業者が高いのか妥当なのかが分かります。 引っ越し費用の相場を知るには相見積もりが便利です。 相見積もりをすることのメリット それでは引っ越しをする際に相見積もりを取ることのメリットについてお話します。 ・1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる ・スマホから一回のデータ入力で見積もりをすることができる ・無料で利用することができる ・業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている ・引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い などになります。 引っ越し費用の相場をするならこの一括見積もりが便利です。 引っ越し一括見積もりならテレビCMでもおなじみのSUUMO一括見積もりがおすすめです。 1分程度で複数の業者に見積もりが可能です。 もちろん利用料金は無料になります。 また SUUMOの一括見積もりの場合は利用しても業者から電話がかかってくることはありません。 引っ越し一括見積もりをしたからと言ってどこかの業者に決める必要性はありませんので引っ越し費用の相場を知るために利用するのも有りですね。 詳しくはこちらをどうぞ。 正直に言うのであれば、この時期の引っ越しは回避するのがベストです。 それでも、そんな時期に引っ越しをする以上、事前の準備が必要。 まずは物件探しの時期。 3月に引っ越すのであれば、物件を探すのは2月の上旬から始めるべきでしょう。 場合によっては2ヶ月近く前からの物件探しになりますが、引っ越し業者の予約から逆算すれば、この時期に探すのがベストということになります。 引っ越し業者の予約は2月の中旬を目処に。 それでも引っ越し料金の見積もりは高めで出てくる可能性があります。 大事なのは複数の業者から見積もりを取ること。 値引き交渉で有効になるのは、やはり同業他社の見積もりです。 どうしても3月に引っ越す必要がある方は、「 」などを使って、早めに、しっかり下準備を行うことをおすすめします。 参照:.

次の

引越し料金の相場は?家族と単身、3月の総額はいくらになる?

