スクール ウォーズ キャスト。 山下真司のスクールウォーズ!あらすじと登場人物を写真入りで紹介!

『スクールウォーズ HERO』が新キャストで映画化

スクール ウォーズ キャスト

スクールウォーズ主な登場人物 山下真司(滝沢 賢治) 言わずと知れた主人公。 熱血なのはもちろんだが、とにかく泣く泣く・・・泣き虫です。 岡田奈々(滝沢 節子) 主人公の妻。 夫を陰で支える賢妻。 こんな嫁さんが欲しい。 お綺麗でした。 今、何をしていらっしゃるんだろう。 間下このみ(滝沢 ゆかり) 主人公の一人娘。 可愛かった・・・ ドラマのなごませ役でした。 松村雄基(大木 大助) 超ワルだったが、主人公と出会い改心。 準主役的存在。 このドラマでブレイクしました。 「先生よぅ~」のセリフは、当時みんなが学校でマネしていた。 高野浩和(奥寺 浩) おそらく「イソップ」と呼んだほうが通じると思う。 物語半ばで病気により亡くなってしまう。 このくだりは、涙なくしては見れません。 レギュラー選手じゃないが、じつは全国優勝の最大の立役者だと思う。 (平山 誠) チームのエースで主将。 ラクビー界で活躍した平尾誠二がモデル。 宮田恭男(森田 光男) ムードメーカー的存在。 小畑道弘さんという実在のモデルがいる。 最近、お見かけしませんね。 伊藤かずえ(富田 圭子) 森田光男(宮田恭男)の恋人。 複雑な家庭環境でドラマを盛り上げた。 この写真若い! 岩崎良美(山崎 加代) 川浜高校ラグビー部初代マネージャー。 献身的に裏でラクビー部を支えていた。 交通事故で亡くなってしまう(涙) その放送回では、大量の「加代ロス」が生まれた。 梅宮辰夫(下田 大三郎) 川浜高校前のラーメン屋「新楽」の店主。 森田光男(宮田恭男)の姉婿にあたる。 若い頃は「関東一のワル」だった。 部員たちの良き兄貴分。 物語半ばで亡くなる(涙) 下川辰平(山城 晋平) 川浜高校校長。 主人公の良き理解者。 刑事ではない。 Sponsored Links スクールウォーズこんな人も出てました! 和田アキ子(下田 夕子) 下田 大三郎(梅宮辰夫)の妻で、森田光男(宮田恭男)の姉。 川浜高校ラグビー部が全国優勝した時も、夫の遺影を抱えていた(涙) 現在のゴッドねーちゃんの面影はまったくない。 鶴見辰吾(名村 直) 名村財閥の三男。 今で言うところのチャラ男。 山崎加代(岩崎良美)に一目惚れ。 大木大助(松村雄基)とは犬猿の仲。 名古屋章(岩佐 邦靖) 山城晋平校長の次に赴任した校長。 主人公の教育方針と対立する。 つまりイヤなヤツ。 坂上二郎(内田 玄治) ラグビー部員の父。 内田土木建設の社長で、川浜市議会議員。 自称ラグビー部後援会長の親バカ。 北村総一朗(奥寺 俊也) 奥寺浩(イソップ)の父。 息子の命があるうち、好きなだけラグビーをやらせたいと主人公に頼み込む(涙) のちに『踊る大捜査線』のスリーアミーゴスになるなんて、誰が予想できようか。 小沢仁志(水原 亮) 少年院上がりの不良。 主人公にふれ徐々に改心していく。 昔からワルの役だったのね。 Sponsored Links スクールウォーズあらすじ 高校ラグビー界で全く無名の弱小チームが、ある一人の教師が赴任してから、わずか数年にして全国優勝を果たすまでの軌跡を描いた物語である 京都市立伏見工業高等学校ラグビー部の監督、山口良治さんをモデルとした『落ちこぼれ軍団の奇跡』という本を基に制作されたフィクションドラマです。 もあります。 原作はノンフィクションなのですが、ドラマはかなり脚色されているようで、冷静に見ればけっこうハチャメチャな展開です。 でも当時は、そのハチャメチャな展開が面白かったのです。 学園ドラマの域を越えてました。 良い人が次々に亡くなっていくし・・・ うちのお袋が毎回テレビに釘付けになって泣いていたのを思い出します(笑) 大まかなあらすじは、不良や暴力問題で荒んだ高校が舞台です。 そこに熱血教師の滝沢 賢治(山下真司)が赴任してきてラグビーを通して、生徒達を変えていくお話です。 とにかく問題ばかり起こります(笑) その悲しみや苦難を乗り越えて、チームが少しづつ団結し強くなっていくのです。 最近の人には、野球漫画(ドラマや映画にもなりました)ROOKIESのラグビー版だと思えばわかりやすいでしょう。 失礼ながら、それほどの豪華キャストでもないのに大ヒットしたのは、脚本のおかげだと思います。 生徒役の多くは、当時まだ無名の新人さんがほとんどでしたからね。 視聴率もかなりあったハズです。 学校でみんなマネしてました。 私は、今再放送しても視聴率が獲れると思いますよ。 リメイクしてチョイ現代風にしても面白いですね。 主演はやっぱり山下真司さん。 生徒役は、今をときめく若手俳優さん達でいきましょう。 絶対イケると思いますよ・・・ DVD、ブルーレイも出てます。 みんなで泣きましょう(笑).

