ちえ おくれ 意味。 伊藤隆二

知的障害、知恵遅れになるのでしょうか?わからないので質問し...

ちえ おくれ 意味

遅れ、いわゆる、発達遅滞の同級生とので会った。 正確には内で騒ぐ声を聞いて彼だとわかった。 体育や図工のなど合同で授業するので、のみんなとは面識はあった。 彼はいついかなる場所もえへらえへらと笑い、をはっきりと喋ることができなかった。 のみんなは早い時期から達とは違うんだと気づいた。 小学五年生のときだったか、彼は遅れ 当時は発達遅滞というを教えてくれなかった というな障害だということを理解した。 しかし、は同じを続けていた。 中には彼をう女子もいたが、彼がいなくなると決まって陰口を叩いていた。 頭の中ではわかっていても、彼を同じとは認めていなかった。 で、というオレも同じようなもので触れるのも触るのも嫌だった。 顔からただれる涎がばい菌が移ると思ったこともあったし、の、彼と手を握るのもを覚えたぐらいだ。 そして何よりもオレをヨーゴと呼ぶヤツがいたから、余計、彼とは一緒にいたくなかった。 わけもわからず、なぐりたかった。 だが、小学五年生の時に、 小学のときとは別の が必死に遅れについて熱く語ってくれたのを最後に、オレは心を変えた。 彼を特別視するのをやめ、付き合っていけるようにのと戦いながら、残りの時代を過ごした。 からは彼は児童擁護専門の特別へ行ったので会っていない。 きっと立派なになって、自立したになるんだとを持っていた。 そして、年後、の内で甲高い笑い声が聞こえた。 オレは、ああ、またか、いるんだよな、と思いながら視線を向けると、年前に別れた彼だった。 と同じ障害を持った友達と一緒だった。 彼らがに乗ると友達に、「か」「か」と足らずに言い、友達は「か」「か」と応えた。 近くに居たおばさんは彼らを見て、ああ、運が悪かったな、と的な表情を浮かべていた。 なぜ彼だとわかったか? それは彼ののときから一つも変わっていない顔を見たからだ。 まさかと思いつつ、友達が彼の下のを呼んだことで、やっぱり、そうか、と確証を得たのだ。 彼を遠くから観察していると、同じを繰り返してはきゃきゃと笑っていた。 彼はいきなりをあけて「飲もう」と言って、500mlののを飲んだりして、まさに自由奔放だった。 一方、友達は通路口で隣の内に行き来して、彼にかまってもらいたいという合図を送っていた。 彼はの居た時と変わらないまま、大人になった。 的に大人になったわけもなく、ましてや世間というものについて学んではいない。 大きくなったこどものままだった。 いや、オレは何処かで期待していたのかもしれない。 どんなヒトもいつかは自立したになって、立派になれるんだと夢を持っていた。 しかし、それはない。 それはなかった。 オレもでを見つけられず、家に帰っていた。 時を重ねなれば的に立派になれるんだという式なはない。 何かが欠けているとずっとそのままなんだ、と面食らった気分だった。 到着駅に着き、俺はから出る前にまだ居残っていた彼を見た。 午後四時にのに乗っているオレを見て、笑っているかもしれない。 まるっきり成長していないと会った彼と重ね、オレはを後にした。 発達遅滞の方を悪くいうつもりで書いたわけではない。 に乗車した彼の一面を見ただけに過ぎない。 先日の事件で世間にご迷惑をかけ、発達遅滞の立場が弱くなった中、捨てたはずのをまだ持っていたに、それをなくすでに書いた。 を感じた方がおられましたら、ごめんなさい。 拙い文面失礼しました。

次の

「障害」という言葉を考える

ちえ おくれ 意味

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 出版社からのお取り寄せとなります。 入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。 ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。 予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。 東北大学経済学部卒業。 1982年より養護学校教員。 出版社内容情報 「ちえおくれとは、おくれることである」=おくれることの固有さと普遍性。 現場で日々受けとめる切実な場所からその思想をつむぐ。 この本に即して言い換えれば、『おくれ』と呼ばれる性格や症状が子どもたちのなかでゆっくりとひとりでに癒えていくために何が不可欠か。 子どもたちの『隣にいようとする人』の存在である、と著者は答える。 宮沢賢治がデクノボーと名づけた、その隣にいようとする大人に著者はなりたいというのである」(芹沢俊介氏推薦)「[著者の]悪戦苦闘にこそ誠意があり可能性が潜む」(春日武彦/産経新聞 2002. 10).

