から さわり ん。 さわりたくないっ!そんな時の【非接触グッズ】15選。まとめてみました

触り(サワリ)とは

から さわり ん

古代朝鮮語解読のさわり 古代朝鮮語解読のさわり 古代朝鮮語の姿を確認するための資料は極めて少ない。 日本には古代の文献が豊富に残っていて、うらやましい限りである。 現在、古代朝鮮語を知るために使われる資料は、以下の4つである。 『三国遺事』・『三国史記』などの朝鮮側の歴史書• 『古事記』・『日本書紀』などの日本側の歴史書• 古代の文学作品• その他の資料 これらの資料から、はたして古代朝鮮語がどれだけ解読されるのであろうか。 朝鮮側の歴史書 『三国遺事』・『三国史記』などの朝鮮側の歴史書を見ると、新羅・百済・高句麗など古代朝鮮の国の地名が多く現れるが、そこから古代朝鮮語を推測する。 これらの書物には「永同郡本吉同郡」などという記述がある。 これは「永同郡は、もとは吉同郡である」という意味だ。 ここから「永=吉」という等式が成り立つわけだが、これがいったい何を意味しているのだろうか。 「ながい」という形容詞は現代朝鮮語・中期朝鮮語ともに「gir-」という単語である。 また「吉」という漢字の音は朝鮮語で「gir」である。 つまり「永同郡」の「永」は「ながい」という意味の「gir」を意訳して漢字表記したものであり、「吉同郡」の「吉」は「ながい」という意味の「gir」を、同じ発音の漢字「吉」で表記したものである。 他にも例えば「密城郡本推火郡」も同様である。 「密」という漢字の音は「mir」であり、「おす」という意味の動詞は朝鮮語で「mir-」なので、ここで「密=推」の等式の意味が確認される。 しかし、これで全て解決というわけにはいかない。 例えば「星山郡本一利郡一云里山郡 星山郡はもとは一利郡で里山郡とも云う 」という記述から、「星=一利=里」という等式が成り立つが、「星」という単語は現代朝鮮語・中期朝鮮語ともに「bier ピョ ル」であり「一利、里」との関連性が見出せない。 このようにして推測される古代朝鮮語は、どれも単語のレベルで留まり、文レベルの解読には至らない。 しかも、地名の別称の表記は全ての地名にあるわけではなく、別称表記があっても全ての語を解明しうるわけでもない。 ここから知りうる語も、いくつかの名詞や動詞・形容詞の語幹であり、語尾(助詞のたぐい)がどのようであったかは知るよしもなく、ましてや文の構造がどうであったかなどは、全く知る手立てがないのである。 日本側の歴史書 日本側の歴史書から知ることのできる古代朝鮮語の姿も、朝鮮側の歴史書の場合と同じく、古代朝鮮の地名・人名の表記をもとに推測するが、やはり単語レベルに留まる。 「古代日本語いんちき解釈の一例」でも触れた『日本書紀』の「主嶋(にりむせま 」であるが、ここでは「主」の解釈について触れてみよう。 「主」を「にりむ」と読んでいることから、「あるじ」のことを古代朝鮮語では「nirim ニリ ム」のように言っていたらしいと推測することができる。 これに当たる現代朝鮮語・中期朝鮮語は「nim ニ ム」である。 現代語で「先生」を「sen-saiq-nim ソンセンニ ム」というときの、あの「ニ ム」である。 しかし、「nirim」と「nim」では形がかなり違っている。 本当にそうなのか、と疑問に思うふしもあろうが、実は傍証として他の単語にも似たものがあるのである。 「世」という単語は「nui ヌィ」というが、この単語は古くは「nuri ヌリ」といい、中期朝鮮語で辛うじて記録されている単語である。 つまり「世」という語は「nuri」からrが脱落して「nui」となったのである。 さらに、単語のアクセントも注目される。 「nuri」は「nu」が低調の音、「ri」が高調の音であるが、rが脱落した「nui」は上昇調、つまり低高調である。 「nui」と縮まった音でも本来のアクセントである「低・高」という調子が「nui」に残っている。 で、「nim」はどうかというと、これまた上昇調(低高調)の単語である。 ということは、これが古くは「nirim」であり、さらに「ni」が低調、「rim」が高調の音であった可能性が極めて高いのである。 このように、一見すると思いつきのように見える解釈も、二重・三重の傍証によって、その仮説が確かになっていくのである。 「いんちき解釈」とは比べものにならないほどの念の入れようである。 古代の文学作品 文学作品といっても、古代朝鮮語の姿を知るための資料としては「郷歌」と呼ばれる、新羅時代の歌謡である。 ちょうど日本の和歌のようなもので、数行の短い歌謡であり、単語レベルでなく文レベルの古代朝鮮語を知るほぼ唯一の資料といえる。 ならば古代朝鮮語は解読されたの同然ではないか、と思うかもしれないが、万葉集との決定的な違いは、現存する歌の数である。 郷歌は現在20数首しか残っていないため、ここから古代朝鮮語の全貌を知るのは極めて困難である。 まずもって、数が圧倒的に少ないため、解読自体がままならないし、ここから判別される単語の数も微々たるものである。 郷歌は全て漢字で表記されているが、表記法は漢字の音と訓を複雑に組み合わせているので、たかが20いくつの歌だけでは、それを正確に読み解くことは不可能である。 例として『処容歌』という郷歌の冒頭を解釈してみる。 東京明期月良 夜入伊遊行如可(東京の明るき月に夜更けまで遊びて)• あるいは「b rg-」とは全然別の単語だったかも知れないが、「明」の部分は意味を表した部分であり音を表した部分でないため、どう読んだか全く分からない。 