ガチフロ 点眼 液。 ガチフロ点眼液0.3%の添付文書

はじめまして。ガチフロ点眼液0,3%について質問お願い致します。...

ガチフロ 点眼 液

ガチフロ錠 [ ] 杏林製薬の大型新薬として創薬された。 まず海外では、にドイツ社、にアメリカ社、に韓国社へ導出された。 にで、に保健省(相互認証有り)で承認・発売され、に韓国で発売された。 杏林製薬が製造し、杏林製薬とが販売した。 特徴 [ ] 、菌、肺炎、、などに強い抗菌活性を有する レスピラトリーキノロンの一種で、同系統で先に上市していたやの薬剤吸収低下やの欠点がなく、さらに従来のニューキノロン剤によるが出来ている多剤耐性による市中に優れた効果を示す点から発売当初は「有望な抗菌剤」として注目され、杏林製薬は初年度売上85億円、以後年間売上100億円以上にする戦略をたてた。 血糖変動の副作用報告 [ ] 海外で経口剤発売後、投与された患者の少数が服用後に・症状を起こすが発生したため、日本でのガチフロ錠承認時に重大な副作用と、患者ではそのリスクが高くなる事から慎重投与と記載したが、2002年の日本発売後、2003年2月にかけて、当時の大流行に並行してや・などに多く用いられ、その内重篤な低血糖・高血糖による意識障害が糖尿病患者や高齢者を中心に複数発生したため、は翌3月にを発し、糖尿病患者への投与を禁忌とし、低血糖・高血糖に注意するように通達した。 副作用による死者は発生しなかった。 これらの通達と指導により、血糖値異常の発現件数は低下した。 業績への影響 [ ] 緊急安全性情報が発せられた事で、杏林製薬が当初目論んでいた売上高100億円は遠のいてしまい 、同社販売分の2003年3月期実績で47億円と大幅減少した(なお、海外分は同期65億円)。 これが俗に言う「ガチフロ事件」である。 4月末までに杏林製薬はによって傘下に入り、帝人医薬品医療事業グループ(現在の)と同年10月までに事業統合する合併構想があり 、実現まで秒読みとされていたが、合併構想が発表された直後に付けた1800円の杏林の株価は徐々に低下傾向であったとはいえ緊急安全性情報発表後には1000円に急降下した。 これにより企業価値の見積もりに、両社の間に相違が生まれ、合併比率を定めるはずの2003年4月末までに妥協に至らず、帝人側が難色を示したままであったので、同年4月23日に「合併見送り」の破談会見を両社合同で行うこととなる。 3月、にガチフロキサシンの低血糖・高血糖による重篤な副作用に関する詳細な臨床研究報告が発表された。 それによれば、マクロライド系の抗菌剤に比べてガチフロキサシンは、低血糖を4. 3倍、高血糖を16. 7倍起こしやすいとされた。 また、2月にはは、低血糖・高血糖に関する注意書きを北米販売元のブリストル・マイヤーズ スクイブ社へ強化するよう指導した。 ブリストル・マイヤーズ スクイブ社はこれらの流れを受け、副作用懸念による売り上げの減少により収益確保が困難になったと判断し、TEQUINの販売を2006年6月で終了し 、その他の販売国でも在庫限りでの販売終了を決定した。 日本での発売中止 [ ] 9月30日、海外での発売中止を受け、杏林製薬株式会社および大日本住友製薬は自主的にガチフロ錠を販売中止とした。 2008年3月期の販売実績は35億円だった。 ガチフロ点眼液 [ ] ガチフロ点眼薬 ガチフロキサシンの薬。 にへ、2000年に米国社にガチフロキサシン点眼液を導出し、2003年にFDAより承認を受け米国からTequin Injectionとして発売されていた。 秋に日本でも製造承認を受け発売された。 ガチフロ点眼液の特徴は、点眼液よりも及び、など様々な菌に幅広く強い抗菌活性を有し、が出来にくいとされる。 製剤にはpH調整剤などが付加されるのみで、やなどの防腐剤は添加されていない。 眼科領域手術での術前投与では手術前の無菌化率は74. また、手術後14日目の無菌化率は96. 特記事項 [ ] ガチフロキサシンのように、新規発売後間もなく(イエローレター)が発出され、副作用の懸念からメーカーの自主判断で販売取り止めとなった薬剤として、帯状疱疹治療薬の、糖尿病薬の、系抗生物質の 、高脂血症治療薬のなどがある。 出典 [ ]• Park-Wyllie, Laura Y. ; David N. Juurlink, Alexander Kopp, Baiju R. Shah, Therese A. Stukel, Carmine Stumpo, Linda Dresser, Donald E. Low, Muhammad M. Mamdani March 2006. 354 13 : 1352-1361. 2007年5月3日閲覧。. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