次の

智慧の光明はかりなし: 畢竟依を帰命せよ

ちえ おくれ 意味

知恵遅れと知的障害の差とそれぞれの定義を知りたいです。 福祉番組で知的障害の人を特集していたのですが、自分としては何の違和感も感じない人でした。 自分の周りにも居ても不思議では無いと思います。 それどころか自分も知的障害なのでは?と思うほど仕事をちゃんとしたり、家事をこなしています。 その番組を見た事をきっかけに自分を見直すと、まともに学校へ通えず中退したし、仕事でも失敗しまくりまともに一定期間仕事が出来た事もありませんし、人と接すると気持ち悪くなったり気分が落ち込んでししまうから、部屋に篭る性格やあがり症で喋り方にどもりがあったりして「自分自身が知的障害なのでは」と思ってしまいます。 一度調べてみて、自分もそうかどうかチェックしたいので、知的障害の定義を知りたいので、教えて頂けませんか?。 あと、「知恵遅れ」というのは「知的障害」と同じ意味なんでしょうか?。 テレビなどでやってる特集を見ていると、自分もその障害や病気なのでは?と思ってしまうことは、私もよくありますよ。 知的障害があると言われるのは、知能検査(病院などで個別に実施するもの)で出るIQが70未満の場合です。 質問者さんの「まともに学校へ通えず中退したし、仕事でも失敗しまくりまともに一定期間仕事が出来た事もありませんし、人と接すると気持ち悪くなったり気分が落ち込んでししまうから、部屋に篭る性格やあがり症で喋り方にどもり」があるという文面からだけでは、知能にだけ問題があるとは断定できないと思います。 上記の文面からだと、人とのコミュニケーションが苦手だったのかなとも思えました。 どちらにしても、質問者さんは番組をきっかけとして過去の自分のうまくいかなかった出来事が思い出されて、現在、不安を感じていらっしゃるようですので、病院やクリニックでカウンセリングなどを受けてみるといいのではないでしょうか。 多くの病院やクリニックでは、知能検査も受けることができますしね。 参考URL: 「知的障害」と「知恵遅れ」は、ほぼ同じような意味で使われることが多いようですね。 また、「知的障害」を定義付ける際の明確な基準も法令上は無いようです。 ただし、誰かがそう判定しているのも確かなことですから、判定するところでは知能テストを使ったり、一定の判断基準は持っているのだと思います。 参考に、この用語の説明をしたサイトを紹介しておきます。 こういう趣旨の質問をすること自体、とてもあなたが「知的障害」だとは思えませんが・・・。 むしろ、「社会への適応性」という面で克服が必要な課題を抱えているのかも知れませんが、自分を「知的障害」とすることにどれだけのメリットがあるのでしょうか? そうした「後ろ向きの発想」をしないようにすることが、今のあなたにはより大切なことではないでしょうか。 これは心理カウンセラー等に相談することで解決するようにも思います。 参考URL: Q 小学校の時に同級生の子でちょっと特徴のある子がいました なんかボーっとしてる印象があって、反応が遅かったり、言葉がすぐに出てこないなどの特徴があり、良くも悪くも同級生からもなんとなく特別扱いされていたような印象がありました 親にその子のことを話すと「知恵遅れなんだろうねぇ・・・」なんて言ってました そもそも、「知恵遅れ」なんて言葉は正式な医学用語ではないと思われますが「知恵遅れの定義」とはどういうものなんでしょうか? 正式名称とかあるんでしょうか? NHKの福祉番組で「学習障害」「自閉症」に子が紹介されていましたが、ああいう子とはまた違うのでしょうか? 人それぞれ違うのと同じ話かもしれませんが、私がその番組を見た印象ではまた違う感じを受けました。 受ける印象は人それぞれかもしれませんが、そういう人には一定の察するに足りる雰囲気や特徴あるように思うんですが、皆さんもそう思われませんか? A ベストアンサー 親族に障害のある子供がいます。 脳波は正常、音楽や言葉は、よく理解しているようです。 頭の中ではいろいろなことを考えているのでしょうが、小児麻痺で、手足を思い通りに動かしたり、話すことができません。 知能の測定はできません。 その子を知恵おくれと言うのかどうかは、分かりません。 見た目は、全く普通の大人なのに、漢字は自分の名前と住所程度を書くのもやっと、と言う人を知っていますが、親にとっては美人の娘。 