ラグビー ハカ 日本。 ラグビーW杯 各地での日本流おもてなしを外国人ファン&選手が絶賛!

なぜオールブラックスだけが、試合前にハカ(ウォークライ)を踊ることを許され...

ラグビー ハカ 日本

『ハカ』とはニュージーランドに住むマオリ族が、戦いの前や和平を結ぶ際に一族の誇りを持って躍っていた踊りのことです。 リズムに合わせて足を踏んで体を叩き、舌を出すなどして踊ります。 ハカは戦いの前に、自らを鼓舞し、自分たちの力や部族の結束を相手に誇示するために踊られていました。 日本で言えば、合戦前の「鬨(とき)の声」、英語では「ウォークライ(War Cry)」に当たるものとされます。 現在では、ラグビーの ニュージーランド代表(通称オールブラックス)が試合前に踊ることで知られており、1905年から続く試合前の儀式となっています。 しかし、実はラグビーだけではなく、野球やサッカー、ホッケーやバスケットボールなど、ニュージーランド代表が何らかのスポーツで闘う時に踊られています。 ハカの意味とは? 試合前に踊るハカには 相手チームを威嚇するだけでなく、相手チームへの敬意を表する意味があります。 対戦相手に敬意を表するというのは、スポーツマンシップや日本の武士道などとも通じるところがありますね。 ただ、相手への敬意を込めているとはいえ、オールブラックスの巨漢が大声で歌い踊るのは迫力満点。 客席で見ているだけでも興奮してしまうくらいですから、目の前でそれを受ける相手チームへのプレッシャーは相当なものでしょう。 ちなみに、 ハカをリード(先導)する選手はマオリ族の血を引く選手が行うことが慣例ですが、サモア系移民のタナ・ウマガがリードをするなどいくつかの特例もあります。 オールブラックスが試合前に踊るハカの種類は2つ 実はオールブラックスが躍るハカは1種類だけでなく2種類あります。 「カマテ」と 「カパ・オ・パンゴ」です。 「カマテ」は1905年から踊られてきたハカで、「カパ・オ・パンゴ」は2005年の南アフリカ戦で披露された新しいハカです。 練習試合や重要度の低い試合では「カマテ」が踊られることが多く、大会の決勝や敗戦したことがある因縁の相手と対戦する時には「カパ・オ・パンゴ」が踊られることが多いようです。 「カパ・オ・パンゴ」の最後には親指で首を切る動作があり、絶対に相手を倒すという強い意気込みが感じ取れます。 ちなみに「相手の首をとる」という意味ではなく、 「自らの首をかけても相手を倒す」という意味が込められています。 以下で、それぞれの動画と歌詞と和訳を掲載していますので、ぜひ、迫力あるハカをご覧ください。 「カマテ(Ka Mate)」の動画・歌詞と和訳 ラグビーW杯2011年 vs日本戦での「カマテ」 Taringa Whakaraong! (よく聞け!) Kia rite! Kia rite! (準備しろ!) Kia mau hi! (強く握れ!) Ringa ringa pakia! (手を叩け!) Waewae takahia kia kino nei hoki Kia Kino hei hoki! (強く足を踏み鳴らせ!) Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!) Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!) Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!) Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!) Tenei te tangata puhuruhuru(見よ、この勇気ある者を) Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が) Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!) A upane! ka upane! (一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!) A upane, ka upane(そして最後の一歩、そして外へ一歩!) Whiti te ra! (昇れ! ) 「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」の動画・歌詞と和訳 2017年 vsウェールズ戦での「カパオパンゴ」 Taringa Whakarongo! (よく聞け!) Kia Rite! Kia Rite! Kia Mau! (準備して並べ!) Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau! (オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!) Hi aue ii! (今だ!) Ko Aotearoa e ngunguru nei! (鳴動する我らの国よ!) Au, au aue ha! (今こそ、我が奮起する時!) Ko Kapa O Pango e ngunguru nei! (それこそが我らをオールブラックスたらしめる!) Au, au, aue ha! (今こそが その時だ!) I ahaha! (輝く時だ!) Ka tu te ihiihi(我々が支配し) Ka tu te wanawana(その優位は偉大なる勝利となり) Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi! (敬われ高く掲げられる) Ponga ra! (シルバーファーン!) Kapa O Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!) Ponga ra! (シルバーファーン!) Kapa o Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!) 試合前だけじゃない!色々なシーンで踊られるハカ動画集 ハカは元々戦いの前に相手を威嚇する戦士の踊りでしたが、相手への敬意や感謝の意味を含むということから、現在では様々な場面で踊られています。 ニュー・ジーランドでは結婚式やお葬式、来賓に敬意を示す場合にも踊られることがあり、このような場面で踊られるハカは男性だけでなく女性も踊ることがあります。 ちなみにハカに対して敬意があり意味を理解しているならば、マオリ族だけでなく誰でも踊ることが許されています。 ラグビーの試合前に踊られるハカのように激しくないハカもあるので、チャンスがあれば一度踊ってみるものいいかもしれません。 以下で、ラグビーの試合前以外の様々なシーンで踊られたハカの動画をご紹介します。 元ラグビーNZ代表のスター「ジョナ・ロムー」に捧げるハカ ラグビー界の世界的な英雄をたたえたハカ.

