サカイ引越センター 粗大ゴミ回収。 引越し業者と不用品回収業者どっちがいい? 調べてみました。

引越しでゴミ出しの日に間に合わない!持ち込みや不用品処分費用は?

サカイ引越センター 粗大ゴミ回収

Contents• 引越しゴミ出しの日に間に合わない! 県外に引っ越す場合や、忙しい状況下で引越し際に起こってしまいやすいのが、ゴミの日までに間に合わないという状況です。 ゴミと言えば、生活ごみなどを含めて自炊等を行えばほぼ毎日出てくると思いますが、ごみの回収は1週間2回、多くて3回の所がほとんどで、毎日ではないのでゴミを溜める時間が必要になります。 このような時、引越し日とゴミの回収日の調整が合わなければ、引越し前にゴミが溜まった状態になってしまうことが多いです。 実際にゴミ出し日に間に合わなかったときは、どのような対応をすればいいのかご紹介したいと思います。 引越しで燃えるゴミが大量に!どうする 引越しぎりぎりまで片付けが終わらなかった人や、予想しなかった場所から大量の書類が出てきた場合など、引越しの際に燃えるゴミが大量に出てしまう場合もあると思います。 このような場合、燃えるごみを処理のおすすめは 自身が住んでいる最寄りのゴミ処理場に捨てるのが理想的です。 ゴミ処理場でも一般ごみを受け付けてくれることが多く、お金は支払いますが、燃えるごみ以外も処理してくれる可能性が高いです。 自分が住んでいる地方自治体のごみ処理場が分からない場合は市役所に問い合わせると教えてくれますので、ご自身が住んでいる市区町村にご連絡いただけたらと思います。 引越し当日の時に出るゴミどうする 生活は毎日しているので、引越し当日や、前日の夜にでも家庭ごみが出てしまうことがほとんどだと思います。 引越しの距離が同じ市内の場合や、市外でも近い場合などには固く封をして車で持ち運べば引越し先でも引き続き利用することができますが、引越しでも県外の人もいると思うので、市外への長距離引越しや県外への引越しの場合は家庭ごみを持ち運びたくない人がほとんどだと思います。 このような場合におすすめの方法は、先ほどご紹介した 地方自治体のゴミ処理場に持って行くのがおすすめです。 引越しの際にゴミが間に合わなかった場合、多くの方はこのゴミ処理場に持って行くか、清掃センターに持って行っている人が多いです。 それ以外では、実家が近ければ、実家で捨ててもらう人もいますし、何でも屋さんに頼んで捨ててもらった経験がある人もいます。 退去で粗大ごみが間に合わない 燃えるゴミや不燃ごみをゴミ処理場に持って行く人が多いことはご紹介しましたが、中には退去日までにゴミでも「粗大ごみ」が間に合わないという方も意外と多いです。 このような場合、粗大ごみの捨て方は主に2種類あります。 このような場合、元々住んでいた場所から管理人や大家からごみ処分費用の請求が来る場合が多いです。 まだ管理人や大家なら多少大丈夫ですが、最悪の場合、警察や裁判所から連絡があります。 このような事がないようにマナーは守りましょう。 引越しゴミの持ち込み 先ほどご紹介したように、引越しの際にごみを捨てきることができなければゴミの持ち込みを行う人が多いのですが、ごみの持ち込みは有料でお金が発生します。 不燃ごみは持ち込みさせてくれる所が少ないようなので、不燃ごみを持ち込む場合は事前に連絡して確認をし、不可能な場合は廃棄物処理課に連絡をするようにしましょう。 引越しの不用品処分費用 引越し業者でも不用品処分を行ってくれる業者も多いです。 次は大手の引越し業者ごとの費用についてご紹介したいと思います。 