知恵おくれなどといったら、さぞ、激怒することでしょう。 資産家のお嬢様で、いろいろなおけいこ事をしていて、見た目は、良家のお嬢様です。 いろいろな障害の子がいますが、「知恵おくれ」というのは、大雑把な表現で、具体的な内容をさしているわけではないと思います。 見た目で、目立った特徴があるのは、ダウン症ですが、その子たちは、とても純粋な可愛らしい性格の人たちが多いです。 「知恵おくれ」という表現は、とても、失礼な表現で、たとえば、「貧乏人」「ブサイクな人」に、定義はありますか、というようなものだと思います。 走るのに、足の遅い人を見た目で区別できないのと同じように、ここから先が知恵おくれだと区別する必要もないし、見た目で見分ける必要などありません。 親族に障害のある子供がいます。 脳波は正常、音楽や言葉は、よく理解しているようです。 頭の中ではいろいろなことを考えているのでしょうが、小児麻痺で、手足を思い通りに動かしたり、話すことができません。 知能の測定はできません。 その子を知恵おくれと言うのかどうかは、分かりません。 見た目は、全く普通の大人なのに、漢字は自分の名前と住所程度を書くのもやっと、と言う人を知っていますが、親にとっては美人の娘。 知恵おくれなどといったら、さぞ、激怒することでしょう。 資産家のお嬢... 知的障害者は何故奇声をあげるのでしょうか。 他人に危害を加える知的障害者は極々一部だとわかっているのですが、公共の場で気持ち悪い奇声をあげられると、それだけで恐怖と生理的嫌悪感で一杯になってしまいます。 そして知的障害者は男女年齢問わず独特の声 ? をしていますが、それは何故でしょうか。 騒ぐだけなら小さな子供も同じなのに、あの知的障害者独特の声のせいでさらに不快感が増していると思います。 普通の発声ができないのには何か理由があるのでしょうか。 知的障害者の方を差別したくないのですが、この奇声だけはどうしても怖いです。 理由がわかれば理解できるかもしれないので、回答をよろしくお願い致します。 A ベストアンサー 初めまして、まずは自分の紹介を致します。 自分は知的障がい者生活支援入所施設で仕事をしている者です。 当方の施設は地域の高齢者への福祉保健活動や地域住民のコミュニケーション促進や、子育て支援も主たる業務になっています。 各ポジションにその専門職員が配置され日々の業務にあたっています。 ここまで書くとお気付きかとは思いますが、自分の職場は生まれてから高齢になるまでのすべての人がかかわる施設という感じです。 また当施設には外部と遮断する設備は設けられていません。 つまり地域に開かれた状態で日々を送っています。 ただしある程度の遮断は可能) 当然の事ながらここに来られる方達がそういう人達と普通に接触したりすれ違ったりしています。 また入所者の部屋が小中学校の通学路に面している事もあり、部屋の中での奇声や大声が届いている事も日常です。 そんな時に説明を求められる事も有りその時の説明や対応が役に立てばと思い、ここに記そうかと思いました。 前置きが長くて申し訳ありません。 >>>知的障がい者は何故奇声をあげるのでしょうか。 これは健常者の会話や笑い声、不満、意志の表現と同じです。 個人個人によってニュアンスの違いはありますが、日々対峙しているとその違いが分かるようになります。 これも健常者と同じで完全にすべてではありません。 なぜその様な発声しかできないのか? これは少し間違った認識かもしれません。 ある種のタイプの障がいを持つと聞き分けまで少し時間が必要な程、良く似た声質になりますが、これも慣れるとその違いはよくわかります。 もちろんです。 しかしそれは知的障がい者のほんの一部です。 その理由にはいくつかの要因があります。 病理的要因 ダウン症候群などの染色体異常・自閉症などの先天性疾患によるものや、出産時の酸素不足・脳の圧迫などの周産期の事故や、生後の高熱の後遺症などの、疾患・事故などが原因の知的障がい。 脳性麻痺やてんかんなどの脳の障がいや、心臓病などの内部障がいを合併している(重複障がいという)場合も多く、身体的にも健康ではないことも多く、染色体異常が原因の場合は知的障がいが中度・重度な場合が多い様です。 外見的には特徴的な容貌である。 生理的要因 特に知能が低くなる疾患があるわけではなく、普通より知能指数が低く、障がいとみなされる範囲(IQ70または75以下)に入ったというような場合。 