次の

【ラグビーW杯】伝統の儀式は「ハカ」だけじゃない! サモア戦はキックオフ前の「シバタウ」に注目すべし!!

ラグビー ハカ 日本

ラグビーW杯で日本のおもてなしを称賛 ラグビーワールドカップ初戦、ロシア相手に劇的勝利を収めた日本。 そこで、世界中から注目を浴びたのが…開幕戦直前に対戦相手ロシアの国歌を日本のサポーターが練習する姿。 実は日本の公式ホームページでは、各国の国家をカタカナで表記し、紹介しているのだ。 そうした姿に、続々と集まった外国人サポーターからは「日本は本当に優しい!」「最高だよ!」「素晴らしいホスト国」といった称賛の声が続出。 しかし、一方ではこんな不満の声も… ニュージーランド人男性: 日本はきれいだけど、ゴミ箱が少ない オーストリア人男性: スタジアムのトイレがものすごい行列だとみんなで話していた そこでめざましテレビ「ニュースのミカタ」はラグビーワールドカップの訪日客への日本の「おもてなしと課題」について取材した。 9月22日横浜で行われたのは、日本の次の対戦相手で世界ランキング2位のアイルランドとスコットランドの対戦。 横浜の街は、試合前からあふれんばかりの応援団の姿が…ただ歩行者天国というわけではないのに、車道にまで出てしまっている外国人サポーターも。 そんなワールドカップ期間中に約220万人に上るとみられている訪日外国人。 日本の印象について尋ねると… アイルランド人女性: 旅行代理店の人がバスのチケット代を払ってくれて、バスに乗せてくれて、地図など必要なものを全部渡してくれたの。 Wi-Fiのパスワードもくれたし、すべてが素晴らしかったわ オーストリア人男性: そば麺とうどん麺。 店員さんは両方を持ってきて「どっちがいい」と見せてくれた。 そばかうどんかはそれで選んだよ わざわざ厨房からうどんとそばを持ってきて見せてくれた日本人のおもてなしに感激したようす。 さらに、日本の治安の良さにも高い評価が… アイルランド人男性: 私は電車で財布や携帯をよくなくします。 でも(日本では)いつも戻ってくるんです 外国人サポーターが日本で困ったこととは… しかし取材中、あわてたようすの別の外国人に遭遇。 実は英語では「International」という単語以外は「Yokohama」「Stadium」と同じ言葉が使われていて、これが混乱の一因に… また会場への移動についても、こんな声が… ニュージーランド人男性: 電車を乗り換えないといけないけど、少し複雑だね 日本の大都市圏の駅では、JRや地下鉄など数多くの路線が乗り入れ、乗り換えが難しいという。 さらにこんな指摘も… ニュージーランド人男性: スタジアムではカバンとかチェックしていたけど、もっとセキュリティーが必要だね。 アメリカなどでは、もっとセキュリティーが万全だった テロが起きやすい海外と比べると日本の警備体制は甘く見えるとの声も。 しかし警視庁は東京オリンピックも見すえ、例えば東京スタジアム付近に140台の高性能カメラを設置。 監視体制を強化している。 また、日本に来た多くの外国人たちが口をそろえるのが… アメリカ人女性: とても暑いわ。 夏は湿気がすごい! それは東京の暑さ!日本財団がまとめた2020年の東京オリンピックに向けての課題は、鉄道や道路の混雑、テロなどを抑えて「猛暑」が1位に。 これらの課題について、危機管理の専門家に聞いた。 公共政策調査会 板橋功研究センター長「自然災害、感染症、暑さ対策も大変ですが、オリンピックの警備をするために1万4000人~1万5000人の警備員が必要といわれていますが、全国から警備員を集めますので、それに伴って地方(の合宿地)でも警備員の不足が起こってくるんですね」 また日本財団のまとめた課題では4位に「地震」、5位に「豪雨災害」が入っている。 予期するのが難しい天災だが、海外からの人も安心して来られるような対策が必要かもしれない。 (めざましテレビ9月23日放送より).

