金正恩 耳たぶ。 金正恩がかわいいと話題!本物はすでに死んでる?偽物はどれか比較画像も

金正恩のテープカット写真は影武者?肥料工場の様子も資料映像で死亡説濃厚?|TK HOTLINE

金正恩 耳たぶ

Contents• 【比較画像】金正恩の替え玉の見分け方は3つ! 金正恩氏には昔から替え玉(影武者)疑惑があります。 このようにたくさんの画像が出回っています。 それでは金正恩氏の替え玉の見分け方を確認していきます。 左側の画像では 耳たぶの下の付け根からシャープにそりあがった形になっています。 右側の画像では 耳たぶの下の付け根はふっくらしていて、ゆるやかな曲線のような形です。 こちらはとてもわかりやすいのですが、2014年の左の金正恩氏の耳たぶと比べると、 2019年の右側の金正日氏の耳たぶは、ひょうたん型の耳たぶで違いがとてもよくわかります。 成人した人間の耳たぶの形が自然に変わるなんてことは基本的にはありませんから、替え玉である可能性も信憑性があります。 本物とされる金正恩氏については、過去の写真を見てもこの部分にホクロはないはずです。 ホクロがある替え玉人物は少ないかもしれませんが、 替え玉が存在することはこれで明確であることがわかるかと思います。 この鼻の形の違いが、 左側の画像は、 鼻の先が下向きで鼻の穴が隠れて見えにくいような形です。 比べて右側の画像は、 鼻の先が上向きで鼻の穴が見えやすいような形です。 これも非常にわかりやすい比較画像の1つだと思われます。 色んな違いのある画像がネット上でも流れていますが、「鼻」「耳たぶ」「ホクロ」の形などは、顔の向きや角度によって大きく変わるものではないです。 やはり金正恩氏の替え玉(影武者)の存在説の信憑性は高いと思いました。 世間の声 替玉認定。 耳に対しての目の高さとか耳たぶとか、え、wwwって感じ。 国内外に出ている死亡説を打ち消すなら、もっと公式の場に出て肉声と現在であることがわかる動画を公表するはずだから。 やはり「違う!」との声が多く偽物だとの声が多いですね。 私も感じたのですが、もう どれが本物なのか、本物が存在するのかもわからなくなってきそうです。

次の

三人四人…(動画あり) 2020/5/10

金正恩 耳たぶ

Contents• 【比較画像】金正恩の替え玉の見分け方は3つ! 金正恩氏には昔から替え玉(影武者)疑惑があります。 このようにたくさんの画像が出回っています。 それでは金正恩氏の替え玉の見分け方を確認していきます。 左側の画像では 耳たぶの下の付け根からシャープにそりあがった形になっています。 右側の画像では 耳たぶの下の付け根はふっくらしていて、ゆるやかな曲線のような形です。 こちらはとてもわかりやすいのですが、2014年の左の金正恩氏の耳たぶと比べると、 2019年の右側の金正日氏の耳たぶは、ひょうたん型の耳たぶで違いがとてもよくわかります。 成人した人間の耳たぶの形が自然に変わるなんてことは基本的にはありませんから、替え玉である可能性も信憑性があります。 本物とされる金正恩氏については、過去の写真を見てもこの部分にホクロはないはずです。 ホクロがある替え玉人物は少ないかもしれませんが、 替え玉が存在することはこれで明確であることがわかるかと思います。 この鼻の形の違いが、 左側の画像は、 鼻の先が下向きで鼻の穴が隠れて見えにくいような形です。 比べて右側の画像は、 鼻の先が上向きで鼻の穴が見えやすいような形です。 これも非常にわかりやすい比較画像の1つだと思われます。 色んな違いのある画像がネット上でも流れていますが、「鼻」「耳たぶ」「ホクロ」の形などは、顔の向きや角度によって大きく変わるものではないです。 やはり金正恩氏の替え玉(影武者)の存在説の信憑性は高いと思いました。 世間の声 替玉認定。 耳に対しての目の高さとか耳たぶとか、え、wwwって感じ。 国内外に出ている死亡説を打ち消すなら、もっと公式の場に出て肉声と現在であることがわかる動画を公表するはずだから。 やはり「違う!」との声が多く偽物だとの声が多いですね。 私も感じたのですが、もう どれが本物なのか、本物が存在するのかもわからなくなってきそうです。

次の

金正恩が脳死?健康状態がヤバイ言われる理由は?過去と現在の比較画像

金正恩 耳たぶ

金正恩の重体報道から現在までの時系列 金正恩氏の体調不良は去年から噂されていました。 時系列でまとめたいと思います。 2019年10月• 金正恩氏が脂肪吸引手術を受ける• この時は肥満体型で、身長170cmに対して、体重が130kg• 脂肪吸引手術の際、塞栓症かなにかの原因で重篤となった 2020年1月• フランス医師団が平壌に入る• この時も重篤説や替え玉説があった 2020年4月• 4月11日に会議に出席したのに、4月15日の欠席が考えられないくらい北朝鮮にとって大事な故金日成主席の生誕である「太陽宮殿の参拝」を欠席。 4月21日に金正恩氏が重体になったというニュースが入る。 重体の原因は心臓ステント手術の失敗によるもの。 金正恩氏が肥満体型で歩く時に息切れが激しく、太陽宮殿の参拝では長距離歩かないといけないため、4月15日までに心臓ステント術を受けないといけなかった。 4月27日、金正恩氏の脳死説がでる。 2020年5月• 5月1日、金正恩氏が99%死亡の可能性があるとTwitterのトレンドにも上がった。 5月2日、金正恩氏が20日ぶりに公の活動を行う様子を北朝鮮メディアが報じた。 5月2日、北朝鮮の労働新聞が金正恩氏のテープカットを行う様子や、工場を視察する様子など、20枚以上の写真を掲載しました。 金正恩氏の重体の時系列に関して、元々北朝鮮の情報が複雑であるため、ニュースによって報道内容が違う事もあるので、必ずこの時系列だという確証はありません。 替玉、ウソ報道なんでもありな国やからなぁ。 — 🌼モノさん🌸 monosan001 本日の金正恩氏が20日ぶりに公の場に現れた報道を受け、ネットで替え玉説がまた浮上しました。 理由は、北朝鮮にとって1番大事な「太陽宮殿の参拝」の行事に出席しなかったのがおかしいからです。 替え玉説がもっとも出てきたのは2018年の時です。 では2011年と2018年の画像を比べてみましょう。 7年しか経っていないのに、いくら肥満でもこんなに差が出るものでしょうか? でも顔の変化は個人差がありますので、なんとも言えません。 ネット上の言われている替え玉の見分け方は「耳たぶをみる」だそうです。 たしかに同じ左耳なのに、耳たぶの形が違います。 2011年の画像と2018年の画像をもう1度比較してみましょう。 たしかに耳のタブの形が違います。 では、本日報道された20日ぶりに現れた金正恩氏の画像を見てみましょう。 ちょっと耳たぶを拡大してみます。 画質の関係で見づらいのですが、耳たぶの形は丸みを帯びています。 また、何日か前に中国のSNSで金正恩氏がベッドにいる写真が出回りました。 質素な部屋に、ベッドで横たわってタバコを吸う金正恩氏。 しかし、下半身が平ぺったいため、頭だけ合成ではないかとの指摘があります。 謎ばかりの金正恩氏ですが、今まで替え玉が4人いるという噂があるので、今回も替え玉かもしれません。

次の