生理的要因の知的障がいがある親からの遺伝や、知的障がいがない親から偶然に知能指数が低くなる遺伝子の組み合わせで出生した事が原因です。 健康状態は良好な場合が多く、一般に普通の家庭で暮らしている事が多く見られます。 知的障がい者の大部分はこのタイプであり、知的障がいは軽度・中度です。 「単純性精神遅滞」と言われています。 非常に難しい説明で申し訳ありません。 先天性の脳障がいや、出生時や胎内発育時の内的、または外的要因によって脳にハンデを持ってしまった事によるものなのです。 医学的なお話になるともっと難しくなってしまいますが、奇声を発するタイプの障がい者の場合は脳の障がいによってそのような状態になってしまっている。 その要因で感情の抑制と発声の大小が上手くいかない人も多い。 ・・・と理解してください。 障がいを持つ方の中には、自分の意志がうまく伝わらなかったり、理解されないために問題行動を起こしてしまう人もいます。 事情を知らない人から見れば奇異にみえる行動でも彼らにはごく普通だったりします。 せめて生活圏内の方達に理解して頂ける様な機会をもっと増やしていくべきだと思っています。 初めまして、まずは自分の紹介を致します。 自分は知的障がい者生活支援入所施設で仕事をしている者です。 当方の施設は地域の高齢者への福祉保健活動や地域住民のコミュニケーション促進や、子育て支援も主たる業務になっています。 各ポジションにその専門職員が配置され日々の業務にあたっています。 ここまで書くとお気付きかとは思いますが、自分の職場は生まれてから高齢になるまでのすべての人がかかわる施設という感じです。 Q 5歳になる障害のある子を育てている母親です。 息子のことで相談させてください。 息子は自閉傾向、ADHDの傾向、精神発達遅滞で今障害児の通う幼稚園に通っています。 普通幼稚園に通園していましたが、普通の子に囲まれて自分だけできないことも多く、あまりに自信なさげにしているため、担当の心理の先生に障害児幼稚園を勧められ入園しました。 小学校も支援級を勧められていて、私もそのつもりでいます。 発達は半年前の簡易検査で1年半遅れです。 息子は一見普通なのです。 よくしゃべります。 よく笑い朗らか。 ブロックに紙や紐を貼り付けて工作するのが得意です。 どこかで聞いてきたような言葉をよく使いたがります。 何かを提案すると「それは名案だね!」とか…でも使いどころをけして間違えないので賢いと言われたりします。 障害児の幼稚園に行くと打ち明けると周りのお母さんから驚かれました。 ですが、よく観察するとびっくりするほどわかっていません。 本を読んでもストーリーが理解できてません。 「今太陽何してる?」などなんの脈絡もない答えようのない質問をとめどなくしてきます。 また一番心配なのは集中力…。 先生が話し始めた途端もう注意がそれて別の方をみています。 なので指示がわかりません。 なにかしてても、すぐに視線がそれて忘れてしまい、着替えや片付けもできるのに、できない。 秒単位で注意がそれてしまいます。 親が見ても、この子の頭は混乱していると思います。 一見普通に見えても、筋道だって考えられてない。 たくさんの情報に混乱して、めちゃくちゃな質問をし、次々に視線がうつり、じっとしていられない。 しかも今また発達検査をしていますが、これもびっくりするほどできませんでした。 2つの積み木は数えられますが、4つは無理でした。 まず先生の話を聞けず、練習でやったらできることも本番だと混乱してるのかできない。 友達と協調して遊ぶことはまだ無理ですし、遊び方もやはり幼いと思います。 ほんとに3歳くらいです。 この子は将来どうなるの!?このままどこまで発達するの?今のままの集中力じゃ将来どんな職にも就けそうにない。 集中力は多少身についていくの?知的障害面は軽度だと言われてるけど、こんなんでほんとに軽度なの? と、だんだん不安になってきました。 病院の先生に聞いても先のことはわからないと曖昧な答えです。 みなさんの周りでうちの子と同じような子いらっしゃいませんか?その子が将来どんな風になっていったか、教えていただけませんでしょうか?障害は人それぞれですが、発達はしていくとはいえ今のままではあまりに心配です。 