北別府 白血病。 北別府学の入院先の病院はどこ?成人T細胞白血病で入院!

広島OB北別府氏の白血病

北別府 白血病

広島の元エースで通算213勝を挙げた北別府学氏(62)=野球評論家=が20日、コメンテーターとして生出演した広島ホームテレビ「みみよりライブ 5up!」で「成人T細胞白血病」であることを公表した。 この疾患について、兵庫県芦屋市の松本クリニック・松本浩彦院長に聞いた。 この疾患はHTLV-1というウイルス感染が原因で、白血球の一種であるT細胞に感染し、そこからがん化した「ATL細胞」が無制限に増殖することで発症します。 このウイルスに感染しても必ずしも発症するわけではありませんし、白血病という名前が付いていますが、実際の白血病とはちょっと異なる病気です。 1976年に日本で発見され、大人のみに発症する=「成人」、白血病と同じように細胞が異常増殖し、その細胞がリンパ球の一種「T細胞」であることから「成人T細胞白血病」と名付けられ、当時は白血病の一種と考えられていましたが、その後、HTLV-1ウイルスが原因となっていることが明らかになりました。 発症につながる重要な感染経路は母乳による母子感染ですので、発症率が高い地域では妊婦検診でHTLV-1抗体検査を行い、母子感染予防の対策が行われています。 感染後すぐに発症することはなく、50年近く潜伏してから発症するので、多くの方はキャリアの状態で過ごされますが、全世界では500万~2000万人、日本では九州・沖縄地方を中心に110万人のキャリアが存在し、そのうち3~5%の人が50歳前後に発症するとされています。 病型は「急性型」「リンパ腫型」「慢性型」「くすぶり型」「急性転化型」に分類され、それぞれ症状が異なりますが、北別府さんの場合、急性転化型だと推測されます。 本当に急性転化型だとすれば、状況はかなり切迫しており、非常に深刻な状況だと考えられます。 ただ、治療法も飛躍的に進化しており、決して悲観するものではありません。 最新治療によって北別府さんの病状が好転することを祈念します。 内科・外科をはじめ「ホーム・ドクター」家庭の総合医を実践している。 同志社大学客員教授、日本臍帯プラセンタ学会会長。

次の

北別府学が白血病を公表!現在の病状がこちら・・・

北別府 白血病

1975年、ドラフト1位で広島に入団。 入団3年目に二桁勝利を達成すると、翌年以降11年連続二桁勝利という偉業を成し遂げました。 美しい投球フォームと抜群の制球力を武器に、1982年には20勝を挙げて最多勝と沢村賞を獲得。 1994年で現役を引退しましたが 通算213勝を挙げ、名球会入りも果たしています。 引退後は、広島ホームテレビやテレビ朝日で野球解説者として活動。 2001〜2004年には再びカープのユニフォームに袖を通し、投手コーチも務めました。 コーチを退任した後は、中国や韓国で野球を普及させる活動や、指導者として活躍。 2019年8月からは「北別府学チャンネル」を開設し、YouTuberとしても活動していました。 白血病を公表!病状は? 2020年1月20日、生出演していた広島ホームテレビの番組内で 「成人T細胞白血病」であることを公表されました。 この病気は、HTLV-1というウイルス感染が原因で、白血球の一種であるT細胞に感染し、がん化した「ATL細胞」が無制限に増殖していくことで発症します。 これは必ずしも発症するというものでなく、 白血病とは少し異なる疾患のようです。 時間が経ってから発症するケースが多いのですが、病型には「急性型」「リンパ腫型」「慢性型」「くすぶり型」「急性転化型」などに分類されます。 北別府さんの場合には正確には分かっていないものの、その症状は 急性転化型なのではないかと推測されています。 21日から抗がん剤治療が始まっており、本人がブログの更新も続けています。 カープのエースとして活躍した北別府さんが病気の経過を報告したブログには、ファンからお見舞いの言葉が相次いでいるという。 闘うのはどんな病気なのだろうか。 これまで好き勝手に生きてきた私にこれほど多くの激励を頂きまして正直、驚いています」と綴っています。 また、現役時代にバッテリーを組んでいた達川光男さんがテレビ番組で北別府さんの話題に触れ、涙する姿には貰い泣きしたとのこと。 実は彼の白血病は突然発覚したものではなく、 2年前の血液検査の際に発覚していたのです。 発覚後は月に1度、経過観察を受けるようにしていましたが、 2019年11月の定期検診の際に数値が悪くなったことから、入院して治療に専念するに至ったのです。 今後は抗がん剤治療の後、骨髄移植を受ける予定になっています。 まとめ 所属する名球会の会員で、プロ野球界の先輩でもある 元巨人監督の堀内恒夫さんへ、北別府さんは次のような言葉を残していたそうです。 🎏北別府さんは、きっと完全復活する! 幾多の強打者を巧みなコントロールでかわしてきたんや! 白血病もかわすはずや! 病魔になんか負けへんで! — 神・こぶ夫🎏大阪鯉党感謝祭 carpipponoogiri 「10月に開催される沢村賞選考委員として、今年もよろしくお願いしますね」2020年の秋までに完全復活を誓うような言葉ですね。 抗がん剤治療は想像を絶するような過酷さです。 何とか周囲の声援を支えに治療を耐え抜き、また元気な姿を見せて欲しいですね。

次の

北別府学が『成人T細胞白血病』を公表!症状と治療法は?SNSの反応!

北別府 白血病

北別府学さん プロ野球広島の元エースで、通算213勝を挙げた野球解説者の北別府学さん(62)が20日、成人T細胞白血病であることを公表した。 2年前の検査で診断されたという。 所属事務所によると、21日より広島県内の病院に入院して抗がん剤治療を受け、その後、骨髄移植を行う予定。 北別府さんは自身のブログで「解説者としてカープの日本一を見届けるために必ずや復活します」とコメントした。 北別府さんは宮崎・都城農高からドラフト1位で1976年に広島入団。 78年から11年連続2桁勝利を挙げるなどエースとして活躍し、86年には18勝でリーグ優勝に貢献して最優秀選手、沢村賞に輝いた。 獲得タイトルは最多勝2度、最優秀防御率1度、最高勝率3度、沢村賞2度。 通算成績は515試合で213勝141敗5セーブ、防御率3.67。 94年の引退後は2001年から04年まで広島の投手コーチを務め、12年に野球殿堂入り。 18年からは広島・英数学館高の野球部コーチを務めていた。

次の