新 生姜 生姜 違い。 新生姜と生姜の違い!美味しい食べ方や保存の仕方とは?

新生姜の旬はいつ頃?新生姜の特徴と栄養と効果、上手な保存の方法

新 生姜 生姜 違い

新生姜と言えば 柔らかくてフレッシュで みずみずしくて…。 あぁ美味しそう! 食べたい! 今すぐ食べたい(笑)。 では 谷中生姜って 何でしょう? うーん。 谷中生姜も柔らかくて フレッシュですが、 そもそも 形が 違いますよね? 生姜の 種類が 違うのでしょうか? そこで今回は、 新生姜と 谷中生姜の 違いや おすすめの 食べ方について 調べてみました! Sponsored Link 新生姜とは? スーパーでよく見る 茶色っぽい生姜。 みなさんの 冷蔵庫に よく入っている いわゆる 普通の生姜。 あれを 根生姜(ねしょうが) 言うのですが、 新生姜もその根生姜と モノは 同じです。 そう、その名前から だいたいの想像は ついているかと思いますが、 新生姜は 秋口に収穫して すぐに出荷した生姜のこと。 あるいは、 初夏の 早い季節に 掘ったものの ことを指します。 根生姜は 収穫してから 何ヶ月も 貯蔵して 出荷されるんですって。 だから新生姜より 硬くて色も 茶色いんですね。 一方新生姜は 寝かせずにすぐ出荷します。 柔らかくて 皮の色も 薄く、 初夏に収穫されたものは、 茎の部分が ピンク色をしています。 見るからに美味しそう! 根生姜と比べて 辛味が 少なく柔らかいので わりと 大きめに切って 食感を楽しむ料理がおすすめ。 甘酢漬けは大定番ですよね。 私はあれでご飯 3杯 食べられます! 炊き込みご飯や、 お味噌汁の具にしても 美味しいですし。 あとは スライスして 味噌をつけて おつまみにするのも たまりません。 根生姜と同じように 細かく刻んで 薬味にしても いいんですが…。 やはり 辛味は根生姜に 敵いませんし、 なんだか もったいない気が してしまいます。 酒好きの方は特に、 おつまみ風のアレンジで いただくのが おすすめですよ! Sponsored Link 谷中生姜とは 谷中生姜とは、 根生姜や新生姜とは 違う種類の生姜…? ではないんです! 産地によって 品種や 呼び名は 異なりますが、 いずれも 同じ生姜なんです。 早めに収穫して 寝かせないで出荷するので、 実は谷中生姜も 新生姜のひとつ。 違うのは?そう、 大きさです。 通常生姜のサイズは 3つに分けられます。 大きいサイズは 根生姜や 新生姜。 小さいサイズは 谷中生姜などの 葉生姜(はしょうが)として 流通されるんですって。 ちなみに葉生姜とは、 まだ 小さいうちに 葉っぱごと収穫する 新生姜のこと。 谷中生姜は、 この葉生姜のうちの 1つの品種。 台東区の 谷中あたりは 昔から 生姜の産地として 有名だったんです。 有名すぎて 葉生姜と言えば谷中生姜、 という 認識の人が 多いと思います。 私なんて 葉生姜という名前を 知りませんでした。 葉生姜には 谷中生姜以外の 品種もあるんですって。 他の葉生姜農家のみなさん、 大変申し訳ありません…(涙)。 ちなみに ちょっといい 和食屋さんなどで 焼き魚に添えられている 甘酢で漬けた 細い生姜。 あれも葉生姜の1つで、 はじかみと言います。 谷中生姜ではなく もう少し 辛味がある 金時生姜(きんときしょうが) という品種が多いそうですが…。 あれが乗っていると 気分が上がりませんか? 今度家でも出してみよう! ちなみに谷中生姜の おすすめの 食べ方は…? 個人的にはやはり そのまま 味噌をつけて そのままいただくのが最高かと! 葉の部分を 持って食べると 食べやすいですよね。 それから 天ぷらなんかも おすすめです。 家ではなかなか 作りませんが、 お店のメニューにあったら 絶対 頼みます。 香りが良く、 身は 柔らかく、 これまた お酒が進む進む(笑)。 夏の冷え対策に! いかがでしたか? 新生姜は初夏の 早い時期に 収穫したものや、 秋に収穫して 寝かさずに出荷した 生姜のこと。 谷中生姜は 葉っぱごと収穫した 小さめの新生姜。 と覚えておいていただければ 良いと思います。 ちなみに生姜は 体を温める作用があることは 有名ですよね。 冬に積極的に摂る人も 多いと思います。 でも、夏は 冷房や冷たい 飲み物で 意外と体を 冷やしがち。 新生姜も谷中生姜も いずれも 初夏から秋ごろに よく出回りますから、 暑い時期に食べると 冷え対策に良いと思いますよ! - ,.