2字めの「期」はおそらくこの漢字をそのまま音読みしたと思われる。 この漢字を中期朝鮮語では「gyi グィ」と読んだので、とりあえずそう読んでおく。 おそらく、「b rg-」の末音「g」と語尾の「yi」が組み合わさった「gyi」を表記したものであろう。 ところで、この語尾と思われる「yi」が何者なのか、はっきりしない。 意味的にはここは連体形「明るき」になるのだが、朝鮮語の連体形は「-n」である。 ところが、ここは「-n」と読まれた形跡が見当たらない。 古代朝鮮語の連体形は「-yi」だったのだろうか? だいいち、ここは本当に「gyi」と言ったのかどうかも分からない。 あるいは母音調和のことを考えれば「g i ガイ」と読んだ可能性もある。 不明である。 「良」は「…に」を表す部分と考えられる。 吏読(りとう)という表記法では、「…に」という意味で「良中」という表記が用いられ、「a- i アアイ」と読まれる。 これに従って「a ア」と読んでおくが、吏読の読みと郷歌の読みが同一だった確証はない。 「夜入る」という表現は現代語では「夜がふける」という意味だが、古代語でも同じような表現方法だったようだ。 「伊」はこの漢字を「i イ」とそのまま朝鮮語読みした部分と考えられる。 「i」は副詞を作る語尾であろう。 この単語は「nor- 遊ぶ 」と「ni- 行く 」の合成語である。 「nor-」は現代語にもあるが「ni-」は現代語にない単語である。 「遊行」という表記から、おそらくこの「no-ni-」であろうと推測される。 ただし、中期語は「nor-」のr音が脱落しているが、古代語は脱落していなかったかも知れない。 そうならば「nor-ni-daga ノ ルニダガ」と読んだかもしれない。 「如可」は吏読で「daga ダガ」と読むことになっている。 「…している途中で」という意味の語尾である。 「可」の部分はこの漢字を「ga」とそのまま朝鮮語読みした部分であるが、「如」は漢字の朝鮮語読みでない。 どの単語も、ある程度までの推測は可能であるが、どれもクエスチョンマーク付きで、正確な形を復元することができない。 文レベルの解読にしても、ぼんやりとした像は見えるが、1つ1つの単語の正確な姿、語尾の正確は姿は、これだけでは知ることができないというのが実情である。 特に上の「月、夜」のようなものは、音を表した部分でないので、どう読まれたかは全くもって分からない。 それがどう読まれたかを正確に推測するには、上の「朝鮮側の歴史書」で触れたような、音と意味の等式がはっきりしているなどの傍証がなければならない。 また、解読には中期朝鮮語の知識が大いに役立っていることが分かろう。 古代朝鮮語に迫るためには、まず中期朝鮮語を熟知しなければならない。 そして、中期朝鮮語の形が現代語の形とどういう関係にあるのか、あるいは方言の形とどういう関係にあるのかなどといったことを充分に検証して、古代語の形を推測しなければならないのである。 その他の資料 その他の資料としては、主に吏読(りとう)などが挙げられる。 吏読文は日本の候文の文面に似ており、全てが漢字表記され、一見すると漢文のようであるが、ところどころ朝鮮語の要素が入っている。 その朝鮮語の要素を表すものが吏読である。 吏読は新羅のころに始まり、漢字の音と訓を組み合わせて朝鮮語を表している。 かなり後世まで使用していて、その読み方もずっと伝承されてきたので、ここから古代朝鮮語の片鱗をうかがうことができる。 ただし、伝承されてきた読み方が古代においても全く同じであったという確証はないので、その解釈には慎重を期さねばならない。 また、ある場合には方言が傍証に使われることもある。 例えば「上」という単語は現代標準語では「'ui ウィ」といい、「…に」という語尾「'ei エ」がつくと「'ui-'ei ウィエ」となるが、ある方言では「上に」を「'u-gei ウゲ」という。 つまり「上」という単語を「'ug ウ ク」いうのだが、ここから「上」という単語はもともと末尾にk音があったのではないかという推測がなされる。 しかし、これだけでは根拠が弱く、何らかの傍証が必要だ。 「上に」は中期朝鮮語では「'u-hei ウヘ」といい、「上」という単語は「'u-h」のように末尾にh音があったことが確認されている。 このことから、「上」という単語には末尾にhなりkなり、何らかの音があったことがわかり、「'u-gei ウゲ」と併せて考えれば、ある種の中期朝鮮語のhは古くはkにさかのぼるのではないかという推測が成り立つ。 さらに、日本側の資料に「上[口+多][口+利]」を「おこしたり」と読ませているものがあり、「上=おこ」から末尾にk音があったという推測がより確かになる。 だが、このようにいくつもの傍証を持ち出して、運良く古代語の姿を推測することのできる単語は数的に非常に限られる。 このように、古代朝鮮語のまじめな解読は、涙が出るくらいに辛く、分からないことだらけである。 古代朝鮮語の姿を知りたいのは朝鮮語学者も同じで、もうウズウズしているくらいである。 もし、「本物」があったら、朝鮮語学者だって真っ先に飛びつくだろうし、解明した人は勲章ものである。 だが、一連の「解読」なるもので勲章をもらった人の話はいまだかつて聞いたことがない。 そのわけは、このページと「古代日本語いんちき解釈の一例」のページを見比べれば、おのずと答えが出るというものである。

次の

さわり

から さわり ん