次の

スクール☆ウォーズの登場人物

スクール ウォーズ キャスト

スクールウォーズ主な登場人物 山下真司(滝沢 賢治) 言わずと知れた主人公。 熱血なのはもちろんだが、とにかく泣く泣く・・・泣き虫です。 岡田奈々(滝沢 節子) 主人公の妻。 夫を陰で支える賢妻。 こんな嫁さんが欲しい。 お綺麗でした。 今、何をしていらっしゃるんだろう。 間下このみ(滝沢 ゆかり) 主人公の一人娘。 可愛かった・・・ ドラマのなごませ役でした。 松村雄基(大木 大助) 超ワルだったが、主人公と出会い改心。 準主役的存在。 このドラマでブレイクしました。 「先生よぅ~」のセリフは、当時みんなが学校でマネしていた。 高野浩和(奥寺 浩) おそらく「イソップ」と呼んだほうが通じると思う。 物語半ばで病気により亡くなってしまう。 このくだりは、涙なくしては見れません。 レギュラー選手じゃないが、じつは全国優勝の最大の立役者だと思う。 (平山 誠) チームのエースで主将。 ラクビー界で活躍した平尾誠二がモデル。 宮田恭男(森田 光男) ムードメーカー的存在。 小畑道弘さんという実在のモデルがいる。 最近、お見かけしませんね。 伊藤かずえ(富田 圭子) 森田光男(宮田恭男)の恋人。 複雑な家庭環境でドラマを盛り上げた。 この写真若い! 岩崎良美(山崎 加代) 川浜高校ラグビー部初代マネージャー。 献身的に裏でラクビー部を支えていた。 交通事故で亡くなってしまう(涙) その放送回では、大量の「加代ロス」が生まれた。 梅宮辰夫(下田 大三郎) 川浜高校前のラーメン屋「新楽」の店主。 森田光男(宮田恭男)の姉婿にあたる。 若い頃は「関東一のワル」だった。 部員たちの良き兄貴分。 物語半ばで亡くなる(涙) 下川辰平(山城 晋平) 川浜高校校長。 主人公の良き理解者。 刑事ではない。 Sponsored Links スクールウォーズこんな人も出てました! 和田アキ子(下田 夕子) 下田 大三郎(梅宮辰夫)の妻で、森田光男(宮田恭男)の姉。 川浜高校ラグビー部が全国優勝した時も、夫の遺影を抱えていた(涙) 現在のゴッドねーちゃんの面影はまったくない。 鶴見辰吾(名村 直) 名村財閥の三男。 今で言うところのチャラ男。 山崎加代(岩崎良美)に一目惚れ。 大木大助(松村雄基)とは犬猿の仲。 名古屋章(岩佐 邦靖) 山城晋平校長の次に赴任した校長。 主人公の教育方針と対立する。 つまりイヤなヤツ。 坂上二郎(内田 玄治) ラグビー部員の父。 内田土木建設の社長で、川浜市議会議員。 自称ラグビー部後援会長の親バカ。 北村総一朗(奥寺 俊也) 奥寺浩(イソップ)の父。 息子の命があるうち、好きなだけラグビーをやらせたいと主人公に頼み込む(涙) のちに『踊る大捜査線』のスリーアミーゴスになるなんて、誰が予想できようか。 小沢仁志(水原 亮) 少年院上がりの不良。 主人公にふれ徐々に改心していく。 昔からワルの役だったのね。 Sponsored Links スクールウォーズあらすじ 高校ラグビー界で全く無名の弱小チームが、ある一人の教師が赴任してから、わずか数年にして全国優勝を果たすまでの軌跡を描いた物語である 京都市立伏見工業高等学校ラグビー部の監督、山口良治さんをモデルとした『落ちこぼれ軍団の奇跡』という本を基に制作されたフィクションドラマです。 もあります。 原作はノンフィクションなのですが、ドラマはかなり脚色されているようで、冷静に見ればけっこうハチャメチャな展開です。 でも当時は、そのハチャメチャな展開が面白かったのです。 学園ドラマの域を越えてました。 良い人が次々に亡くなっていくし・・・ うちのお袋が毎回テレビに釘付けになって泣いていたのを思い出します(笑) 大まかなあらすじは、不良や暴力問題で荒んだ高校が舞台です。 そこに熱血教師の滝沢 賢治(山下真司)が赴任してきてラグビーを通して、生徒達を変えていくお話です。 とにかく問題ばかり起こります(笑) その悲しみや苦難を乗り越えて、チームが少しづつ団結し強くなっていくのです。 最近の人には、野球漫画(ドラマや映画にもなりました)ROOKIESのラグビー版だと思えばわかりやすいでしょう。 失礼ながら、それほどの豪華キャストでもないのに大ヒットしたのは、脚本のおかげだと思います。 生徒役の多くは、当時まだ無名の新人さんがほとんどでしたからね。 視聴率もかなりあったハズです。 学校でみんなマネしてました。 私は、今再放送しても視聴率が獲れると思いますよ。 リメイクしてチョイ現代風にしても面白いですね。 主演はやっぱり山下真司さん。 生徒役は、今をときめく若手俳優さん達でいきましょう。 絶対イケると思いますよ・・・ DVD、ブルーレイも出てます。 みんなで泣きましょう(笑).