「ガチフロ点眼液」に関するQ&A

ガチフロ 点眼 液

ガチフロ錠 [ ] 杏林製薬の大型新薬として創薬された。 まず海外では、にドイツ社、にアメリカ社、に韓国社へ導出された。 にで、に保健省(相互認証有り)で承認・発売され、に韓国で発売された。 杏林製薬が製造し、杏林製薬とが販売した。 特徴 [ ] 、菌、肺炎、、などに強い抗菌活性を有する レスピラトリーキノロンの一種で、同系統で先に上市していたやの薬剤吸収低下やの欠点がなく、さらに従来のニューキノロン剤によるが出来ている多剤耐性による市中に優れた効果を示す点から発売当初は「有望な抗菌剤」として注目され、杏林製薬は初年度売上85億円、以後年間売上100億円以上にする戦略をたてた。 血糖変動の副作用報告 [ ] 海外で経口剤発売後、投与された患者の少数が服用後に・症状を起こすが発生したため、日本でのガチフロ錠承認時に重大な副作用と、患者ではそのリスクが高くなる事から慎重投与と記載したが、2002年の日本発売後、2003年2月にかけて、当時の大流行に並行してや・などに多く用いられ、その内重篤な低血糖・高血糖による意識障害が糖尿病患者や高齢者を中心に複数発生したため、は翌3月にを発し、糖尿病患者への投与を禁忌とし、低血糖・高血糖に注意するように通達した。 副作用による死者は発生しなかった。 これらの通達と指導により、血糖値異常の発現件数は低下した。 業績への影響 [ ] 緊急安全性情報が発せられた事で、杏林製薬が当初目論んでいた売上高100億円は遠のいてしまい 、同社販売分の2003年3月期実績で47億円と大幅減少した(なお、海外分は同期65億円)。 これが俗に言う「ガチフロ事件」である。 4月末までに杏林製薬はによって傘下に入り、帝人医薬品医療事業グループ(現在の)と同年10月までに事業統合する合併構想があり 、実現まで秒読みとされていたが、合併構想が発表された直後に付けた1800円の杏林の株価は徐々に低下傾向であったとはいえ緊急安全性情報発表後には1000円に急降下した。 これにより企業価値の見積もりに、両社の間に相違が生まれ、合併比率を定めるはずの2003年4月末までに妥協に至らず、帝人側が難色を示したままであったので、同年4月23日に「合併見送り」の破談会見を両社合同で行うこととなる。 3月、にガチフロキサシンの低血糖・高血糖による重篤な副作用に関する詳細な臨床研究報告が発表された。 それによれば、マクロライド系の抗菌剤に比べてガチフロキサシンは、低血糖を4. 3倍、高血糖を16. 7倍起こしやすいとされた。 また、2月にはは、低血糖・高血糖に関する注意書きを北米販売元のブリストル・マイヤーズ スクイブ社へ強化するよう指導した。 ブリストル・マイヤーズ スクイブ社はこれらの流れを受け、副作用懸念による売り上げの減少により収益確保が困難になったと判断し、TEQUINの販売を2006年6月で終了し 、その他の販売国でも在庫限りでの販売終了を決定した。 日本での発売中止 [ ] 9月30日、海外での発売中止を受け、杏林製薬株式会社および大日本住友製薬は自主的にガチフロ錠を販売中止とした。 2008年3月期の販売実績は35億円だった。 ガチフロ点眼液 [ ] ガチフロ点眼薬 ガチフロキサシンの薬。 にへ、2000年に米国社にガチフロキサシン点眼液を導出し、2003年にFDAより承認を受け米国からTequin Injectionとして発売されていた。 秋に日本でも製造承認を受け発売された。 ガチフロ点眼液の特徴は、点眼液よりも及び、など様々な菌に幅広く強い抗菌活性を有し、が出来にくいとされる。 製剤にはpH調整剤などが付加されるのみで、やなどの防腐剤は添加されていない。 眼科領域手術での術前投与では手術前の無菌化率は74. また、手術後14日目の無菌化率は96. 特記事項 [ ] ガチフロキサシンのように、新規発売後間もなく(イエローレター)が発出され、副作用の懸念からメーカーの自主判断で販売取り止めとなった薬剤として、帯状疱疹治療薬の、糖尿病薬の、系抗生物質の 、高脂血症治療薬のなどがある。 出典 [ ]• Park-Wyllie, Laura Y. ; David N. Juurlink, Alexander Kopp, Baiju R. Shah, Therese A. Stukel, Carmine Stumpo, Linda Dresser, Donald E. Low, Muhammad M. Mamdani March 2006. 354 13 : 1352-1361. 2007年5月3日閲覧。. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

【ガチフロ点眼液(ガチフロキサシン)】って?効果効能・副作用を紹介!