三澤洋史 インヴェンションとは ピアノは楽しいけれど、インヴェンションはちょっと、という生徒さんは少なくありません。 いや、先生自身も、インヴェンションは大事だから教育にははずせないと思っても、生徒さんも面白がってくれないので張り合いがないし、何より自分自身がピンとこないと思ってはいませんか? バッハは「音楽の父」と呼ばれるだけあって、その偉大さにははかりしれないものがあります。 しかしそれ故に、バッハに近づくためには、他の作曲家とは違うある心構えが必要かも知れません。 まずバッハの音楽は、シューベルトやシューマン、ショパンなどの音楽と違って、雰囲気や感情的な面からのみアプローチしても、その本質は捕らえられません。 バッハの演奏家は他の演目をレパートリーとしている演奏家とやや性格を異にしています。 指揮者でもそうです。 バッハを振るためには、特別なバトン・テクニックというものは要りません。 極端に言えば、開始さえ合えば、あとは演奏者が勝手にインテンポで進んでいきます。 にもかかわらず、違いが出るとすれば、それは手先だけのテクニックではなくて、もっと内面的なところからの「作品の理解」に関係してくるのだと思います。 その理解は、実はそれが本日の最も重要なテーマなのですが、バッハが何を考えて作品を創作していたのかということを探ることから始まるのです。 Inventionという言葉を辞書で引いてみると、発明、創案、考案などと出ています。 しかしこの言葉にはもうひとつ意味があります。 これは、バッハの 当時ドイツで広く学ばれていた修辞学レトリック rhetoricの言葉です。 古代ローマの哲学者キケロは、その論文「デ・インヴェンツィオーネ」でこう述べています。 Aufrichtig 正直な、率直な、誠実な Anleitung 手引き、指導、指示、使用説明書、マニュアル クラヴィーアの愛好者、特に学習熱心な者が、1)二つの声部をはっきりと弾けるようにするだけでなく、上達した時には、2)三つのオブリガート(対旋律)声部を正しく、美しく処理することが出来るように。 同時に、良き Inventio楽想を得たら、それにとどまらずに上手に発展させられるように。 演奏に当たっては、とりわけよく歌う eine Cantabile Art 奏法を身につけ、作曲を学ぶための基礎を習得するように。 これを見ても分かるとおり、 Inventionは、先のキケロの弁論術に結びついています。 自分の演説は自分で考えるのが当然だと思いますが、音楽においても、当時は作曲行為と演奏行為とは分かれて考えられてはいませんでした。 むしろ良き楽想が、適切に発展され、そして最終的に美しい演奏に辿り着くという ように、それらは一連の音楽行為の中の一要素だったわけです。 だからこの Inventionも作曲、演奏両面を適切に導くために作られた教則本だったのです。 バッハやモーツァルト、あるいはベートーヴェンといった有名な作曲家が、当時皆優れたピアニスト、オルガニストであったことや、たとえば19世紀における女流ピアニストの第一人者クララ・シューマンなどは、自分でも作曲をしていたことなどから、当時、作曲家も演奏し、一方演奏家も作曲を学ぶことが不可欠とされていたわけです。 現代において、ピアニストがみんな作曲を上手に出来る必要はないかも知れませんが、バッハを上手に弾くために、ある程度の「作曲家を理解する」アプローチは必要と思われます。 さて、それではいよいよ実際に Inventionに 入っていきましょう。 インヴェンションは、単に教則本として価値があるだけでなく、これは驚くべき作品です。 特に2声のインヴェンションは、シンプルなだけに凝縮した世界を持っていて、独創的な作品なのです。 インヴェンションとシンフォニアは、いくつかの点でフーガや他の曲と違ったユニークさを持っています。 第一に、どの曲も基本的にひとつの主題を元に作られているということ。 第二に、皆2ページに収まる長さに凝縮されて作られていること。 第三に、主音上の主題に対して属音上で応答するフーガと違って、多くの場合、同じ調性上で模倣されるということ。 第四に、主題のみで始まるフーガに対して、多くの場合、他の声部で伴奏を伴って開始するということ。 第五に、平均率クラヴィーア曲集と違うところは、よく使用する調号4つ以下の調性を選び、15曲としたこと。 インヴェンション第一番ハ長調のアナリーゼ それでは、 Inventionの中の最高傑作とも言われている、第一番のアナリーゼを開始してみましょう。 この曲は、とにかくひとつの主題から曲を作ると言うことはどういうことなのかを徹底的に追求した曲です。 (アナリーゼ譜面参照) まずこの曲の有名な主題、ドレミファレミドが右手で奏されると、すぐに左手で模倣されます。 この場合、フーガなどと違って同じ音(オクターブ下ですが)で模倣されます。 それから右手で五度上のソラシドラシソと弾くと、やはり左手で模倣します。 驚くのはその後です。 ドレミファレミドの音型の上でも下でもいいですが、鏡を立ててみますと、この上行順次進行が下行順次進行になった主題の反行形が得られます。 この反行形が第三小節目で右手に現れてきます。 すなわち、ラソファミソファラという音型です。 これはそのまま四回繰り返されます(譜面参照)。 一方、それを伴奏する左手ですが、八分音符によるシドレミという順次進行は、主題の前半、つまりドレミファレミドのドレミファの部分を二倍に拡大した拡大形なのです。 これも三回繰り返されます。 それでいながらハ長調のこの曲は巧妙に属調であるト長調に転調していきます。 