男 の 厄年 2020。 【厄年男性】2020年(令和2年)の過ごし方!平成8年・昭和54年・昭和35年生まれは本厄ですぞ

2020年の男性の厄年・女性の厄年早見表と2020年の方位除け

男 の 厄年 2020

平安時代のころにはすでにそのような風習はあったようなのですが、はっきりとした根拠などは不明とされています。 男女ともに厄年=「本厄」にあたる年と、その前後の年を「前厄」「後厄」とされ、本厄がもっとも災厄にあいやすい、またその前後の前厄後厄もあわせてこの3年間を気をつけて過ごす、という風習となっています。 現代でも厄年に当たる多くの人が気にし、厄年の年をできるだけ災厄にあわないよう慎ましく過ごしたり、また(厄除け・厄祓いで有名な)神社やお寺などでお祓い・祈祷を受けたりしています。 数え年とは母親のお腹にいる月日も命と考え、生まれた年は0歳ではなく1歳になる年の数え方です。 通常の生活でよく使われる「満年齢(生まれた時は0歳、誕生日を迎えるごとに1歳年をとる年齢の数え方)」とは異なり、数え年で考えると 満年齢の年齢より、約1歳〜1歳半ほど先に厄年を迎える ということになります。 たとえば、女性の大厄33歳を迎える女性は、 数え年の33歳 = 満年齢の31歳〜32歳 の女性となります。 満年齢で「私33歳だから今年厄年だ」と思っていると、すでに大厄を過ぎていて、数えで34歳の後厄になってしまう、ということです。 なので、多くの神社やお寺に掲げられている「厄年早見表」には、数え年で数える旨と、「生まれ年」の表記があるのです。 ただし女性も男性も厄年の頃、とくに大厄の頃でもある女性30代、男性40代は仕事でも家庭でも人生の上でも重要な立場や環境であり、 厄年を気にし過ぎては、かえって仕事や家庭、生活に支障をきたしてしまう また (この時期にしかない)いろいろな機会を逃してしまう こともあります。 ですので、 厄年だからといって消極的になり過ぎず、しかし身体的な変化や周りの環境の変化などもしっかり把握し、受け入れつつ、 無精を改めたり、規則正しい生活を心がけるなどして2020年という年一年を過ごす というのがベストな過ごし方でしょう。 ですので、年が明けて1月1日の元旦から「厄年」として厄除け・厄祓いの祈願を全国の神社・お寺で受けることができます。 では、2020年厄年になった方は いつまでに厄除け・厄祓いをしたほうがいい? のでしょうか。 いつまでに?の回答としては 2020年2月3日の節分の日までに というのが答えの一つとしてあります。 その名残が現代でも厄除けは、上記にある 元旦1月1日〜2月3日の節分までに行う という習慣、考え方が一般的になりました。 ただし、実際は日本全国どこの神社・お寺でも この時期を過ぎても厄除けの祈祷を受けることができます し、時期を過ぎて祈祷を受ける厄年の人も多くいます。 地元の氏神様の神社はもちろん、厄除けのご利益で有名な神社やお寺などでも祈祷を申し込んで受けることができます。 厄年が気になる災厄に見舞われないよう、厄を祓ってもらいたい、という方はぜひ 神社・お寺という神聖な場所で祈祷を受け、厄を祓ってもらう ようにしましょう。 厄除けの祈祷を受けて(厄を祓ってもらって)厄年の女性・男性が気持ち的に晴れやかになり、安心してその年(2020年)を過ごせる様になるのであれば、それは意味があり、ご利益があった と言えるでしょう。 喜んで掲載させていただきます。 【NOTICE】 昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。 そのようなサイトに対しては、こちらの「」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。 またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのから教えていただけると嬉しい限りです ページ各所の広告枠掲載についてはこちら.

次の

2020年の厄年(令和2年)男女別早見表で『厄年』を分かりやすく解説!