次の

スクールウォーズの登場人物とモデルとされる人々

スクール ウォーズ キャスト

不良少年からラガーマンに成長する役で日本中を感動させた男が、明日5日、ラグビーW杯1次リーグのサモア戦を控える日本代表に熱いエールを送った。 先月28日、日本が強豪アイルランドに19-12で勝利したことに「見ている人に勇気を与えますよね。 世界ランキング2位に互角以上の戦いで、押されなかったし、突進してきてもみんなで止める。 『信は力なり』を実体験で経験させてくれた」と、劇中の名セリフを交えながら振り返った。 「朝、撮影に行くと、ラグビーシーンからなんです。 走りまくって。 その後は不良役だったのでケンカ。 生傷が絶えませんでした」と苦笑いする。 そして「僕が演じた『大木大助』は実家が貧しいという設定なのですけど、実話だったそうです。 遠征に弁当を持って行けなくて、先生の奥さんが『余分に作っちゃったから』って渡した話があるのですが、実際にあったそうです」と秘話を明かした。 松村にラグビーの魅力を聞くと「懐の深いスポーツ。 アイルランド戦もそうでしたが、負けた側のチームが勝ったチームをたたえるじゃないですか。 まさにノーサイドですよ」。 さらに「荒々しいスポーツですが、ルールを守るために審判とコンタクトをとりながらやっているそうなんです。 熱く冷静にやっているんです。 そして、チームプレーを大前提として他の人のために動く。 すてきなスポーツです」と熱く続けた。 日本代表の注目選手はSH田中史朗(34)だ。 「ドラマの中でも出てくる『信は力なり』という言葉が田中選手の座右の銘なんですよ。 小柄で常にニコニコしていて、愛されキャラなんですが応援しています」。 サモア戦が5日に迫る。 「サモアは前戦、スコットランドに得点できずに負けているから、一矢報いようとしてくるだろうし、油断できないですね。 でも(13日の)スコットランド戦の前にとにかく3勝してもらって、なんとか決勝にいってもらいたい思いです」と願いを込めた。 今月12日からは京都・南座で「喜劇・道頓堀ものがたり」(11月5日まで)。 11月20日から東京・俳優座劇場でミュージカル「Live Airline」(12月1日まで)に出演。 近年はシャンソンにも挑戦しており、11月7日には東京・ヤマハホールで元宝塚の姿月あさと(49)らとコンサートも開催する。 伏見工ラグビー部を題材にした学園ドラマ。 山口良治監督をモデルにした熱血教師役を山下真司(67)が務めた。 麻倉未稀の主題歌「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」も大ヒット。 今年9月にはDVDボックスが発売され人気となるなど、現在も多くのファンがいる作品となっている。 80年テレビ朝日系ドラマ「生徒諸君!」でデビュー。 01年からはテレ朝系「暴れん坊将軍」に出演するなど数々のドラマ、映画で活躍。 書家としては東京書作展で内閣総理大臣賞受賞。 178センチ。

次の