第六小節目では主題反行形の後半のジグザグ進行が繰り返され、お決まりの終止形を伴ってト長調に落ち着きます。 第七小節目からは、基本形の左手に基本形の右手が答え、第九小節目からは反行形に反行形が答えます。 特筆すべきは第十一小節目。 ニ短調の属和音上で、左手に主題反行形が繰り返され緊張感を高めると、右手は拡大形で伴奏。 イ短調になだれ込んで行きます。 第十五小節目は一転してのびやかな世界。 右手の反行形に左手が答えているのですが、主題の後の二分音符が前の数小節の緊張した雰囲気を和らげてくれます。 同じ主題を使いながらこれほどまでに違った世界を万華鏡のように見せてくれるのは見事としか言いようがありません! 十九小節目になりますと、再び緊張感が甦って来ます。 シの音がフラットになって、さりげなくヘ長調に転調しています。 ここで初めて左手には、主題の反行形の拡大形が登場。 右手は基本形を三回繰り返しながら一気にこの曲の最高音ハイCに登りつめます。 本題は二十一小節目で終わりなのですが、最後にしゃれたコーダがつきます。 シラソファラソシという反行形の右手に対応するのは、八分音符のドレミファという拡大形と、十六分音符のレミファソという基本形。 最後の最後まで主題を使い切っています。 凄いでしょう、みなさん。 どの小節を見ても主題及び主題から派生したモチーフを使っていない小節はないでしょう。 この曲は本当に徹頭徹尾この主題のみから出来上がっている曲なのです。 よく料理で豆腐づくしとか鰯づくしとかありますけれど、上手な板前は、いろんな風に加工して、食べる人に「またか。 」と思わせないでしょう。 ここでもすべてこの主題を使っていながら、驚くべき多様な世界が展開されているのです。 それ故にこの作品は傑作中の傑作と言われるのです。 さあ、もう一度心してこの名作を聴きましょう。 私がアレンジしたシンセサイザーによるサックス・アンサンブルの演奏です。 【事務局注】 インヴェンション第一番のアナリーゼ楽譜は、。 音資料は、です。 インヴェンション第六番ホ長調について パリでピアノを勉強している私の娘に聞きました。 「ねえ、インヴェンションやってた時、どの曲が一番嫌いだった?」 すると彼女は迷いなく、 「6番。 主題がワケ分からん。 」 と答えました。 この曲の主題は移動ド唱法で言うと、ドレミファソラシドすなわち音階から成り立っています。 きっとバッハは音階を使って主題を作った場合には・・・・というコンセプトでこの曲を作ったに違いありません。 こんな主題は確かに楽しいわけはありません。 でもだからこそ、バッハはこんな場合はこんな風に解決するんだという見本として音楽を展開させました。 左手で奏される音階の主題に対応するのは、やはりドシラソファミレの下降音階です。 でもここでひとつ工夫があります。 バッハはここにリズムの変化をつけました。 シンコペーションです。 それともうひとつ大事なことがあります。 この右手の対位の最後に動きのあるミソファソミレミドシドというモチーフをくっつけたことです。 実はこのモチーフが後で大活躍するのです。 主題の順次進行は煮ても焼いても食えません。 だからこそそのオマケのようにして登場させたモチーフをもってバッハは遊びまくるのです。 このインヴェンション第六番の全体構成はソナタ形式のようになっています。 つまらない主題の部分が右手と左手を交換しながら二度繰り返され、それから主題から離れてシンコペーションと動きのあるモチーフで遊んでいる部分があり、この二つで第一部を終わります。 その時属調にさりげなく転調しています。 第二部は属調で左右が入れ替わって二度主題が奏され、それから展開部。 ここの部分でバッハは動きのあるモチーフを使って嬉々として戯れています。 まさに、「戯れせんとや生まれけん。 」という感じです。 第三部で主題が原調で戻ってきます。 そして先ほど属調に転調した遊びの部分を今度は原調のままで再現し動きのあるモチーフをちらつかせながら終わります。 バッハは面白い人で、たとえばフーガの主題にこれといって魅力のない主題を使用した場合、主題は単なる口実と化し、その主題のない部分、すなわちエピソードと呼ばれる部分で遊びまくるのです。 いや魅力のある主題でさえ、もしかしたらバッハにとって主題とは、そこから離れることを前提とした単なる「口実」なのかも知れません。 そこで私もバッハにあやかって、煮ても焼いても食えない音階主題の部分はそのままにして、バッハが遊んだ部分をさらにチェンバロの音なんか入れて遊んでみたいと思います。 (音資料インヴェンション第六番) 【事務局注】 インヴェンション第六番のアナリーゼ楽譜は、。 音資料は、 です。 先生達にお願い どうか生徒さんに曲を与える場合、ただ「さらってきなさい。 」と突き放さないで、最初に先生が簡単にアナリーゼしてあげて下さい。 決して難しい言葉でしないように。 ただ、 「ここにこの主題があるでしょう。 これがひっくり返ると、ほら、こうなるのよ。 面白いでしょう。 それに対して右手はこんな風に伴奏しているわ。 そんなことを楽しみながら練習してらっしゃい!」 と言って送り出して下さい。 生徒さんの一週間のエンジョイ度はまるで違ったものになること請け合いです。 【事務局補足】 「インヴェンションは楽しい」で講座の退場時に使用した曲は、 です。 【事務局注】 本稿に掲載のアナリーゼ楽譜、音資料は、個人で楽しむに限定してください。 2005 All rights reserved.

