サンク コスト 恋愛。 女がハマる男の特徴、常に強気であれ

女がハマる男の特徴、常に強気であれ

サンク コスト 恋愛

サンクコストの悪魔とは? サンクコストというのは、 経済学などで使われる「埋没費用」という意味です。 「もう取り戻せない費用」という意味ですね。 心理学でも「サンクコスト効果」と呼ばれて、 「もったいなくて現状を手放せない心理」です。 たとえば、、、 ・DV彼氏と別れられない ・損失の出ている株を手放せない(塩漬け状態) ・不要物を捨てられない ・何年も浪人やニートを繰り返す などなど 過去にたくさんのエネルギーを注いできたために、 もったいなくて、今さら引くに引けない状態です。 注いできたエネルギーが多ければ多いほど、 今の状態を手放すのに抵抗感が強くなります。 頭では、今の状態が続いたら明らかにマイナスだ、 とわかっていても、です。 執着=エネルギーの停滞 エネルギーを多く注いできたものほど、 僕らはその対象に執着してしまいます。 なぜなら、自分の過ちを認めたくないからです。 人生でエネルギーを注いできたことを否定したら、 自分自身の否定になると勘違いしているのです。 さらに問題なのは、僕らが執着したことは、 将来的に、尻すぼみになっていくことです。 なぜなら執着は、 エネルギーの停滞を意味するからです。 エネルギーは水の如く エネルギーは水と似ています。 循環すれば清くなっていき、 停滞すれば濁っていきます。 濁った水は腐っていき、異臭を放ちます。 濁ったエネルギーもまた腐っていき、 目の前に広がる現実をカオス化させます。 DV彼氏と別れられない女性を例に挙げると、 彼女は二人の関係維持にエネルギーを注ぎました。 彼氏が手を上げてくるたびに、 あえて彼の良いところを探したり、 自分の非を認めたりしたでしょう。 「私が彼の面倒を見なきゃ」と思ったり、 彼が改心してくれるよう願ったかも知れません。 そうやって、二人の関係を壊さないように、 健気にエネルギーを注いできたわけです。 そして、それが2年3年と続いていくと、 心理的に引くに引けなくなってしまいます。 サンクコストの悪魔ですね。 「もったいない」の悪魔が現れるのです。 ・彼は私を必要としているのに別れられない ・友達には仲のいいカップルって思われてる ・せっかく今まで頑張ったんだからもう少しだけ ・私の心をクリアにすれば彼も変わるはず ・新しい彼氏を作るのが面倒 ・新しい彼氏を作る自信がない ・彼以外に私を必要としてくれる人っているの? などなど 頭では別れた方が自分のためだとわかっているのに、 心理的にどうしても別れられなくなってしまいます。 二人の関係維持にエネルギーを注いできた分だけ、 顕在的にも、潜在的にも色々な思いが絡み合って、 現状を放棄できなくなっていくわけですね。 さて、この女性の未来はどうなると思いますか? 彼氏は改心してくれるでしょうか? 執着(現状維持)の先にある未来 執着すると、エネルギーが停滞します。 すると、「エントロピー増大の法則」によって、 目の前の現実は次第にカオス化していきます。 エントロピーとは、無秩序の度合いを指し、 何でも放っておけば無秩序の度合いが増します。 もちろん、色々な要素が絡むので、 一概には言えませんが、先の女性の例では、 現状維持では良い結果を望めないでしょう。 少なくとも、彼の改心を期待してはいけません。 自分は変えられても、 他人は変えられないからです。 だから、何らかのアクションが必要です。 とはいえ、「別れたらそれですべて解決する」 とも言えないのが、人生の難しいところです。 では、どうしたらよいのでしょうか? ほんのちょっとだけ移動する 僕がお勧めしたいのは、 「ほんのちょっとの移動」です。 いきなり大きな変化を求めると、 その変化に対する揺り戻し現象が現れるので、 あえて、小さな変化を意図するのです。 そして様子を見るのです。 「エネルギーの法則」的に言えば、 意識(エネルギー)の矛先を変化させるのです。 そして、ほんのちょっとズレた視点から、 現状を観察してみるのです。 そうすれば、新たな発見があるかも知れませんし、 別の可能性世界への道が開けるかも知れません。 ほとんどのケースで、 僕らの望む未来は現状維持からは得られません。 なので、エネルギーを注ぐ先を変えなければ、 望んだ未来も得られないわけです。 とはいえ、いきなり大きな変化を求めても、 揺り戻し現象が大きくなる恐れがあります。 それに、これまでとは異なる大きな変化は、 心(エゴ)と肉体も尻込みしちゃいます。 なので。 ほんのちょっと変化しましょう! そして、ほんのちょっとの変化を繰り返しましょう。 それだけで、思わぬ可能性世界が展開していき、 意外に面白い経験ができるものですよ。 まついゆうへい 追伸 僕も、タイ語の本をアマゾンで取り寄せて、 一日30分の勉強から、タイ生活がスタートしました。 飛行機に乗るのも怖かったのに、 今では、タイにいて普通に生活できています。 (街を歩いていると週に一度くらいのペースで、 「あれ?俺、なんでここにいるんだろう?」 と不思議な気持ちになったりします。 笑) ちょっとずつ方向転換していけば、 望みの可能性世界への道が開けるはずです。 人生は冒険だ!.

