ボストン コンサルティング グループ。 ボストンコンサルティングの年収は1000万円超え!【社員が教えます】

ボストン コンサルティング グループの説明会・セミナーのクチコミ『BCGコンサルティング体感セミナー』|就職活動サイトONE CAREER

ボストン コンサルティング グループ

ボストン・コンサルティング・グループ The Boston Consulting Group 企業について 【世界をリードする経営コンサルティングファーム】 ボストン コンサルティング グループ(以下BCG)は、世界をリードする経営戦略コンサルティングファーム。 世界50カ国、90都市以上にオフィスを構え、16,000名のスタッフを擁する巨大ファームである。 1963年に米国ボストンに創設以来、成長、拡大を続け、現在では世界約41カ国に事務所を設置している。 創設3年後の1966年には、世界第2の拠点として東京に、2003年には名古屋に中部関西事務所を設立した。 政府営・民間企業・非利団体など、さまざまな業種・マーケットにまたがり、それぞれに適したアプローチを行っている。 企業・市場に対する深い見識と、クライアントとの緊密な協働を通じて、その競争優位性の構築、維持、変革の実現をサポートしている。 経営学の教科書にも掲載されているやといったコンセプトを開発したのが、BCGである。 他にも1963年の創業以来、、、といったコンセプトの提唱により、世界中の企業に多大な影響を与えてきた。 BCGは、今日でも尚、経営の最先端課題に挑み続けている。 ボストン コンサルティング グループ(BCG)の特徴の一つに、女性に対するスタンスを挙げることができる。 同社は、コンサルティング業界を志望する女性に選ばれる会社であるための努力を欠かさず、『ワーキングマザー』(アメリカの雑誌)による調査においては、常に女性が働きたい企業の上位100社に選ばれている。 また、女性特有の家庭や個人的な事情に合わせて、短縮時間勤務、休職、クライアントワーク以外へのアサインなど、さまざまな選択肢が用意されており、ライフステージの変化によりキャリアを諦めねばならない人が減るように配慮されている。 ミッション 『Shaping the Future. Together. 』 ・ 独自の解決策により競争優位を構築する ・ 組織能力を高め、組織を動かす ・ 持続的なインパクトを実現する ・ 個人の成長のために比類ない機会を提供する ・ 情熱と信頼をもって共に成長する ・ ビジネスや社会を変革する最適なパートナーであり続ける より引用。 バリュー Integrity, respect for the individual, delivering value, and making an impact on society are just some of our core values. Our commitment to both our clients' success and our own standards is what sets BCG apart as a world-class professional services organization. Integrity Integrity means distinguishing right from wrong and doing the right thing. We represent our capabilities honestly. We observe appropriate confidentiality of client information. We do not misrepresent our purposes in seeking information. We only make promises we can keep. We take the time to consider our actions and ask whether we can defend them openly today and tomorrow. Integrity at BCG also requires courage and accountability. We deliver work of the highest quality by our standards as well as those of our clients. We do not compromise our intellectual integrity for special interests. We share our objective findings with clients—even those that may be unpopular—in a manner that is both candid and respectful. Respect for the Individual We respect the capacity and desire for personal growth, as well as the talents and beliefs of clients, colleagues, alumni, recruits, and all other people we meet in the course of our work. Regardless of position, we treat people with consideration. We value ideas on their merit, not on the tenure of their source. We