次の

触り(サワリ)とは

から さわり ん

概要 [ ] 主人公の新米・小沢里奈となり、事件を解決していく。 殺人事件などは発生せず、「夢が盗まれたので、犯人を突き止める」などの事件が収録されている。 また、本編以外にミニクエストも収録されているほか、ゲームに登場するものにさわった感覚を収録した「さわり心地図鑑」などを収録。 ゲーム進行は基本的にタッチペンによる操作となっている。 下画面には選択肢・移動場所・状況が表示され、気になるところをタッチして手がかりを見つけ、人をタッチして聞き込みをし、場所をタッチして移動する方式になっている。 上画面にはその時の場所名と里奈の心境が表示される。 おさわり探偵 小沢里奈 [ ] おさわり探偵 小沢里奈 ジャンル おさわりアドベンチャー 対応機種 ニンテンドーDS 4. 3以降 2. 3以降 開発元 ビーワークス 発売元 サクセス 人数 1人 メディア [DS]DSカード [iOS][Android]ダウンロード 発売日 2006年4月13日 2011年7月26日(iOS版) 2012年12月27日(Android版) 対象年齢 [DS]: A でに発売。 に「おさわり探偵 小沢里奈 ぐっどぷらいす」が発売された。 全4話収録。 第1話 強奪 もしくは夢と現実が織り上げた幻月の物語• 自分の夢が誰かに盗まれていると訴えに来た初の依頼人のまなみ。 夢泥棒を追うために、里奈の初の探偵仕事が始まる!• 第2話 失踪 もしくは偽りの小宇宙に秘められた真実の物語• まなみが行方不明になっているとヨネ子が依頼しに来た。 いつもの事だから気にする必要性ないと思われたが…。 第3話 未還 もしくは無垢なる心が呼び寄せた奇跡の物語• 閉鎖間近のスケート場に雪の妖精ノエルと出会ったまなみ。 ノエルを助けるために里奈達は動き始めるが…。 第4話 傷害 もしくは過去の怨恨が引き起こした悲劇の物語• サーカスで殺人事件が起きたと報告しに来たまなみ。 早速現場に向かうが…。 おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 [ ] おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 ジャンル おさわりアドベンチャー 対応機種 ニンテンドーDS 4. 3以降 2. 」(おさわりたんてい おざわりな シーズンにとにぶんのいち りなはみた!いや、みてない。 でに発売。 いや、見てない。 ぐっどぷらいす」が発売された。 全5話収録。 基本的な操作は前作を踏襲しており、新キャラクター「怪盗モロコシ」「ダリア警部」が加わった。 第1話 盗難 もしくは聖なる刻印より放たれた破滅の物語• 舞踏会に参加した里奈が見事に優勝!だがその後事件が発生して…。 第2話 偽装 もしくは誇り高き魂に刻まれた宿命の物語• 町長から列車旅行の切符を貰い、旅行に出掛ける里奈一行。 だが旅行中盗難事件が発生して…。 第3話 救出 もしくは積層されし運命に彩られた呪縛の物語• 社会科見学のために博物館にやって来た里奈一行。 しかしそこで事件が…。 第4話 追憶 もしくは幽玄の旋律に秘められた夢幻の物語• 幽霊屋敷に死体を発見したとまなみが報告。 早速現場に向かってみるが…。 第5話 侵略 もしくは暗黒の彼方より訪れた復讐の物語• 福引補助券を入手したちとせは、里奈達をデパートに連れて行く。 だがそこで予想外の事件が…。 おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 [ ] おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 ジャンル おさわりアドベンチャー 対応機種 ニンテンドー3DS 開発元 発売元 サクセス 人数 1人 発売日 2014年5月1日 正式名称は「 おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 なめこはバナナの夢を見るか? 」(おさわりたんてい おざわりな ライジングサン なめこはバナナのゆめをみるか? で2014年5月1日発売。 第1話 宿敵 もしくは忍び寄る病魔を退けた友情の物語• 第2話 襲来 もしくは異なる種族の偏見を乗り越えた和解の物語• 第3話 退陣 もしくは不利な勝負に打ち勝った逆転の物語• 第4話 模造 もしくは歪んだ情熱が引き起こした分裂の物語• 父親の後を継いで探偵になり、自宅で探偵業を営んでいるが、過去に報酬が発生したケースは無い。 物体の触り心地を調べるのをライフワークとしており、絨毯から人物、果てにまで触っては、その感想を図鑑にまとめている。 内気かつ無口で、本音やツッコミは心の中で済ましている。 密かに自身の恋愛運の無さを気にかけている。 事件よりもじいの淹れた紅茶が好き。 漫画版ではボケ役となっていて、よく食べ物を食べているシーンが見られる。 公式にグッズが作られるなど、このゲームのマスコットキャラ的存在でもある。 