プリンセスプリンセスプリンセス。 TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』公式サイト

プリンセス|ホットペッパービューティー

プリンセスプリンセスプリンセス

第1話「case13 Wired Liar」 19世紀末、アルビオン王国は革命により、首都ロンドンを境にして、旧来の王国と新しく生まれた共和国の二つに分かれた。 そしてその境界には、お互いの国交を断絶させるため『ロンドンの壁』が作られた・・・。 王国へ送り込まれた共和国のスパイ・アンジェは、チームリーダーのドロシーとずば抜けた剣技を持つちせと共に、共和国へ亡命を望んでいる王国の研究者の青年・エリックを、王国側の妨害にあいながらも無事保護する。 保護した先は、アンジェ達が任務で通っているクイーンズ・メイフェア校の博物室。 そこでエリックが出会ったのは、付き人のベアトリスを従えた王国のプリンセスであった。 彼女は笑顔で言う、「実は私、共和国のスパイなんです」と。 彼はその告白に驚きながらも、突如、任務にないことを要望する。 プリンセスと容姿が酷似していたアンジェは共和国側のスパイ組織・コントロールから、王国のプリンセスと入れ替わる『チェンジリング作戦』という任務を与えられる。 プリンセスに接近するため、クイーンズ・メイフェア校に転入するアンジェ。 先にメイフェア校に生徒として潜入していたドロシーと合流するも、プリンセスの傍らには常に衛兵がおり、またプリンセス自身がベアトリス以外に親しい友人を作らないことから、安易な接触は難しいと判断。 そこで二人はプリンセスが参加する外務卿主催のパーティーへ潜り込み、そこでプリンセスとコンタクトをとろうとする。 しかし、この時、会場ではもう一つの重大な事件が起こっていた……。

次の

プリンセス・プリンセス (漫画)

プリンセスプリンセスプリンセス

恋人は王子様か泥棒 プリンセスと身分違いの恋に……。 ジャスミンが選んだアラジン、ラプンツェルが選んだフリン・ライダーはともに元泥棒。 やんちゃで粗野なところが、王子様とは一味違ってプリンセス心をくすぐるのか、身分を超えた恋の炎が燃え上がります。 これぞ究極の逆玉婚! 母親がいない 継母にこき使われるシンデレラ。 小さい頃に亡くなるパターンが多く、中には少しも母親が登場しないこともあります。 さらに、継母にいじめられるプリンセスもいて、複雑な家庭環境の中で健気に生きている姿がいじらしいです。 ポカホンタス、アリエル、ラプンツェル、モアナにとって、小動物は親友レベの仲の良さでいつも一緒。 ジャスミンの場合は小動物ではなく大きなトラですが、ボディガードの役目も果たす心強い友だち。 動物と心を通わせるとは、心優しい女子の証です。 女友だちがいない 一人が落ち着く~。 女子といえば、女同士で集まって女子トークするのが一般的。 でも、プリンセスには親友といえる女友だちの存在が見当たりません。 中でもちょっと変わり者で、一人でいるのが好きなのがベルとエルサ。 プリンセスともなると、精神構造が一般女子とは違うのかも? [PR] 親に反抗して家出する 父と娘、いろいろあります。 愛する人を追いかけたアリエル、自由を求めたラプンツェル、自分探しの旅に出たエルサなど家出の理由はさまざまですが、プリンセスの強い意志を感じます。 プリンセスといえど、やるときはやるんです! 監禁されがち 監禁生活といってもそれほど悲惨なものではないことも。 そこでよく陥るのが監禁されるケース。 一言で監禁といってもオーロラはマレフィセントから身をかくすため、ベルは野獣につかまり、ラプンツェルは誘拐されるなどプリンセスによって事情は異なりますが、ドラマチックな人生を歩むのはプリンセスの宿命です。 [PR] 水をのぞき込んで自分を見つめ直す 水辺はキーポイント。 そんな時、どこで自分自身を見つめ直すのかというと、そこは決まって水の近く。 そして、その水に顔を映して心の中を吐露します。 ポカホンタスは川、ムーランは海馬桶、ジャスミンは噴水に映る自分をのぞき込みます。 小人の家をきれいにお掃除した白雪姫、家事全般一人でこなすシンデレラ、自分のレストランを持つほど料理上手なティアナなど、意外にも家事能力に秀でたプリンセスはたくさんいます。 そして、かなりの確率で掃除は歌いながらするのがお決まりのパターン。 姉妹がいるのはアリエル、アナ、エルサだけで、ほかの白雪姫、シンデレラ、オーロラ、ベル、ジャスミン、ポカホンタス、ムーラン、ティアナ、ラプンツェル、モアナはみんな一人っ子。 メリダだけは弟がいますが、彼女の場合は『』でアナに「別のスタジオの子なの」といわれているので、別格扱いとします。 そんな長い髪を持つプリンセスは三つ編みが大好き! ポカホンタス、ラプンツェル、アナ、エルサはそれぞれ違う髪色ですが、そろって三つ編みスタイルを披露しています。 大人も子どももマネしやすいのがうれしいポイント!.

次の

プリンセス|ホットペッパービューティー

プリンセスプリンセスプリンセス

第1話「case13 Wired Liar」 19世紀末、アルビオン王国は革命により、首都ロンドンを境にして、旧来の王国と新しく生まれた共和国の二つに分かれた。 そしてその境界には、お互いの国交を断絶させるため『ロンドンの壁』が作られた・・・。 王国へ送り込まれた共和国のスパイ・アンジェは、チームリーダーのドロシーとずば抜けた剣技を持つちせと共に、共和国へ亡命を望んでいる王国の研究者の青年・エリックを、王国側の妨害にあいながらも無事保護する。 保護した先は、アンジェ達が任務で通っているクイーンズ・メイフェア校の博物室。 そこでエリックが出会ったのは、付き人のベアトリスを従えた王国のプリンセスであった。 彼女は笑顔で言う、「実は私、共和国のスパイなんです」と。 彼はその告白に驚きながらも、突如、任務にないことを要望する。 プリンセスと容姿が酷似していたアンジェは共和国側のスパイ組織・コントロールから、王国のプリンセスと入れ替わる『チェンジリング作戦』という任務を与えられる。 プリンセスに接近するため、クイーンズ・メイフェア校に転入するアンジェ。 先にメイフェア校に生徒として潜入していたドロシーと合流するも、プリンセスの傍らには常に衛兵がおり、またプリンセス自身がベアトリス以外に親しい友人を作らないことから、安易な接触は難しいと判断。 そこで二人はプリンセスが参加する外務卿主催のパーティーへ潜り込み、そこでプリンセスとコンタクトをとろうとする。 しかし、この時、会場ではもう一つの重大な事件が起こっていた……。

次の