recognize that respect requires both truthfulness and empathy. We deal with one another in an open and honest way. We encourage constructive criticism. We reward performance and contribution consistent with our values. We utilize transparent decision-making processes. We lead by example. We recognize that ours is a demanding profession. We accept the responsibility as a group and as individuals, to prevent situations that jeopardize our health or our families. Diversity At BCG, we strive for a diverse workplace. It is fundamental to our success that we accept, value, and incorporate the contributions of people from a wide variety of backgrounds. Diversity of thought, expertise, experience, and background is crucial to creating an environment in which creative tensions exist and new ideas emerge. We are committed to making BCG a company in which all individuals have an opportunity to flourish and succeed, regardless of their background, ethnicity, gender, gender identity, or sexual orientation. Clients Come First We measure our success by our clients' success. We make all our resources available to our clients and commit ourselves wholeheartedly to their success. We seek to identify our clients' real needs, not just deliver good work. In tradeoffs between BCG's and a client's interest, the client comes first. The Strategic Perspective We seek competitive advantage for our clients. Our approach is to consider the business as a whole, the competitive system, and its dynamics. We identify market positions and capabilities that enable clients to deliver superior results in a sustainable manner. Objectivity is crucial. Valid data, rigorous analyses, external perspectives, root causes, and explicit logic serve as our foundations for objective decision-making. Strategy matters in all business endeavors. We seek to identify advantage in all of our efforts and convey a strategic perspective as we mobilize client organizations. Value Delivered We are committed to creating value for our clients that returns many multiples of their investment. We deliver tangible and positive change, not simply presentations or ideas. We set our standard for value creation extremely high. At BCG, value creation requires that our work deliver insight and change the mindset of our clients. Our work must lead directly to clients taking action and executing their business in new ways. We must enhance client capabilities and deliver both competitive