ガチフロ 点眼 液

ガチフロ錠 [ ] 杏林製薬の大型新薬として創薬された。 まず海外では、にドイツ社、にアメリカ社、に韓国社へ導出された。 にで、に保健省(相互認証有り)で承認・発売され、に韓国で発売された。 杏林製薬が製造し、杏林製薬とが販売した。 特徴 [ ] 、菌、肺炎、、などに強い抗菌活性を有する レスピラトリーキノロンの一種で、同系統で先に上市していたやの薬剤吸収低下やの欠点がなく、さらに従来のニューキノロン剤によるが出来ている多剤耐性による市中に優れた効果を示す点から発売当初は「有望な抗菌剤」として注目され、杏林製薬は初年度売上85億円、以後年間売上100億円以上にする戦略をたてた。 血糖変動の副作用報告 [ ] 海外で経口剤発売後、投与された患者の少数が服用後に・症状を起こすが発生したため、日本でのガチフロ錠承認時に重大な副作用と、患者ではそのリスクが高くなる事から慎重投与と記載したが、2002年の日本発売後、2003年2月にかけて、当時の大流行に並行してや・などに多く用いられ、その内重篤な低血糖・高血糖による意識障害が糖尿病患者や高齢者を中心に複数発生したため、は翌3月にを発し、糖尿病患者への投与を禁忌とし、低血糖・高血糖に注意するように通達した。 副作用による死者は発生しなかった。 これらの通達と指導により、血糖値異常の発現件数は低下した。 業績への影響 [ ] 緊急安全性情報が発せられた事で、杏林製薬が当初目論んでいた売上高100億円は遠のいてしまい 、同社販売分の2003年3月期実績で47億円と大幅減少した(なお、海外分は同期65億円)。 これが俗に言う「ガチフロ事件」である。 4月末までに杏林製薬はによって傘下に入り、帝人医薬品医療事業グループ(現在の)と同年10月までに事業統合する合併構想があり 、実現まで秒読みとされていたが、合併構想が発表された直後に付けた1800円の杏林の株価は徐々に低下傾向であったとはいえ緊急安全性情報発表後には1000円に急降下した。 これにより企業価値の見積もりに、両社の間に相違が生まれ、合併比率を定めるはずの2003年4月末までに妥協に至らず、帝人側が難色を示したままであったので、同年4月23日に「合併見送り」の破談会見を両社合同で行うこととなる。 3月、にガチフロキサシンの低血糖・高血糖による重篤な副作用に関する詳細な臨床研究報告が発表された。 それによれば、マクロライド系の抗菌剤に比べてガチフロキサシンは、低血糖を4. 3倍、高血糖を16. 7倍起こしやすいとされた。 また、2月にはは、低血糖・高血糖に関する注意書きを北米販売元のブリストル・マイヤーズ スクイブ社へ強化するよう指導した。 ブリストル・マイヤーズ スクイブ社はこれらの流れを受け、副作用懸念による売り上げの減少により収益確保が困難になったと判断し、TEQUINの販売を2006年6月で終了し 、その他の販売国でも在庫限りでの販売終了を決定した。 日本での発売中止 [ ] 9月30日、海外での発売中止を受け、杏林製薬株式会社および大日本住友製薬は自主的にガチフロ錠を販売中止とした。 2008年3月期の販売実績は35億円だった。 ガチフロ点眼液 [ ] ガチフロ点眼薬 ガチフロキサシンの薬。 にへ、2000年に米国社にガチフロキサシン点眼液を導出し、2003年にFDAより承認を受け米国からTequin Injectionとして発売されていた。 秋に日本でも製造承認を受け発売された。 ガチフロ点眼液の特徴は、点眼液よりも及び、など様々な菌に幅広く強い抗菌活性を有し、が出来にくいとされる。 製剤にはpH調整剤などが付加されるのみで、やなどの防腐剤は添加されていない。 眼科領域手術での術前投与では手術前の無菌化率は74. また、手術後14日目の無菌化率は96. 特記事項 [ ] ガチフロキサシンのように、新規発売後間もなく(イエローレター)が発出され、副作用の懸念からメーカーの自主判断で販売取り止めとなった薬剤として、帯状疱疹治療薬の、糖尿病薬の、系抗生物質の 、高脂血症治療薬のなどがある。 出典 [ ]• Park-Wyllie, Laura Y. ; David N. Juurlink, Alexander Kopp, Baiju R. Shah, Therese A. Stukel, Carmine Stumpo, Linda Dresser, Donald E. Low, Muhammad M. Mamdani March 2006. 354 13 : 1352-1361. 2007年5月3日閲覧。. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の