次の

コンコルドの事例に学ぶ!サンクコスト(埋没費用効果)とは?「Sunk costバイアス」を活用している商売手法と合わせて解説。

サンク コスト 恋愛

スポンサード リンク サンクコストとコンコルド効果とは サンクコスト(Sunk Cost)とは、 回収が不可能になった投資費用を指します。 サンク(Sunk)とは「Sink:沈む」の完了形で、「沈んでしまって手元には戻らない費用」という意味になります。 これから何かをする時にはサンクコストを気にする必要はないのですが、多くの人はサンクコストに引きずられて未来の判断を誤ってしまう傾向があります。 今まで投資したサンクコスト(お金・時間・労力)が無駄になるのがイヤで、損するとわかっていても後には引けないと感じるんですね。 このような心理現象は、行動経済学では コンコルド効果(Concorde effect)、経済学では サンクコスト効果(埋没費用効果)と呼ばれます。 どちらも意味は同じです。 コンコルド効果は認知バイアスの一つ 先入観や思い込みから判断が歪められてしまうことを 「認知バイアス」と言いますが、コンコルド効果もその認知バイアスの一つです。 コンコルド錯誤(さくご)• コンコルドの誤謬(ごびゅう)• サンクコストの呪縛 などとも呼ばれます。 つまらない映画を観た時のサンクコストの例え コンコルド効果を簡単に言えば、「もったいない・・・」という気持ちが冷静な判断力を奪う心理現象です。 例えば、1800円を支払って観始めた映画が開始5分でつまらなく感じたとします。 「つまらない」と感じたなら、すぐに映画館を出れば別の楽しい時間を過ごせる可能性があるはずです。 ですが多くの人は、「支払った1800円がもったいない」と感じて、つまらないと分かっているのに最後まで映画を観ようとしてしまいます。 支払ったコスト(サンクコスト)は何をしても戻ってこないのに、「もったいない・・・」という心理が未来の判断に影響を与えてしまうんですね。 スポンサード リンク サンクコストの実験 1985年にアメリカで行われた実験では、サンクコストが未来の選択に影響を及ぼすことがわかります。 あなたなら次の問題に対して、どのような選択をしますか? あなたはバスケットボールの観戦チケットを購入しました。 すでにチケット代の40ドルは支払いをすませています。 試合当日、天候は吹雪で外へ出かけるのも大変でした。 さて、あなたはどうしますか?• A:観戦に出かける• B:暖かい家でテレビ観戦する このケースの場合は、多くの人がAを選びました。 すでに代金を支払っているんですから、観戦に行かなきゃもったいないと感じますよね。 では次のケースはどうでしょうか? 悪天候の状況は先ほどと同じですが、観戦チケットはプレゼントされたものでした。 A:観戦に出かける• B:暖かい家でテレビ観戦する こちらのケースの場合は、多くの人がBを選びました。 あなたも同じだったのではないでしょうか? 選択が変わる原因は、サンクコスト(すでに支払ったチケット代金)ですよね。 すでに投資したサンクコストに気を取られてしまうからこそ、自分にとって正しいと感じる選択ができなくなってしまうんですね。 ちなみに、お金を扱う時に判断や価値が変わってしまう心理作用を、行動経済学では メンタルアカウンティングと言います。 スポンサード リンク 名前の由来となったコンコルド開発の失敗事例 コンコルド効果の名前の由来は、超音速旅客機コンコルドの商業的な失敗から来ています。 1962年、イギリスとフランスは共同で超音速旅客機コンコルドの開発を始めました。 コンコルドは世界初の超音速旅客機として、近未来を感じさせるデザインや、ジャンボジェット機の3倍のスピードにあたるマッハ2. 0(時速約2400km)といった高性能が人気を呼び、開発当初は世界各国から100機を超える注文が入りました。 