引っ越し 3 月 相場

日本の引越し業界では、 3月は繁忙期と呼ばれています。 1・入学する高校生や大学生 2・就職する新社会人 3・転勤で移動するサラリーマン 3月はこのように4月からの新学期を迎える人が多いため、引越しの件数が多くなってしまうのです。 3月の引越しは早めに見積もりを取って予約しておくことが重要です。 引越し業者一括見積もりをすれば、簡単にお住いの地域にある引越し業者からの見積もりが取れますよ! 費用を比較することで、相場はもちろん最安値も簡単に見つけられます。 1年の中で、3月の土日祝日の午前便はもっとも引越し相場の高い時期と言えるでしょう。 引越し料金というのはたいてい値引き交渉や割引交渉ができるものですが、この期間は割引に期待はできそうにありません。 遠距離であれば数十万円の出費も覚悟しなければなりません。 少しでも引越し費用を抑えたいなら、できるだけ早めの準備が必要です。 他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。 複数の見積でさらに安くなる! 1つ1分。 3つでも3分。 最もお得にしよう!! 引越し達人 ・なんと最大55%安くなる! ・ 30秒のかんたん見積もり ・引越し手続きガイド プレゼント SUUMO引越し ・ 電話番号入力不要! 見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい ・クロネコヤマトの引越が人気 引越し価格ガイド ・200社を超える業者が登録 ・最大10社から見積もり 引越し料金と繁忙期 引越しの件数は3月がもっとも数が多く、この時期を引越し業者では「繁忙期」と呼びます。 繁忙期は4月からの新学期に備えて一気に人が動くために起こります。 新大学生・新社会人が入試や入社試験をパスして、新しいコミュニティーを築くために3月に新天地に引越しをするのです。 そしてもう一つの大きな理由は、会社の人事異動です。 日本企業の多くは支店を多数持つためサラリーマンは転勤が多いのです。 春の大規模な人事異動はだいたい2月の終わりから3月頭に言い渡されるため、前もって充分な余裕がありません。 そのため転勤のサラリーマンやその家族も一番の繁忙期に引越しせざる得ないのです。 また転勤は遠距離であることも多いため、引越し費用がかなりかさみます。 繁忙期に家族で遠距離引越しをすると、冗談抜きで「100万円かかります」と言われることもあるそうです。 できるだけ繁忙期を避けましょう。 どうしても繁忙期を避けられないのであれば、早く新居を決めて見積もりを依頼し、引越し業者と契約しておきましょう。 遅くなればなるほど条件がきつくなり、費用が高くなり、最悪依頼を断られます。 繁忙期の引越しはスピードが命です。 引越しの手順 引越しの時は時間も限られてて追われますし、とにかく忙しいですから先に大まかな手順を知っておくのがオススメです。 引越しが決まったらまずは管理会社に退去することを連絡して、それから新居を探し、最後に引越し業者をさがします。 だから一番最初に連絡しておきましょう。 そして引越し業者への見積もり依頼ですが、新居の条件がわからないと費用を計算することが出来ないの見積もりができないんです。 まずは先に新居を決めてください。 季節外れの洋服やあまり使用しないものからダンボールに梱包して荷造りしていき、不用品や粗大ゴミはこの際思い切って処分しましょう。 不用品を新居に運ぶにも費用がかかります。 これはムダな出費になるので、不用品は引越しの前に処分してくださいね。 もし市外に引越しする場合は、引越し2週間前に役所関係に書類を提出しましょう。 特に転出届はお忘れなく。 新居に郵便物が転送されるように手続きするのもお忘れなく。 電気・ガス・水道・ネットなどのインフラ会社にもいつ引越しするのかを連絡して、その日までの料金を精算してもらうようにします。 詳しいことは各会社に問い合わせてくださいね。 引越し当日は荷物や家財の運搬は引越し業者が行いますから、あなたは家具や家電の配置をスタッフに指示してください。 先に決めて紙に書き出しておくと何度も聞かれることがなくスムーズです。 実は引越し業者が運べないものがいくつかあります。 貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運びましょう。 引越し日もしくは翌日までに、ご近所へ挨拶に行きましょう。 引越し後2週間以内に、市内引越しの場合は転居届・市外引越しの場合は転入届を新居に最寄りに役所に提出してくださいね。 郵便物の転送は1年間だけのサービスです。 この間に住所変更が必要な免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに連絡するのを忘れないで下さい。 引越し費用を安くする方法 引っ越し費用は結構高額になるので少しでも安くしたいと思いませんか? 引っ越し費用は、荷物の量に比例して高くなりますので、引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。 特に3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。 できるのであればこの時期は避けたほうがいいです。 どうしても繁忙期を避けられない、そんな方は引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取ることをお勧めします。 さらには比較して契約してしまいましょう。 準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。 同じ様に土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。 平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。 引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。 費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。 長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。 これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。 このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。 引越し業者の行っている有料のオプションサービスとは 引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。 あると便利なサービスが沢山ありますので、必要な方は見積もりの際に確認してみましょう。 ・エアコンの取外・取付 ・消毒・殺虫サービス ・ハウスクリーニング ・新聞の手配 ・御挨拶品の準備 ・ピアノの輸送 ・ピアノの調律 ・特殊品の輸送 ・バイクや車の陸送サービス ・ペットの輸送 ・盗聴器の発見サービス ・造園サービス ・荷物の一時預かり ・ハウスリフォーム ・ネット申し込み ・耐震グッズ施行 ・資材回収 ・不用品の処分 結構いろいろなものがありますね。 依頼が多いのはエアコンの移設だそうです。 自分で手配するとなると、引越しの前を後で依頼しなければならないために時間もかかりますし、非常に面倒なのです。 見積もりの際にオプションとして「エアコンの移設」をお願いしておけば、引越し業者が手配をやってくれるので便利です。 車やバイクの長距離の運転が苦手な方には、車の陸送サービスが便利です。 長距離の運転は大変ですし、高速道路は怖いので無理をしないようにしてください。 ピアノをお持ちの方にはピアノの運搬、調律のサービスがおすすめです。 実はどこの引越し業者でもピアノを運搬できるわけではないので、希望される方はオプションで依頼しましょう。 今どきなのが盗聴器を探すオプションを行っているところもあるそうです。 どんなサービスが必要なのかも業者を決める目安になりますね。 引越しと近所への挨拶 引越しをしたら、その日のうちにご近所に挨拶に行きましょう。 でもご近所って結構広いですよね?どこまで行くのが一般的なのでしょう? マンションやアパートであれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅まで行くのが一般的だそうです。 ほかにもお世話になる方が近くに住んでいる時は挨拶しましょう。 例えばマンションの管理人さんや大家さん、一軒家の場合は自治会長さんです。 一軒家の場合、ゴミ出し当番のこともありますので自治会長さんにも挨拶しておくと良いかと思います。 挨拶に行くタイミングはできるだけ早く、引越し当日か遅くても翌日までに行きましょう。 なぜなら引越しの時は長時間引越し業者のトラックが道路や駐車場に止まったり、引越しスタッフの足音がどうしても響きますから早めに挨拶に行くことで印象を良くしておきたいのです。 手ぶらで行くよりは手土産を用意しておくと行きやすいです。 高価なものは必要ありません、500〜1000円程度のもので大丈夫です。 人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。 新しい環境での第一印象は大事にしたいですね。