フラグに必要なアイテムが落ちているマップに反応するなど、事件に対して鋭い嗅覚を発揮している。 探偵協会から派遣された探偵助手のプロフェッショナル、という設定が「2」で明かされた。 鳴き声は「んふんふ」としか書かれていないが、里奈はその言葉を理解している。 口から機械を一発で故障させる胞子を吐き出したり、スケート場の穴の中にある冷凍食品を大量に体の中に溜め込んで運んだり、えんどう豆を食べて火を吹いたりなど、様々な特技を持つ。 漢字で書くと「滑子」。 発明が趣味で、その発明品がゲーム進行に少なからず関わってくる。 愛用のベッドの形は中世の拷問具・のような形をしており、里奈による触り心地は「固くて冷たくてちょとこわい」とのこと。 「1」の巡回ではかくれんぼも趣味らしく、かくれんぼう将軍の座を狙っている他、「2」ではデパートの屋上にある馬の乗り物がお気に入り。 ニンニクと十字架が苦手。 漫画版では失敗した発明品で周囲に迷惑をかけてしまうほどのトラブルメーカーとなっている。 好奇心が強く、事件を呼び込みやすい体質で、よく依頼に訪れる。 妖精などの他人には見えない物が見えたり、独り言や物忘れが多く、奇妙な歌や演技を披露したりするが、ヨネ子らの反応を見る限りでは「かなり変わってはいるがいい子」と認識されており、容姿については「人形の様に可愛い」、「黙っていれば可愛いのに…」といった話が登場人物より語られている。 が大好物で、自室のバナナスタンドにバナナを常備している。 髪の毛の一部は球状になって宙に浮いている。 事件が起こるたび手助けに現れるが、周囲の住人が里奈に「友達関係考えたほうがいいよ」と助言するほどのトラブルメーカー。 探偵としての手腕は里奈には劣るものの、時として勘の鋭さを発揮して里奈にヒントを与える事もある。 「2」ではダリア警部に憧れ、彼女を「おねえさま」と呼び慕って弟子入りした。 漫画版ではが得意。 テレビ好きで、流行りのドラマや怪しげな通販番組などを見ているが、常に横になりながら見ているため、居眠りする癖がある。 体を膨らませる特技を持っていて、その特技を活かして昔サーカスで小遣い稼ぎをしていたことが「1」で語られたが、嫌がらせがあったらしく、当時の事は触れたがらない。 漫画版では、長身な原作とは違い、外観的に小さく仕上げられている。 「ローゼンハイム夢見崎」の203号室、まなみの真上の部屋に住んでいる。 勝気な性格だが、根は優しい。 まなみとは仲が良いらしく、部屋の床(または天井)を叩いて、まなみ曰く「モールス信号」で会話をしている事がゲーム序盤で語られるが、それはまなみの思い込みで、デイジーはまなみがうるさい事に対して抗議の意味で床を叩いており、まなみはそれに叩き返してくる奴と思われている。 「2」では実家に帰ってしまったが、巡回では再登場する。 冷え性持ち。 漫画版では全話に渡るレギュラーキャラで、洋服屋ではなくスーパーマーケットでアルバイトしており、第1話のみ悪役を演じた。 いつも忙しそうにしており、聞き込みに来ても姿を現さず相手にしてくれない事が多い。 隣室のまなみは一度も会った事がないらしく、「2」の公式イラストでは101号室の扉だけが公開され、実際の姿は不明のままになっている。 非常に消極的かつ無口で、たとえ里奈が聞き込みに来ても相手にしない程、人と付き合うのは苦手だが、メロディ談ではだとお喋り。 メロディ同様、「2」の公式イラストでは201号室の扉だけが公開され、その姿は不明のままにされている。 ただし、メロディの部屋に泊まった事があるため、メロディだけが彼女の姿を知っているらしい。 趣味はネットだが、まなみは熱湯と勘違いしている。 まなみの紹介でアパートに住んでいる。 常に部屋の中におり、聞き込みに来ると扉を半開のまま目だけを見せ、奇妙な言葉遣いで話す。 まなみとは仲が良く、「いにしえの契約による絆」で結ばれているらしいが、詳しい事はまなみ本人も教えてくれない。 メロディやルリ同様、その姿は不明のままである。 その役柄上、里奈を導き物語の進行を促す重要な人物だが、その助言の内容の多くが抽象的かつ難解であるため、里奈には理解しきれない事も多々ある。 「2」で名前が明かされるまでは、里奈でさえも彼女の名前を知らなかった。 漫画版では第2話のみ、メイド姿で登場した。 どちらも喋らず、パフォーマンスで意思や情報を伝える。 アルメルは丁寧だが、クロメルは口が悪く、お互いを相方・相棒と呼びながらもライバル視している。 「1」では月華水晶の門番役をしていたが、「2」ではデパートの警備員に転職した。 創作料理に情熱をかけており、一般的にお菓子の材料には使用しない食材から、そもそも食材ではない物まで何でもやにしてしまう。 不安を感じたものは試食として店に置いているが、評判はあまりよくない。 作品の出来にはある程度のこだわりを持っているが、当たり外れが大きいため、里奈も不安視している。 サメの容貌をしており、口調も荒っぽい。 かつては背中の刺青を用いた芸だけで各地を渡り歩いた伝説の芸人らしい。 