しかし、開発を進めていくなかで• 通常よりも長い滑走路が必要• 騒音やソニックブームの影響を避けるために特別な航路でしか就航できない• 乗客の定員数が100人ほどしかない• 価格が恐ろしく高くなる• 燃費が著しく悪い といった悪条件が判明しました。 そして、時代の流れが経済的な大型旅客機へと傾いたことから、キャンセルが相次ぐようになりました。 このまま開発を続けても利益の回収は見込めないところまでプロジェクトが難航したところで、開発を続けた場合にどれくらいの金額がかかるのかが試算されました。 開発を続けると大赤字が判明・・・ すると、「今すぐプロジェクトを中止して、旅客機会社に違約金と賠償金を支払った方がはるかに安くすむ」という結果が出るほどの大赤字であることがわかりました。 それでも、開発を中止したら今まで投資した予算や時間、労力などのサンクコストが全て水の泡と消えてしまうことや、責任問題の追求の恐れから、プロジェクトは進んでしまいました。 結果的に、250機の受注で採算が取れるとされていたところ、16機しか製造されずにプロジェクトは大赤字に終わりました。 4000億円の開発費に対して、数兆円の赤字だったと言われています。 ちなみに、1976年に導入されたコンコルドは、2003年に全ての就航を終えています。 コンコルド効果の身近な例 「使ったお金や時間がもったいない」と感じるコンコルド効果は、身の回りにたくさん存在しています。 ガチャのサンクコスト 基本的には無料で遊べるスマホゲームには、「ガチャ」と呼ばれるレアなアイテムをランダムで入手できる課金システムがあります。 このガチャには「コンプリートガチャ」と呼ばれるものがありました。 レアアイテムを手に入れるためには、ガチャを通して出てくるいくつかの特定アイテムを全て揃えなければいけないシステムです。 このコンプリートガチャの課金は請求が後払いだったために、未成年が親のお金を使い込むケースが増えて問題になりました。 たとえ最初は「1000円分だけ・・・」と心に決めていたとしても、狙ったアイテムをゲットできなかった場合、 「ここでやめたら使った1000円が無駄になる・・・」とサンクコストが気になって、何度もガチャをしたくなるんですね。 ギャンブルのサンクコスト 「ここでやめたら大損で終わる・・・」というコンコルド効果は、ギャンブルに多いのではないでしょうか。 例えばパチンコで1万円負けている場合、 「1万円も突っ込んだんだから、あと5000円もつぎ込めば大当たりが来るはず・・・」という根拠のない思い込みから、5000円、1万円と、さらに負けを大きくしてしまうケースがあります。 サンクコストに気を捉われなければ、1万円の損失で済んだ可能性があるのに、わざわざ損失を大きくしてしまいます。 ちなみに、ランダムなものを予測してしまう心理現象は、 『ギャンブラーの誤謬』と言います。 例えばルーレットで、赤と黒のどちらかに賭けたい場合、赤が連続で何回か出ていると、「次はそろそろ黒が出る」と予想してしまうことです。 「3000円払ったんだから、元を取らなきゃもったいない!」と、お腹を壊すくらい無理して食べたり飲んだりしてしまうケースがありますよね。 カラオケでの歌い放題だって、時間いっぱいまで歌わないと損する気持ちになります。 遊園地での乗り放題にしても、目一杯乗り倒さないと損するような気持ちが生まれますよね。 それなのにサンクコストの呪縛に捉われると、楽しむことではなく「元を取る」ことだけに目が向いてしまいます。 なぜコンコルド効果は起こる? すでに取り返すことができないモノなら本来は考えても仕方ないのですが、それでもやっぱり使ったお金や時間は、判断材料に加えてしまいがちです。 このようなコンコルド効果は、なぜ起こるのでしょうか? これには、次のような心理が関係していると考えられます。 一貫性の原理:始めたことは最後までやり通したい心理• ザイオンス効果:接触回数が増えることで好感を持つ心理• 現状維持バイアス:行動を変えるのは損失に感じる心理• 認知的不協和:損したことを認めたくない心理 1. 