次の

【繁忙期(3月~4月)】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

引っ越し 3 月 相場

できれば炎天下のなかでの引っ越し作業は避けたいもの。 暑さが敬遠されるためか、一般に8月は引っ越し依頼が混み合う時期ではありません。 ところが、8月は、月半ばにお盆休みがあります。 このお盆休み期間中に引っ越ししたいと考える方も少なくありません。 引っ越し見積もり料金は、引っ越しの依頼が集中するほど高くなる傾向があります。 そのため、真夏だから安いだろうと思って見積もりを依頼すると、引っ越しする日時によっては、想像以上に高額な見積もりが返ってくることもあります。 見積もり料金相場を知らないことには、提示された値段が高いかどうかさえ分からないもの。 まずは8月の引っ越し見積もり料金相場を確認しておきましょう。 以下は、月別の引越し料金を、単身者・家族ごとに表にしたものです。 単身者の引っ越し見積もり料金は、荷物が少ない・多いに関わらず、8月が12カ月のうち2番目に安いです。 最も高い3月と比べると、荷物が少ない単身者で12,422円、荷物が多い単身者で29,196円も安くなります。 ところが、家族の引越しとなると、ずいぶん様子が違うようです。 8月の引っ越し見積もり料金は、 3人家族では1月に次ぐ2番目の安さとなっていますが、 2人家族では6番目に高く、4人家族では4番目に高くなっています。 8月の引っ越し見積もり料金は、単身者および3人家族では比較的安く、2人家族では標準的、4人家族になると高くなるという具合に、家族の人数によって複雑に変動しているわけです。 お盆休みを利用して引っ越しする方が多く、引っ越しの依頼が集中することで見積もり料金が高くなっていることが理由の一つとして考えられます。 8月というと、1年で最も暑い時期であり、お盆という特別な行事がある時期でもあります。 8月ならではの引越しの注意点について解説します。 エアコン設置にかかるオプション料金をお忘れなく 8月というと、夏真っ盛り。 新居では引越ししたその日からエアコンを利用したいと考えている方も多いはずです。 そんな8月の引越しで忘れがちなのが、エアコンの設置にかかる値段。 旧居で購入したエアコンを新居に輸送・設置する場合は、オプション料金がかかるのが一般的です。 エアコンの取り付けや取りはずしを依頼する場合、工事にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 8月の引越しをお考えなら、見積もり提示額が思わぬ値段となって驚くことがないよう、設置費用の相場についても押さえておきたいところです。 例えば、アリさんマークの引越社に取りはずし、取り付けを依頼する場合、値段は9,720~11,880円です(北海道や営業エリア外を除く)。 エリアによって大きく変動するため、事前に確認しておくとよいでしょう。 ただし、これはあくまで基本的な工事作業の値段です。 部材の交換や配管の延長が必要な場合だけでなく、室外機の設置場所が床置き型でない場合、冷房能力が4. 1kW以上の場合など、別途料金が発生することがあります。 引越し後になって想定外の追加料金が発生することを避けるためにも、きちんと下調べしておくことが大切です。 また、場合によっては、新居に移ってからエアコンを買い替えたほうが安くなるケースもあります。 エアコンの購入時期やコンディションなども考えあわせて判断するのがおすすめです。 エアコンの取りはずし、取り付け工事だけを依頼 引越し作業とは別に、エアコンの取りはずし、取り付け工事だけを依頼することもできます。 この値段にはエアコンの運搬費が含まれていないため、エアコン本体は引越しの荷物と一緒に輸送する必要があります。 その場合、引越し作業に支障が出ないよう、スケジュールをきちんと管理しておきましょう。 また、エアコンの設置と引越し作業を異なる業者が行う場合、トラブルが起きても補償の対象外となることがあるので注意が必要です。 お盆の引越しは縁起が悪い? 8月半ばのお盆休みを使って引越しを考えている方も多いと思います。 ところが、お盆に引越しをするのは縁起がよくないと言われているのをご存じでしょうか。 祝いごとである引越しはお盆にふさわしくない ・お盆というと、亡くなったご先祖様たちをおむかえする時期ですから、祝いごとは避けるべきと考えられてきました。 引っ越しが祝い事という印象は薄いかもしれませんが、引越しには「よりよい場所へ移動する」という意味合いがあります。 そのため、祝いごととして捉える風習があり、お盆時期に行うのは不謹慎だと言われているのです。 夏土用は引越しに適さないとされる 7月末から8月初旬にかけては「夏土用」と呼ばれ、土の力が盛んになる時期とされます。 この時期に土を掘ったり、引越ししたりすると、土を司る神様である土公神(どくじん)の怒りを買うと言われています。 厳密に言うと、お盆は夏土用とは重なりません。 しかし、時期的に近いため、タブーと考えられるようになったようです。 とはいえ、こうした言い伝えにどのくらい従うかは人それぞれです。 お盆休みは8月のなかでは貴重な、まとまった休日です。 こういった話は参考までに、自分の判断で休日を活用してください。

次の