次の

【ラグビーW杯】伝統の儀式は「ハカ」だけじゃない! サモア戦はキックオフ前の「シバタウ」に注目すべし!!

ラグビー ハカ 日本

2019年9月20日から11月2日にかけて日本で開催されるラグビーW杯。 あと数日で本当に4年に一度の祭典が始まってしまう。 それもそのはず、彼らはW杯2連覇中で前人未到の3連覇を狙う最強集団。 世代交代も順調に進んでいて、他を寄せつけない絶対王者だからである。 ただ、あらゆる国に勝ち越す強さの秘訣は実力だけじゃない。 王者の威圧は戦う前から始まっているのだ。 ・伝統の舞「ハカ」 オールブラックスという名の通り、彼らは試合になると黒いジャージに袖を通す。 そしてキックオフ直前で決まって行われるのが 伝統の舞「ハカ」。 聞いたことのある方も多いだろうが、ニュージーランドの先住民・マオリが戦いの前に行っていた踊りに起源を持つ舞である。 大きく目を見開き、舌を出して腕を震わせる……それから手を叩き、足を踏み鳴らし、自らを鼓舞するのだが、これをオールブラックスがやると相手は圧倒されてしまう。 なにせ、超がつくほどのラグビーエリートたちが全力ですべての魂をぶつけてくるのだ。 会場の雰囲気が一気に変貌する光景は何度見ても鳥肌もので、何なら見ているこちらも飲まれてしまう。 それほどまでにハカの迫力は物凄く、対戦相手はいかにして威嚇(いかく)に耐えるかというのも見どころとなる。 全員で肩を組んで並ぶ、ハカが終わってからウインドブレーカーを脱ぐなど、チームによって対策はさまざまだ。 ・ハカは2種類 なお、ハカには「カマテ」と「カパ・オ・パンゴ」の2種類がある。 新人選手がいるときは基本的にカマテ。 あとは試合をやる土地などによって使い分けているが、 どちらにしてもハカはハカ。 知っているといないで楽しみに天と地ほどの差があるので、もし知らなかったならば今から覚えておこう。 オールブラックスの初戦は大会2日目の9月21日(18:45〜)。 横浜国際総合競技場で強豪の南アフリカ代表(スプリングボクス)と激突する。 はたして南アフリカ代表はどのようにしてオールブラックスのハカを受け止めるのか、そして最強集団はどちらのハカで戦闘モードに入るのか。 試合前から注目どころは盛りだくさんだ! 参照元:YouTube 執筆: Photo:RocketNews24.

次の