一貫性の原理:始めたことは最後までやり通したい心理 人は自分で決めたことに対しては、最後まで一貫性をもった態度を取ろうとする心理が働きます。 なぜなら、それが脳にとっては簡単な選択で、社会的にも評価されやすい行動だからです。 脳はできるだけイージーモードで稼働できる選択を好みます。 一度決めたことを最後までやり遂げるのは、脳にとってはすごくラクな行動だからです。 そのため、ケースバイケースで物事を考えるよりも、初志貫徹を貫くことを選びがちになってしまいます。 またコロコロと行動が変わったのでは、社会的に「信用できない人」とレッテルを貼られる可能性があります。 社会的な繋がりは重要ですので、一度決めた行動は、なかなか変えられない選択であると言えます。 ですので、一度進めた投資(行動)を途中でやめるのは、難しい判断だと感じやすくなるんですね。 現状維持バイアス:行動を変えるのは損失に感じる心理 人は現状を変えることで得られるメリットよりも、 現状を変えることで起こるデメリットの方が大きいと感じて、現状を維持しようとする傾向があります。 その理由は、脳は新しい行動を嫌う性質があるからです。 例えば、太古の時代を思い浮かべてみてください。 今いる安全な土地をわざわざ離れて新しい土地へ移動することは、未知の危険な動物と遭遇する可能性が増えることになりますよね。 身の安全を守るには、新しい行動よりも現状を維持することの方が優先事項になります。 脳にとっては未知の新しい行動は恐怖の対象であり、最大の警戒が必要な事柄になるわけです。 ですので、たとえ損をするとわかっていたとしても、ズルズルと現状維持を続ける選択をしやすい傾向があるんですね。 たとえつまらないと感じた映画でも、新しい行動である「観るのをやめる」という選択を損失に感じてしまうということです。 「・・・もしかしたらこの後、面白い展開が待っているんじゃないか?」と思ってしまいやすいんですね。 認知的不協和:損したことを認めたくない心理 人は自分の中で矛盾が生まれると、自身を正当化させるために、思考を変えてその矛盾を解消させようとする心理が働きます。 例えば、儲けるために新しく事業を始めたのに、1000万円の損失を出したとします。 結果だけを見れば、その事業は失敗です。 ですが、「自分は失敗していない」「自分は愚かではない」と思い込みたいために、「たまたま運が悪かっただけ・・・」「まだ改良の余地があるはず・・・」と、 失敗した要素が他にあることにして自分を正当化しようとします。 コンコルドの開発にしても、「たまたまオイルショックと重なって開発費が高騰したただけ・・・」「もう少しすれば時代が追いつくはず・・・」などと、失敗の原因を他に求めて正当化したことが考えられます。 マーケティングに応用する コンコルド効果 「失ったお金や時間を無駄にしたくない」というコンコルド効果は、 お客さんに「もったいない」と感じてもらうことで、マーケティングに応用することができます。 5,000円以上のお買い上げで送料無料です• コンコルド効果を狙って、購入点数や購入単価を増やしてもらうことに有効です。 失効のお知らせは、 お客さんとの接触回数を増やすことを目的に利用できます。 接触回数を増やすことは、お客さんに存在を思い出してもらい、親近感を抱いてもらいやすくなります。 これは先ほど紹介したですね。 毎月支払い お客さんに長期利用をしてもらいたいのであれば、スポーツクラブなどの会員制ビジネスでは、年会費を一括で支払ってもらうのではなく、毎月支払ってもらうようにします。 毎月支払うことで、お客さんは「使わないともったいない・・・」というサンクコスト意識が働き、 利用頻度と継続率が高くなります。 コンコルド効果に陥らない対策 人生においてサンクコストの呪縛から解放されるためには、どうすれば良いのでしょうか? それには、次のような方法が考えられます。 