甘い物が好きでよくプラリーネのケーキを食べているが、金欠の際は試食品を大量に食べたり匂いだけで我慢している事もある。 正式名称は「ビッグ・ビル」。 身体は小さく、その姿は店の外からでも見えないが、里奈の事を「チビ」と呼んでいる。 自分が作った物を全て英国式だと自称している。 「2」では「ベローニュの森」でチョコバナナの店主に転職したが、列車の食堂車に勤めている事もある。 公式イラストも店舗の外観のみで、実際の姿は不明のままである。 寡黙で話し掛けても無視されることが多いが、巡回では72分の1の確率で饒舌になる。 元サーカス団の一員らしく、ブラッドは彼の芸が気に入らず、嫌っている様子を見せている。 無口だが、手に持っているマギ(英名: Lini)と言う人形を使って人と会話している。 語尾は「〜だヨ」で、人形遊びが大好きだが、人形同士でないと仲良くなれないらしい。 コペルと一緒にいる事は多いが、その関係は不明。 の専門家で、プラネタリウムに映る星が大好き。 トレンチコートと帽子を着用しており、怒るとロボットのような動きになる。 ミラと一緒にいる事は多いが、その関係は不明。 寒いという理由のほか、最近は腹痛に悩まされていたらしく、一度はスケート場を閉鎖してプールに改造したが、巡回では気が変わってスケート場に戻した。 故郷である妖精の国へ帰るタイミングを逸してしまい、暑い所では生きられないため閉鎖予定のスケート場にいるところをまなみに発見された。 その姿は大人をはじめとする非科学的な存在を受け入れられない者には見えないが、心が純粋で妖精の存在に疑問を挟まないまなみには見えている。 また、ちとせはぼんやりとしか見えず、里奈はいるような気はするものの全く知覚できない。 口が悪く、ちとせとはよく喧嘩をする。 だけのサーカスを営んでいる。 元団員達からは、凄腕の猛獣使いと絶賛される一方で、冷酷で利己的な性格のために人間的には最悪と評され、人望は皆無に等しい。 外見はのようで可愛いが、凶悪な性格で直ぐに噛み付いてくる。 変装の名人で、事件の舞台に人知れず現れる。 いつも里奈に計画を阻害されているため、里奈を「生涯のライバル」と一方的にライバル扱いし、事前に犯行の予告状を送り付けることもある。 また、里奈を所構わず「おさわり探偵」と大声で呼ぶため、その名称を嫌う里奈は内心辟易している。 怪盗モロコシを捕まえるため奔走するが、虚弱体質と持ち前のドジ属性から捕り逃し記録を更新し続けている。 腰痛持ちで、足腰を挫き易く、乗り物酔いする。 性格がちとせと似ている事から、お互い気が合うようで、ちとせを弟子入りさせた。 登場しては決めポーズと決め台詞を使うが、その後かなりの頻度で足か腰を挫くのでここぞという時にいつも活躍のチャンスを逃す。 悩みや苦痛がある時は自分を励ます。 権力で町を支えようとしているためか、「悪口を言いたくなくても悪口しか出てこない人」として町民の間では好かれていない。 金にがめつく狡猾な一面もあるが、ショックを受けたり驚いたりすると、すぐに取り乱したり気絶したりする。 自分の博物館を建設させてその館長も兼任し、を売り物にしている。 漫画版では出番は全くないが、最終回のみ少しだけ顔を出した。 自称「ソーメン・ガーストに一番近い女」。 実は商店街にある洋服屋「ネイキッドボーンズ」のオーナーである。 を芸術的に演出させるのが本業だが、その作品を見た里奈は「食べにくそう」とコメントしている。 美形で優しい性格の持ち主で、里奈は惚れている。 を徹底的に排除するのが彼の仕事で、一度検札した乗客だけでなく乗務員であろうと何度でも執拗に検札をする。 怒ると極悪な顔に変わる。 手に持っているは愛用の武器。 大切な切符に鋏を入れたジャックに恨みを持っており、フライデイを使って懲らしめようとした。 ネズミ顔で、マントを被っており、オーバーオールを穿いている。 エースによって史上最強の無賃乗車師として鍛えられる。 元々エースの相棒だったらしいが、ジャックに追い出されてから逸れてしまい、町に残ってしまう。 ダンディーな性格で、剛毛。 里奈曰く「黙っていれば、すごくかわいい」。 ノリの良い言動が目立つが、期待通りのリアクションをしない里奈相手では空回りする事が多く、「ノリの悪い子」と呼んでいる。 「2」に登場する警備員。 博物館からデパートまで警備の仕事をしている。 真面目な性格で契約を守る主義だが、里奈はその契約自体に疑問を持っているらしく、その真面目さを不安視している。 じいの情報によると、若い頃は「ナカナカノモノ」だったらしい。 「ペラミッド」で化石の発掘などで研究している。 タフガイを自称し、独自の哲学を持っている。 町長とは犬猿の仲。 巡回ではブラッド、フライデイとタフガイクラブを結成し、仕事の合間に森で焚き火を作りながら男の料理を作ったり、暑さの我慢をしていたりしている。 化石の発掘や養殖の仕事をしている。 右目はで出来ていて、これが外れると化石になってしまう。 海底人とは仲が良く、海底人語の翻訳者でもある。 