男 の 厄年 2020

<女性> 前厄……2003年生まれ、1989年生まれ、1985年生まれ 本厄……2002年生まれ、1988年生まれ、1984年生まれ 後厄……2001年生まれ、1987年生まれ、1983年生まれ <男性> 前厄……1997年生まれ、1980年生まれ、1961年生まれ 本厄……1996年生まれ、1979年生まれ、1960年生まれ 後厄……1995年生まれ、1978年生まれ、1959年生まれ 厄年にあたるのは3年間 厄年には、「前厄・本厄・後厄」の3つがあり、最も注意したい本厄は、男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳(数え年)です。 前厄の年に厄の前兆が出始め。 後厄で収束していきます。 本厄だけ気をつければいいというわけではなく、この3年間はトラブルなどに特に注意して過ごしてください。 にぎやかな運気の2020年、厄年の人は控えめに過ごして吉 2020年は庚子(かのえね)で、七赤金星の星回。 金行の気が強く、きらびやかでにぎやかなことが多い運気が流れます。 恋愛運気、金運気も活発になりますが、いいことが起こりやすい分、人間関係や金銭に関わるトラブルも増えるでしょう。 2020年厄年にあたる人は、巻き込まれる可能性が高くなります。 羽目を外し過ぎないよう自制することが大切です。 厄年は、欲を出さず、やりすぎないように 厄年は、禍(わざわい)が近くにある年です。 禍は欲の深さにつられて近寄ってきます。 物欲、出世欲、名誉欲などいろいろありますが、厄年の期間は身の丈に合ったものを求めるようにするといいでしょう。 また、無理をするのも禁物。 今までのペースを崩さないことが大切です。 「やりすぎない」ことを意識して行動することで、禍が近寄ってきたとしても避けることができるのです。 厄除けするなら「節分」がポイント! 厄年の人は、八方除け・厄除けのご利益がある寺社にお参りしましょう。 2020年の節分までに参拝するのがオススメです。 そして、厄除けのお守りをいただき、後厄が抜けるまで身につけておきましょう。 さらに、2月3日の節分を大晦日に、2月4日の立春をお正月に見立ててもう一度新年を祝うと、厄除けになります。 二度目の新年を祝うことで、1つ年を取ったことになり、厄年が過ぎ去ったと考えるのです。 厄年は精神的に不安定になりがちで、自分に自信が持てなくなることもあるでしょう。 でも、必ず明けるものです。 厄年の人は、暴走を慎み、焦らずゆっくり進むよう心がけて過ごしてください。 (紅伊珊瑚).

次の

2020年の男性の厄年!これはやって良い?悪い?贈り物は何がいい? | 厄年

男 の 厄年 2020

厄年は 数え年で考えるため、実年齢のプラス1歳で考えます。 たとえば0歳の赤ちゃんは生まれた瞬間に1歳としてカウントします。 前厄 本厄 後厄 女 性 18歳 平成15年生まれ 2003年生まれ 未 ひつじ 19歳 平成14年生まれ 2002年生まれ 午 うま 20歳 平成13年生まれ 2001年生まれ 巳 み 大 厄 32歳 平成元年生まれ 1989年生まれ 巳 み 33歳 昭和63年生まれ 1988年生まれ 辰 たつ 34歳 昭和62年生まれ 1987年生まれ 卯 う 小 厄 36歳 昭和60年生まれ 1985年生まれ 丑 うし 37歳 昭和59年生まれ 1984年生まれ 子 ね 38歳 昭和58年生まれ 1983年生まれ 亥 い 老 厄 60歳 昭和36年生まれ 1961年生まれ 丑 うし 61歳 昭和35年生まれ 1960年生まれ 子 ね 62歳 昭和34年生まれ 1959年生まれ 亥 い 男 性 24歳 平成9年生まれ 1997年生まれ 丑 うし 25歳 平成8年生まれ 1996年生まれ 子 ね 26歳 平成7年生まれ 1995年生まれ 亥 い 大 厄 41歳 昭和55年生まれ 1980年生まれ 申 さる 42歳 昭和54年生まれ 1979年生まれ 未 ひつじ 43歳 昭和53年生まれ 1978年生まれ 午 うま 老 厄 60歳 昭和36年生まれ 1961年生まれ 丑 うし 61歳 昭和35年生まれ 1960年生まれ 子 ね 62歳 昭和34年生まれ 1959年生まれ 亥 い 早生まれの人はどうなる? 早生まれとは1月1日~4月1日生まれのことですが、 厄年は数え年で考えるため、早生まれは関係ありません。 数え年とは、0歳がない考え方で、生まれた瞬間に1歳となります。 これは物事はすべて1から始まるとする考え方から来ています。 年齢を重ねるタイミングは自分の誕生日ではなく、翌年の1月1日になったら、その日で2歳になります。 これは数え年の考え方が、1月1日~12月31日までの1年間とするためです。 たとえば、5月1日に生まれた赤ちゃんは、生まれた瞬間に1歳となり、翌年の1月1日に2歳となります。 5月1日を迎えても、2歳としてカウントされます。 12月31日になったら3歳です。 たとえば、12月31日に生まれた赤ちゃんは、生まれた瞬間に1歳となり、翌日1月1日にいきなり2歳としてカウントします。 ちなみに、昔は立春 2月4日 ~翌年の節分まで 2月3日 の1年間を厄年としていました。 これはの考えに基づいています。 男性は42歳が大厄です 昔は医学が進歩していなかったために、42歳で亡くなる男性が多かったことからきています。 また、42(死に)として語呂の縁起が悪いことも言い伝えられています。 この数字は陰陽道が起源とも言われていますが、詳しいことはわかっておらず、昔からの風習です。 女性は33歳が大厄です 33(散々)な目に合う、お金が(散散)する、という意味があります。 昔から女性はこの年齢に大きな病気をしたり、離婚や縁談の破断があったり、精神的にも安定しなくなります。 また、老厄は男女共通で還暦をひとつの節目として最後の厄祓いとする風習がありますが地域などによってないところもあります。 厄年にやってはいけないこと.

次の