日通の不用品回収費用 日通では不用品回収サービスを行っているのですが、自治体の代行サービスという形で引き受けてくれるので、自治体よりも費用は基本的高いです。 ベッドやテレビで2000-3000円以上、冷蔵庫では5000円以上を目安にしておくといいです。 自治体によっては不用品の引き取り金額が決まっていますので、その金額以上を目安にするといいです。 ヤマトの不用品回収費用 クロネコヤマトでも不用品回収サービスは行っています。 ヤマトは回収サービスというよりも、どちらかというと買取サービスになるのですが、不用品がある場合、事前に連絡を行えば買取見積もりを行ってもらうことができ、不用品を買い取ってくれます。 しかし、注意することがあるのですが、買取サービスは全てを買い取ってくれるというものではなく、ヤマトでも買い取ってくれない物もあります。 この残った不用品は再度廃棄物処理課に連絡してもらう必要があるので、なかなか手間です。 ヤマトでも費用を払えば回収してくれるのですが、その費用は自治体で処分してくれる金額のおよそ2倍から3倍以上とされていますので、ヤマトの買取サービスを行う場合は早めに連絡して、残ったものをリサイクルショップに連絡するのがよさそうです。 アーク引越センターの不用品回収費用 アーク引越センターも不用品回収を行っているようなのですが、アークでは「エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機」の4種類を回収してくれるようです。 しかし、やはり日通と同じで自治体の代行サービスでもあるので、自治体の費用よりかは高い値段を取られるようです。 アークではヤマトと同じように買取サービスを行っているのですが、内容はヤマトと同じだったので、どちらがいいか選択して残ったものはリサイクルショップか市役所に連絡するのがいいでしょう。 アリさんマークの引越社の不用品回収費用 アリサンマークではアーク引越センターと同じように家電リサイクル法によって処分しないといけない4大家電は不用品処分してくれるようです。 事前に相談していればこの他にも家具家電は1000円前後で処分してくれるようです。 アリさんマークの会社自身では買取サービスを行ってはいないのですが、アリさんマークでは買取専門業者を紹介してくれるようです。 そのため、他の引越し業者の行っている買取サービスよりも高い値段がつきやすいので、その点においてはかなり嬉しい点だと思います。 サカイ引越センターの不用品回収費用 サカイ引越センターでも不用品回収は行っています。 サカイの場合は1点当たり3000円から5000円前後とされ、物によってはやはり処分してもらえないのもあるようです。 見積もりの段階で問い合わせたほうがいいようなので、不用品がある場合には事前に伝えるようにしましょう。 ハート引越しセンターの不用品回収費用 ハート引越センターでは4大家電は有料で引き取ってもらえるようです。 その他の不用品も傷がついていない物や汚れがひどくない物は無料で引き取ってもらえるようですが、傷が酷い場合や汚れが目立つ場合は有料のようです。 買取サービスも行っているようですが、この点においては他の引越し業者と同様です。 「まとめ」 引越しの際のゴミについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 ゴミは当日まで出てしまうものですが、引越しの経験が少ない人も多いので、どのように対応したらいいのか分からない人も多いと思います。 ゴミは処分するのに費用が高い場合もありますので、計画的に処分できるようにしていきましょう。