お礼の投稿は来週になってしまうと思いますが、必ずしますのでよろしくお願いします。 5歳になる障害のある子を育てている母親です。 息子のことで相談させてください。 息子は自閉傾向、ADHDの傾向、精神発達遅滞で今障害児の通う幼稚園に通っています。 普通幼稚園に通園していましたが、普通の子に囲まれて自分だけできないことも多く、あまりに自信なさげにしているため、担当の心理の先生に障害児幼稚園を勧められ入園しました。 小学校も支援級を勧められていて、私もそのつもりでいます。 発達は半年前の簡易検査で1年半遅れです。 息子は一見普通なのです。 よくしゃべります。 よく笑い朗... A ベストアンサー まず話しておかなければならないのは、ADHDにせよLDにせよ、そういった軽度の脳障害が障害だ、と解釈され始めたのは、ごく最近の話だってことです。 つまり、そういった傾向のあった子供たちは、昔からいたんですね。 そして現在、彼らは大人になって、沢山の人達が立派な仕事を成し遂げています。 S・スピルバーグ氏然りですし、クリントン元大統領もLDでは無かったか?と言われています。 その他、様々な分野で活躍する人たちに、軽度の脳障害があったと言われています。 これが何を意味するかといえば、単に障害があっても大丈夫だという意味あい以外に 「周囲の人間の助力と、寛容さ」 …が、あったからこそ、彼らは大きな仕事を成し遂げることが出来た、と言うべきだと思います。 つまり「人一人を良くするのも悪くするのも、他人の仕業」ということです。 あ母さん…あなたは、本人にとって最大の理解者で有って欲しい存在だし、そして最後の砦で有って欲しい人なのではないですか?。 …本人が伸びやかに育つかどうか、その大きなウエイトを占めているのは「あなた」です。 だからまずは、あなたが迷っていてはいけない。 本人には「あなたはいい子なんだから、信じてるんだから」と言い続けることです。 あなたに息子さんが信じられるのなら…いや、信じなければいけないのではないですか?。 信じることに「決めて」しまうことですよ。 そしたなおかつ、冷静に。 周囲の目は…私の今までの経験から言えば、残念なことに「むしろ昔よりも冷たくシビアになる」と思っています。 重度の障害を持つ人達にしても、様々な啓蒙活動や、自立運動が展開されてきました。 その結果、さまざまな実体が明るみに出てきました。 しかし、それがもたらしているものは、彼らが望むような「差別なき社会」ではなく、もしろ差別が細分化された分、深くなっているように思えます。 所謂健常者は「情報が多くなった分」余計に差別というものが見えなくなってしまった、と、私には思えるのです。 差別が見えない分、意識しない中で再び差別をします。 視線は冷たくなり、扱いもシビアになってしまいます。 昔のような「頭ナデナデ」はありませんが、それが無くなった後に来たのは「掌を握ること」でした。 「出来ないのか?ダメじゃないか?」の一言が、拳で頭をグリグリやるように、ナイーブに育てられた障害者のプライドを傷つけるのです。 これと同じ事が起こると思うのです。 情報としてわかる分、容赦が無くなるのです。 これでは本末転倒もいいところですが、そのことについて日本の社会は一切考えようとはしません。 …ですから、質問内容からも見られるように、我が子の障害について「不安」しか頭に上って来なくなってしまうのです。 あなたが悪いのではありません。 この国の、障害を持つ人への「接し方」に、大変な過ちがあるということなのです。 そのことに気付いて下さい。 気づけるならば、あなたが何をして、何をしてはいけないか?ということがわかるはずですよ?。 為すべきことを為すだけです。 回答は、あなたが見つけ出すべきこと。 それが同時に、あなたの人生への「答え」でもあるのです。 まず話しておかなければならないのは、ADHDにせよLDにせよ、そういった軽度の脳障害が障害だ、と解釈され始めたのは、ごく最近の話だってことです。 つまり、そういった傾向のあった子供たちは、昔からいたんですね。 そして現在、彼らは大人になって、沢山の人達が立派な仕事を成し遂げています。 S・スピルバーグ氏然りですし、クリントン元大統領もLDでは無かったか?と言われています。 その他、様々な分野で活躍する人たちに、軽度の脳障害があったと言われています。 これが何を意味するかといえば、単に障...

次の