化石職人の情報ではご町内99の謎の1つらしい。 海底人語しか話せないが、実際は里奈でも簡単に分かる程普通に話す事ができる(化石職人の翻訳によると気のせいだと言っている)。 みょんみょん星人と同じ姿の着ぐるみを着用している。 幽霊館「ブラックキャット」の中庭にある温室に住んでいる。 美しい歌声の持ち主だが、過去のアクシデントにより音痴になってしまった。 自分の現在の歌声に対して劣等感を抱いており、「へたくそ」等と言われると傷付き、落ち込みやすい性格。 コロンとは仲が良い。 その正体は幽霊である。 「〜です」と語尾に付く口調と、足が宙に浮いている点が特徴。 シルヴァーとは仲が良い。 見た目はに見えるが、少なくとも幽霊になってから100年は経っている。 危険と言われているが、実際は気が小さい。 地球のを消滅させようと企んでいる。 舘 史郎 「3」から登場する、里奈の同業者。 きなこ 「3」から登場する舘の探偵助手。 関係の仕事をしているらしい。 多少くどいところがあり、本人もそれを自覚している。 常に休憩時間を気に掛けている。 いつも一人でいるにもかかわらず、一人称は「我々」を用いる。 常人ならやらない危険な健康法を研究しているが、顔色は悪い。 買い物には詳しいが、買い物している姿はまだ誰も見た事がないらしい。 語尾に「〜ザマス」が付く。 カトリーヌ・綾香を「師匠」と呼び、奇妙な占いにこっている。 「2」ではデパートで受付嬢を勤めている。 他人と一緒にこのの上に寝ると、その人物の夢をシンクロしながら見ることができる。 材料は緩衝材(枕)、香料(ポプリ)、それにじいの脳を活性化させるお菓子。 この枕のおかげで、里奈とちとせはまなみの夢を見ることができた。 しっぽを押すことで水を一気に熱湯に変えることができるが、スイッチを押す際に大きな音が響き出すため、里奈となめこはこの発明品を嫌っており、なめこはスイッチを押した瞬間に逃げ出してしまう。 死にかけているノエルを助けるために使われた。 外観は機。 とに分別されている。 里奈は、これでゴマすりをしながら相手を褒める事に用いた。 移植版 [ ] 日本国外への移植 [ ] 移植にあたって、キャラクター名が変更になっている。 おさわり探偵 小沢里奈• 北米:「Touch Detective」()2006年10月24日発売。 ヨーロッパ:「Mystery Detective」()2007年3月23日発売。 いや、見てない。 ヨーロッパ:「Mystery Detective 2」()2008年4月14日発売。 スマートフォンへの移植 [ ] 向けに、『おさわり探偵 小沢里奈』(以下「1」) が2011年7月26日、『おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2』(以下「2」)は2012年3月18日に、それぞれにて配信開始された。 その後、版もで配信開始されている(1は2012年12月27日から、2は2013年6月26日から)。 ゲーム内容はニンテンドーDS版とほぼ変わらず、操作もに指で触れて行う。 基本サービスは無料で追加要素を希望する場合に割増料金を支払うビジネスモデル「フリーミアム」を採用したため(公式サイトより)、第1話から第2話前半まで無料、第2話後半以降は「前話後半から翌話前半」の括りで課金するようになっている。 1は「第2話後編+第3話前編」「第3話後編+第4話前編」「第4話後編+特別編」各400円、2は「第2話後編+第3話前編」「第3話後編+第4話前編」「第4話後編+第5話」各400円(iOS版の価格)。 いずれも、最初にまとめてセットで購入すると各800円。 全話購入すると、助手の「なめこ」を主人公としたゲームを遊ぶ事ができ、1は全3話の『 なめこ・ザ・エスケイパー』、2は全4話の捜査ゲーム『 なめこ・ザ・インタビュワー』を遊ぶことができる。 他メディアでの展開 [ ] コミックス [ ]• おさわり探偵 小沢里奈(・ブンブンコミックス)• 原案・サクセス、シナリオ・、画・• 『』2007年1月号から6月号まで連載され、2007年6月8日にが発売。 登場人物はゲーム1作目にほぼ準拠で、他にオリジナルキャラクターとして、世界一の探偵助手を目指す少年・ 雷灯(いかずち らいと)が登場する。 小説 [ ]• おさわり探偵 小沢里奈 りなとなめこの探偵日記(・集英社みらい文庫) 原作・(株)サクセス/(株)ビーワークス、著作・。 カバーイラスト・、デザインワーク・サクセス、本文イラスト・ 2巻まで。 夢どろぼう現る! 消えたまなみとオルゴール!? ちとせの妖精救出大作戦! なぞのサーカス団のナゾ!? 秘密の絵本とカラーそうめんの巻• りなのトレインミステリーの巻 関連項目 [ ]• - スピンオフ作品 外部リンク [ ]• サクセス• ビーワークス• TouchDetective 公式ページ(英語)• MYSTERY DETECTIVE 公式ページ(英語)• ozawarina - 公式アカウント•

次の