次の

ベッド処分方法と料金相場!無料を含めた全6種類の方法

サカイ引越センター 粗大ゴミ回収

【例:東京都某区の粗大ゴミ回収料金】( )内は持込みの場合• ソファー 700~1800円(300~900円)• 本棚 300~1800円(200~900円)• テーブル 300~1000円(200~500円)• 自転車 300~1000円(200~500円) 粗大ゴミは自宅前(建物外)まで自分で出さなくてはなりません。 大型家具の場合は、ひとりで持てないこともあるでしょう。 通常は1週間程度で収集に来てくれますが、引越しシーズンはそれ以上待つこともあります。 家電リサイクル法の対象商品の処分 エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの 家電リサイクル法の対象品は、自治体の粗大ゴミには出せません。 処分するためには、リサイクル料金と収集・運搬料金が必要です。 郵便局でリサイクル券を購入して、購入店に引き取りを依頼するか、自治体の指定引き取り場所(運輸会社など)に持ち込みます。 エアコンは事前に取り外しておく必要があります。 自分の車で運べば、リサイクル券代だけで済みます。 小型で軽いものはマイカーで運べますが、家庭でよく使われるサイズのエアコン、テレビ、冷蔵庫などは、処分費用が高いと感じる人もいるでしょう。 引越業者に回収を頼む 「不用品回収は無料」というサービスを実施している引越業者もあります。 引越業者によって回収する品目や、大きさなどの条件があるので、引越し料金の見積もり時に確認しましょう。 引越業者によっては、エアコンやテレビの処分も引き受けています。 エアコンの場合、取り外し費用(5000円程度)と家電リサイクル券料金のみで引き取ってくれる場合が多いようです。 引越し前は忙しくなるので、引越業者に不要品の回収も一括して頼めるのは便利ですが、見積もり時に忘れずに確認・依頼する必要があります。 繁忙期の場合、回収を追加依頼するのは難しいでしょう。 回収業者を利用する その1. 個別回収 最近は、電話1本で取りに来てくれる不用品回収業者もあります。 回収業者の料金体系は、基本料金+品目ごとの回収料金+オプション料金が一般的です。 エアコン、冷蔵庫などの家電も回収してもらえます。 以下は一般的な料金例です。 基本料金0円を売りにする業者もいるので、回収費用は費用全体で比較しましょう。 不用品回収にかかる費用 基本料金 3000~5000円程度(車、出張代) ソファー 3000~50000円程度 本棚・タンス 4000~6000円 テーブル 3000~4000円 エアコン 3000~6000円 洗濯機 4000~6000円 テレビ 3000~8000円 冷蔵庫 4000~10000円 1点ずつ処分する場合、粗大ゴミは自治体回収のほうが安く、リサイクル法対象の家電製品は、回収業者のほうが安上がりとなるようです。 回収業者を利用する その2. トラック積み放題 軽トラックに積み放題とする不用品回収サービスもあります。 軽トラックは1. 5畳くらいの広さ、高さ1mまで荷物が積めます。 料金は1万円~3万円と業者によってまちまちです。 ファミリー向けに、5㎥(2万円~)、10㎥(3万円~)のトラック積み放題サービスもあります。 部屋から搬出するのは業者か、自分かという点はサービスによって異なります。 粗大ゴミをまとめて処分できるのは便利ですが、1点ずつ処分するより安く済むかどうかはケースバイケースです。 引越しが迫っている場合は、自治体の粗大ゴミ回収に間に合わない場合もあるので、このような回収サービスの利用も検討してみましょう。

次の

引越しでゴミ出しの日に間に合わない!持ち込みや不用品処分費用は?

