ガイア メモリ usb。 「仮面ライダーW」なUSBメモリで実践する仕事術

『仮面ライダーW』実際にUSBに使える“ガイアメモリ”を自作 内部プログラムと基盤構造も公開「地球の記憶を呼び覚ませ!」

ガイア メモリ usb

改造ガイアメモリ サウンドガイアメモリ改造講座 ・ ・ と ・ 【先端スイッチ追加】 ベルト待機音が鳴るように DX サウンドガイアメモリ6 のシリーズで、メモリを挿したときに、ベルト待機音が出せるように、先端にスイッチをつけてみた。 改造に用いたのは 『3色ボールペン』!!ただ、改造は結構、難しく、 試行錯誤で何とかという感じ。 これにより、バネと釘が電気的に繋がる。 5mm のルーターで穴を開け、そこへ、エナメル線を通して固定し、釘と接触させるための仕組みを付ける。 これで、先端のスイッチを押し込むと、途中で、釘とエナメル線が接触し、電気が通る。 後はそれを基盤のスイッチの元へ、銅線でハンダ付けすれば良い。 ただ、実際の、動作では少し、問題があって、 メモリをゆっくり挿入しないと、上手く 行かない。 普通に差し込むと、全くならない。 恐らく、電極の接触部分が小さくて、速いと、電流が十分に流れないせいだとは思う。 まだ改良の余地はあるし、更に、ベルト展開音も鳴るようにしたいのだが、これはかなり難しそう。 (別の方法としては、pic を組み込んで、プログラミングで、制御する手もあるとは思うが・・・。 ) 【トリガーとメタルの作り方】 トリガーとメタルのメモリは、なかなか手に入らないようで、オークションでもタマに出ると高値で取引されている。 ここでは、比較的まだ手に入るメモリを2つずつ組み合わせて、作る方法を解説しよう。 必要なメモリは、 DX サウンドガイアメモリ 6と 4の トリガー: アマゾンか ルナの基盤と ディエンドのケース メタル: オーズか ヒートの基盤と CJエクストリームのケース やるべきことは、それぞれの基盤を入れ換えて、シールを作って印刷して貼るだけだが、 一番、難しいのは、 基盤を取り外すこと!! 素早くハンダを取らないと、熱で、下の電池ボックスが溶けて、歪んでしまう。 実際、私のも、歪んでしまい、もう少しで、壊してしまうところだった。 そこで、入れ換えたときに、もう一度、半田ごてを当てたまま、基盤を押し付けて、無理矢理、元へ戻した。 と言う訳で、 「ハンダ吸取り線」を使うことをお勧めします。 (私は、使わずにやってしまい、それでも2つ目からは、マイナスのドライバーで、溶けたハンダを削りながら、 何とか、やってみたが、上手く行ったり、失敗したりだった。 ) 実際の作業の過程 オークションで 260円で落札したアマゾンと 4本で910円の中にあったデイエンドの基盤を入れ換え (値段は全て送料込み) 同じく、 ヒート(260円)と サイクロンジョーカーエクストリーム(ディエンドと一緒に購入)のを入れ換え ついでに、LED も付けて、今回は、 エナメル線を用いて配線。 穴も新たに購入した ルーターと 1mm ドリルで開けたので、前より 作業は簡単だったかも!? 最後にネットから持ってきたシール用の画像をフリーの Paint. net で切り貼りし、大きさを調節し、 シールラベル用の用紙に印刷して、ハサミで切って、貼り付けるだけ。 最後に、端子のが銀色なので、 金色に変える必要があるが、そのままア クリル絵の具を塗っても、 はじかれて、全く定着しないので、 溶ける危険を覚悟で、ラッカーを少 し塗って、その後で、塗ると何とか定着できた。 ちなみに、シール用に取ってきた画像は、次で、 PDF に変換して、A4のシールラベルに印刷。 【音声切替】 ガシャ版の DX サウンドガイアメモリの 第3弾以降(3から6)は基盤の IC に 2本分から4本分の音声が 入っていて、 ハンダの付け方を変えることにより、他のメモリの音声に変えることができる。 