advantage and bottom-line impact. We hold ourselves accountable to our value delivered standards by engaging candidly within BCG and with clients about the level of value created by our joint efforts. Partnership A partnership perspective guides BCG's relationships both internally and with clients. We take a long-term view in our relationships. We strive to build bonds founded on respect, caring, honesty, mutual support, and investment. We work together in a manner that is team-oriented, constructive, and challenging. Internally, we believe that a collegial environment fosters continuous learning. We know that teamwork and cooperation are essential to our success both as a company and as individuals. We aspire to a lifelong bond with those who have joined BCG. Partnership is also the foundation of our client approach. We respect our clients and fully appreciate the challenges they face. We work at all levels of the organization to drive lasting change. We feel privileged to share in their achievements. We appreciate our clients' knowledge and experience. We want to strengthen our clients' capabilities rather than substitute for management. We seek to provide a catalyst for change. Expanding the Art of the Possible We start with the perspective that the goal is not simply to apply best practice but to invent it. Each client is unique, and there is seldom only one solution. We believe that breakthrough ideas often result from the work of teams seeking to creatively solve real client challenges. We seek to extend the art and science of management by generalizing from our experience. Social Impact We seek to have a positive and lasting impact beyond the business domain. We believe we can make the world a better place both directly through our client work and through our pro bono efforts. We seek to pursue progressive policies in every culture where we provide services. We donate a portion of our time and resources to community and global issues and institutions. As world populations and markets continue to grow, ensuring the sustainability of our economies is a fundamental responsibility of all institutions and individuals. At BCG, we will share our intellectual capital on sustainability openly, work with clients to support their sustainability efforts, and take steps as a company to minimize our own impact on the environment. 沿革 1963年に米国ボストンの地に、ブルース・ヘンダーソン、ジェームズ・アベグレン(初代日本支社代表)らにより創設。 ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は早くから「日本的経営」に高い関心を持ち、1966年にはボストンに次ぐ2番目の拠点として東京オフィスを、更に2003年には名古屋に中部関西事務所を開設している。 現在では、世界的な経営戦略コンサルティングファームとして、約90カ所、16,000人のネットワークを築き上げている。 1963年 ボストンの地でブルース・ヘンダーソンにより設立される。 1966年 東京オフィスを開設。 ~1980年頃 欧州へ進出。 ~2000年頃 アジア、インドなどに進出。 2003年 関西オフィスを開設。 サービス インダストリー• 自動車• ヘルスケア フィンクション• 企業進化• ビジネス・テクノロジー• IT 荒削りでも成長のポテンシャル人材 ボストン コンサルティング グループ(BCG)求めている人材は、洗練され完成された人間ではなく、荒削りでも成長のポテンシャルの持っている人材である。 同社では「異質がぶつかりあう中でこそ、コンサルティングに必要な創造性・納得性・実現性が生まれる」という、「多様性からの連帯」という価値観に基づき採用活動を行っており、熟練のコンサルタントや専門知識を有した社会人だけでなく、新卒採用や中途採用も積極的に行っている。 また、理系院生専用の採用プロセスが用意されており、門戸自体は広く開いているのだが、「少数精鋭」であるため、実際の入社難易度は非常に高い。 求められる人物像 ・しつこく考え、大胆に発想し、本質を深く洞察する姿勢を持ち問題解決を行える人物。 ・知識に頼らない強靭な思考力を持つ人物。 ・クライアントの問題を深く理解し、論理的かつ熱意をもって提案、説得できる人物。 ・クライアントと信頼関係を築き、苦楽を共にできる人間力を持つ人物。 ・素直な姿勢を持ち、難しい課題にも果敢にチャレンジする人物。 ・着実に成長していくことが期待できるポテンシャルを持つ人物。 キャリアパス プロジェクトを通じて実践的な学びを得る BCG入社後は、経験や能力により定められたポジションでキャリアをスタートすることになる。 BCGでは、コンサルタントに複数段階のポジションが用意されており(アソシエイト・コンサルタント・プロジェクトリーダー・プリンシパル・パートナー。 詳細後述。 )、各コンサルタントは、それらのポジションを経る中で成長を重ね、キャリアを形成していく。 各プロジェクト5~6名で1チームを構成し、各チームは総括責任者であるパートナー、プロジェクト・マネジャーであるプリンシパルもしくはプロジェクト・リーダー、コンサルタントとアソシエイトから成る。 ポジションの詳細は以下の通り。 アソシエイト 新卒者、もしくは実務経験が5年未満程度の場合、アソシエイトとしてキャリアが始まる。 コンサルタント アソシエイトとしてのキャリアを積んだ次のステージ。 十分な実務経験のあるコンサルタントが中途入社する場合、コンサルタントとしてキャリアをスタートさせる。 コンサルタントは、プロジェクトの実務面の中心を担う。 プロジェクト・リーダー プロジェクト・リーダーは、コンサルタント、チーム・リーダー、プロジェクト・マネジャー、全てのレベルで力を発揮する必要がある重要なポジション。 プロジェクトの全体を見渡し管理する役目を負う。 分析結果に基づきクライアントに戦略を提案、理解、納得させ、改革を進める重要なポジション。 プリンシパル プロジェクトマネジメントに対し、より重い責任を担うポジション。 プロジェクトやリサーチから得られたインサイトを共有していく責任を有する。 パートナー コンサルティングスタッフの総括責任者。 プロジェクトチームを指揮し、コンサルティングの質を常に高く担保する責任を負うポジション。 トレーニング 比類ない機会を与え、気付きを促す BCGは、多様な研修や海外オフィスへのトランスファー機会提供など、人材育成のためには多大な投資を惜しまないことで知られている。 しかし、その一方で多くの外資系企業同様、「Up or Out(昇進するか、さもなくば去れ)」と言われる厳しい人事制度がとられているのもまた事実である。 ただし、同社は「仮に退社(Out)ということになっても、他の会社であれば決して劣らない人材になって外に出せる。 」とも明言しており、このことからも同社の人材の育成における姿勢を見て取ることができる。 この単なる「切捨て」ではない人材育成が同社の特徴の一つであり、他の外資系企業と異なる点でもある。 同社には知見の共有、自発的な行動の奨励、スキルの伝達、革新的な考えに関しての議論を活発に行う環境があり、また「プロジェクトを通じてメンバーやクライアントから実践的な学びを得られる」という考えに基づいた「アプレンティスシップ(徒弟制度)」と呼ばれる仕組みがある。 加えて、BCGには新入社員に対してシニアスタッフをキャリアアドバイザーとしてアサインさせたり、トレーニングプログラムをカスタマイズするなど、成長を支援する様々な仕組みがある。 キャリアアドバイザーは、単なる「新人教育担当」ではなく、「人材の成長をマネジメントする」役割であり、気付きを足したり、他スタッフからフィードバックを得たりというフォローのみならず、その人の可能性を最大限に引き出すために必要なトレーニングや経験すべきプロジェクトを組み立て、その人に最適な方向性を示すところまでをカバーする役割として位置づけられている。 入社後の具体的なトレーニングとしては、まず1年目は3~5週間程度、基本トレーニングが行われる。 初期のトレーニング、特にアソシエイトとコンサルタントのトレーニングは、分析力、問題解決力、コミュニケーション能力の強化を目的に行われる。 