サカイ引越センター 粗大ゴミ回収

アート引越センターの不用品回収サービス 引越しサービスの人気オプションメニューが不用品回収サービスです。 引越しででた不用品を、引越し業者に処分してもらえるのでとても便利ですよね。 残念ながら、アート引越センターは同サービスを行っていません。 基本的に、アート引越センターに依頼して不用品を処分してもらうことは出来ません。 引越しででたダンボールは回収してくれる ただし、すべての不用品を回収・処分していないわけではありません。 引越しででたダンボールは、引越し後3カ月以内であれば無料で回収・処分してくれます。 その他の不用品がない方は、安心してアート引越センターを利用できます。 不要な家具の引き取りは行っていない 一方で、不要な家具の回収・処分は行っていません。 代わりに行っているのが、提携するリサイクル業者の紹介です。 こちらを利用すれば、他の引越し業者が行っている不用品回収サービスとよく似たサービスを利用できると考えられます。 とはいえ、全く同じサービスではないので、紹介してもらう前に詳細を確認しましょう。 一部の家電製品は回収・処分してくれる 家電リサイクル法の対象になる家電製品は、アート引越センターが回収・処分をしています。 具体的には、冷蔵庫・テレビ・洗濯機・乾燥機・エアコンの回収・処分に対応しています。 回収・処分は有料サービスです。 これら以外の家電製品には対応していません。 回収・処分してもらえない不用品の処分方法 アート引越センターが回収・処分してくれる不用品は、家電リサイクル法の対象になる家電製品だけです。 その他の不要品は、別の方法で処分する必要があります。 出来るだけお金をかけず処分するにはどのようにすればよいのでしょうか。 使える不用品は売却する 引越しをすると、新居に合わないなどの理由でまだ使える家具や家電が不要になります。 これらの不用品の中には売却できるものがあります。 まだ使える不用品がある方は、次の方法などで売却すると良いでしょう。 家具・家電以外に、洋服・食器・CD・DVD・本なども売却できます。 リサイクルショップの利用 最も簡単に不用品を売却する方法がリサイクルショップの利用です。 買取金額は、利用するリサイクルショップや商品の状態などにより異なります。 価値がないものでも0円で引き取ってもらえることがあります。 査定を自宅で受けることもできます(リサイクルショップにより異なります)。 リサイクルショップのメリットは、沢山の不用品を手間をかけずに売却できることです。 デメリットは、業者の仕入れ価格になるので高額買取を望みにくいことです。 近くにリサイクルショップがない方は、アート引越センターに紹介してもらうとよいかもしれません。 オークションサイトの利用 オークションサイトを利用して不用品を売却することもできます。 オークションサイトのメリットは、直接取引なのでリサイクルショップより良い価格で売れる可能性が高いことです。 デメリットは、アカウントの開設や連絡、配送などに手間と時間がかかることなどです。 フリーマーケット 以上のほかでは、フリーマーケットを使って売却することもできます。 メリットは、不用品をまとめて処分できることです。 デメリットは、開催時期が限られていることと出店に手間とお金、労力がかかることです。 売却できない不用品は粗大ごみとして処分 売却できない不用品の多くは、自治体のルールに従い粗大ごみとして処分することになります。 基本的な粗大ごみの処分方法は次の通りです。 1.自治体の担当部署(粗大ごみ収集センターなど)に連絡して回収を依頼。 2.コンビニエンスストアやスーパーなど「粗大ゴミ券取扱店(名称は自治体により異なります)」で「粗大ごみ券」を購入する。 3.必要事項を記載した粗大ごみ券を粗大ごみに貼り付ける。 4.粗大ごみを、指定日に収集場所へ出す。 粗大ごみに該当する不用品や粗大ごみ処分の方法は自治体により異なります。 引越しででた不用品を粗大ごみとして処分する方は、自治体で相談してください。 申し込みから回収まで時間がかかることがあるので、粗大ごみの回収依頼は出来るだけ早く行いましょう。 パソコンの処分方法 身近な家電のひとつパソコン(PCリサイクルマークがついているもの)は、家電リサイクル法の対象でも粗大ごみの対象でもありません。 パソコンは、PCリサイクル法に従い処分することになります。 基本的な、処分方法は次の通りです。 1.不要なパソコンがPCリサイクル法の対象機器であることを確認する。 2.対象機器のパソコンメーカーなどに回収を依頼する。 3.自宅にエコゆうパック伝票が届く。 3.パソコンを梱包してエコゆうパック伝票を貼りつける。 4.「郵便局に戸口集荷を依頼する」「郵便局に持ち込む」のいずれかでパソコンを処分する。 パソコンの回収依頼は、パソコンメーカーのウェブサイトなどから行えます。 不用品は引越し前に処分する アート引越センターで処分できない不用品は、以上の方法などで処分できます。 手元に不用品がある方は、引越し前に処分を完了しましょう。 引越し料金は移動する距離と荷物の量などで決まるので、不用品があると引越し料金が高くなる恐れがあります。 また、新居へ不用品を持ち込むと貴重なスペースを使ってしまいます。 新居へ運んでも良いことはないので、不用品は引越し前に処分しましょう。 まとめ アート引越センターは、不用品回収サービスを行っていません。 回収を行っているのは、家電リサイクル法の対象家電製品と引越しで使用したダンボールだけです。 その他の不用品は、別の方法で処分する必要があります。 その他の不用品の処分方法としておすすめなのが売却です。 不用品は、リサイクルショップやオークションサイト、フリーマーケットなどで売却できます。 良い値段が付けば引越し費用の一部をねん出することも可能です。 売却できない不用品は粗大ごみとして処分することになります。 処分方法は自治体により異なります。 新居へ不用品を持ち込んでもメリットはないので、引越で出る不用品は引越し前に処分しましょう。

次の