次の

生姜の種類とガリの違い 甘酢漬けの食べ過ぎはダメ?効果は?

新 生姜 生姜 違い

衝撃!?普通の生姜と新生姜は基本は同じ 1年を通して販売されている、いわゆる普通の生姜というものは一般的に「ヒネ生姜」と言われています。 ヒネ生姜と新生姜で大きく違うことは出荷時期です。 年間通して流通しているヒネ生姜に対して、新生姜は主に秋に出荷されています。 ちなみに、夏に新生姜を見かけることも多いですが、夏流通の新生姜はハウス栽培されたものなんですよ! ヒネ生姜も新生姜も栽培方法は同じですので、「種生姜」というものを植えることから栽培が始まります。 この種生姜が成長することで、新しい生姜のコブができてきます。 このコブが小さいうちに収穫されて、流通しているものを新生姜というのです。 その後、大きく成長して、収穫して2か月以上がたったものをヒネ生姜というんですね! ですので、ヒネ生姜と新生姜の違いは、収穫時期と出荷時期なんです。 もともとは全く同じものなんですね! え?では栄養とかそのあたりの成分はどうなっているか?気になりますよね? 新生姜と生姜では栄養成分はほとんど変わらない。 新生姜は収穫されてすぐに出荷されます。 見た目は白色で茎から切り取った部分が赤色なのが特徴的ですね。 水分が多くて柔らかく、生姜に比べて辛味がマイルドです。 生姜の方はと言いますと、茶色っぽく皮が固め、中身は黄色っぽくなっており、繊維質であり、強い辛味があります。 お判りでしょうか? 触感や辛味に違いこそあれど、栄養価はほとんど変わらないんです。 普通の生姜の方が生育期間が長いため、ちょっとだけ栄養価が高いと言われていることもあるようですが、気にするほどではないようです。 余談ですが、生姜は新陳代謝を高めて体を温める作用があるとかないとか言われていますが、それはショウガオールという成分のおかげで、生姜の辛味の素であるチンゲノールという成分は強い殺菌効果があるそうです。 体調が悪くなった時に生姜湯を飲むのはこういった成分が含まれているからなんでしょうね! さらには、生姜の香りにはシネオールという胃の炎症を抑えたり、食欲を増進させてくれる作用もあるんだそうですよ。 新生姜の食べ方は、普通の生姜の食べ方とは違いがある! 生姜といえば皆さんは何をイメージしますか? そうです、付け合わせの薬味ですよね!あとは、料理のにおい消しや、風味付けに使われるイメージが大きく、生姜そのものを食べるのってあまりイメージが湧きませんよね? 先ほどもお伝えしましたが、新生姜には水分量が多いので、擦って薬味にしようものならべちゃべちゃあまりおいしくなさそうな薬味になってしまって、生姜の風味が物足りなく感じてしまいます。 ですが、普通の生姜と違って、触感を楽しめるのが新生姜ですので、そういった楽しみ方をする方が正解です。 生姜を生でそのまま食べるなんてしたことありますか?残念ながら私はさすがにありません。 だけど、凄く身近なところに新生姜が使われているんですよ! そう、日本人が大好きなあれですよ!あれ! 紅生姜! 吉野家とかに行って、必要以上に食べてしまったりしませんか? ガリガリといった触感がたまらなくて、私は紅生姜のおかわりまでしてしまいます。 あれ?ガリガリ…?ガリ…? そうです、お寿司のお供のガリも新生姜で作られています。 意外と身近じゃありませんでしたか? 大阪出身の人でしたら紅生姜の天ぷらなんてのも身近ですよね! 意外と知らないだけで、新生姜は意外と食べられていますよ! 普通の生姜は薬味に、新生姜はそのものを食べることができるように調理して食べる、これが新生姜と生姜の食べ方の大きな違いですね!! 新生姜と生姜の違いに関すること:まとめ あまり意識したことはないのかもしれませんが、新生姜と普通の生姜(ヒネ生姜)の違いについて簡単にまとめてみました。 出荷時期が異なるので、触感や風味、食べ方に違いがあるけれど、栄養価に大きな違いはありません。 新生姜自体はそのものを調理して食べる方がおススメです。 紅生姜などにすれば、日持ちもしますし、お家で牛丼などを作った時に、自家製の紅生姜出てくるなんて、なんかプロっぽくていいですよね! 生姜には体を温める作用があるので、冷えや血行不良が気になる方にはおすすめの食材です。 もうすぐ夏も終わりますがまだまだ冷房の助けを借りているのであれば、冷房で冷えた体を温めるのにもおすすめですし、今後は気温も下がっていく一方ですので、冬場などにはもってこいですよね! 新生姜は生でも食べやすいので、ヒネ生姜は辛くて苦手という方も、もともと生姜が好きという方も、短い旬の時期に新生姜でしか感じられない食感や辛みを楽しんでみてくださいね。