ゼロベースで考える• 止めてくれるパートナーを持つ• 限界数値を設定する• 失敗を実験だと思う 1. ゼロベースで考える ゼロベースとは、 目標に対して常に白紙の状態で考えるということです。 サンクコストに限らず、人は多くの認知バイアスにかかる生き物です。 過去の栄光に捉われたせいでプライドが邪魔をしたり、過去の挫折に影響されたせいで必要以上にプレッシャーを感じたりします。 また他人の影響を受けて、自分のアイデアに制限をかけたりしています。 常に白紙の状態で物事を捉えれば、いろんな影響や偏見を受けることなく、自分にとって正しい選択ができるようになります。 例えるなら、フルマラソンを走っているとして、40kmの地点で足をくじいた時に、• 「せっかく40kmまで走ってきたんだから・・・」• 「このマラソンに備えて数ヶ月も頑張ってきたんだから・・・」 というサンクコストを捨てて、「この足であと2km走れるかどうか?」だけを考えて、シンプルに判断することができます。 止めてくれるパートナーを持つ 何かに没頭している時には、 第三者の目線で冷静に判断してくれるパートナーを持つことも大切です。 人はたとえ「自分は常に冷静だ」と思っていたとしても、ギャンブルや何かに没頭している時には、冷静さや理性がなくなってしまうことがあります。 お酒を飲んだ時に、気が大きくなったりするのと一緒ですね。 そんな時には、あなたが信頼する人からの助言を受けることで、冷静さを取り戻すことができます。 限界数値を設定する サンクコストの呪縛に陥らないためには、 限界数値を最初に設定しておくことが大切です。 例えばギャンブルなら、「最大1万円の損失で何がなんでもやめる」ということを決めておきます。 そうすることで、「1万円も突っ込んだんだから、もったいない・・・」というコンコルド効果を防ぐことができます。 失敗を実験だと思う 多額の投資をしたにも関わらず、成果が出なくて失敗だと感じたとしても、失敗を恥だと思わないようにすることが大切です。 もっと言えば、失敗ではなく 「成功しない方法を知ることができた」という意識の転換が必要です。 有名な逸話ですのでご存知だとは思いますが、発明家トーマス・エジソン氏は電球を発明するまでに1万回失敗したことに対して、 「失敗ではない。 うまくいかない方法を一万通り発見しただけだ」 と語っています。 さらに、 「失敗は積極的にしていきたい。 なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。 失敗がなければ、何が最適なのかわからないだろう」 という言葉を残しています。 失敗を失敗だとは思わずに実験だと考えれば、サンクコストについても違った見方ができますよね。 まだ kindle読み放題してないの? もしもあなたが読書好きなのであれば、『』に入会してないと大損しているかもしれません。 なぜなら『Kindle Unlimited』では、 月額980円で「小説・ビジネス書・コミック・雑誌」など、幅広いジャンルの本が好きなだけ読み放題できるからです。 読みたい本は買って部屋に置いておかなくても、Kindleでいつでも読み放題できるかもしれないんですね。 最初の30日間は無料ですので、読み放題のメリットを今すぐ実感してみてください。 一度はじめたら、便利さにけっこうハマります。 コンコルド効果(サンクコスト効果)とは、サンクコストが気になってしまい、「もったいない」という気持ちから後には引けなくなる心理傾向のことです。 コンコルド効果に陥らないためには、次のようなことに気をつけることが大切です。 ゼロベースで考える• 止めてくれるパートナーを持つ• 限界数値を設定する• 失敗を実験だと思う 例えばあなたの家に、ずいぶん前から使わなくなった健康器具なんかはありませんか? 1年以上使っていないなら、家のスペースを無駄に占拠しているだけに過ぎません。 「もったいない」という気持ちは、時に誤った判断をしてしまいます。 ゼロベースで考えてみて、正しい判断をするように心がけてみてください。