しかし、それでは、元の音声が聞けなくなってしまう!! そこで、スイッチを付けて、その切替により、両方楽しめるように改造したい!! メモリと基盤の関係については まず、実際の改造結果を動画で確認 改造の仕方について 必要な道具や部品は次の写真の通りで、他に、 ボンド(Gクリヤー速乾 透明)を スイッチを固定するのに使います。 スイッチは秋月電子やマルツパーツなどで、ネットでも買えます。 (1個50円前後) 下に 3mm のドリルで2つ穴を空けて繋げる。 (写真左) 横に 2mm のドリルで同様に穴を空ける。 (写真右) 実際のスイッチのボタンの大きさと位置に合わせて、空けることが肝心。 先に、エナメル線の端の皮膜を削って、スイッチの足へハンダで接着して行く。 長さをある程度長めに取っておくこと。 それを実際に組み込んでみて、エナメルの長さを調整し、端の皮膜を削る。 スイッチをボンドで貼り付 ける。 このとき、 ボンドを付け過ぎないように注意!!スイッチが動きにくく なるので。 一番、難しいのが、エナメル線の基盤へのハンダ付け。 基盤の接着面が小さい上に、ハンダがなかなか付いてくれない!? (ボンドで接着した方が簡単だったかも知れないが・・・!?) 下のはそれぞれ、クウガに1回路2接点と2回路2接点のスイッチを2つ付けて、他の3つとの切替を出来るようにしたものと、 アマゾンに1回路2接点のを1つ付けて、トリガーと切替できるようにしたもの。 【ガイアメモリの改造;LED 追加】 食玩とガシャ版のガイアメモリ( サウンドガイアメモリ)に、LED を付けて、音声と連動するようにしよう。 結論から言うと、 それぞれでLEDの付け方が異なる!!と いうこと。 特に、 ガチャ版(第3弾以降) の方は、LEDだけで、トランジスタ無しで十分というか、トランジスタ無しの方が、明るく出来る! しかし、それ以外は、トランジスタを用いた方が良い。 LED の足の長い方を電源のプラスへ、短い方をスピーカーの元のどちらかへ。 (赤、黄、緑のLED) 紫のLEDは少し暗いので、電池を1つ追加。 (それでもまだ他の色より暗い。 ハンダごてで溶かすという手もあるが、失敗もし易いので注意!! 参考: エナメル線を使えば、穴 も小さく出来るし、組み戻すときに、ネジ穴などの邪魔になることもない かも知れないので、これからやる人は、試してみて下さい。 食玩版とガシャの第1弾、第2弾 こちらはトランジスタを使って、スピーカーへの電流を増幅して LED を点灯。 どちらをどちらに繋いでも構わない。 トランジスタの真ん中(Cのコレクタ)を LED のマイナス(足の短い方)へ、プラス(足の長い方)を電源のプラスへ。 本当はガシャと同じ様に繋いだ方が明るなるのだが、それだと常に電流が流れてしまうようで、微かに LED が付いてしまう。 恐らく、回路の仕組みが、異なるせいだと思う。 食玩の方の問題は、トランジスタを使っても、どうしても少し暗くなってしまう。 特に、紫は殆ど、付かないに等しい感じ。 どうしても付けたければ、直接、電 源へ繋いでしまう仕組みにすれば、少しマシになる。 私がやってみたのは、ボタンの下へちょっとした、配線を施して、押した時だけ点灯するように改造。 これ だと長押ししたときは、そこそこの感じで、紫が点灯してくれる。 【DXサウンドガイアメモリへの簡単LED追加】 一番簡単に LED を付けるやり方を解説 ガチャ版後期のメモリへスピーカーの脇にだけLEDを追加するのが、一番簡単で、裏蓋を開けて、ハンダで、付けるだけ。 特にWのメモリには、緑と青のを付けた。 (本当は紫を付けたかったのだが、暗くなるので、青で代用。