次の

新生姜の時期はいつまで?生姜との違いは?美味しい食べ方について

新 生姜 生姜 違い

スポンサードリンク 新生姜とは?通常の生姜とは何が違うの? 生姜は薬効の高い食材として世界各国で漢方や民間薬、香辛野菜としてたいへん重宝されています。 特に中国では紀元前より薬として使用されていたことが記録として残っており、古くから多くの人々の健康を支えてきたことがうかがえます。 生姜が日本へやってきたのは3世紀頃と言われており、当時は薬用として栽培されていたのですが、江戸時代に入ると食用として用いられるようになったのです。 そんな生姜には 大生姜・中生姜・小生姜の3つの種類が存在し、さらにひね生姜と新生姜に分けられます。 では、それぞれの生姜についてご説明させて頂きたいと思います。 日本では生姜の地下茎の1種である根茎のサイズによって大生姜・中生姜・小生姜の3つに分類されます。 私たちが一般的に目にする生姜の種類は大生姜と呼ばれる品種です。 大生姜とは、葉も茎も大きく成長しており地下茎も巨大化しています。 大生姜は最大で1kg前後するものもあり、適切に蓄えられ1年を通して漬物や新鮮で生き生きとした食用として利用されます。 中生姜とは、大生姜に比べやや小ぶりであり、辛みが強い傾向にあります。 繊維質が形成されるのが早いため漬物に用いたり加工食材に用いられることが多いです。 小生姜は、とても小さく最大で400g前後となっています。 収穫も早いため安定して収穫することが可能です。 辛みが強いため、葉生姜や薑 はじかみ として用いられるのが一般的です。 スポンサードリンク 新生姜とひね生姜とは? 生姜を大きく3つに区分しましたが、さらに細かく分類すると新生姜とひね生姜の2つに分けられます。 収穫したての生姜または夏に収穫される生姜を 新生姜、収穫後2か月間保存してから出荷される ひね生姜です。 新生姜は繊維質が柔らかく爽快感のある辛みが特徴の白い生姜です。 ひね生姜は辛みが強く繊維質がしっかり形成されているためやや違和感を覚える舌触りが特徴の黄色い生姜です。 では、新生姜とひね生姜では含有される栄養素や収穫時期が違うのかをご説明して行きたいと思います。 ひね生姜は11月頃に収穫され、その後2か月間貯蔵されてから市場に出回ります。 新生姜の肉質は繊維質が感じられないため、 ふっくらとした柔らかく、生のまま召し上がるのがオススメです。 反対にひね生姜は肉質ががっちりとしており、繊維質が感じられる生姜となります。 ですが、 1年を通して安定した供給が出来るという強みがあります。 新生姜とひね生姜に含有される栄養素の違いですが、含有される栄養素自体に大きな変化はありませんので、どちらの生姜を召し上がっても同様の効果を得ることが出来ます。 ですが、折角ですので今が旬の新生姜を美味しく召し上がる方法をご紹介したいと思います。 新生姜の美味しい食べ方 夏に旬を迎える新生姜の美味しい召し上がり方をご紹介します。 新生姜は繊維が少ないので 甘酢漬けにして召し上がると良いでしょう。 新生姜の甘酢漬けはお寿司屋さんなどで見かける 「ガリ」のことです。 さっぱりとしており、食事中や食後の口直しに最適です。 また、油揚げと新生姜を精米と共にお釜に入れて炊き上げれば、 生姜ごはんの完成です。 他にも新生姜を千切りにして 佃煮にしたり、すりおろして 生姜焼きを作るなど様々な料理に使用することが出来ます。 もし、新生姜を使い切ることが出来なかった場合は 冷凍保存することで長期間保存することが可能です。 まとめ 生姜には冷房による冷え性や血液の流れを良くして肩こりや疲労回復、消化を促す働きがあります。 夏には欠かせない優れた栄養成分をたっぷり含んでいるので、この機会に生姜をスーパーやデパートで購入し、1日20gを目処に愛食してみてはいかがでしょうか。 スポンサードリンク.

次の