次の

サンクコスト効果を使って女性を支配する方法|頼(ライ)ナンパ講習|note

サンク コスト 恋愛

INDEX• 仕事におけるサンクコスト あなたの会社が余剰資金の3000万円を地方のホテルに投資したとします。 ホテルはあなたの会社から投資してもらった資金で部屋の内装を新しくし、ホテルの客室稼働率を上げるつもりでした。 ところが現実には、部屋の内装を綺麗にしただけでは客室の稼働率に変化はありませんでした。 このままでは経営が続けられないと判断したホテルはあなたの会社に広告費として1000万円の追加出資を求めてきました。 この1000万円の追加出資を判断する際に、「もし、1000万円の追加出資をしなければ最初の3000万円の出資が無駄になる」という考え方をする人はサンクコストを意識しており、その意識が合理的な判断の邪魔をします。 既に出資した3000万円について一旦は自分の頭の中から追い出して、ホテルの立地条件や競合するホテルの状況、客室単価の妥当性といった基本的なデータをもう一度確認し、今からそのホテルに1000万円を投資することに経済的合理性があるのかどうかを判断できる人は「サンクコストを意識しない人」です。 恋愛におけるサンクコスト 付き合い始めたばかりの彼氏の誕生日に気合を入れたプレゼントをしたものの、しばらく付き合ってみるとたいした男ではないと気がついたあなた。 3ヶ月後には自分の誕生日がやってくるという今のタイミングで「あと3ヶ月もすれば私の誕生日だし、それまでは我慢して今の彼と付き合って、プレゼントだけはもらっておこう。 」という考え方をする人はサンクコストを意識しており、その意識が合理的な判断の邪魔をしている可能性があります。 既に渡したプレゼントのことは一旦頭の中から追い出して、この先3ヶ月間で素敵な男性と知り合える可能性や、残念な彼氏とこの先3ヶ月間も無駄に費やす時間について考えることができる人は「サンクコストを意識しない人」です。 20代のほとんどを一緒に過ごした彼氏が、30歳になろうとしているあなたになかなかプロポーズしてくれないという状況で、「そろそろはっきりとしてくれませんか」という質問をするのが怖いと考えてしまう人はサンクコストを意識しています。 「人生で最も美しい時期を捧げた相手を今更失うリスクはおかせない。 彼がプロポーズしてくれるのを気長に待とう。 」と考えず、「まだ美しい今からであれば、新しい出会いも期待できる。 そろそろけじめをつける時期だ」と考えることができる人はサンクコストを意識しないで決断できる人です。 キャバクラ嬢に惚れてしまい、通いつめてやっとデートにたどり着いたと思ったら、そのまま同伴して欲しいと頼まれたというようなケースも同じです。 「ここで同伴を断ってしまったら、このデートまでにつぎ込んだお金が無駄になる。 とりあえずここは同伴して次のチャンスを狙おう。 」と考えるのか、自分は単なる客としか見られていないことに気づき、これまでにつぎ込んできたお金は授業料だと割り切って、新しい出会いを探しにいけるのかの違いは、サンクコストを意識するかしないかの差です。 投資におけるサンクコスト 上がると思って買った株が経営不振で半値まで下がってしまった時、「今売ってしまったら投資額の半分は戻ってこなくなる。 むしろ下がった今こそ新たに安く買うチャンスだ」と考える人はサンクコストを意識しています。 株価は常に時価が正しい価値であり、その時点において割安だったり割り高だったりすることはありません。 上がると思って買った株が下がったのは自分の予測が間違っていたのです。 「自分の間違いを認める勇気」と「サンクコストの意識」の戦いでは、サンクコストが大きければ大きいほど勇気が負けてしまう傾向があります。 「こんなにやられたのに今さら引き下がれない」という感情が動いた時、その人は相場を張っているのではなく、意地を張っているだけです。 ついついサンクコストを意識してしまう気持ちはよくわかりますが、合理的な判断をするために日頃からサンクコストを意識しない訓練をしていくことが重要です。

次の