次の

『仮面ライダーW』実際にUSBに使える“ガイアメモリ”を自作 内部プログラムと基盤構造も公開「地球の記憶を呼び覚ませ!」

ガイア メモリ usb

Contents• ガイアメモリについて 本編を見ていた人にとっては今更説明するまでもないことかもしれません。 ガイアメモリは 地球の記憶がプログラムされたUSBメモリ型アイテムです。 専用のコネクタ手術を行い、コネクタからメモリを体内に挿入することでドーパントに変身できます。 手術なしの接続では、接続箇所から拒否反応として激痛が生じたり、また事故で精神のみがドーパント化したり(肉体が伴わない分大幅に弱体化する)、メモリとの適合率が高すぎると変身を解除しても体外に排出されないなど問題も多いのが難点。 メモリには精神を侵す毒素があり、 使用者は多くの場合汚染によってエゴが増幅され、自らを制御できなくなってしまう場合があります。 他にも使用者には軽くやつれたり、ひどい場合は記憶喪失などの後遺症が残るほか、死亡する場合もあります。 手術による変身以外にも、仮面ライダーWやスカル、エターナルのように専用の 「ダブルドライバー」または「ロストドライバー」と純正化されたメモリによる変身や、「ミュージアム」の中枢を担う園咲家の面々は毒素を抑えるベルト 「ガイアドライバー」を用いて変身することも可能です。 ドライバーを使用した変身の場合、ガイアメモリによる毒素の影響を受けずに済みます。 ガイアメモリはA~Zの26個(厳密には同一アルファベットの他モチーフがあるためもっと多い)、とギジメモリと呼ばれるものがあります。 Aのガイアメモリ アクセル 仮面ライダーWサイクロンジョーカーエクストリームが所有武器プリズムビッカーを使うときに使用。 パペティア 「人形遣いの記憶」を有するガイアメモリで、人形や人を操作する能力を持つ。 ピラミッド 一般販売されていたメモリで特に出番はなし パンゲア(超大陸) 本編未登場 ペーパー 本編未登場 ペット 本編未登場 プラント(植物) 本編未登場 ポリューション(公害) 本編未登場 Qのガイアメモリ ケツアルコアトルス ケツァルコアトルス(Quetzalcoatlus)は、中生代の終わり、白亜紀末の大量絶滅期の直前の時代を生きていた翼竜でその記憶を有しています。 極めて特殊なメモリでゴールドメモリと呼ばれる幹部用のメモリと同等の力を持っていて形状も特殊になっています。 本編では劣化した複製品のみのとうじょうですが、メモリを挿されてしまったオウムが凄まじい戦闘力で暴走したのが特徴的でした。 クイーン 「ネット版 仮面ライダーダブル FOREVER AtoZで爆笑26連発」にて登場。 クイーンビー(女王バチ) 本編未登場 Rのガイアメモリ ロケット 左翔太郎の師匠である鳴海壮吉がロストドライバーと共に使用して仮面ライダースカルに変身したガイアメモリ。 他のメモリ同様戦闘力の向上やスカルマグナムの装備、胸部から骸骨弾を射出することもできます。 スミドロン スミロドン は、新生代第四紀更新世前期から更新世末期の約250万 - 1万年前の南北アメリカ大陸に生息していたサーベルタイガーの一種だそうです。 怪力、破壊光弾の射出、高速移動などの能力を付与します。 スイーツ 壁に姿を擬態させたり、人間を自身の体に取り込んだり、生クリーム使った弾丸やブレード攻撃などが可能。 スカル MOVIE大戦CORE」のスカルパートに登場。 粘着糸の射出、愛する者に触れると起爆する奇声蜘蛛を体内に埋め込む能力を持ちます。 使用することで様々な動物の能力を扱う能力を持ち、手や脚を自在に変形することができる。 ゼブラ(シマウマ) 本編未登場 ゾンビ 本編未登場 まとめ こうやってみると結構たくさんのガイアメモリがありますね。 これ以外にも各種ガジェットに使われるギジメモリや、テレビくんに登場したエッグ(チキン)メモリなんかもあります。 また本編で一般人に販売されていて出番がないメモリも、小説版で使われていることもあります。 (確認できた限りではクインビー、フラワー、ビー、エイプ、ドルフィン、エレファント、サラマンダー、フィッシュ、ゼブラ)。 個人的には複数の属性攻撃が出来て本編でかなり強かったウェザーメモリが大好きです。 あなたが気になったガイアメモリはありましたか?.