その後はポジションの向上に比例してトレーニングにはそれほど時間を費やすことはなくなるものの、BCGは継続的に成長機会の提供を行い、またコンサルタントにはこれらの機会を活用することが奨励されている。 プロボノ 国際社会に対する日本の貢献を民間レベルで拡大していく BCGには社会貢献活動を推進していく母体として、Social Impact Practice Network(SIPN)というチームがあり、多くの社員がこれに参加し、様々な社会貢献活動を行っている。 その活動はBCG投資負担によるコンサルティングプロジェクトの実施や、炊き出し支援等のボランティア活動支援、チャリティー募金イベント等多岐に渡る。 また、世界各地のBCGオフィスと連携したグローバル・プロジェクトに加え、日本のNPO等を支援する日本独自の取組みにも注力している。 【活動事例】 ・WFP国連世界食糧計画/国連WFP協会 ・セーブ・ザ・チルドレン ・日本盲導犬協会 書籍 BCGへの転職を志す方へ、面接までに読むべきお勧めの書籍をご紹介します。

次の

ボストン・コンサルティング・グループの企業研究

ボストン コンサルティング グループ

略称は BCG。 世界50ヶ国90拠点以上にオフィスを展開し、18,500名のスタッフを擁する、グローバルな戦略系コンサルティングファームとして知られる。 の3分の2がBCGのクライアントとなっており、と双璧をなす。 「」や「 PPM 」といった経営コンセプトの開発も手掛ける。 、ボストンに次ぐ世界2番目の拠点として日本法人を東京に開設。 中央区日本橋室町の日本橋室町三井タワーにオフィスを構える。 ランキング [ ]• Fortune誌「働きやすい企業100社(2018)」:第4位• 米Vault社「世界で最も権威あるコンサルティングファーム(2006年-2018年)」:第2位• 米Vault社 「アジア・パシフィック地区における最も働きたいコンサルティングファーム2018 」:第1位• One Career社「東京大学就職人気ランキング(2018年)」:第2位• One Career社「京都大学就職人気ランキング(2018年)」:第2位• 主な出身者 [ ]• - (ハーバードJD,MBA)• - (MIT MS)• - (ハーバード名誉D)• - (ヴァダービルトJD)• - 、RxAll Inc. 共同設立者(一橋院、ハーバードMPA 日本法人 [ ]• - 教授(東大法、ハーバードMBA)• - 教授(早大商、ケンブリッジMBA、シェフィールド大修士、ケント大修士、一橋経営博士)• - 代表取締役副社長(東大理院、INSEAD MBA)• 岩下充志 - 元 Japan代表取締役(東大教養、コロンビアMBA)• - 代表取締役社長(東大法、ハーバードMBA)• 岩田拓真- l代表 京大総人、東大院工学• 今村英明 - 教授・客員教授(東大経済、スタンフォードMBA)• - 教授(東大工、慶大MBA)• - 教授(一橋商、IMD MBA)• - 元(一橋商)• - 元議員(慶大経済)• - ワンキャリア取締役(神戸大経営)• - リプラス代表取締役CEO(東大経済)• - 教授・教授(東工大工院、カーネギーメロンMBA)• - 元代表取締役社長(東大法)• - 元(東大法、ハーバードLLM)• - 代表取締役会長・参与・一橋大学客員教授(日本支社採用第1号)(一橋経済、スタンフォードMBA)• - 教授(東大法、ミシガンMBA)• (東大教養、コロンビア大MBA)• 清水紀彦 - 教授(慶大経済、スタンフォードMBA)• - 相談役(東大法、ハーバードMBA)• - 初代日本法人社長、元教授(ハーバード、シカゴ大)• - 経済評論家(東大工)• 鈴木智子 - 一橋大学准教授(聖心女子大、一橋経営博士)• - 代表取締役(東大法、スタンフォードMBA)• - 代表取締役会長・元取締役会長兼取締役会長(一橋社会)• - 内閣総理大臣補佐官(政策企画担当)(第2次安倍改造内閣)(東大法、タフツ院)• 服部正太 - 代表取締役社長CEO(東大教養院、MIT院)• - 日本法人代表執行役最高執行責任者(大阪大工、ハーバードMBA)• - 代表取締役会長(東大法、ハーバードMBA)• 虎ノ門大学院主任教授(東大理、INSEAD MBA)• 三谷宏幸 - 元社長(東大工、スタンフォードMBA)• - 株式会社ハルメク社長(東大理院、UCLA MBA)• - 教授(一橋経、慶大MBA、京大経済博士)• - 独立研究者・著作家 パブリックスピーカー(慶大文、慶大文院) 主な出版物 [ ]• 『BCGが読む経営の論点2019』(内田康介、北沢真紀夫、古宮聡、桜井一正、佐々木靖、東海林一、高部陽平、津坂美樹、平井陽一郎、森田章 署 )• 『デジタル革命時代における保険会社経営』(ボストン コンサルティング グループ 保険グループ著、一般社団法人 金融財政事情研究会)• 『BCGが読む経営の論点2018』(井上潤吾、植草徹也、加来一郎、木村亮示、木山聡、佐々木靖、東海林一、高部陽平、丹羽恵久、服部奨、森健太郎、森田章、山井康浩 署 )• 『BCG経営コンセプト 市場創造(イノベーション)編』(内田和成著、BCG企画・解説、)• 『BCG経営コンセプト 構造改革(イネーブルメント)編』(菅野寛著、BCG企画・解説、)• 『BCG流 戦略営業』(杉田浩章著、日経ビジネス人文庫)• 『戦略にこそ「戦略」が必要だ: 正しいアプローチを選び、実行する』 御立尚資、木村亮示監訳、須川綾子訳• 『ジオエコノミクスの世紀: Gゼロ後の日本が生き残る道』(イアン・ブレマー、御立尚資著 )• 『組織が動くシンプルな6つの原則: 部門の壁を越えて問題を解決する方法』(イヴ・モリュー、ピーター・トールマン著 