次の

ガイアメモリ(仮面ライダーW)

ガイア メモリ usb

改造ガイアメモリ サウンドガイアメモリ改造講座 ・ ・ と ・ 【先端スイッチ追加】 ベルト待機音が鳴るように DX サウンドガイアメモリ6 のシリーズで、メモリを挿したときに、ベルト待機音が出せるように、先端にスイッチをつけてみた。 改造に用いたのは 『3色ボールペン』!!ただ、改造は結構、難しく、 試行錯誤で何とかという感じ。 これにより、バネと釘が電気的に繋がる。 5mm のルーターで穴を開け、そこへ、エナメル線を通して固定し、釘と接触させるための仕組みを付ける。 これで、先端のスイッチを押し込むと、途中で、釘とエナメル線が接触し、電気が通る。 後はそれを基盤のスイッチの元へ、銅線でハンダ付けすれば良い。 ただ、実際の、動作では少し、問題があって、 メモリをゆっくり挿入しないと、上手く 行かない。 普通に差し込むと、全くならない。 恐らく、電極の接触部分が小さくて、速いと、電流が十分に流れないせいだとは思う。 まだ改良の余地はあるし、更に、ベルト展開音も鳴るようにしたいのだが、これはかなり難しそう。 (別の方法としては、pic を組み込んで、プログラミングで、制御する手もあるとは思うが・・・。 ) 【トリガーとメタルの作り方】 トリガーとメタルのメモリは、なかなか手に入らないようで、オークションでもタマに出ると高値で取引されている。 ここでは、比較的まだ手に入るメモリを2つずつ組み合わせて、作る方法を解説しよう。 必要なメモリは、 DX サウンドガイアメモリ 6と 4の トリガー: アマゾンか ルナの基盤と ディエンドのケース メタル: オーズか ヒートの基盤と CJエクストリームのケース やるべきことは、それぞれの基盤を入れ換えて、シールを作って印刷して貼るだけだが、 一番、難しいのは、 基盤を取り外すこと!! 素早くハンダを取らないと、熱で、下の電池ボックスが溶けて、歪んでしまう。 実際、私のも、歪んでしまい、もう少しで、壊してしまうところだった。 そこで、入れ換えたときに、もう一度、半田ごてを当てたまま、基盤を押し付けて、無理矢理、元へ戻した。 と言う訳で、 「ハンダ吸取り線」を使うことをお勧めします。 (私は、使わずにやってしまい、それでも2つ目からは、マイナスのドライバーで、溶けたハンダを削りながら、 何とか、やってみたが、上手く行ったり、失敗したりだった。 ) 実際の作業の過程 オークションで 260円で落札したアマゾンと 4本で910円の中にあったデイエンドの基盤を入れ換え (値段は全て送料込み) 同じく、 ヒート(260円)と サイクロンジョーカーエクストリーム(ディエンドと一緒に購入)のを入れ換え ついでに、LED も付けて、今回は、 エナメル線を用いて配線。 穴も新たに購入した ルーターと 1mm ドリルで開けたので、前より 作業は簡単だったかも!? 最後にネットから持ってきたシール用の画像をフリーの Paint. net で切り貼りし、大きさを調節し、 シールラベル用の用紙に印刷して、ハサミで切って、貼り付けるだけ。 最後に、端子のが銀色なので、 金色に変える必要があるが、そのままア クリル絵の具を塗っても、 はじかれて、全く定着しないので、 溶ける危険を覚悟で、ラッカーを少 し塗って、その後で、塗ると何とか定着できた。 ちなみに、シール用に取ってきた画像は、次で、 PDF に変換して、A4のシールラベルに印刷。 【音声切替】 ガシャ版の DX サウンドガイアメモリの 第3弾以降(3から6)は基盤の IC に 2本分から4本分の音声が 入っていて、 ハンダの付け方を変えることにより、他のメモリの音声に変えることができる。 しかし、それでは、元の音声が聞けなくなってしまう!! そこで、スイッチを付けて、その切替により、両方楽しめるように改造したい!! メモリと基盤の関係については まず、実際の改造結果を動画で確認 改造の仕方について 必要な道具や部品は次の写真の通りで、他に、 ボンド(Gクリヤー速乾 透明)を スイッチを固定するのに使います。 スイッチは秋月電子やマルツパーツなどで、ネットでも買えます。 (1個50円前後) 下に 3mm のドリルで2つ穴を空けて繋げる。 (写真左) 横に 2mm のドリルで同様に穴を空ける。 (写真右) 実際のスイッチのボタンの大きさと位置に合わせて、空けることが肝心。 先に、エナメル線の端の皮膜を削って、スイッチの足へハンダで接着して行く。 長さをある程度長めに取っておくこと。 それを実際に組み込んでみて、エナメルの長さを調整し、端の皮膜を削る。 スイッチをボンドで貼り付 ける。 このとき、 ボンドを付け過ぎないように注意!!スイッチが動きにくく なるので。 一番、難しいのが、エナメル線の基盤へのハンダ付け。 基盤の接着面が小さい上に、ハンダがなかなか付いてくれない!? (ボンドで接着した方が簡単だったかも知れないが・・・!?) 下のはそれぞれ、クウガに1回路2接点と2回路2接点のスイッチを2つ付けて、他の3つとの切替を出来るようにしたものと、 アマゾンに1回路2接点のを1つ付けて、トリガーと切替できるようにしたもの。 【ガイアメモリの改造;LED 追加】 食玩とガシャ版のガイアメモリ( サウンドガイアメモリ)に、LED を付けて、音声と連動するようにしよう。 結論から言うと、 それぞれでLEDの付け方が異なる!!と いうこと。 特に、 ガチャ版(第3弾以降) の方は、LEDだけで、トランジスタ無しで十分というか、トランジスタ無しの方が、明るく出来る! しかし、それ以外は、トランジスタを用いた方が良い。 LED の足の長い方を電源のプラスへ、短い方をスピーカーの元のどちらかへ。 (赤、黄、緑のLED) 紫のLEDは少し暗いので、電池を1つ追加。 (それでもまだ他の色より暗い。 ハンダごてで溶かすという手もあるが、失敗もし易いので注意!! 参考: エナメル線を使えば、穴 も小さく出来るし、組み戻すときに、ネジ穴などの邪魔になることもない かも知れないので、これからやる人は、試してみて下さい。 食玩版とガシャの第1弾、第2弾 こちらはトランジスタを使って、スピーカーへの電流を増幅して LED を点灯。 どちらをどちらに繋いでも構わない。 トランジスタの真ん中(Cのコレクタ)を LED のマイナス(足の短い方)へ、プラス(足の長い方)を電源のプラスへ。 本当はガシャと同じ様に繋いだ方が明るなるのだが、それだと常に電流が流れてしまうようで、微かに LED が付いてしまう。 恐らく、回路の仕組みが、異なるせいだと思う。 食玩の方の問題は、トランジスタを使っても、どうしても少し暗くなってしまう。 特に、紫は殆ど、付かないに等しい感じ。 どうしても付けたければ、直接、電 源へ繋いでしまう仕組みにすれば、少しマシになる。 私がやってみたのは、ボタンの下へちょっとした、配線を施して、押した時だけ点灯するように改造。 これ だと長押ししたときは、そこそこの感じで、紫が点灯してくれる。 【DXサウンドガイアメモリへの簡単LED追加】 一番簡単に LED を付けるやり方を解説 ガチャ版後期のメモリへスピーカーの脇にだけLEDを追加するのが、一番簡単で、裏蓋を開けて、ハンダで、付けるだけ。 特にWのメモリには、緑と青のを付けた。 (本当は紫を付けたかったのだが、暗くなるので、青で代用。

次の