重竹尚基、東海林一 監訳、)• 『ビジネスゲームセオリー: 経営戦略をゲーム理論で考える』(柳川範之・御立尚資著、日本評論社)• 『世界を動かす消費者たち: 新たな経済大国・中国とインドの消費マインド』(市井茂樹、津坂美樹監訳、北川知子訳、)• 『BCG流 プロフェッショナルの仕事力: 世界屈指のコンサルティングファームでビジネスリーダーたちは何を身に付けたのか』(ボストン コンサルティング グループ編、)• 『BCG流 病院経営戦略』(植草徹也、北沢真紀夫、堤裕次郎、塚原月子著、エルゼビア・ジャパン)• 『変化の時代、変わる力』(著、)• 『守りつつ攻める企業』(井上潤吾著、)• 『BCG流 経営者はこう育てる』(菅野寛著、日経ビジネス人文庫)• 『ウーマン・エコノミー』(マイケル・J・シルバースタイン、ケイト・セイヤー著、津坂美樹、森健太郎監訳、石原薫訳、)• 『思考する営業』(杉田浩章、)• 『不況後の競争はもう始まっている』(ボストンコンサルティンググループ著、)• 『経営思考の「補助線」』(、)• 『新興国発 超優良企業』(ハロルド・L・サーキン、ジェームズ・W・ヘマリング、アリンダム・K・バッタチャヤ著、水越豊監修、中山宥訳、)• 『仮説思考』(著、)• 『経営者になる 経営者を育てる』(菅野寛著、)• 『戦略「脳」 を鍛える』(著、)• 『BCG戦略コンセプト』(水越豊著、) 脚注 [ ]• 2018年5月12日閲覧。 Fortune. 2018年9月14日閲覧。 2017年6月10日閲覧。 2017年6月11日閲覧。 2018年9月14日閲覧。 2018年9月14日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ボストンコンサルティングの年収は1000万円超え!【社員が教えます】

ボストン コンサルティング グループ

ただし、ボストン コンサルティング グループを始めとした外資系戦略コンサルティングファームでは、Up or Outを厳格に運用しているファームが多くなります。 入社したファームに10年以上残れるコンサルタントは同期の中で1割以下のため、エグゼクティブクラス・ハイエグゼクティブクラスにまで到達するコンサルタントは決して多くありません。 そのため、生涯年収でいえば日系証券会社の投資銀行部門(IBD)を下回る可能性も十分高いことには注意する必要があります。 上記給与はコンサルタント職の平均給与の比較であり、他の戦略系ファームと比較してもかなり高額の部類といえるでしょう。 戦略系ファームの中では平均年収は2位にランクインしています。 ただし、戦略系ファームは職位が上がるほどにボーナスが占める比重が高くなるため、一概に平均年収がいくらであるというのは難しく、あくまで参考値であることに留意してください。 戦略コンサルティングファームは、総合系コンサルティングファームと比較して年収が高くなる傾向がありますが、その中でもボストン コンサルティング グループの初任給は破格と言えるでしょう。 入社初年度の年収がすでに大企業における40歳時の平均年収を大きく上回っており、平均して3年ほどで年収1,000万円の大台に到達します。 年収1,000万円といえば、全就業者のうち上位4. 3%程しか到達することができない程の高収入ですが、ボストン コンサルティング グループでは弱冠25歳にしてその領域にまで到達することができます。 また、外資系の戦略コンサルティングファームでは、総合商社と異なり年次を経るごとに年収の上昇率が低下するといったことはないため、全国平均の平均年収との差はさらに広がり、新卒時で3. 1倍程あった年収の差は10年で5倍ほどにまで到達します。 しかしながら、これほどの高給を得るには当然リスクもあり、自分の役職で要求されるだけのパフォーマンスを発揮することができなければ、容易く解雇となる「Up or Out」が厳格に適用されているファームでもあります。 アソシエイトからシニアアソシエイトまでは1. そのため、生涯年収で見た場合には日系の投資銀行や総合商社で海外転勤する方が高給となることも十分考えられるため、年収のみを目的にボストン コンサルティング グループを選択するのは避けるべきでしょう。 社会保険完備• 退職金制度• MBA留学支援制度等• 産前産後休暇• 育児休暇• 社宅制度 (採用HP、のデータを参考に外資就活編集部作成) 戦略系コンサルティングファームには福利厚生が少ないことが多いですが、ボストン コンサルティング グループは社宅制度を備えるなど、節税の面で有利な制度を用意しています。 給与支給額、すなわち課税対象額を減らすことによる所得税の節税効果が見込まれます。 例えば年収700万円で家賃15万円の家に住んだ場合、年額180万円が天引きされるため、課税対象額が700万円から520万円になります。 そのため、所得税は97. 4万円から61. 3万円へ削減され、約36万円の節税効果が得られます。 なお、実際には住民税にも適用されるためその場合は更なる節税効果が生まれます。 「3年」でというのは、それまでにファームを去ることがなければという条件が付きます。 ただ、新卒採用者は中途採用者と比べ解雇されにくいため、それなりの割合の人が年収1,000万円に達することができるでしょう。 ボストン コンサルティング グループについて、更に詳しく ボストン コンサルティング グループや他の戦略コンサルについてさらに研究したい方は、こちらも是非参考にしてみてください。 【関連企業の年収・初任給・給与制度】• 【関連コミュニティ】• 【関連コラム】• 【選考体験記】• ボストンコンサルティンググループの研究• このカテゴリーに関する他の記事•

次の